仕事を当日欠勤しても良い?休む理由や注意点を解説

仕事を当日欠勤しても良い?休む理由や注意点を解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事を当日欠勤する必要があると感じたら、無理せず休暇を取ることが大切
  • 仕事を当日欠勤する理由は「体調不良」「家庭の事情」「交通機関の乱れ」など
  • 仕事を当日欠勤しても良いが、無断欠勤はやめよう
  • 仕事を当日欠勤をするときは、理由や状況を会社にしっかりと伝える
  • 仕事を当日欠勤する理由は、電話で説明するのがマナー

仕事を当日欠勤することを不安に思う方も多いのではないでしょうか。休息が必要だと感じたときは、当日欠勤をするのも一つの方法です。このコラムでは、当日欠勤をする際の主な理由や、休む場合の注意点などを解説。また、当日欠勤を避けるための方法も紹介しています。キャパオーバーになる前に適切な休息を取り、仕事に向けてリフレッシュしましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事の当日欠勤は理由があればしても良い

仕事の当日欠勤について、ネガティブなイメージを持っている方もいるでしょう。しかし、やむを得ない急病や用事で休まなくてはいけない日もあります。また、仕事のストレスを抱え過ぎないためにも、当日欠勤を上手に活用することは必要です。

仕事の当日欠勤は「ズル休み」ではない

仕事の当日欠勤は、「サボり」や「ズル休み」ではありません。どうしてもずらせない急用や、自分でもコントロールしきれない体調不良などの理由がある場合は、無理せず休むのが良いでしょう。迷惑をかけたくない一心で出社を試みる方もいますが、本来休むべき体調不良や事情がある場合、そちらに気を取られて仕事に集中できない可能性もあります。自分だけでなく周囲にも悪影響を及ぼしかねないため、客観的な判断をもとに当日欠勤することが大切です。
ただし、周囲からの印象を悪くしないために、当日欠勤の際は誠意ある対応が必要でしょう。当日欠勤が新たなストレスの原因となってしまうのを避けるために、後述する対処法をぜひ実践してみてください。

辛いときは1日休んでリフレッシュしよう

「理由はないけど仕事に行きたくなくて辛い」「布団から出られない」と考えてしまうのは、ストレスを抱えきれなくなっているサインの可能性があります。そのような場合は、仕事を当日欠勤して1日リフレッシュすることで、気持ちを落ち着かせる効果が期待できるでしょう。辛いときは無理をせず、心と体に休息を与えることが重要です。辛い気持ちが毎日続いているという方は、「もう働きたくないという20代~40代の方へ!疲れた人に適した働き方とは」がおすすめです。原因や対処法を紹介しているので、ぜひご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事を当日欠勤する主な5つの理由

仕事を当日欠勤する主な5つの理由

  • 体調不良
  • 事故
  • 家庭の事情
  • 忌引
  • 交通機関の乱れ

仕事を当日欠勤する際に多い理由は体調不良ですが、そのほかに家庭の事情や通勤途中の事故など、さまざまな理由があります。

1.体調不良

仕事を当日欠勤する理由の一つに、体調不良が挙げられます。体調不良は、痛みや発熱、倦怠感など体の調子が良くないときに使われる理由で、女性の場合は生理による諸症状も当てはまるでしょう。体調不良の際に無理して出社すると、かえって悪化する可能性があります。さらに、万が一感染症だった場合は周囲に移してしまう恐れも。心配をかけたり感染リスクを高めたりするのを避けるために、体調不良の場合は当日欠勤するようにしましょう。
会社に連絡を入れる際は、「朝から発熱が38.5度あり、倦怠感で起き上がれないため」「昨夜から腰が痛く動けず、病院に行くため」など、できるだけ具体的な症状を伝えることが大切です。

2.事故

仕事の当日欠勤は、通勤途中の事故なども理由になります。事故が原因で負傷した場合は、適切な治療を受けなければならないほか、手続きや後処理などが必要です。そのため、休まざるを得ないケースも多いでしょう。

3.家庭の事情

仕事の当日欠勤としてよくある理由に、家庭の事情があります。具体的には家族や子どもの急病、住宅のトラブルなどが当てはまるでしょう。自分以外に対応できる人がいない場合は、当日欠勤することも必要です。理由を伝える際は、「子どもが発熱し、看病するため」「トイレが詰まってしまい、修理の立ち合いが必要なため」など、急なトラブルであることを示したうえで、休むことになった経緯や理由を説明しましょう。

当日欠勤の理由に「急用」「私用」は使える?

仕事の当日欠勤の理由で「急用」「私用」のみを伝えるのは避け、状況と理由をできるだけ具体的に説明しましょう。休む理由に説得力を持たせられるほか、上司や同僚の心象にも影響を与える可能性があるからです。当日欠勤は、やむを得ない事情だとしても会社に迷惑をかけることになります。そのため、できる限り具体的な理由を伝えるよう心掛けてみてください。

4.忌引

仕事の当日欠勤は、忌引も理由になります。ただし、忌引休暇を利用できるのは、一般的に3親等内の血縁にある方が亡くなったとき。親と配偶者の場合は1週間程度、祖父母は3日間など、会社によって規定があるため確認が必要です。友人や血縁関係のない知人などの場合は、有給休暇を消化することになるでしょう。

5.交通機関の乱れ

自然災害や電気系統のトラブルなど、さまざまな理由で交通機関が乱れて出勤が困難なこともあるでしょう。これらも仕事を当日欠勤する理由になります。無理な出勤はさらなるトラブルやけがを引き起こす危険性があるため、最新の情報や会社からの指示を確認しつつ、適切な行動を取る姿勢が必要です。

いずれの場合も、具体的に理由を説明することで、上司や同僚からの理解や協力を得られやすくなります。ただし、仕事を当日欠勤する理由や状況によっては、あとから各種証明書や診断書の提出を求められる可能性があります。虚偽の申請や誇張した理由を伝えるのは避け、休まなければいけない理由を正直に伝えましょう。「仕事を休むのに使える33個の理由をご紹介!伝え方の注意点やマナーも解説」では、仕事を休む理由と伝え方について詳しく紹介しています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

仕事を当日欠勤するときの6つの注意点

仕事を当日欠勤するときの6つの注意点

  • 無断欠勤はしない
  • 当日欠勤を多用しない
  • 会社に迷惑をかけないように努める
  • 当日欠勤した翌日は必ず謝罪をする
  • 当日欠勤した日はSNSに投稿しない
  • 当日欠勤の理由を誇張し過ぎない

やむを得ない理由で仕事を当日欠勤する場合は、誠実な姿勢で対応することが大切です。会社に迷惑をかけないためにも、以下の6つの注意点を確認してみてください。

1.無断欠勤はしない

どうしても連絡を取れない状況に置かれた場合を除き、無断欠勤はするべきではありません。軽い気持ちで無断欠勤をすると、会社側が緊急連絡先に連絡を入れたり、自宅を訪問したりというケースもあるようです。周囲の迷惑になるため、仕事を当日欠勤するなら必ず連絡を入れるようにしましょう。無断欠勤のリスクや対処法については、「会社を無断欠勤するとどうなる?連絡なしで休む問題点や正しい対処法を解説」で解説しています。

当日欠勤の連絡はメールではなく電話を使う

仕事を当日欠勤する際は、電話で連絡を入れましょう。SNSやメールでの連絡は気づかれず、無断欠勤だと思われる可能性があります。また、混乱を避けるため、始業の10~20分前の間に連絡するように心掛けてください。早過ぎると上司が出勤しておらず対応できない可能性があり、始業時間の直前だと業務に支障をきたす恐れがあるためです。ただし、社内で連絡手段や時間が決まっている場合は、それに従うようにしてください。

2.当日欠勤を多用しない

仕事の当日欠勤はあくまでも最後手段のため、多用しないように気をつけましょう。たとえやむを得ない理由があったとしても、当日欠勤を繰り返すことで信頼を損ないかねません。特に、理由がいつも同じだったり、休みがパターン化したりという場合は、仕事の評価にも悪影響を及ぼす恐れがあります。慢性的な体調不良や家庭の事情がある場合などは、上司への相談や勤務形態の見直しも検討してみてください。

