23歳なら希望の仕事で働けるかも!就職・転職活動のポイントをご紹介

23歳なら希望の仕事で働けるかも!就職・転職活動のポイントをご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・23歳の方の仕事探しの方法はフリーターか社会人1年目かで異なる
  • ・23歳であれば未経験でスキルがなくても若さを武器にした仕事探しができる
  • ・仕事探しをする際は企業研究を入念に行い、志望動機や希望条件を明確にする
  • ・23歳の方の仕事探しでは、数年先を見据えた就職・転職活動をすることが大切


23歳でフリーターとして働く方や、社会人1年目の方の中には、就職や転職を考えている人が多いのではないでしょうか。そのような方の中には、どうやって仕事探しをすればいいのか分からない人もいるでしょう。このコラムでは、23歳の方の仕事探しのポイントを解説します。また、23歳の方のアピールポイントや狙い目となる企業の特徴をご紹介。23歳で、仕事探しの方法が分からない方はぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

23歳の仕事探しは人それぞれ

23歳というと、高卒であれば社会人5年目、大卒であれば1年目の年齢です。しかし、働き方は人それぞれで、フリーターの方もいれば、正社員として働く人もいます。そのため、同じ23歳でも、フリーターと正社員の方の仕事探しの方法は異なるでしょう。
 

フリーターの場合

23歳となると、周囲の友人の多くは正社員として働き始めるため、自身の将来に不安を感じるようになる人は多いでしょう。フリーターとして長く働いていると、自身の職歴やスキルに自信が持てず、正社員になるのは難しいと思う人もいます。しかし、高卒で23歳までフリーターとして働いている場合、その長いフリーター経験をアピールポイントとして転職活動に取り組むことが可能です。23歳という年齢は、社会的にみれば若いため、転職活動をしっかり行えば、正社員になれる可能性は高いでしょう。
 

転職希望者の場合

23歳で転職となると、大卒で社会人1年目の方は迷いが生じるでしょう。経験も浅く、スキルも持っていないため、転職は難しいと考えている方もいます。また、「最低でも3年間は同じ会社で働くべき」という話は有名です。しかし、近年では、「自分に合わない会社であれば、3年間無理に働く必要はない」とされています。社会人1年目であれば、第二新卒枠での転職活動が可能となるため、転職したいのであれば、早めに行動すると良いでしょう。

23歳なら希望の仕事につける可能性が高い

23歳の方の場合、経験やスキルがなくても、希望の仕事に就職できる可能性は高いといえます。23歳であることを武器にして、仕事探しを行いましょう。
 

23歳の最大のアピールポイントは若さ

23歳で仕事探しをしている方の最大のアピールポイントは若さです。近年の日本は少子高齢化が進み、企業は若い人材の確保が困難になっています。そのため、23歳という若さを活かした転職活動をしましょう。しかし、未経験でも応募できる求人は年齢が上がるごとに減っていきます。転職活動で若さを武器にする場合は、短期決戦を意識して行いましょう。
 

未経験の仕事でも就職できる

23歳であれば、未経験でも応募できる求人は多くあります。そのため、挑戦したい仕事が見つかったら、なるべく早くに転職活動を始めるのが得策です。また、余裕があれば、資格取得に挑戦するのも良いでしょう。ここでは、おすすめの資格の一部をご紹介します。

 

・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・TOEIC

 

上記の資格は、多くの職種や業種で活かせる資格です。もし、「やりたいことは明確ではないが、転職活動に向けて資格を取得したい」という方がいたら参考にしてください。
また、希望する職種や業種が決まっている方は、それらの仕事に合った資格を取得すると良いでしょう。具体的には、不動産業界を希望する方は「宅地建物取引士」、経理職で働きたい方は「日商簿記検定2級」などが挙げられます。
基本的に、資格は実務経験がなければ活かせませんが、転職が有利になる可能性があります。また、資格取得の勉強を転職活動中に行っている場合は「現在〇〇の資格取得に向けて勉強に励んでいます」と応募企業に自身のやる気のアピールが可能です。
 

優良企業への就職の夢じゃない

フリーターでも社会人1年目でも23歳から優良企業への就職は可能でしょう。新卒ではないため、有名な大企業への就職は難しくても、優良な中小企業への就職であれば望みがあります。中小企業でも、業界内で高いシェア率を誇る企業は多数あり、そのような企業は経営が安定し、福利厚生も充実していることも。しかし、大企業ほどの知名度はないため、人材の確保に苦労している企業もあります。優良企業に就職したいのであれば、視野を広くして転職活動を行うと、自身の希望に合う企業に出会えるでしょう。

