人間関係で仕事を辞めるのはあり?ストレスになる理由や対処法なども解説

人間関係で仕事を辞めるのはあり?ストレスになる理由や対処法なども解説の画像

この記事のまとめ

  • 人間関係や給与、待遇、将来性などの不安から仕事を辞める人が多い
  • 実際に転職をして、人間関係による仕事の悩みを改善できた人もいる
  • 努力や工夫をしても改善できないなら、仕事を辞める好機と考えてみよう
  • 人間関係が理由で仕事を辞める際は、正直な理由を伝えず円満に退職できるよう心掛ける

仕事を辞める理由に「人間関係」を挙げる方は多いでしょう。仕事とは、職場での人間関係がうまく構築されることで円滑に進みます。人間関係が崩れて仕事を辞めるという選択をする前に、問題を解決する対処法を知っておくことが重要です。
このコラムでは、実際に仕事を辞める理由や会社に伝える退職理由の例について紹介。仕事を辞めて良い場合・辞めない方が良い場合についても解説するので、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

人間関係で仕事を辞める人は多い?

仕事を辞める理由として実際に多いのが「職場の人間関係」についてのトラブル。
「上司や同僚とうまくいっていない」「会社の雰囲気がギスギスしている」「嫌がらせを受けている」など、その内容はさまざまです。人間関係がうまくいっていなくとも、仕事ができれば問題ないと考える人もいますが、なかには人間関係が業務へ支障を与えるという場合も。雰囲気が良い会社で働きたいと思う人が多く、人間関係が原因での退職が多いようです。

仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれ

仕事を辞める理由は人間関係をはじめ、長く働いても給与に変化がない業種だったり、業界や企業の将来性に不安があったりすると、転職を考える人も少なくありません。現在の給与や待遇に納得がいかないという理由も、退職理由の大半を占めています。
ほかにも、残業の多さや休みの取りづらさなど、労働環境が悪い企業で働いているために退職したいと考える人も。なかには、モチベーションが上がらないため、もっとやりがいのある仕事に就きたいと思う人もいます。実際に転職して悩みや問題を解決できたという人も多いため、仕事に関して悩みがあるなら、転職を視野に入れてみるのも良いでしょう。
仕事を辞めたいと思う理由については、「仕事を辞めたいと思ったときの対処法」のコラムでも詳しく解説しています。こちらもあわせてチェックしてみてください。

人間関係で仕事を辞めて良い場合

仕事を辞める・辞めたいということは、さまざまな状況から起こりうることです。その理由の1つである人間関係の悪化は、回避できるものもあります。しかし、仕事は1人で行うものではありません。人間関係が成り立っていない場合、仕事を続けることはほぼ不可能といっても良いでしょう。
ここでは、人間関係を理由にする退職で、辞めても誰も何も言わないような代表的なケースを5つ紹介します。現在、人間関係で悩んでいるという人は、ぜひ参考にしてください。

上司からパワハラを受けている

上司からの暴言や暴力・パワハラを受けている場合、今すぐに辞める準備をしましょう。パワハラは言語道断な事案です。近年は、△△ハラスメントということが社会問題になっています。社内の立場を利用して一方的な態度は許されません。
また、パワハラは会社内のみならず社会的にも犯罪となります。該当するのは「傷害罪」「名誉毀損」「侮辱罪」。パワハラが実際に行われているのであれば、立派な退職理由となります。

会社の人間からセクハラを受けている

セクハラもハラスメントの一環であり、損害賠償請求が可能な重大な問題です。これは、立場に関係なく、会社内の人間からハラスメントとして受けると成立します。
具体的な例としては、執拗に食事に誘われることや体を触られる、見られるなどが該当するものです。セクハラをする相手は、何らかの処罰を受けない限り行為を認めない可能性があります。そのため、過度なもので精神的に苦痛がある場合は、法的処置も検討しましょう。

社内でいじめがある

職場内での「いじめ」もすぐに会社を辞めて良い理由の一つです。上司や同僚、後輩と職場内で起きている場合は、立派な退職理由となります。仕事はチームワークで行うものがほとんどですので、いじめが発生しているなか、まともに仕事を継続することは難しいといえるでしょう。
具体的な例には、無視や陰口などが挙げられます。また、これらのいじめ行為がエスカレートすると職場全体に蔓延し、居場所がどんどんなくなっていくことが予想されるのです。このような職場で働いていると、健康状態に支障をきたして病気になってしまう恐れも。いじめ行為は努力や我慢をして改善できるものではありません。「いつか変わるかも…」と期待せず、早めに自ら行動を起こすことが重要です。

仕事に対する詰めが厳しい

仕事に対する詰めが厳しいと、仕事を辞めたくなることがあるでしょう。これは、仕事に対する恐怖感から精神的に調子を崩していることを意味しています。多くの仕事量から精神的に余裕がなくなってしまい、周囲との人間関係が崩れることを恐れてしまうのです。この状態になれば、抱え込んでいるものの多さから仕事とプライベートの切り替えもできづらくなり、心身に不調をきたしてしまいます。結果的に、適応障害やうつ病という状態になる可能性もあるでしょう。このような状況になる前に、仕事を辞めて自分の身体を気遣うことを優先してください。

職場の雰囲気が悪い

職場の空気が悪い場合も、仕事を辞めて良いといえます。職員同士の会話もなく、常にイライラしているような職場では働きがいがなく、仕事もスムーズに捗らないでしょう。職場の空気が悪い理由には、仕事量や待遇面、上司の方針といった社風が原因の場合があります。これに関しては、すぐに改善されたり誰かが変えてくれたりということは難しいでしょう。変化する可能性が低い状況で我慢することはおすすめできません。

人間関係で仕事を辞めない方が良い場合

仕事を行ううえで、状況によっては人間関係に問題があっても辞めない方が良いケースもあります。ここでは、その代表的な例を紹介。当てはまるという場合は、自分で改善できないか今一度考えてみましょう。

自分が原因で人間関係が悪化している

人間関係が悪化した原因が自分にあるという場合は、退職を思いとどまってもよいでしょう。
たとえば、挨拶や受け答えが雑であったり、言葉遣いが悪くなったりしていると、人間関係悪化の原因につながることがあります。また、遅刻や欠席が嵩んでしまったり、周囲に対して反抗的な態度を取ったりすることも信頼を失う一因に。これらの行動に心当たりがある場合は、周囲との人間関係が悪くなることは仕方ないといえるでしょう。
先述したように、仕事はチームワークで行うものですので、周囲が気持ちよく過ごすことができるよう、協調性がポイントになります。自分も当てはまるかも…という場合は、今すぐに行動を変えてみましょう。

入社して間もない

会社に入社して日が浅いなら、まだ辞めるには早い可能性があります。この場合、人間関係の良し悪しではなく、人間関係が構築されていない状態です。また、新人として上司もあえて厳しく対応をしていることも。すぐに辞める選択肢をとるのではなく、しばらく様子を見てみるのも良いでしょう。また、自分が周囲の厳しい声に答えられているのかを考える機会にするのもおすすめです。

仕事にはやりがいを感じている

仕事自体が好きで、やりがいを持つことができている場合は、辞めない方が良いでしょう。今取り組んでいる仕事が好きで、やりがいを感じられるということは非常に素敵なことです。その仕事を、人間関係だけを理由に退職してしまうのはもったいないといえます。そのため、「どうすれば改善できるのか」について考えてみましょう。

相談できる友達がいる

社内に仕事や人間関係のことを相談できる同僚や友達などがいるなら、辞めない方が良いといえるでしょう。誰かに打ち明けられる状況があると1人で考え込むこともなく、なるべくストレスを溜めずに過ごせます。また、大きな会社の場合、社内でのトラブルや悩みなどが相談できる部署を設けていることもあるので、一度利用を検討してみるのもおすすめです。

気持ちを割り切れている

もし、人間関係で悩んでいたとしても「これは仕事の一環だから」と割り切れているならば、辞める必要はないといえます。人間関係の問題とは、どの職場でも起こりうるもの。仕事だから仕方ないと自分のなかで割り切れているのであれば、そのぶん精神的なストレスは軽減されるはずです。 今後、気持ちや状況の変化によって割り切れなくなった際に、改めて仕事を辞めることを考えても良いでしょう。

人間関係で仕事を辞める際はそのまま話す?

