20歳の仕事探しのコツと就職成功のポイント!勤務先を辞めたいときは?

20歳の仕事探しのコツと就職成功のポイント!勤務先を辞めたいときは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・20歳の仕事探しは早めに開始し、正社員就職を目指すのがおすすめ
  • ・20歳は若さやポテンシャルを評価されるため、未経験の仕事にも就職しやすい
  • ・20歳で仕事を辞めたい場合、職歴やスキル次第では転職時期を見直すことも重要
  • ・20歳の仕事探しは、やりたいことを明確にし希望条件の優先度を整理することが大切
  • ・20歳の就活を成功させるには自己分析や企業研究、面接対策がカギとなる
 

中学・高校卒業後に進学せず、ニートやフリーターとして過ごしている20歳の人の中には、今後の仕事について考える方も多いでしょう。しかし、社会に出て自立しようと考える一方、自分に合った仕事の探し方や就活の仕方が分からず、行動を起こせない人も少なくないはずです。
このコラムでは、20歳の仕事探しのコツと就職成功のポイントを解説します。就活を始める際の参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

20歳の仕事探しは早めに始めよう

20歳で就職を考えた場合、仕事探しはなるべく早めに始めるのがおすすめです。就職は、年齢を重ねれば重ねるほど、難易度が上がっていく傾向があります。進学の予定がないのであれば、ニート・フリーター期間を長引かせず、正社員就職を目指しましょう。
 

20歳ニート・フリーターの就職の悩み

20歳のニート・フリーターの中には、就職すべきか・就職できるのか悩む方もいるでしょう。これまで職歴がないこと、一度就職したものの早期離職してしまったことが、企業にマイナスイメージを与えるのではないかと不安になり、就活に踏み切れない人も多いようです。
しかし、先述のとおり、仕事探しは早めに始めるのが賢明。20歳であれば、職歴よりも、若さと今後の伸びしろに期待してくれる企業の方が多いはずです。行動を起こせないまま、年齢を重ねてしまうことの方が望ましくありません。
 

20歳で正社員になるメリット

20歳で仕事に就くのであれば、正社員がおすすめです。正社員就職には、以下のようなメリットが挙げられます。
 

収入が安定する

20歳で正社員になる最大のメリットともいえるのが、収入の安定です。20代のうちは正社員とフリーターの収入差はそれほど大きくないでしょう。しかし、30代、40代と年齢を重ねるごとに、格差は広がる傾向があります。
厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 一般労働者 雇用形態別」によると、正社員とそれ以外の雇用形態の賃金差には、以下のような開きが見られます。

 

●20~24歳 正社員:21万4600円/正社員以外:18万800円
●25~29歳 正社員:24万9500円/正社員以外:19万8900円
●30~34歳 正社員:28万4800円/正社員以外:20万4700円

 

フリーターよりも正社員の方が昇給率が高く、ボーナスや手当も支給されるため、50代にもなると、収入差は倍近くにまで開きます。生涯賃金をより多く安定して得るには、正社員就職を目指すのが望ましいでしょう。

 

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 一般労働者 雇用形態別
 

若さを武器にできる

先述のとおり、20歳で正社員就職を目指せば「若さ」を武器にできます。企業は若手人材に対し、経験よりもポテンシャルを求めるため、職歴がなくても十分採用される可能性があるでしょう。
一方、年齢を重ねた求職者は、即戦力を求められるようになります。職務経験やスキルが重視されるので、ニート・フリーターの就職難易度は上がってしまうでしょう。そのため、若さを武器にできるうちに正社員就職するのが賢明というわけです。
 

キャリアを積める

20歳で正社員になれば、若いうちからキャリアを積むことができます。同年代の大学卒業者が新卒として入社するころには、一足先に業務をこなせるようになっているでしょう。
キャリアを積むことで、できる業務の幅や、将来転職を考えた際の選択肢も広がります。自分がやりたいことを実現したり、より充実した社会人生活を送ったりするためにも、正社員就職することは有効といえるでしょう。

20歳で仕事を辞めるのはアリ?