23歳の仕事探しのポイント

23歳で仕事探しを行う際は、しっかりと下準備をしましょう。ここでは、仕事探しのポイントをご紹介します。
 

企業研究は念入りに行う

仕事探しをする際は応募先の企業研究を入念に行います。企業のWebサイトやパンフレットを読んで、経営理念を確認。そして、その企業が提供しているサービスや製品について調べましょう。会社についてしっかり調べ、自身が共感できるポイントを見つけると、その企業に就職したい理由を明確にできます。この下調べは、書類作成や面接で役に立つでしょう。
 

これまでの経験で学んだことをアピールする

転職活動の際は、これまでの経験で学んだことをアピールします。23歳は若さが武器になり、仕事への意欲をアピールすることも大切です。しかし、仕事への意欲や熱意は、ほかの応募者もアピールします。そのため、仕事への意欲のほかに、これまでの経験で身に付けたことをアピールして、ほかの応募者と差を付けましょう。仕事での成功体験や失敗から学んだことをアピールします。また、普段から意識していたことを実際にあった出来事を交えて話すのも良い方法です。
 

志望動機はしっかり考える

転職活動をする際は志望動機をしっかり考えましょう。特に23歳の方の場合は、経験やスキル面でアピールできることは少なく、自己PRはインパクトに欠けてしまう可能性があります。しかし、志望動機であれば、応募先企業に就職したい理由や、その仕事に就きたい理由など、熱意を伝えることが可能です。また、志望動機を考える上で、先述した企業研究は必須。そのため、志望動機を考える中で、自分が本当にその仕事をしたいのか、その企業に就職したいのか、自問自答することで、自身の気持ちを再確認できるでしょう。
 

希望条件は明確にする

自身に合った企業に就職するために、希望条件は明確にします。自身の希望条件を満たす企業に就職することで、その会社で長く働けるでしょう。希望条件を明確にする際は、以下のようにできる限り具体的にします。

 

・年収350万以上
・事務系の仕事
・年間休日は120日以上
・転勤無し
・通勤時間が片道1時間以内

 

このように自身が譲れない条件を書き出します。また、希望条件に優先順位を付けても良いでしょう。

23歳の仕事探しで失敗しないためにできること

23歳の仕事探しでは、しっかりと下準備を行えば転職活動が失敗する可能性は低いでしょう。しかし、思わぬ所で失敗してしまうこともあります。ここでは、23歳の転職で失敗しないための注意点を確認しましょう。
 

応募する企業は吟味しよう

23歳で若くても、目に入った求人に片っ端から応募する行為は避けましょう。応募先が自分に合っているかしっかりと確認し、長い期間働けそうな企業であれば応募します。こうすることで、応募書類や面接で、自身をきちんとアピールできるでしょう。また、応募段階で企業についてよく調べておくと、入社後に仕事が始まった際のギャップも少なくなります。転職を繰り返してしまうと、その後の転職活動でどんどん不利になっていく可能性も。23歳から転職活動をする際は、応募先企業の仕事が自分の条件に本当に合っているか、しっかりと吟味することが大切です。
 

応募書類は丁寧に作成する

書類選考で落ちないように、応募書類は丁寧に作成します。求人を出している企業には、日々多くの応募書類が届き、採用担当者は応募書類のチェックに時間はかけません。そのため、書類選考を突破するためには、採用担当者が見やすく、目に入りやすい内容の書類を作る必要があります。23歳で仕事の経験があまりなくても、しっかりと記入することが大切です。応募書類の基本的な書き方もあるので、書類作成の際は参考にしましょう。
 

面接でのマナーに気をつける

面接に行く際は、採用担当者に好印象を与えるためにマナーに気をつけましょう。清潔感のある髪型や服装を心掛け、受け答えの際は適切な言葉を使用します。23歳で社会経験が少ない場合、基本的なマナーを把握していない可能性もあるため、面接前に確認するようにしてください。

23歳から数年先を見据えた仕事探しをするために

23歳のフリーターの方も、社会人1年目で転職希望の方も、次の仕事を探す際は、数年先を見据えて行動するようにします。
23歳のフリーターや社会人1年目の方の中には、出来だけ早く次の就職先を決めたい人もいるでしょう。しかし、焦るのは禁物です。焦って就職先を決めてしまったことで、実際に働き始めたときに面接時とのギャップを感じてしまい、再度仕事探しを始めるという人も少なくありません。このようなことにならないように、仕事探しの際は、自分が長い期間働けるような企業であるか、きちんと確認するようにします。

 

しかし、転職を考えている23歳の方の中には、仕事探しの方法が分からないという人もいるでしょう。そのような方は、「ハタラクティブ」を利用してみませんか。
ハタラクティブは、フリーターや第二新卒、既卒の方などの若年層に特化した転職エージェントです。就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、あなたに合った企業をご提案。そのほか、志望動機の作成や面接対策も行っています。これらサービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION