1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 厳しい上司の心理とは?好かれる対応や上手な付き合い方をご紹介

厳しい上司の心理とは?好かれる対応や上手な付き合い方をご紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事をするうえで、厳しい上司との付き合い方は重要
    ・厳しい上司と良い関係が築ければ、仕事がしやすくなる
    ・厳しい上司は、部下に成長を期待している場合も多い
    ・育成経験が浅い、個人的な感情などで厳しくしている可能性もある
    ・部下のために厳しくしている上司なら、それに応える努力も必要

厳しい上司の心理とは?好かれる対応や上手な付き合い方をご紹介の画像

自身の職場に厳しい上司がいる場合、上司の心理や上手な付き合い方を知っておく必要があるでしょう。仕事をするうえで、特に上司との付き合い方は重要です。上司と良い関係を築くことができれば、指導をしてもらったり相談に乗ってもらったりと、仕事がしやすくなるでしょう。
このコラムでは、厳しい対応をする上司の心理や、上手な付き合い方を詳しく解説します。現在厳しい上司との関係でお悩みの方は、ぜひご一読ください。


監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

上司にされた厳しい対応のエピソード4選

「上司が厳しい…」といっても、冷たい対応をとる、仕事に対してシビア、など上司のタイプはさまざまでしょう。以下、部下が上司を「厳しい」と感じるエピソードの例を挙げました。あなたの上司に当てはまるタイプはどれか確認してみましょう。

1.達成できそうにない目標を設定された

多くの部下が上司に「厳しい」と感じるのは、達成できそうにない高いノルマを設定された場合です。あまりにも大きな目標にプレッシャーを感じ、そんな目標設定をした上司にどのような意図があるのか分からず、不安を感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

2.業務上の細かな点について都度注意を受ける

業務中に細かい指摘を何度も受けると、上司に対して「厳しい」と感じてしまうようです。何をしていても上司の目が気になり、注意されることを恐れて萎縮してしまい、さらにミスが増えるといった悪循環に陥ってしまうことも。

3.分からないことに対して自分で考えるように言われる

分からないことを質問した際に「自分で考えるように」と言われたとき、上司に厳しさを感じる人が多いようです。分からないから聞いているのに関わらずそう言われると、突き放された気分になり、途方にくれてしまうでしょう。

4.何をしてもダメ出しをされる

自分の課題や提案に対し、ことごとくダメ出しをされてしまう場合、厳しくされていると感じてしまうようです。自分が考えた提案を否定され続けると、自己肯定感が薄れ、「どうしてそんなに否定するのだろう」「自分のことが嫌いなのではないか」と、厳しい上司に対し疑心暗鬼に陥ってしまう人も多いのではないでしょうか。

このように、厳しい対応といっても内容はさまざまです。しかし、理由もなく厳しくする上司ばかりではありません。次章では、上司がなぜ厳しい対応をするのか、その心理を探っていきましょう。

厳しい対応をする上司の心理とは?

上司が部下に対して厳しい対応をする場合、どのような心理があるのでしょう。以下、主に挙げられる厳しい上司の心理を見ていきましょう。

成長を期待している

上司の厳しさが、部下への愛情ゆえである場合です。
前章で述べた「達成できそうにない目標の設定」や「細かい点への注意」「分からない点は自分で考えさせる」などは、部下の成長を期待しているからこその対応である可能性が高いでしょう。そのため、部下を根気強く指導をし、ダメ出しや改善点を具体的に示す上司の心理は、部下の成長に導くためあえて厳しくしている、といった風に考えられます。

個人的な感情によるもの

同じように厳しい上司であっても、部下のためではなく、個人的な感情で厳しくしている上司も存在するようです。
その場合、単に気に入らない部下に厳しくしている、保身のため、プライベートや仕事での不満をぶつけるため、優秀な同期や部下への劣等感や嫉妬から怒鳴りつけている、などさまざまな心理が考えられます。
前章の「何を出してもダメ出しをする」場合で、具体的な解決策や指導がない場合は、個人的な感情から厳しくしている可能性も。いずれにしても、部下への愛情や成長を期待した叱責ではないので、理不尽に感じてしまう人も多いでしょう。

部下を育成した経験が浅い

厳しい態度をとる上司のなかには、部下の育成経験が浅い人もいます。
そういった場合、自信の無さから思わず厳しく叱責してしまう場合や、自分がかつて上司にされたことを踏襲し厳しくしている可能性も考えられるでしょう。

厳しくても「良い上司」4つの特徴

前章で示した通り、部下への愛情ゆえに厳しく接する上司も存在します。この章では、そういった厳しくても「良い上司」の特徴を深堀りしていきましょう。

1.部下に高い目標を持たせる

先述のとおり、高い目標を設定する上司は、部下の指導がうまい人物である可能性が高いです。そのような上司は、想定した範囲の仕事をしただけでは大きな成長はできないと理解しており、ときには失敗するリスクを取ってでも、部下のために高い目標を定めることがあります。部下からすると、「無茶だ」「自分を苦しめたいのか」と不安に思うこともあるでしょうが、厳しい行いにはきちんと理由がある場合が多いので、あまりにもプレッシャーに感じる方は一度上司に確認してみると良いでしょう。

2.答えは自分で考えさせる

部下の成長を願う上司の特徴として、「ヒントだけ与えて答えは出さない」という点が挙げられます。部下の質問に対し全てを答えず「自分で考えてみて」と促す上司は、一見、部下を突き放す冷たい上司のように見受けられます。しかし、そういった上司は、部下の成長のため、「自分で思考してこそ身になる」という考えで答えを出し惜しんでいる場合が多いです。そのため、質問に対して十分な回答が得られなかったとしても、突き放されたと落ち込まず、成長するチャンスだと思い直し自分で解決策を考えてみましょう。

3.ミスの「理由」を重視する

ミスをした場合に、ミスをしたこと自体ではなく、その「理由」を重視する人は、良い上司である可能性が高いといえるでしょう。ミスは誰にでも起こり得ることです。大切なのは、同じミスを繰り返さないこと。そのため、起きてしまったことを責めるのではなく、ミスの原因について問う上司は、部下が同じ過ちを繰り返さないために接している可能性が高く、部下の成長を考えられる上司だといえるでしょう。

4.重要なところは細かい部分まで指摘する

細かい部分の指摘に余念がない上司は、確かに厳しく、仕事するうえで大きなプレッシャーを感じてしまうでしょう。しかし、そうした細かい部分の積み重ねが、仕事の成果に直結します。些細なミスであっても、細部を徹底することで、質の高い仕事が実現します。そのため、細かい指摘を何度も繰り返す上司は、部下の今後の評価を考え、忙しい時間を割いて面倒を見てくれているとも捉えられるでしょう。

厳しい上司の見極め方

それでは、自分の上司が、部下のことを考えて厳しく対応している「良い上司」なのか、ただ自分の私情や機嫌の良し悪しで厳しくしている「信頼できない上司」なのか見極めるにはどうしたら良いでしょう。以下、「良い上司」の見極め方をまとめました。ぜひご参考にしてください。

上司が厳しい対応をする理由を探ってみる

まずは、上司が自分に厳しくする原因を探ってみましょう。

上司と対話をする

厳しい上司を見極める一番の近道は、上司と直接対話することでしょう。厳しい態度や指摘を受けた際、「どうしてこんなに厳しく接するのか」聞いてみてください。
その際、あなたの人格を否定するような発言や、「そんなことを聞く暇があったら仕事をしろ」などとまともに受け入れてもらえなかった場合、信頼できない上司である可能性が高いでしょう。
一方、「期待しているからこそだ」「あなたの成長を願ってこその行動」など、真剣に受け答えをしてくれた場合、信頼できる上司だと判断できます。
直接上司に厳しくする理由を聞くというのは勇気がいるアクションではありますが、その質問により、上司とのわだかまりが解ける場合もあるので、ぜひ実践してみましょう。

上司の性格や意図を第三者に聞いてみる

上司の性格は社内の第三者に聞いてみるというのも手です。特に自分と同じ立場・部署の人間であれば、同じように上司に厳しくされた経験を持つことも。そういった人に、上司の性格や、上司が部下に厳しくする意図を聞いてみることで、上司の人間性が分かることもあります。

厳しい理由が納得できるものか考えてみる

次に、上司が自分に厳しい対応をしたとき、その内容が納得できるものなのか、振り返ってみましょう。上司があなたに発した言葉で、その上司が信頼できるかどうかある程度見極めることができます。振り返る際は、以下の項目に該当していないか思い返してみましょう。

理不尽ではないか

上司の発言や対応が理不尽ではなかったか、振り返ってみましょう。叱咤された瞬間は、物事の判断がつかず、自分が悪いのだと決めつけてしまうこともあります。しかし、よくよく考えてみると自分に非が無い、誰のせいでもないような事柄で怒られた場合は要注意です。逆に、怒られた理由が理にかなったもので、思い返してみても理不尽に感じなかった場合、然るべき上司の対応であったといえるでしょう。