ここでは、20歳で仕事を辞め、転職するメリット・デメリットについてご紹介します。
20歳ですでに就職している人の中には「仕事を辞めたい」と思う方もいるはず。しかし、20歳という若さで仕事を辞めると、転職の際に企業からの心象を悪くするのではないかという不安もあるでしょう。以下のメリットとデメリットを確認し、デメリットの方が大きいと感じるのであれば、転職時期の見直しをおすすめします。
 

20歳で仕事を辞めて転職するメリット

20歳で仕事を辞めて転職するメリットには、以下のようなものが挙げられます。
 

若いので次の仕事を見つけやすい

前項でも触れましたが、転職市場においても20歳という「若さ」は強みになります。経験よりも今後の伸びしろに期待する企業が多いため、次の仕事を見つけやすいでしょう。
 

未経験の仕事に挑戦しやすい

未経験の仕事に挑戦しやすいのも、20歳で転職するメリットです。繰り返しになりますが、20歳の武器は「若さ」。未経験の仕事であっても、若手ならではの柔軟性や知識の吸収力で、将来を期待してもらえるでしょう。やりたい仕事がある方は、若さを評価されるうちに挑戦してみても良いかもしれません。
 

20歳で仕事を辞めて転職するデメリット

20歳で仕事を辞めて転職するデメリットには、以下のようなものが挙げられます。
 

仕事に限らず忍耐力がないと判断されやすい

20歳という若さで仕事を辞めてしまうと、忍耐力がないと判断されてしまう恐れがあります。
若さを評価する企業は多い一方、「とりあえず3年は仕事を続けるべきだ」と考える人も少なくありません。そのため、若く職歴が浅いまま転職してしまうと「ストレス耐性がないのでは」「採用してもすぐに辞めてしまうかもしれない」と懸念され、内定が遠のいてしまう可能性もあるのです。
 

仕事のスキルが不十分の可能性がある

仕事のスキルが不十分で、転職活動に苦労する可能性もあるでしょう。
企業によっては、20歳の転職者に基本的な業務スキルや一定の経験・資格を求める場合もあります。それらが身についていないまま仕事を辞めてしまうと、志望する企業に採用してもらえないことも。転職を考えた際には、一度自分の職務経験や、これまで得たスキルを振り返ってみましょう。志望企業が求める人物像に自分が見合っていないと感じる場合は、もう少し現職を続けてスキルを高めることも大切です。

20歳の仕事探しのポイント3選

20歳で正社員就職を目指すのであれば、自分に合った仕事を見つけることが重要です。ここでは20歳の仕事探しのポイントを3つご紹介します。
 

1.やりたい仕事を明確にする

20歳の仕事探しにおいてまず大切なのは、「やりたい仕事」を明確にすることです。
「やりたい仕事が思いつかない」というニート・フリーターも多いでしょう。しかし、とにかく就職しようと手当り次第求人に応募するのは望ましくありません。志望動機が曖昧なため選考に受かりにくくなったり、就職できてもミスマッチにより早期退職してしまったりと、リスクが増えます。
やりたい仕事が思いつかない場合は、以下を紙に書き出してみましょう。

 

・好きなこと、嫌いなこと
・得意なこと、苦手なこと
・やりたいこと、やりたくないこと

 

これらを整理することで「自分」への理解を深められ、やりたい仕事、もしくはできる仕事が見えやすくなります。

 

2.仕事探しの軸を定める

仕事探しの「軸」を定めることも、ポイントの一つです。仕事に対して何を求めているのか、最も優先したいのはどんな条件なのか、きちんと整理しておきましょう。
仕事選びの条件を多く設定しすぎるのは望ましくありません。視野が狭まり、就職活動が長引く恐れがあります。軸を定めたら、なるべく多くの業界や職種に目を向け、さまざまな選択肢を持つことがおすすめです。より自分に合った企業に出会える可能性が高まり、就活に行き詰まりにくくなるでしょう。
 

3.経験・学歴不問の仕事を探す

経験・学歴不問の仕事に注目することも、20歳の仕事探しにおいて重要なポイントです。
特に、ニート・フリーターは経験や学歴が重視される仕事に応募すると、不利になりやすい傾向があります。求人情報を見る際には「未経験者歓迎」「学歴不問」といった文言に注目するのがおすすめです。
一般的には、営業職や接客業、介護系職種などが未経験者に向いているとされています。知識は入社後に学ぶことが多いため、学歴も問われにくいでしょう。
 

成長している業界もおすすめ

成長している業界は積極的に採用を行っており、求人も豊富。今後長く働きたい20歳の仕事探しにおすすめです。人材業界やIT・WEB業界は特に成長が著しく、未経験者を歓迎している企業も多く見られます。
20歳という年齢であれば、将来設計のプライベート面を考える人も少なくないはず。特に女性は、結婚や出産を経てもキャリアを積めるか気になるでしょう。しかし、これらの業界では女性も多く活躍しています。元々女性が多い傾向の事務職や、成果が評価に直結しやすい営業職などに就けば、性差にとらわれず、業界の成長とともにキャリアアップしていけるでしょう。

20歳の企業選びのポイント

20歳での就職を成功させるためには企業の選び方にも注意が必要です。以下のポイントを参考に、長く働ける、自分に合った企業を見極めましょう。
 

1.ブラック企業に注意する

企業を選ぶ際は、いわゆる「ブラック企業」に注意しましょう。ブラック企業とは、労働環境が劣悪な企業のこと。離職率が高く常に人手不足であるため、経験・学歴不問をうたうキャッチコピーで広く求職者を確保しようとします。職歴が浅い20歳の求職者や、早く就職しようと焦るニートやフリーターの人は特に注意が必要です。
以下の特徴に当てはまる企業は、ブラック企業である可能性があります。
 

常に求人広告を出し続けている

常に求人広告を出している企業は、離職率が高いと考えられます。また、事業拡大やプロジェクトの立ち上げなど、これといった理由がないにもかかわらず大量募集を図っている企業にも注意しましょう。
 

同業他社や同職種より給料が異様に高い

給料が異様に高い企業にも注意が必要です。厳しいノルマが設定されていたり、残業が多かったりする可能性があります。多くの収入を得たい気持ちがあっても、安易に飛びつかないのが賢明でしょう。
 

精神論ばかり語り、具体的な会社情報が薄い

「仲間と共に成長しよう」「熱意があればできる」といった精神論ばかり語り、具体的な会社情報が見えにくい企業にも注意しましょう。労働環境の悪さや仕事の厳しさを、聞こえの良いキャッチコピーで隠していることも考えられます。
 

営業時間外に連絡がつく

営業時間外に連絡がつく企業も、ブラック企業の可能性があります。求人広告に書かれている労働時間は表向きのもので、実は長時間の残業が常態化していることも考えられるでしょう。

 

また、選考の場もブラック企業を見極めるチャンス。過剰な圧迫面接をされたり、逆にあまりに早く内定が出たりした場合は、注意が必要です。オフィスや社員の雰囲気が良くないと感じたら、辞退するのも大事な選択でしょう。
 

2.大手企業だけにこだわらない

大手企業だけに的を絞ると、就活に行き詰まる可能性が高まります。企業を選ぶ際は、知名度や規模にばかりこだわらないようにしましょう。
社会人経験の浅い20歳の人にとって、馴染みのある大手企業は目標としやすい存在です。しかし、大手企業は競争率が高く、選考の通過が難しい場合もあります。また、大手だからといって、自分にとって働きやすい職場とは限りません。
中小規模であっても、大手に負けない技術や商品を持ち合わせていたり、働きやすい環境を整えていたりする企業はたくさんあります。視野を狭めず、さまざまな企業に目を向けましょう。