退職や転職を決意し、会社に報告する時、辞める理由を正直に話して良いものか迷うこともあるでしょう。人間関係や給与・待遇など、会社の不満を退職理由に伝えると、改善策を提案され、引き止められてしまうことがあります。
具体的な改善策でそれが現実になるならば、今の会社に留まっても良いと思うかもしれませんが、実際には口約束でなんの変化も現れないというケースも。また、一度辞めると言ってしまったために、同僚や上司と気まずくなってしまうということがあります。
円満に退職したいと思う時には、下記のように退職後を見据えた前向きな理由を伝えると良いでしょう。

<例>
・◯◯に興味が沸いたので、関連する仕事に就きたい
・将来やりたいことができたため、それに関する資格を取得したい
・新しい環境で自分の力を試したい など

「親の介護」や「寿退社」も円満退職の理由として使うことができますが、嘘をつくとバレてしまったときに信頼を失う結果になります。実際に予定がない場合には、避けた方が良いでしょう。

人間関係で仕事を辞める前にできる5つの対処法

ここでは、職場の人間関係を良好にする5つの方法について紹介します。
職場の人間関係で悩んでいる人や、今以上に良い関係にしたいという人は、ぜひ試してみてください。

1.職場の人間関係も仕事だと割り切る

職場の人間関係は「仕事」だと割り切りましょう。
仕事はチームワークが重要なので、人間関係を良好にする必要があります。しかし、良好といえど友達になるわけではありません。また、日々の関わりのなかで食事に行ったり、休日に遊びに行ったりする関係になる可能性があるものの、あくまで「仕事上の関係者」です。そのため、仕事でどんな嫌なことがあったり、納得いかないことが起きたりしても仕事と割り切れる意志があると良いでしょう。
仕事は人間相手に行うので、腹もたちますし嫌いになることもあります。しかし、それも仕事の一環であり、一生付き合う相手ではありません。うまく割り切りができるようになると、仕事に対する考え方が少し楽になるでしょう。また、仕事が終わって職場を出たら、仕事について一切考えないようにすることもおすすめです。

2.必要最低限の関わりのみする

仕事での人との関わりを必要最低限にしましょう。
先述したように、仕事は人間相手に行うため、どうしても苦手意識が芽生える人が出てきます。しかし、その気持ちを周囲と共有したり、陰口のように話したりすると、あなたは立派ないじめ行為の加害者になってしまうでしょう。
そこで実践したいのが、職場で人と関わることを必要最低限に抑えることです。直接関わらずに済む仕事であれば、メールや電話など間接的にやり取りができるよう工夫をすることで、関わる機会を減らせます。人付き合いのやり方がうまくできるようになると、さまざまな状況の人間関係にも対応できるようになるでしょう。 職場の苦手な人とどう関わったら良いか…と悩んでいる方は、「職場に苦手な人がいるときの付き合い方は?困ったときの対処法をご紹介!」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

3.相談できる人を作る

職場内に相談ができる人を作りましょう。いつでも悩みを打ち明けられる存在がいれば、ストレスを溜め込まずに済みます。ただし、その相談相手が本当に信頼できる人かどうかを判断することも重要です。相談する内容によっては、特定の人物を指す場合もあるでしょう。そのため、あなたが話したことを誰かに伝えられてしまったり、新たな陰口の発展につながったりしないよう、十分な注意が必要です。

4.人事部や上司に直談判してみる

会社の人事部や上司に現状を直談判というかたちで報告するのも一つの手です。
パワハラやセクハラ、いじめ行為などが見受けられたり、実際に被害を受けたりしている場合には、然るべき場所へ報告することで改善へ動く可能性があります。また、先述したように会社によっては悩み相談を受け付けている部署があるので、上司に伝える前に利用してみるのも良いでしょう。

5.一度休職する

人間関係に疲れたら、思い切って一度休職するのも重要な対処法です。また、休んでいるあいだに人事異動などが行われて、職場の人間が入れ替わるということも十分に考えられます。人間が入れ替わるということは新たな人間関係が構築されるということになりますので、休職制度がある企業で働いているのならば検討の余地はあるでしょう。
休職について詳しく知りたい方は、「休職の申請方法って?休業との違いや受け取れる手当を知ろう」のコラムで詳しく解説しています。ぜひあわせてご覧ください。

人間関係で仕事を辞める前に理解しておきたいこと

人間関係が原因で仕事を辞めたいと思いつつも、生活や収入を考えると簡単には踏み切れないもの。「できることならこのまま頑張りたい…」と考える人もいるようです。そんなときは、下記のようなポイントをおさえながら、段階を踏んで改善の見込みを探っていきましょう。

・期限を決めて退職の有無を判断する
・仕事の効率化を考え、やりがいを見出してみる
・感情や勢いなどに任せて退職を決めない

上記のように、できるだけのことをしても退職の意思が変わらない場合には、転職の好機だと考えてみても良いといえます。

今の仕事を続けながら転職先を探すのには、時間的に難しい…と悩んでいる方は、若年層向け転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
専任アドバイザーが丁寧な就活カウンセリングを行い、あなたの希望や条件、お悩みをヒアリング。お聞きしたお話から、最適な求人情報をご提案いたします。
気になる転職先が見つかったら、忙しいあなたに代わって面接の日程調整を代行。書類の作成や面接対策のサポートのほか、電話やメール、チャットツールでの相談にも対応しているので、転職活動に時間を割けずに困っている方も安心です。
サービスの登録・利用料は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

人間関係で仕事を辞める際に関するお悩みQ&A

ここでは、人間関係で仕事を辞める際に関するさまざまな疑問を、Q&A方式で解決します。

なぜ人間関係が悪くなってしまうのでしょうか?

人間関係とは、ほんの些細なことでも崩れてしまうことがあります。たとえば、挨拶がそっけなかったり、自分の調子が悪いときの態度が相手に不快感を与えていたりと、考えられる原因はさまざま。お互いが誤解を生んだり嫌な思いをしないためにも、日頃から丁寧なコミュニケーションを意識することが大切です。詳しくは「仕事を辞めたいほど人間関係に悩むときにすべきこと」のコラムでも解説しています。

人間関係で仕事を辞めるのは甘えですか?

仕事を辞めることは甘えではありません。もし、特に理由もなく漠然と「辞めたい」と思っているのであれば、甘えと捉えられることもあるでしょう。しかし、人間関係が理由で仕事を辞めると自分で決めて、それを行動に移すのであれば、それは「甘え」とは言いません。安心して転職活動を行いましょう。

人間関係のストレスを軽減させるためには?

職場の人間関係のストレスを増やさないためには、プライベートを充実させるのがおすすめ。趣味や好きなことがあると、職場での人間関係がそこまで気にならなくなります。また、「プライベートを充実させるために働いている」と、気持ちを割り切ることもできるでしょう。人間関係のストレスから解放される方法は、「会社の人間関係に疲れたときには?3つのコツで心を楽にしよう」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

仕事を辞める理由を上手く伝える方法はありますか?

会社側に悪い印象を与えないためにも、不満を伝えるのは避けて前向きなフレーズを使うことがポイントです。ここでスムーズな対応ができないと、退職日当日まで気まずい状況に陥る恐れも。上司が納得且つ引き止めづらくなるような伝え方を意識してみましょう。1人の転職活動が不安な方は、マンツーマンによる細やかなサポートが魅力のハタラクティブまでお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