個人的、感情的でないか

叱られた内容があまりにも個人的・感情的であった場合は、上司の私情である可能性が高いです。例えば仕事とは関係なくあなたの人格を否定したり、明らかに本人の機嫌の悪さからくる叱責である場合、自分の感情で部下を叱りつける上司である恐れがあります。

厳しい上司との上手な付き合い方

前章では、厳しい上司が信頼できるかできないか見極める方法をお伝えしました。この章では、厳しい理由が適当であった場合と、不適当であった場合に分けて、それぞれの上司との上手な関わり方をご紹介します。

厳しい理由が適当な上司との付き合い方

感謝をして上司についていく

上司が自分の成長のために厳しくしていることが分かっている場合は、叱られても「自分のためを思ってしてくれている」「厳しいけどついていけば成長できる」とポジティブに考え、上司についていきましょう。上司の厳しさに食らいついてくことで、厳しい対応にも慣れていき、自分自身のスキルアップに繋がります。

上司の期待に応えられるよう仕事に励む

上司の期待に応えられるよう、高い目標でも臆せずに挑んでいきましょう。部下のためを思って厳しくしている上司の期待に応えることで双方の関係も良好になり、仕事をするうえでの強い信頼関係を築くことができるのではないでしょうか。

厳しい理由が不適当な上司との付き合い方

叱られないように仕事をこなす

個人の感情やスキル不足で厳しく対応する上司であっても、仕事の質を高めれば信頼を得られ、叱られる回数が減ることもあります。現状は辛くても、「この上司を見返す」という気持ちで仕事をすることにより、自分自身が成長できることもあるでしょう。

上手くかわしながら様子を見る

部下への期待よりも自分の保身や感情から厳しい態度をとる上司の場合は、上手くかわすことも大切です。
会社において、上司が部下を評価するのが一般的ですが、部下からの信頼が厚い上司の方が、結果として成果を創出できるチームを作れる場合が多いです。そのため、表面上には現れなくとも、上司も部下に評価されていると考えられます。場合によっては上司の評価や叱責を真に受けずに、自分自身が上司の良し悪しを見極める、といった気持ちで上手く立ち回ることも必要でしょう。

厳しい上司に心が疲れてしまったら転職も視野に入れよう 

これまで、厳しい上司の特徴や見極め方、上手に付き合っていく方法をお伝えしました。
どう考えても上司から理不尽に厳しくされ、心が疲弊してしまっている方もいるでしょう。また、上司から不適当な評価しか受けられない現状では、良い職場環境といえません。その場合、転職を考えてみるのも一つの手です。

「そういはいっても、自分に合う仕事が分からない…」という方もいるでしょう。そんな方は、就職・転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーが専任であなたの転職をサポートします。カウンセリングを通し、あなたの強みや適性に合った職種・業種をご紹介。
また、ハタラクティブでは取材訪問をふまえた優良企業を扱っています。企業の内情や雰囲気もお伝えできるので、職場環境や人間関係を重視したい人でも安心です。
さらに、応募書類の添削や面接対策など、基礎的な就活サポートを実施。サービスは全て無料なので、現在の職場環境に悩んでいる方は、お気軽にご連絡ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    これってパワハラ?怖い上司への対処法

  • image

    使えない上司にありがちな6つの特徴!部下はどう対処すればいい?

  • image

    上司と合わない!今すぐ実践したい4つの対処法

  • image

    年下の上司にむかつくのはナゼ?うまく付き合うための接し方をご紹介

  • image

    上司が合わない場合の付き合い方と対処方法

  • image

    仕事の理不尽はどう対処する?上司に怒られるストレスやイライラの解消法!

  • image

    今すぐ実践可能!ダメな上司にあたったときの対処法

  • image

    上司のパワハラはまず相談!職場での対処法やハラスメントの種類を解説

  • image

    上司の理不尽な指示にはこんな対処法がおすすめ

  • image

    ムカつく上司をどうにかしたい!特徴と対処法を知ってストレス軽減

  • image

    上司と上手に付き合うには?嫌味を言われたときの対処法

  • image

    苦手な上司と上手に付き合うための方法は?

  • image

    仕事についていけない…そんな人がやるべきこと

  • image

    うざい上司との上手な付き合い方とは?

  • image

    業務にも支障が出る…嫌いな上司との付き合い方

  • image

    退職を決意!角を立てずに上司に退職を伝える方法

  • image

    社内失業って何?原因や対処法はあるの?

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる