新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

苦痛な職場いじめ!どう対処したらいい?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自分が苦痛を感じだり辛いと思ったりしたらすぐに相談すること
    ・いじめる側の心理としては自分に自信がなく不安なときに相手を攻撃する場合が多い
    ・心身に支障が出る前に上司や人事部、労働局などに伝えることが大切
    ・労働局ではメール窓口もあるので、溜め込む前に相談しよう

いじめは子どもがするものと考えてしまいがちですが、ストレス社会のなかでは、大人もまた自分の不満を発散するためにいじめる人がいるようです。
なかには悪意がなく、ただ余裕がなくなっているときに、きつくあたってしまうという人も。しかし、いずれにせよいじめられている方からすれば、我慢できるものではないでしょう。

こちらのコラムでは、職場でいじめにあったときの考え方や具体的な対処法についてもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

◆これっていじめ?職場環境のチェックポイント

職場では、ストレスを感じながら仕事をする人も多いのではないでしょうか。
しかし、あまりにも過剰な指導や説教は辛いものです。指導といじめのボーダーラインはどこなのでしょう。
上司は指導のつもりだったのが、応じた部下にとっては耐え難いものだったケースも。それぞれの判断は難しいですが、以下の例を参考に、ぜひ考えてみてください。

・明らかにほかの人と態度が違い陰口や暴言がある
・いじめる人の方が人数が多い
・自分だけ省かれる
・自分ばかり仕事を押し付けられる
・物を壊される、隠される
・心身に影響が出ている
・ミスを過度に叱る

もちろん、上記はあくまでも例です。自分が嫌がらせを受けて辛いと思ったときはいじめと考えていいのではないでしょうか。
ただ、人によって価値観は異なってくるため一定の基準を決めることは難しいといえます。また、さまざまなパワハラやいじめの問題で裁判が行われていますが、事例によって異なるため、ボーダーラインは一概にいえないのが現状です。

仕事をしていると人間関係の問題はつきもの。周囲とのコミュニケーションがうまくいかないケースは多々あります。
しかし、いじめは相手を攻撃することです。それを一人で受けて立ち、苦痛を耐えるのには限界があります。どうにかいじめを対処する方法はないのでしょうか。次の項目でご説明していきます。

◆職場いじめに有効な対処法は?

大きな問題まではいかないけれど、嫌がらせや不愉快なことでストレスが溜まっているという人もいるかもしれません。その場合はまず考え方を変えるのがポイントです。
いじめる人の心理としては、実は自分に自信がなく立場を不安に感じている人が多いといわれています。相手を格下とすることで自分の精神面を安定させている、不安や恐怖がある人なのだと考えると少し冷静になれるかもしれません。
また、動じないことも大切です。相手はいじめた後の反応を見て楽しんでいる場合もあります。そのときはできる限り無になり、相手にしないこと。悲しんだり無理に気に入られようとしてしまうとエスカレートしてしまう場合があります。
ただ、辛い状況が続くのであれば無理は禁物です。まずは自分を守ることに専念しましょう。

ほかの対処法としては、なぜいじめられているのか原因を知ることです。自分では良い意味でいったつもりでも、相手が勘違いして悪いほうに捉えられるパターンもあります。
たとえば顔の見えないメールでのやりとりなどで怒っていると勘違いされる場合もあるので気をつけたいところです。もしかしたら、気づかないうちに相手を傷つけてしまう発言や行動をしていることもあるので、誤解がないか確かめるのも重要といえます。
ただ、謝ってもいじめが続く場合や、明らかに一方的にいじめられていると感じたときは、できるだけ早く同僚や仲間に相談しましょう。

とはいえ、仕事上、無視はできないという人も多いかもしれません。その場合は信頼できる上司や人事の人に相談しましょう。
それでもいじめがずっと続くのであれば、証拠を集めておくのも1つの手です。日付と何をされたか、メールの保存、ひどい場合には録音や撮影など、証拠を掴んでおきましょう。

上司や人事の人に相談しても解決しない場合や、職場に味方がいないときは、労働局に申し立てる方法があります。労働局は、労働者と事業主の間で問題が生じて援助の申し立てがあった際に、解決のための指導や助言をしてくれる機関です。メールでの相談も受け付けられているので、溜め込まずに第三者に聞いてもらうようにしましょう。

会社には迷惑をかけたくないから、家族に心配されたくないからといった理由で我慢を続けている人もいるかもしれません。しかしそれでは状況が改善するどころか自分の心身に支障をきたしてしまいます。
ストレスを溜め込みすぎてしまっていると冷静な判断ができなくなってしまうので、できるだけ早い段階で第三者に相談するようにしましょう。

◆状況が改善しないときは転職を

いじめだけでなく、上司からのセクハラやパワハラで人事に相談しても解決されないこともあります。
そのような状況のまま、毎日長い時間を過ごすと体調を崩してしまうことも。上司や労働局などに相談しても、なかなか解決しない場合は、転職を視野に入れてみるのも1つの方法です。

もちろん、ストレスが溜まってしまっている人はまずは休養をとることを最優先させてください。余裕がでてきたときに、前向きに転職を考えてみるといいでしょう。
周りから「逃げ」と思われるのが嫌だという人もいるかもしれません。しかし、このようないじめにあっていたら本来のパフォーマンスを発揮することは難しいものです。「自分を取り戻すために転職をする」「もっと自分を認めてくれる会社がある」と、前向きに捉えることが大切といえます。

とはいえ自分だけで相性のいい会社を見つけるのは難しいものです。そんなときにおすすめなのが、ハタラクティブ。
転職エージェントであるハタラクティブは、一人ひとりの状況や悩みに合わせて、ヒアリングを行っています。そこから個々のペースに合わせて転職活動を進めていくので、大きなミスマッチを防ぐことに繋がるのがメリットです。
親切、丁寧な就活アドバイザーがしっかりサポートするので、悩みや不安がある方も安心してご利用いただけます。転職エージェントが初めてという方も、ぜひお気軽にお問い合わせください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