20歳で仕事に就くための就活ポイント3選

ここでは、20歳の就活のポイントを3つご紹介します。自分に合った仕事に就くために、しっかり準備しておきましょう。
 

1.自己分析を欠かさない

就活において、自己分析は欠かせません。学生生活やアルバイト経験などを振り返り、自身のアピールポイントを明確にしておきましょう。
特に、20歳で就職する人は社会人経験が浅い分、自分の人間性をしっかり理解し、企業にポテンシャルを感じさせる自己PRをする必要があります。どうしても自分の強みが分からないという場合は、家族や友人から客観的な意見をもらうのも有効な手段です。
 

2.企業研究を丁寧に行う

企業研究は、自己分析とセットで行うべき、就活の要となる作業です。自己分析がしっかりできていても、企業のことを知らなければ選考の突破は難しいもの。企業研究を行えばどんな人材が求められているのかが明確になり、より企業にマッチした自己PRができるでしょう。
20歳という年齢であれば、まだまだ知らない仕事や企業も多いはず。少なくとも志望企業についてはしっかり情報を入手し、余裕があれば業界研究や職業研究までしておくと、より仕事への理解が深まるでしょう。
 

3.基本的なマナーを押さえておく

基本的なマナーを押さえておくことも、就活を成功させるカギです。社会人経験の浅い20歳とはいえ、必要最低限のマナーは守りたいもの。企業側にマイナスイメージを与えないよう、丁寧な所作や清潔感のある身だしなみ、正しい敬語は常に心掛けるようにしましょう。

20歳が仕事に就くための面接ポイント3選

20歳の就職を成功させるには、面接が重要です。以下の3つのポイントを押さえて面接に臨み、採用担当者に好印象を与えましょう。
 

1.自信を持って仕事に前向きな姿勢を示す

面接では自信を持つことが大切です。20歳の求職者の中には「経験のない自分が仕事に就けるのか」「職歴を積んでおらず自信がない」とネガティブになってしまう人も見られますが、その自信のなさこそが内定を遠ざけます。
先述のとおり、企業側は20歳の求職者に対し職歴やスキルは求めていません。熱意や成長意欲が重視されるため、仕事に対する前向きな姿勢を示すことが面接を成功させるポイントの一つです。また、明るいトーンでハキハキ話すことも好印象につながります。
 

2.20歳まで仕事に就かなかった理由を明確にする

多くの企業は、20歳のニート・フリーターに対し「なぜすぐに就職しなかったのか」という質問を投げかけます。面接を通過するには、この質問に対する回答を準備しておく必要があるでしょう。
しかし、「なんとなくニートになった」「就活に失敗して働く自信を失った」といった回答は望ましくありません。企業は長く活躍してくれそうな人材を採用しようとしています。ネガティブな内容では、やる気のなさや早期退職を懸念され、内定は遠のいてしまうでしょう。

 

20歳まで仕事に就かなかった理由は曖昧にせず、明確に説明します。ネガティブな要因がある場合は、それに対する反省や改善策を伝えるようにしましょう。問題を解決する姿勢や、気持ちを新たに就職しようとしている熱意が伝われば、面接官の印象を好転させられるはずです。
 

3.20歳ならではのポテンシャルをアピールする

20歳の面接では、ポテンシャルのアピールが重要です。先述のとおり「若さ」を武器に、今後の成長性を示しましょう。
自分の人間性や強みはもちろん、入社後のビジョンを語ることも有効です。どんな仕事をしたいのか、将来はどのような社会人になりたいのか、具体的かつ前向きに伝えることができれば、伸びしろを期待してもらえるでしょう。

 

「仕事探しが難しい」「選考対策に自信がない」とお困りの方は、就職・転職のプロにご相談ください。
ハタラクティブは、20代の求職者を中心に支援している就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーが丁寧なヒアリングを行い、あなたの希望に合った求人や企業をご紹介します。未経験者歓迎の案件も数多く取り扱っているため、初めて就職する方にも安心です。
また、面接対策や応募書類の添削など、就職に関するサポートはすべて無料で行います。一人での就活が不安な20歳の方におすすめのサービスなので、ぜひお気軽にご連絡ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION