職場でいじめを受けている…そんなときの対処法とは

職場でいじめを受けている…そんなときの対処法とはの画像

この記事のまとめ

  • いじめは個人間でも発生するが、集団でも行われることがあり、その場合には多くは自己退職に追い込むことが目的
  • いじめは社会人になると誰もが対象となりやすいが、仕事ができる人もそうではない人もどちらもターゲットとなる可能性があるので注意
  • いじめに遭ったら1人で悩まずにすぐに信頼できる上司などに相談をすることが大切

学生時代にあったようないじめも実は社会人になっても、職場行われていることは実はあり得ることです。わかりにくいいじめもありますが、はっきりと本人が自覚するようなケースもあります。個人によるもの、集団によるものなどタイプも様々あり、自己退職に追い込まれることもある深刻なものです。

職場でのいじめには様々なタイプがありますが、いじめに遭う方には特徴的な点が見られます。しかし、いじめは放置していいわけではないものですし、解決に向けて勇気をもって行動をしていく必要があります。その特徴や具体的な解決策とはどういったものなのか、以下で説明します。
 

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆職場いじめとは

社会人になって行われている職場いじめの定義についてですが、職場で行われており、それを行っているのは上司や同僚だということです。
同僚から受けるものもいじめとなりますが、上司からの場合にはケースによってはパワハラと呼ばれることもあり、精神的なダメージを受けることが多いものです。

実際に起こっているいじめの内容としては、対象となっている社員に対して大きな声で怒鳴ったり、罵ったりといった精神的に苦痛を与える強い叱責が挙げられます。
これは多くあるケースですが、そのほかには集団で無視するといったものも実は多く行われています。
個人で行うものもありますが、場合によっては複数の社員による集団でのいじめもあります。

職場で起こるいじめでは、単に相手のことが嫌いだから、相性が悪いといった理由から行われる場合もあります。
しかし、また違うケースでは、社員を解雇したいという目的で組織的に行われるという場合も見られ、結果として自己退職に追い込まれることがあります。
集団によるいじめでは、退職させることが目的のケースが特に多くなっています。
 

◆いじめられやすい人の特徴

いじめが起こる理由としていじめを受ける人に特有の見た目などが見られます。人から嫉妬や妬みの感情を抱かれるような方はいじめの標的になりやすいものです。
例えば人とのコミュニケーションがスムーズにできる、仕事が早いなど、能力的に優れているためにいじめを受けることがあります。
人の嫉妬は憎悪を抱きやすいため、いじめという行動になりやすいものです。

仕事については、有能な方ばかりではなく、仕事ができない方もいじめの標的になってしまうこともあります。
仕事が遅い、与えられた仕事を間違えるなど、能力的に劣っている人もいじめの対象となることがあります。
会社の社員はそれぞれ能力が異なっているものが通常ですが、あまりにも周囲の人との能力差が大きいと目立ってしまい、いじめを受けてしまうことがあります。

性格的な点でいじめを受ける方がいますが、例えば他人と一緒に行動をしない人も目立ちやすく、いじめを受けやすいものです。
職場にいると浮いている、雰囲気が周囲とは異なっている人は目立つため、目を付けられやすいものです。
さらに気が弱く、反論できないような人も周囲の人からいじめられやすく、その対象となってしまいます。
 

◆職場いじめに巻き込まれてしまったら

いじめは社会人になると多くの方が対象となってしまうほど、日常的なものですが、だからといって仕方ないと諦めているのも避けなければなりません。
いじめの対象となっていじめを受けることを避けるための行動を行う必要があります。まずは信頼できる上司に相談することが大切です。口外しない上司であれば安心ですし、部署を変えてくれる可能性もあります。

職場の中にはいじめの多い部署というのも実はあるものです。そのため、対策を行っていても被害者になる可能性もあります。
そんな環境の中では誰もがいじめが行われていても見て見ぬふりをしているものです。周囲の人は信用できないため、自分ではどうしようもないものです。
そんな場合には思い切って退職をしてしまったほうが良いこともあります。

いじめを受けていて自分ではもうどうしようもないと諦めてしまうほど、落ち込んでしまったら思い切って転職を考えてみることも大切です。転職をして心機一転することで今までの明るい自分を取り戻すことができます。
転職を考えた時には、安心して転職の相談ができるハタラクティブを選択してみてください。

◆1人で悩まず行動する

いじめを受けたことでトラウマになったり、深く傷ついて今後仕事を続けていく事が難しくなってしまうような状況に追い込まれることもあります。このような事態になるのは避けなければなりません。
いじめを受けていると転職を考えるよりも乗り越える方法を検討してしまう方もいます。

いじめを受けたら誰かに相談をしてください。ハタラクティブでは気軽に相談が可能なため、自分の今後のことをしっかりと冷静に考えていくことができます。
転職を避けたいと思う方もいますが、転職はもっと気軽に考えても良いものです。

いじめは自分の責任ではなく、職場によっては昔から行われている場合も多くあります。そのような環境の中では自分の努力では難しいこともあり、その場から離れることが望ましいケースもあるものです。

そんな時には自分を責める必要は無用です。自分に合っている職場への環境を変えて、いじめから解放されましょう。
 

この記事に関連するタグ