1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職理由は人間関係なんだけど…面接ではどう答える?

退職理由は人間関係なんだけど…面接ではどう答える?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・面接では、「自社でやっていける人材か」を判断するために退職理由が聞かれる
    ・後ろ向きな退職理由は面接官に嫌われる!
    ・人間関係のトラブルといったネガティブな退職理由は、表現を工夫して前向きな内容にしよう

職場への不満で退職したけど、転職活動中の面接で理由を聞かれたら一体何と答えたらいいの?
今回のコラムでは、そんな悩みをお持ちの方に向けて面接での退職理由の答え方をお教えします。
前職への愚痴や不満、ネガティブな表現を封印し、入社意欲が伝わる回答を考えましょう!


◆転職活動中に退職理由を聞かれるわけは?

転職活動中の面接では、必ずといって良いほど前職の退職理由が問われます。
なぜなら、企業は応募者がどんな事情で仕事を辞めたのかを知り、自社では問題なく働ける人材かを判断したいから。

例えば、退職理由に職場への不平不満を挙げる人がいれば、面接官は「うちで働いても文句ばかりが出てくるのでは?」と思うでしょう。
残業がある企業の面接で「前職は残業が嫌になったので辞めた」と話せば、不採用の可能性が高まります。

このように、退職理由からは応募者の仕事に向かう姿勢や自社との相性、適性などが見極められています。
面接で退職の事情を話す際は、「この退職理由はどう思われるだろうか?」という企業側の視点に立って回答を考えると良いでしょう。


◆退職の原因が人間関係の場合

残業の多さや給与への不満など退職の理由はさまざまですが、なかでも多いのが人間関係上の問題。
職場でのいじめや相性の悪い上司の存在、派閥争いといった人間関係のトラブルから転職を決意する人は少なくありません。

ただし面接で「人間関係に問題があり退職した」と話すのは避けた方が良いでしょう。なぜなら、人間関係の問題があったと言うと、「うちの職場でも何か問題を起こすのでは?職場の人とうまくやっていけないのでは?」という先入観を持たれるかもしれないからです。
不条理な指示を出す上司がいたり、パワハラに遭っていたりと応募者側に非がないケースであっても、面接官は直接その状況を見ているわけではありません。退職の事情を公平に判断してくれるとは限らないので、人間関係上のネガティブな話は持ち出さないのが無難です。

とはいっても、事実ではない退職理由を話すのは気が引けますし、嘘をつけば後々事実がわかった時に自分が困ることになるかもしれません。
そこで、退職の事情を聞かれたら人間関係以外の部分に焦点をあてて回答してみてはいかがでしょうか?
職場のどこが問題だったのかという点に目を向けるよりも、自分が転職を通して何を実現したいかを考えてみると前向きな回答が浮んできます。例えば…
「前職で学んだ経験を活かし、次は〇〇という分野で力を発揮していきたい」
といった前向きで将来を感じさせる退職理由であれば、退職の動機と一緒に入社意欲の高さを伝えることも可能です。

退職理由の回答を考えるやり方として、ネガティブな理由をポジティブに言い換える方法も有効です。同じ退職の事情を伝えるにしても、言い方や表現を工夫することで転職への前向きな意欲が伝わりやすくなるでしょう。
人間関係が悪くて退職したという人は、「チームで支えあう環境で働きたい」と回答してはいかがですか?
「個人プレーで会話が少ない職場で働いていたが、自分にはチームで協力して結果を出す働き方が向いている」と説明すれば、「職場の仲間と関係を築けそうにない」と誤解されることはないでしょう。


◆ほかにもある!退職理由のポジティブ変換例

転職活動の面接では、ネガティブな退職理由をポジティブに置き換えるのが基本のテクニックです。
いくつかの例を挙げるので、今いちやり方がつかめないという人は参考にしてみてください。

【付き合い残業が多くて退職】→「実力主義の環境でモチベーションを保ちながら働きたい」

【ワンマン社長のやり方が不満で退職】→「自ら考え、主体的に行動できる職場に身を置きたい」

【営業の新規開拓ノルマが辛くて退職】→「顧客一人ひとりと向き合う営業スタイルで働きたい」

【仕事が合わなくて退職】→「〇〇の専門性を活かせる職場で働きたい」

【給料が安くて退職】→「正当に評価してもらえる環境で、やりがいをもって働きたい」


ご紹介したのは一例ですが、こちらをヒントに前向きで意欲が伝わる回答を考えてみてください。実際の回答には、それぞれの状況に合わせてより具体的な説明を加えましょう。
職場や仕事に問題があって退職するとしても、転職を目指すからにはその人なりの目標や希望があるはずです。退職理由の答え方に迷ったら、過去の問題だけではく今後の展望にも視野を広げてみると良いでしょう。


◆退職・転職の悩みはハタラクティブに相談しよう

「面接対策の仕方がわからない」「今が退職すべきタイミングなのかわからない」といった退職や転職の不安は、ハタラクティブのアドバイザーにご相談ください。
ハタラクティブは若年層に特化した就職・転職支援のサービスで、カウンセリングやその方に合った求人の提案、書類や面接の対策・指導を行っています。
企業とのやり取りもサービス内容に含まれるので、初めて転職活動をする方もご安心ください。プロ目線のアドバイスや親身の指導で、あなたに合った転職先を探しましょう!


これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる