22歳は就職できる!高卒やフリーターから正社員を目指す方法

22歳は就職できる!高卒やフリーターから正社員を目指す方法の画像

この記事のまとめ

  • 22歳になると新卒として働き始める同年代が多いため、就職を意識しやすい
  • 22歳フリーターとしての収入が十分でも、年齢を重ねると正社員との年収差が開く
  • 22歳で就職か進学か迷ったら、先に正社員を目指すのがおすすめ
  • 22歳の就職活動では、若さと仕事への熱意をアピールすると効果的
  • 22歳で就職活動をする際は、就活支援エージェントに頼るのも手

22歳でフリーターやニートをしていると「就職したほうが良いのでは...」と悩むことがあるでしょう。若いうちに就職をすれば、安定した収入を得やすくなったり、企業の支援を受けて資格を取得したりすることが可能になります。
このコラムでは、22歳の現状や就職活動を始める際のポイントを解説。就職を考えている22歳の方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

22歳は就職できる?フリーターの現状とは

22歳は就職できる?フリーターの現状とはの画像

22歳は、正社員として就職できる年齢です。就職活動を始めるなら、少しでも早く動き出すのがおすすめといえます。
フリーターやニートなどから就職を希望する背景は人それぞれですが、まずはフリーター生活をする現状と今後について、以下を参考に知っておきましょう。

同世代は新卒として働き始める時期

22歳という年齢は、一般的に考えると4年制大学の卒業生が新卒として働き始める時期。それまでは同じようにアルバイトをしていた仲間も続々と就職が決まり、正社員としての道を歩み始める場合が多いでしょう。

高卒からフリーターをしている場合は大卒の新卒者より就業経験があるものの、正社員ではない点が心配になることもあるようです。周りと比べて自分を否定する必要はありませんが、将来を見据えた働き方を考える良い時期ともいえます。一度立ち止まって、今後のビジョンを考えてみるのも良いでしょう。

22歳のフリーターと正社員の年収はあまり変わらない

新卒として働き始めた22歳と、フリーターをしている22歳の年収はあまり変わらないことが多いようです。しかし、一般的に正社員の基本給は働き続けるほど上昇していきます。フリーターの場合はなかなか時給が上がらずボーナスもないため、働き続けても年収が上がらないのが大きなデメリット。22歳のときは差が感じられなかった年収も、30代に近づくにつれ大きな差が出るでしょう。

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査 (6)雇用形態別にみた賃金」によると、20~24歳の正社員の平均賃金が22万1,000円であるのに対し、非正社員の平均賃金は19万6,200円。年齢が30~34歳まで上がると、正社員の平均賃金は28万8,400円になりますが、非正社員の平均賃金は21万5,500円となっています。

働く企業や勤続年数によって細かい数値は異なりますが、生涯賃金にして考えるとさらに大きな差が生まれるでしょう。現状だけではなく、将来を見据えて働き方を考えるのが大切です。

現状は長く続かないことに注意

22歳の若さであれば、アルバイトや契約社員としても雇用されやすく、フリーターとして仕事探しに困ることは少ないでしょう。しかし、多くの企業が求めているのは主に若い人材。30代以降になってから同じような仕事を探しても、なかなか採用されないのが現実です。

フリーターの経験を正社員として活かしたくても、応募できる求人がなければ力を発揮できません。また、フリーターは、病気やケガで仕事を休んでしまうとそのぶんの給料がもらえず、生活が困難になることも。年齢を重ねるにつれリスクがともなうため、現状がずっと続くわけではないと覚えておきましょう。
フリーターの現状や将来については「フリーターの将来は不安?男女で違いはある?正社員になるためのコツを紹介」のコラムでも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

未経験OK多数!求人を見てみる

22歳は就職と進学どちらが良い?

22歳でフリーターをしている場合は、就職のほかに進学という選択肢があります。就職と進学それぞれのメリットを知って、自分に合った道を考えてみましょう。

就職して正社員を目指す際の強み

22歳で就職するメリットは、就職活動のしやすさです。
フリーターの場合は、面接時に「フリーターになった理由」や「空白期間に何をしていたか」などを尋ねられます。若いうちであれば期間が比較的短いため、それらの理由もプラスの表現に置き換えやすいでしょう。また、ポテンシャルをアピールできるため、企業から高評価を受けやすいといった強みも。

しかし、フリーターのまま年齢が上がると、企業側に「ダラダラと過ごしていたのではないか」「やる気がないのでは…」と思われてしまいがちです。さらに、30代に近づくにつれスキルや経験値を求められるようになるため、応募できる求人が減る傾向があります。そのほか、正社員としての経験を早めに積み始めれば、30代以降ではスキルを活かす転職活動ができるメリットもあるでしょう。

進学や資格取得をするメリット

進学して学位や資格を取得すれば、就活時にアピールできたり学んだスキルを活かして働けたりするメリットがあります。
しかし、22歳から進学を目指すのは、「どうしても学びたいことややりたいことがある」という場合のみにとどめるのが無難です。最終的に正社員を目指すのであれば、先に就職活動をしたほうが良いでしょう。22歳から大学に入り直すと、卒業するころには20代後半になってしまい、年齢が就活でネックになってしまう可能性があるからです。

手遅れになる前に就職する方法もある

働きながら資格を取得できるなら、勉強より就職を優先したほうが金銭的に余裕が生まれます。前述したように、企業は若い人材を求めているので、正社員になってからでも取り組めることであれば、少しでも若いうちに就職するのがおすすめです。

就職と進学のどちらを選ぶべきかについては、「高卒就職の良さと後悔する点を解説!大卒との違いを把握して進路を決めよう」のコラムでも詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

就職を目指す22歳が正社員になる方法

就職を目指す22歳が正社員になる方法の画像

22歳から正社員を目指す方法は、正社員登用制度の利用と就職活動です。以下で、それぞれ詳しく説明します。

正社員登用制度を活用する

正社員登用制度とは、アルバイトや契約社員から正社員へと雇用形態を転換する制度です。ただし、制度を活用して正社員になるためには、それまでの働きぶりに対する評価や企業独自の試験などを受ける必要があります。

正社員登用の基準は企業によって異なるものの、申し出れば誰でもチャレンジできるわけではありません。上司の評価や面接でのやり取りなどを総合的に評価される場合もあります。
狭き門になる可能性もありますが、長く働いていて「22歳を目前に就職したい」と考えているなら、上司に相談して挑戦してみるのも良いでしょう。

就職活動をする

少しでも早く正社員になりたいときは、就職活動を始めるのが近道です。22歳であれば、フリーター・ニートから正社員就職を目指せます。

ただし、就職活動の進め方によってはなかなか内定がもらえないことも。就職活動を始めると決めたら、自分に合った方法を探しましょう。「フリーターの就活の流れがわからない人へ!手順や就職成功のコツを解説」のコラムでは就活の流れを解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

22歳から就職しやすい6つの仕事

ここでは、22歳から就職しやすい仕事を6つ解説します。自分に合う仕事があるか、それぞれ確認してみてください。

1.営業職

営業職は、一般的に実力主義で経歴より適性や結果が重視されるため、学歴不問の求人が多いのが特徴。経歴に自信がない場合も、応募しやすいといえるでしょう。
給与は歩合制であることが多いので、自分の頑張り次第で収入を伸ばせるのがメリットです。また、コミュニケーション力やプレゼン能力などのビジネススキルが身につきやすいのも良い点でしょう。

2.プログラマー

プログラマーも未経験可の求人が多く、スキルを身につけられる仕事なのでおすすめです。IT業界は人手不足のため、未経験の人材を一から育てようとする企業が多いのが特徴。
変化が早いぶん常に勉強し続ける必要がありますが、働きながらスキルを身につけられるうえに転職しやすい点が長所といえるでしょう。

3.販売職

販売職も幅広い業界で需要があるうえ、経験や経歴を重視しない傾向があります。
接客だけでなく店舗や商品の在庫管理など業務内容が多岐にわたるので、コミュニケーション力や管理能力が身につくでしょう。また、経験を積めば、店舗責任者や本社勤務といったキャリアアップを狙えるのもポイントです。

4.事務職

事務職は人気があり、長期育成を図れる未経験の若い人材を募集しているところもあります。事務は多くの業務の基本となるうえ、簿記や語学力などほかのスキルを身につけることで、より専門的な仕事につけるのが強みです。
事務職は勤務時間が固定されている場合が多いので、比較的ワークライフバランスが取りやすいのも長所といえるでしょう。

5.介護職

介護業界もIT業界同様に人手不足のため、「未経験者OK」の求人が多いのが特徴。介護職は、働きながら経験を積めるほか、資格取得を支援してもらえることが多いのが強みです。
また、経験や資格をもとにキャリアアップでき、転職先にも困りにくいのがメリット。長い間働き続けられるので、ライフイベントでキャリアが中断しにくいのも良い点です。

6.施工管理職

施工管理職に代表される建築業界は、体力があり覚えの早い若年層の採用に積極的な傾向があります。施工管理の資格を取るには経験と専門知識が必要ですが、現場で働きながら取得できるのが特徴。施工管理の上級資格を取得すると、高い給与が得られたりフリーランスとして活躍できたりするのも大きな魅力といえるでしょう。

就職したい22歳がアピールできる5つのポイント

就職したい22歳がアピールできる5つのポイントの画像

22歳が就職で企業にアピールできるポイントは、若さや仕事に対する熱意などです。以下を参考に、希望する企業にアピールポイントが伝わるような書類作成や面接対策を心掛けましょう。

1.若さ

「新卒に比べて出遅れた」という気持ちになったとしても、22歳は就職で若さを十分アピールできる年齢です。また、フリーターの経験もポジティブに捉えてアピールに活かしましょう。仕事での失敗や得意な業務など、「若い年齢に対して経験が豊富である」という観点から、正社員の仕事に活かせそうなエピソードを伝えるのもおすすめです。

2.仕事への熱意

「応募先企業で正社員として働きたい」という強い気持ちをアピールしましょう。
22歳で就職活動をする際、「正社員になれればどこの企業でも良い」と思ってしまう場合もあるようです。しかし、それでは企業側に熱意が伝わらないうえ、入社してもミスマッチを起こしてしまう可能性があります。
企業側はやる気がある人材を求めているので、その期待に応えられるようなモチベーションを保てる業務を見つけられると良いでしょう。

3.素直さ

素直さがあると、採用担当者に良い印象を与えられます。「企業風土に馴染みやすい」「成長する人材になりそう」といったポジティブなイメージが生まれるからです。
企業が若い社員を採用する狙いの一つは、ほかの企業のやり方に染まっておらず教育しやすいこと。そのため、22歳の就職活動において素直さは必須といえるでしょう。

4.誠実さ

誠実さは仕事に真面目に取り組んでくれそうという印象を抱かせます。よって、面接では、話の伝え方や態度で誠実さを示すのが大切です。

5.柔軟性

柔軟性は、新しい環境に馴染みやすいというポジティブなアピールになるほか、仕事のやり方を学ぶ際や周囲と協力し合う際にも必要なポイントです。
「融通が利かない人材」というイメージを与えると、「ほかの社員とうまくやっていけないのでは…」と懸念される可能性もあるので注意しましょう。

面接官へアピールするコツを知りたい場合は、「自己PRは熱意が大切!伝えるための具体的なポイントを解説!」のコラムが参考になるでしょう。

22歳から始める就職活動の6つのポイント

22歳から就職活動を始めるときは、まず将来のビジョンを描いたうえで、自己分析をしっかり行ってから仕事を探すのが大切です。以下の6つのポイントを押さえておくと、スムーズに就職活動が進められます。

1.将来のビジョンを考える

まずは、22歳の自分が就職するにあたって「今後どうなりたいか」「どのような働き方をしたいか」を考えてみましょう。「△△の分野でプロフェッショナルになりたい」「働きながら資格を取得したい」といった目標があれば、就活の軸や職場に求める労働条件なども見出しやすくなります。
理想の労働条件のみがそろった仕事が見つかるとは限りませんが、将来のビジョンを達成しやすい職場でないと、モチベーションも維持しにくく長続きしないもの。そのため、将来のビジョンを考えることは大切です。

2.自己分析をする

就職活動を始める際には、自己分析も欠かせません。自己分析で気づいたことは、履歴書や面接時でも活用できます。

仕事に直結するかは考えずに、まずは自分の得意・不得意ややりたいことなどを書き出してみましょう。フリーターとして経験した得意な業務や苦手な業務を思い返してみるのも有効です。また、自己分析を通して「夜勤なし」「体力仕事は避けたい」など自分が希望する業務内容が明らかになった場合は、仕事探しの軸となります。

3.自分の考えを信じる

人によっては、家族や友人などからアドバイスをされることも多いでしょう。周囲の意見を参考にするのは重要なことですが、自分の気持ちや考えを信じることも大切です。

自分自身の希望とは異なる仕事に就こうと就職活動をすると、気持ちが追いつかずうまくいかないことも。将来のビジョンや自己分析をしっかり行い、自分を信じて就職活動を進めるのも一つの方法でしょう。

4.未経験から働ける職種に絞る

22歳がフリーターやニートから就職を目指す場合は、職種選びも大事です。なるべく心身に負担なく働き始めるには、「未経験可」で研修制度が整っている職場を選ぶのがポイント。未経験から始められる職種であれば、高卒や大学中退といった学歴に関係なく働けることも多いでしょう。未経験可の仕事には、接客業や営業職、IT系などに加え、近年需要が高まっている介護職のように働きながら資格取得も目指せるものもあります。

5.企業名に惑わされない

求人探しの際、有名企業や大手企業に魅力を感じることがあるでしょう。しかし、実際には思い描いていた業務内容と違ったり、自分に合わない働き方だったりする場合があります。
22歳は、まだまだ求人が豊富にある年齢。企業名に惑わされず、自分に合った働き方ができる職場を探しましょう。

6.就職エージェントを活用する

22歳で就職活動を始めるときは、ハローワークや就職エージェントの活用がおすすめです。自分に合った企業を提案してくれたり、業務内容を細かく知れたりするのがメリット。また、ブラック企業を避けるためにも、プロの意見が参考になります。そのほか、慣れない書類作成や面接対策なども行ってくれるので、安心して本番に臨めます。
効率良く就職活動を進めながら、少しでも早く正社員を目指しましょう。

「22歳で就職活動を始めようと考えているけれど何から始めれば良いか分からない」という場合は、ハタラクティブの無料カウンセリングがおすすめです。ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職エージェント。プロのキャリアアドバイザーがあなたに合った企業をご紹介します。履歴書の添削や面接対策など、就職に関するすべての活動に対しての無料サポートだけでなく、1分程度でできる適職診断も受けることが可能です。初めての就職活動の場合もキャリアアドバイザーと一緒に安心して進められるので、一人での就活に不安のある場合はこの機会にぜひご相談ください。

22歳の就職に関するQ&A

ここでは、22歳での就職活動に関する質問と回答をご紹介します。「22歳の就職活動をどのように進めれば良いか分からない」という場合は、ぜひチェックしてみてください。

22歳のフリーターやニートから就職できますか?

22歳での就職は十分可能です。「学歴不問」「未経験者歓迎」といった求人を選ぶと採用されやすいといえるでしょう。フリーターやニートの就活では、空白期間の説明と正社員として働く覚悟を見せることが重要です。ニートからの就活については、「ニートからの脱却!就活を進めるのに最適な時期とは」のコラムが参考になるでしょう。

22歳の採用面接で重視されることは何ですか?

22歳は、スキルや経験がない分ポテンシャルを期待されるでしょう。企業は自社の将来を担ってもらうために、やる気があり教育しやすい人材を求めています。志望動機や自己PR、面接を通じて効果的にアピールしましょう。
効果的なアピール方法については、「一覧で確認!就活で聞かれる長所が思いつかないときの対処法」のコラムをご参照ください。

22歳ならまだ就職しなくても大丈夫ですか?

22歳は正社員になれる可能性が高いため、すぐに就活するのがおすすめ22歳ではフリーターと正社員の賃金差は少ないですが、年齢を重ねるにつれ待遇の差が開いていくうえに就職しにくくなります。よって、少しでも有利なうちに就職したほうが良いでしょう。
20代の仕事探しについては、「20代の仕事事情!「やる気が出ない」「何がしたいかわからない」の対処法」のコラムで詳しくご紹介しています。

22歳まで無職だったので就活できない気がします…

就活に自信がない場合は、就職支援サービスの利用がおすすめ。就職支援サービスでは、求人紹介や選考対策など、無料で就活をバックアップしてくれるからです。就活のプロに、自分の求人選びについて相談できるのも良い点でしょう。

ハタラクティブでは、スキルや経験に自信のない20代の方に向け、専任のキャリアアドバイザーが手厚いサポートをご提供しています。就職を考えている方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