ニートを卒業して働く方法は?就職に向けたヒントをご紹介

ニートを卒業して働く方法は?就職に向けたヒントをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • ニートを卒業するタイミングや理由は人によってさまざま
  • アルバイトから始める場合は、「したい」より「できる」で仕事を探すことが大切
  • ニートを卒業して最終的に就職を目指すなら、フリーター期間は最初から期限を決める
  • ニートを卒業するならサポステや職業訓練など就職支援サービスを利用するのがおすすめ

ニートの人口は年々増加傾向にあるといわれていますが、一方でニートから卒業して正社員として働き始める方も多く存在します。
このコラムは、ニートから抜け出すきっかけや、働くために必要となる具体的な行動について紹介。これから就職活動に挑戦したい!とお考えの方にぴったりの内容です。ぜひ当コラムをご覧ください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートを卒業して働くタイミング

就活に失敗した、自分に合う仕事がないなど、さまざまな理由でニート生活を送っている方が多くいますが、そんな状況から脱して正社員になる人もいます。ニートを卒業して働きたい!と思うきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。以下にまとめてみました。

自由に使えるお金が欲しいと思った時

自由な時間はあっても好きなようにお金を使うことができないことに不自由さを感じ、ニートを卒業しようと考える方が多いようです。「ニートの生活費はどのくらい?一人暮らしで必要なお金や就職する方法を紹介」では、ニート中でも必要な生活費や就職活動の具体的な方法を紹介していますので、参考にしてください。

人と関わりたい、会話がしたいと思った時

ニートで生活を送っていると、人との関わりも少なくなりがち。ネットやテレビからでは得られない、生身の人間とのコミュニケーションが取りたいと思うのも、ニート卒業のきっかけの1つだとえます。

一定のルールの中で生活していきたいと思った時

ニートは生活する上で時間の決まりはなく、基本的にいつでも自由。しかし、そんな自由な毎日に飽きてしまったり、体がなまってきたりして、ルールの中で生活したいと思う方もいるようです。そう感じ始めたら、ニートを卒業する時期でしょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

アルバイトからスタートする時のポイント

ニートの期間が長く、いきなり就職するのはハードルが高くて不安な方は、まずはアルバイトから働く方法が良いでしょう。その際のポイントは以下の3つです。

明らかに適性がないバイトはしない

ニートを卒業する!とせっかく動き出しても、あまりにも自分に合わないアルバイトを選んでしまうと継続できず、またニート生活に戻ってしまうということが考えられます。
どんな仕事が合っているかわからない方は、単発のアルバイトでさまざまな種類の仕事に挑戦してみても良いでしょう。

就職活動を始める前に自分としっかり向き合い、何が好きで何が苦手なのかを把握したうえで、ニート卒業への一歩を踏み出してみましょう。「適職の見つけ方を解説!好きなことだけでなく得意なことを探そう」では、自分に合った仕事の探し方を紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

「したい」より「できる」で仕事を探す

アルバイト先が決まっても、いきなり無理をすると精神的に負担がかかってしまう恐れがあります。仕事で自信を失うと、またニートに戻ってしまうことになりかねません。

はじめは仕事のある生活に慣れることを重視して、「できる仕事」を一つひとつ確実にこなしていくと良いでしょう。「できる」仕事が増えて自信を取り戻せば、将来の「したい仕事」も見つかります。

無理にコミュニケーションを取ろうとしない

ニートを卒業するということは、人と関わることだけが目的ではありません。人とコミュニケーションを取ることが苦手であれば、無理して人と関わる仕事を選ぶのはやめましょう。今の自分が「できる」と思えるアルバイト先を見つけることが大切です。

アルバイト期間を決めておく

フリーターの期間が長くなればなるほど、就職に不利になる傾向があるようです。最終的に就職したいなら、アルバイトとしてどのくらい働くのか、はじめに期限を決めておきましょう。

自分に合ったアルバイト先で楽しく働くことができれば自信につながり、就職を目指すこともできるでしょう。決して無理をせず、今の自分に最適な場所を見つけることが重要です。

就職して正社員を目指すなら

正社員を目指したいという方は、経歴や資格を問わない求人から探してみましょう。長期間ニート生活を送っていた方でも、正社員として採用されるケースは多くあります。ニート生活を送っていたということで後ろ向きにならず、前向きに就職活動に取り組むことが大切です。

履歴書と面接は意欲を伝えることに重点をおいて対策しましょう。働いていなかった期間をカバーするためには「志望動機」が重要となります。働きたいという気持ちを精一杯アピールしてください。

就職活動に不安を感じる方は、サポステや職業訓練・ジョブカフェ・エージェントなどの就職支援サービスを併用するのがおすすめです。

ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンで就職をサポートしています。あなたの強みを最大限アピールできる方法や弱みをカバーする方法など、一人ひとりに合った履歴書・面接対策を実施。カウンセリングから入社後のフォローに至るまで、きめ細やかな支援が当社の特徴です。正社員を目指したいという方は、ハタラクティブにご相談ください。

どうやって働く?ニートから就職を目指す方のお悩みQ&A

ここでは、ニートを卒業して働く決意をした方に役立つ疑問やお悩みをQ&A方式で解決していきます。

就職しやすい職種はありますか?

未経験でもチャレンジできる介護職や、警備員、プログラマーなどがあげられます。また、人手不足の業界は教育体制がきちんと整っていることが多いため、すぐにスキルが身につけられる環境も魅力です。「ニートからの就職のコツを紹介!支援機関を使って就活を有利に進めよう」では、複数の職種について詳しく説明しています。

働くことにはどんなメリットがあるのでしょうか?

人との関わりができて精神的に安定したり、行動範囲が広がって価値観の変化があったりと、活き活きとした変化が生まれるメリットがあります。今までのニート生活とは違う、新しい心の余裕ができて、やりがいのある日々を過ごせるでしょう。
働くことへのメリットについては、「ニートが働くきっかけとは?具体的な理由やおすすめの職業を紹介」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

ニートを辞めたいのに、働くのが怖いです。

人間関係や職場環境、その他さまざまな理由から、就職することへの恐怖がある方はたくさん存在します。しかし、少しでもニートから抜け出したいと思ったのなら、一歩だけ前に進んでみるのがニートを脱して働く方法です。恐怖に負けそうになっても、決して自分自身を責めてはいけません。少しでもポジティブでいることがニート脱出への近道です。
ハタラクティブでは、就職活動に関するお悩み相談に対応しています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

ニートから正社員を目指せますか?

就業経験がない場合は、職業訓練を受けてみるのもおすすめです。PC操作の基礎から、専門性のあるスキルまで、幅広いメニューがあるので、興味のある方はハローワークに問い合わせてみましょう。また、いきなり正社員になることが不安な方は、アルバイトからはじめてみるのもおすすめ。まずは仕事に慣れることを目標にすると良いでしょう。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次