新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 社会復帰を目指す!ニートになる心理的要因は?

社会復帰を目指す!ニートになる心理的要因は?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートは労働分野、ひきこもりはメンタルヘルスの分野で扱われる
    ・自身の病気や怪我、人間関係のトラブルからニートになる方が多い
    ・人付き合いが苦手な方や、劣等感が強い方などがニートになりやすい傾向にある
    ・ニートを脱出するには、できることから始めてみて、社会復帰に向けて少しずつ自信をつける
    ・社会復帰のために大切なのは、勇気を出して一歩を踏み出すこと

ニートの方の数は、年々増加傾向にあるようです。こちらのページでは、ニートになる理由やなりやすい人の特徴、社会復帰に向けてできることなどを詳しく解説しています。今後の活動のヒントに、当コラムをご覧ください。


ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆ニートとは

「非労働力人口のうち15歳から34歳に限定し、家事も通学もしていないその他の者」がニートと定義されています。 
ニートはイギリスで生まれた言葉で、「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取って「NEET」と略されたのが始まり。
ひきこもりと混同されやすい言葉ですが、背景に違いがあります。
ニートとひきこもりの違いについて以下にまとめました。

【ニートとひきこもりの違い】

ニートは若年者の労働政策の問題意識から取り上げられたもの。一方、ひきこもりは精神科医が提唱した概念です。
主に、ニートは労働分野、ひきこもりはメンタルヘルスの分野で扱われています。また、ひきこもりの定義は「仕事や学校に行かず、家族以外の人との交流をほとんどせずに6ヶ月以上続けて自宅にひきこもっている状態」。ニートには、15歳から34歳という年齢が定められているのに対し、ひきこもりに年齢は関係なく、誰でもいつでもなり得るものです。
まれに「ニートは外に出るが、ひきこもりは家に閉じこもっている」というイメージを持つ方もいますが、一概にそうとは言えません。
ニートになったことで自由に外出するようになる人もいれば、気持ちが塞いでひきこもりになってしまう人もいます。
ニートの方の中には、ひきこもりにも当てはまる…と感じる方も少なからずいるのではないでしょうか。
このように、ニートとひきこもりには違いがあるものの、重なる部分もあると言えます。


◆ニートになる理由

ニートになる理由は人によって異なります。以下をご覧ください。

【人間関係】

人間関係につまづき、職場や学校に行くのが辛くなってニートになるケースがあります。
長期間人との関わりを避け続けた結果、コミュニケーションをとることがどんどん怖くなり、家から出られなくなる…という悪循環を招いてしまうこともあるようです。

【就活疲れ】

自分はなかなか就職が決まらないのに友人は皆内定を獲得し、自信を喪失してしまった…。不採用を人格否定と捉えてしまい、就活そのものがトラウマになってしまった…。というように、就活が上手くいかずにニートになってしまう方も多いようです。

【自身の病気や家族の介護】

病気になったり怪我をしたりして休みが続き、仕事に対する焦りや、居場所がもうないのではないか…という不安から、仕事復帰ができずにそのままニートになってしまう方もいます。
また、家族の介護のためニートの状態になってしまうという場合も。このように、仕方のない理由を抱えるニートの方もいるようです。

上記のように、ニートになる理由はさまざま。それぞれ見えない悩みを抱えていたり、ニートでなければならない理由があったりします。ニートだから…と悲観的に考える必要はないのではないでしょうか。


◆ニートになりやすいのはこんな人

ニートになりやすい人の心理的特徴をご紹介します。

【人と関わることが苦手】

社会で生きていく上で人との関わりは必要不可欠と言えます。
しかし、コミュニケーションをとることが苦手な方にとって、職場や学校での人間関係は苦痛を伴うものでしょう。その苦痛に耐えられず、もう誰とも関わりたくない…と人間関係を断ち切ってしまった方もいます。

【主体的ではない】

与えられたことや言われたことだけをやる習慣が身についており、主体的に行動することのない人はニートになりやすい傾向があります。
「誰かがやってくれる」という気持ちが根底にあり、自分から進んで動くという発想がないという方も。このような方は、ほんの些細なつまづきから悪循環に陥る場合も多く、注意が必要です。

【劣等感が強い】

自己肯定感が低く、自分は人より劣っている…という劣等感が強い方は、ニートになるリスクが高いと考えられます。
失敗をしたり注意をされたりしたことで、「自分は何をやってもダメ」「自分なんかいない方が良い」と、極端に落ち込みやすい傾向があるようです。物事をマイナスに考え過ぎた結果、考えること自体が嫌になり、思考と行動を停止してニートとなった方も多くいます。

【人間関係が希薄】

家族や友人との関係が希薄であると、「心配をかけたくない」「働いて安心させたい」という気持ちが生まれにくいようです。また、承認欲求がなく人の目が気にならない…という場合が多く、ニートになるということに対する抵抗が低くなりがちと言えます。

【経済的な心配がない】

「ニートでも生活していける環境がある」というのが、人がニートになる上での前提。
ニートの家族の多くは、ニートであることを容認している、諦めている、無関心である、という場合が多いようです。このような状況がニートを作り出している…と考えれば、ニートになるのは本人だけの問題ではないと言えます。


◆ニートが社会復帰する方法

ニートから抜け出して社会復帰をするには、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

【低いハードルを設定し、できることからやってみる】

自分の部屋から出られない方は、まずは家族が集まる場所で共に食事をすることから始めてみましょう。外出はできるけど仕事をする気が起きない…という方は、アルバイトやパートで短時間の仕事に挑戦し、徐々に身体を慣らしていくという方法もあります。
高すぎるハードルを設定してしまうと、飛び越える前に諦めてしまったり、飛び越えられなかった時にまた立ち止まってしまったりすることも。低いハードルを設定し、焦らず一つ一つチャレンジしていくことが大切です。乗り越えられたという成功体験が増えていけば、より高いハードルを飛び越える自信に繋がるのではないでしょうか。

【家族に甘えるのをやめてみる】

一人暮らしをしているニートの方は、ほとんどいないのが現実。家族のサポートを受けて、日々の生活を送っている方が多いでしょう。
住む家があり、食事をすることができ、生活に困らない…というのは決して当たり前のことではありません。
まずは、食費を少しでも入れられるよう努力する、必要なものがあればそれを手に入れるため、という理由で仕事を始めてみましょう。毎日の生活の中に、変わるきっかけがきっとあるはずです。

【就活に有利な資格を取得する】

就活がうまくいかなかったことがきっかけでニートになってしまった方は、一時的に自信を失ってしまっている場合が多いと考えられます。そのような時は、立ち止まっているこの時間を人生の大事な充電期間だと思うようにしましょう。資格を取得するための勉強に取り組むなど、時間を有効に使うのが大切。
「就職のための勉強をしている」と思えば、家に居る時間が長いことを悲観的に感じることもなくなるのではないでしょうか。

社会復帰を目指したいけど、失敗したらどうしよう…と頭で考え過ぎて悩んでしまう方が多くいると思います。
ニートの期間が長ければ長いほど、一歩を踏み出すのが怖い…自分を変えるのが怖い…と感じてしまうのではないでしょうか。
ニートから抜け出すために大切なのは、一歩を踏み出す勇気と、変わりたいという強い意志。
社会に出ると辛いこともありますが、嬉しいことや楽しいこともあるはずです。今の生活に不安に感じていて、変わりたいという気持ちがある方は、勇気を出して小さな一歩を踏み出してみましょう。

今の生活を抜け出したいけど、どうしても一歩が踏み出せない…という方は、第三者の手を借りてみるのも1つの方法です。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職支援サービスを提供しています。プロの就活アドバイザーがマンツーマンで、面接対策や書類の作成、相談、アドバイスなどを実施。不安を軽減し、新たな一歩を踏み出せるよう心のこもったお手伝いをさせていただきます。 
また、ハタラクティブのサービスは全て無料で利用可能。ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?