3.会社に迷惑をかけないように努める

仕事を当日欠勤する場合は、理由とともに業務状況も伝えて、会社やほかのスタッフにできるだけ迷惑がかからないように引継ぎを行いましょう。リーダーを務めるプロジェクトや、社外の人とのアポイントメントの予定など、自分でなければ分からないことは自宅からメールで指示を出すなどの配慮が必要となります。また、関係各所にも早めに謝罪の連絡を入れましょう。社内外を問わず、連絡時には分かる範囲で復帰予定日についても触れておくのがおすすめです。

4.当日欠勤した翌日は必ず謝罪をする

仕事を当日欠勤したら、次の出勤日には丁寧に謝罪をしましょう。1日ゆっくりと休んで体調が良くなったとしても、何事もなかったように過ごしていると、人間関係を悪くしてしまう恐れがあります。自分が休んで多くの人に迷惑をかけたことをきちんと謝罪して、お礼の言葉も付け加えるのがポイントです。

5.当日欠勤した日はSNSに投稿しない

当日欠勤をした日は、家にいたとしてもSNSに投稿しないように気をつけましょう。以前撮影した写真を載せていても、会社の人に見られると「ズル休みをしたのではないか」と勘繰られてしまいます。また、SNSへの投稿をしなかったとしても、堂々と外出したり遊んだりすることは止めるべきです。どこで誰が見ているか分からないため、思わぬところから素行が会社に伝わる恐れがあるでしょう。

6.当日欠勤の理由を誇張し過ぎない

「仕事が辛い」といった理由で当日欠勤をするときには、伝えづらいために理由を変えて連絡することもあるでしょう。その際は、当日欠勤の理由を誇張し過ぎないように注意してください。大きな病気を理由にした場合は、診断書の提出を求められて嘘がバレてしまう可能性もあります。

やむを得ない事情であっても、当日欠勤は会社にとって予定外の負担となり、多方面に迷惑をかける可能性が高いといえます。そのため、連絡やアフターフォローは丁寧に行うことを意識しましょう。また、特に理由はないが休みたい…という方は、「仕事休みたい…ずる休みは会社にバレる?」をご覧ください。

仕事を当日欠勤しないための方法

体調不良や急用などの事情がなくても、仕事がどうしても辛いときは当日欠勤し、1日リフレッシュしても良いでしょう。ただし、当日欠勤にはリスクがあるため、そのような状況になる前に回避することも大切です。

有給やリフレッシュ休暇を利用する

当日欠勤を余儀なくされる前に、積極的に有給やリフレッシュ休暇などを利用しましょう。あらかじめ休む日を決めておけばそれが目標になるほか、休むことへの罪悪感や後ろめたさも軽減されます。自分のキャパシティや仕事の状況を鑑みながら、適切に休暇を取ってリフレッシュをはかりましょう。

日ごろから良好な人間関係を築く

仕事がストレスとなる原因の一つには、人間関係が挙げられます。日ごろから職場の人とのコミュニケーションをはかり、良好な関係を築くことで、人間関係のストレスを軽減できるでしょう。また、社内で協力し合う体制を続けると、困ったときや突然の欠勤時に助け合えるというメリットも生まれます。

適切な休暇が取れない、人間関係がどうしても上手くいかないという状況で我慢して働き続けていると、過度なストレスが心身に影響を及ぼす恐れがあります。会社の風土や仕事が肌に合っていない可能性もあるため、努力しても解決しない場合は、転職を視野に入れてみるのもおすすめです。
就職・転職エージェントのハタラクティブは、フリーターや第二新卒など、若者に特化したサービスを提供しています。経験豊富な就活アドバイザーが、前職での悩みや希望をヒアリングし、ぴったりの求人をご紹介。応募書類の添削や、企業との交渉代行も行います。ご利用はすべて無料ですので、悩んでいる方はお気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次