新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接で答える退職理由が思いつかないときは?上手な答え方を解説!

面接で答える退職理由が思いつかないときは?上手な答え方を解説!

公開日:

最終更新日:

面接で答える退職理由が思いつかないときは?上手な答え方を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接で退職理由を聞かれるのは、同じ理由で離職するリスクを避けるため
  • ・面接で退職理由が思いつかないのは、ネガティブな理由を話しづらいため
  • ・面接で退職理由の伝え方が思いつかない場合は、前向きな内容に言い換えてみる
  • ・面接で退職理由がどうしても思いつかない時は、前向きな回答と一緒にそのまま伝える
  • ・ポジティブな言い方が思いつかないとしても、嘘の退職理由は伝えない

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

転職する際の面接で退職理由の伝え方が思いつかない方もいるでしょう。人間関係や待遇への不満などネガティブな退職理由だと、伝え方に困ってしまいます。このコラムでは、面接で退職理由を伝えるコツを紹介。ネガティブな退職理由はポジティブに言い換えて話します。ほかにも、退職理由から転職動機への繋げ方も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

面接官が退職理由を聞く4つの理由

面接では高い確率で前職の退職理由を聞かれますが、面接官が質問するのはどのような意図があるのでしょうか。面接官が何を知りたいのかを汲み取って回答するためにも、退職理由をなぜ聞くのか知っておく必要があります。ここでは、退職理由を聞く4つの理由挙げていますので、見ていきましょう。

1. また同じ理由で退職するのを避けたい

企業は採用した後に、前職の退職理由と同じ理由で辞めてしまわないか、確認したいと考えています。短期間の雇用契約ではない限り、長期的に働いて活躍して欲しいと企業側は考えているでしょう。入社後に仕事を教えていた期間や労力が、無駄になってしまう可能性もあります。そのリスクを避ける意味でも、面接で退職理由を聞いているようです。

2. 応募者の人柄を知りたい

退職理由を聞くことで、「仕事に対して重視していること」「働く上でのモチベーション」が把握できます。応募者が働く上で重視していることとモチベーションは何かが確認できると、企業側とマッチしているか面接官は判断できるでしょう。ほかにも、社風と合うのか長く活躍してくれそうかを、見極めたいと考えて質問しています。

3. 応募者のニーズと企業がマッチしているか知りたい

応募者が求めていることと企業の提供できるものが、マッチしているか知りたいと考えています。転職する理由は人それぞれですが、不足しているものを補うために、新たな仕事を始める人もいるでしょう。たとえば、「細分化された業務より、自分で判断して幅広い仕事をしたい」と応募者が考えていた場合、幅広い仕事を任せられそうかで採用の判断をします。応募者のニーズを企業側が知ることで、長く働いてくれそうかを見極めているのです。

4. 応募者が主体性のある人間かどうかを見たい

面接で退職理由を聞くのは、応募者に主体性があるかを確認したいという意図もあります。たとえば、「ほかの仕事がしたかったのに、上司が任せてくれなかった」という理由だった場合。ほかの仕事をしたいと上司に示す以外に何をしたのか、希望を叶えるために努力したのかを、企業側は知りたいと考えています。自ら進んで改善しようと行動できる人間を企業は求めているのです。面接官に好印象を与える回答が分からない場合は、例文が記載されている記事「退職理由を面接で聞かれたときのおすすめの返答集」をチェックしてみてください。

面接で答える退職理由が思いつかないのはなぜ?

仕事を辞める人は理由があって退職することが多いでしょう。面接で答える退職理由が思いつかないのは、言いづらかったり伝え方が分からなかったりするから、という可能性があります。面接で回答する退職理由が思いつかない理由を見ていきましょう。

元々の退職理由がネガティブで言いづらい

退職理由は人それぞれですが、言いづらいものや言いたくないような理由の場合もあるはずです。言いづらい内容で、面接での回答が思いつかないからといって、嘘の退職理由を言うことはあまり良くありません。しかし、会社に不満があったと正直に伝えるのも、印象が悪くなる可能性もあります。会社への不満や社内の人間関係が退職理由だったとしても、ポジティブな理由に変換して話してみましょう。ポジティブな理由に言い換えると、仕事に対して前向きだと捉えられます。

退職理由のポジティブな言い換え方が分からない

退職理由を前向きに言い換えるには、自分が何を実現したいか理解することです。ネガティブな理由はポジティブにできないと、感じてしまう方もいるかもしれません。しかし、不満には前向きな気持ちが隠れていることもあるのです。「人間関係が良くなかった」という退職理由だった場合、自分が働きやすくなる環境を考えてみます。たとえば、「チームワークが良い会社」「個々の連携がしっかり取れている環境」など。退職理由を踏まえて実現したいことを考えると、自然にポジティブな言い換えが作れます。退職理由をどこまで本音で話していいか迷った場合は、ポジティブに伝えるコツが記載されている記事「退職理由の本音と建前!ランキング上位は仕事や人間関係への不満!?」をチェックしてみてください。

面接ではこう答える!主な退職理由と答え方

面接で退職理由の答え方が思いつかない人に向けて、原因別に答え方を紹介します。具体例とともに解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

給与が原因の場合

給与が原因で退職を決める方も多いでしょう。金額への不満や評価が給与に反映されないなど原因はさまざまですが、退職理由としてそのまま伝えると、あまり良い印象を持たれません。仕事に対するモチベーションが給与だけなのではと、思われてしまう可能性もあります。面接で退職理由を回答する際は、今より高い給与が良い理由を具体的に説明しましょう。

答え方

「前職は年功序列で成果に対して給与が見合わないと感じていました。成績がトップで会社に貢献しても、評価は給与に反映されずモチベーションが下がってしまったこともあります。そのため、仕事に対する正当な評価が得られる環境で、意欲的に働きたいと考え退職を決めました。」

人間関係が原因の場合

退職理由が人間関係というのはよくあります。人間関係のもつれはどこの会社でも起こりうることなのです。しかし、原因は人間関係と伝える際には注意しなければなりません。理由をそのまま伝えると、自分が100%悪くなかったとしても、面接官はコミュニケーション能力が低いと判断する可能性があります。人間関係を理由に、採用してもまたすぐに辞めていくのではと考える方も。そのため、退職理由が思いつかない場合は、「チームワークを大事にして働きたい」「周りとコミュニケーションをよく取りながら働きたい」とプラスに転換して話しましょう。

答え方

「前職は個人の成績が重視されており、チームワークを発揮する業務があまりありませんでした。私は、周りと連携しコミュニケーションを取りながら働きたいです。そのため、もし入社できたらチームワークを重視し、仲間との連携を密にとりながら成果を出す仕事をしていきたいと考えています。」

待遇への不満が原因の場合

残業が多過ぎたり、休みの融通が利かなかったりすることが理由で退職する方も多くいます。時間外の超過労働は正当な退職理由ですが、伝え方を間違えると「仕事への意欲がない、責任感が薄い人」という印象を面接官に与える可能性も。休日にしっかり休めると、仕事に対する意欲が上がるにも繋がります。また、自由な時間があることで仕事の勉強する時間にも充てられるともいえるでしょう。仕事の効率化や自分を高めるための時間を作りたいと話し、仕事への意欲があると伝えましょう。

答え方

「前職の職場には、上司が残業していたらほかの社員も残って仕事をするという風土があり、業務の効率や成果について軽視されている面がありました。私は残業自体をしたくないわけではありませんが、時間を有効に使い結果を追い求める働き方をしたいと考えるようになり、もっと自分の力が活かせる場所があるのではないかと退職を決意しました。」

社風が合わないのが原因の場合

会社によって社内の雰囲気は異なりますが、社風が原因の場合は伝えようとすると、ネガティブな内容になりがちです。入社してみないと社内の雰囲気は分かりませんが、社風が合わなかったからと言って、自分で変えられることでもありません。退職を決めた原因をそのまま正直に話すのは、面接官からの印象が悪くなる可能性もあります。体育会系な会社や誰も責任を負わないなど、ネガティブな内容が少しでも入ってしまいそうであれば、前向きなエピソードを織り交ぜながら話しましょう。

答え方

「前職の職場では、年功序列型の働き方で上司に提案しても通らない環境でした。その際に、平等に意見交換をしながら働きたいと考えました。また、成績に関係なく上司に好かれたら評価が上がる点にも納得できず、退職を決意しました。現在は、責任感を持って仕事に取り組み、正当な評価が受けられる企業で働きたいと考えています。」

通勤時間が長過ぎたのが原因の場合

「異動になり通勤時間が伸びてしまった」「前は往復4時間でも耐えられたけど今は辛い」など、通勤時間が退職の原因になることもあるでしょう。これからは家から近い会社で働きたいと考えたら、通勤に割いていた時間を何に充てるのかを話してみましょう。思いつかない場合は、仕事をする時間に充てたいや勉強の時間として使いたいなどと伝えます。働く場所が地元であった場合は、地域に貢献したいとポジティブな回答に言い換えられるでしょう。

答え方

「前職の通勤時間は往復で4時間かかっていました。仕事や資格の勉強をしていると、睡眠時間が削られて仕事の生産性が落ちてしまいます。そのため、通勤時間を短くしてその分の時間を、仕事や勉強に充てたいと考え退職しました。」

転勤が多いのが原因の場合

家庭の事情で何度も繰り返す転勤に応じられずに退職するという方もいるでしょう。単に転勤が嫌だという理由でないのなら、退職理由はそのまま話して大丈夫です。たとえば、「今までは独身だったが結婚して子どもができたため定着して働きたい」と考えた場合は、理由をそのまま具体的に伝えます。転勤や異動をしたくないから退職するという理由だとしたら、辞令が出たのをきっかけにキャリアを見つめ直したなどと伝えると良いでしょう。その際は、左遷という印象を面接官に与えないように気をつけます。

答え方

「前職は転勤が多い会社でしたが、家庭環境の変化とともに応じるのが難しくなったため、退職をしました。これまでキャリアアップに伴う転勤を何度かしてきましたが、生まれたばかりの子どもがいるため、転居のない仕事をしたいと考えています。」

土日休みを希望したことが原因の場合

土日休みを希望したものの、叶わずに退職を考えた方もいるのではないでしょうか。家族の休みに合わせたい人や不規則な生活が辛いという方は、土日休みになると会社と自分にどのような利益があるか説明します。「土日に休めないから退職した」とそのまま伝えると、自分勝手な印象になることもあるでしょう。ただし、「土日に働いている妻に代わって子どもの面倒をみるため」などの場合は、そのまま退職理由として伝えても悪いイメージにはなりません。

答え方

「私は1つの会社で長く働きたいと考えています。前職の職場は平日休みで勤務時間も曜日によって変化する仕事でした。休みや勤務時間が不規則ですと、生活リズムが不安定になり10年後まで続けられないと感じ、退職しました。これからは、土日休みで規則的な働き方ができる仕事をしたいと考えております。」

スキルアップしたいという理由の場合

スキルアップしたいというのは、前向きな退職理由になります。前向きな理由は事実をそのまま伝えて問題ありません。前職ではできなかった業務が応募先でできる場合は、具体的に伝えると好印象になる可能性があります。しかし、「御社でスキルアップを図り、将来は独立したい」のような、応募先企業を踏み台にするような発言は控えましょう。長く働いてくれる人材を採用したいと考えている企業が多い中で、いつかは退職すると宣言するような回答は好ましくありません。

答え方

「前職は業務の幅に限界があったため、転職を決意しました。御社での仕事や研修制度を通して、今ある専門性にさらに磨きをかけ、1日も早く貢献できるよう努力したいと考えています。」

退職理由と転職動機のつなげ方が思いつかない場合は?

面接で仕事を辞めた理由の答え方が分かってきたら、退職理由を転職動機に繋げて話せるようになりましょう。退職理由と転職動機に矛盾のないことが大切です。ここでは、転職動機へのつなげ方を紹介します。

退職理由を箇条書きに書き出してみる

最初に、前職の退職理由を箇条書きで書き出します。小さいことや些細なことでも構いません。退職に至った経緯を思い返し、転職することで解消したいことは何なのか自分で理解します。書き出すことで頭の中が整理され、今まで気づけなかったことを発見できる可能性もあるでしょう。また、具体的に書き出すと、その人ならではの信用できる退職理由を伝えられます。

どう改善しようとしたのか行動を書き出す

退職理由が具体的に出てきたら、次は改善するためにした行動を書き出します。行動は、「上司に業務に関する提案をした」などの些細なことで構いません。解決しようと動いたことが重要なのです。しかし、入社後すぐに辞めてしまい、行動を起こす前に退職しているケースもあります。面接で話すときは、素直に行動する前に退職し今は反省していると伝えましょう。次に活かせるようにしたいと前向きに話すと、悪い印象にはなりません。早期退職をして退職理由の回答方法が分からない場合は、回答例が記載されている記事「早期退職の理由を聞かれたら?面接での伝え方や回答例9つを紹介!」をチェックしてみてください。

なぜ志望先企業で自分の希望を叶うのかを書く

志望先企業で自分の希望が叶うと考えた理由こそが、転職動機になります。自分の希望が叶うのかを書き出すことは、会社を探すうえで企業研究をしやすくするためなのです。たとえば、両親に「家から近いこの企業がおすすめ」と勧められた企業に応募することを決めたとします。しかし、求人内容をしっかり確認せずに面接に向かったら、実は家から片道1時間半かかる地域の募集だったと知り、そのあとからは何も回答ができなくなるということも起こりえるのです。そのため、自分の希望が叶う根拠と企業研究の内容を照らし合わせながら、書き出すと良いでしょう。

面接で退職理由を述べるときの注意点

退職理由は前向きなものとネガティブなものもありますが、伝える際の注意点は面接官にマイナスな印象を持たせないことです。いくつかある注意点を見ていきましょう。

人間関係の理由には触れない

退職理由が人間関係という方は、原因を詳細に話すのは避けた方が無難です。面接官に「入社した後に人間関係でトラブルを起こすのではないか?」というイメージを持たれる可能性があります。話せる理由が思いつかない場合は、自分以外にも退職者が何人かいたという情報やこれからはチームワークを大切にして働きたいと、前向きなこともあわせて伝えましょう。

病気で辞めた場合にはもう問題ないことを伝える

体や心の不調が退職理由となる方は、完治しており再発の心配もないのであれば、病気の話はせずにほかの理由を話しましょう。治療中で業務に支障をきたす可能性があるのなら、面接で病気について話すことをおすすめします。治療中で、通院のために休みを取る必要がなく業務にも支障がでない場合は、話さなくても良いでしょう。面接で話して病気のことを理解したうえで採用された場合は、安心して長く働けるはずです。

多忙が理由の場合は言い方を工夫する

業務が多忙過ぎたために退職した方は、前向きな言葉に言い換えて伝えましょう。思いつかないからといって退職理由をそのまま伝えると、「楽な仕事をしたいのか」と仕事への意欲はあるのか、面接官に疑問を持たれてしまいます。残業ばかりの職場だった場合は、効率的に仕事がしたかったなどと言い換えましょう。

退職理由と志望動機に一貫性を持たせる

退職理由と志望動機に矛盾があると、信憑性に欠けると判断されてしまいます。ネガティブな退職理由の場合は、ほかの理由に言い換えて話す方が多いのです。言い換えて話した内容が、応募先企業でならない理由が不明確な場合は、「条件だけで選んだのか?」という印象を持たれる可能性も。どうしても入社したいという気持ちを伝えるためにも、転職理由と志望動機に一貫性を持たせましょう。

嘘はつかない

退職理由で嘘をつくことは避けた方が無難でしょう。ネガティブな退職理由を前向きな内容に言い換える際に、事実ではないことも含めて発言するのは、嘘が発覚した時に信用ができない人と思われる可能性があります。退職理由が思いつかないとしても、嘘をつかずに前向きな内容に言い換えられるように考えましょう。

前向きな理由でも伝え方に気をつける

前向きな理由のはずが、面接官にはマイナスな印象に捉えられることもあります。たとえば、伝える際にキャリアチェンジという言葉を使う場合は、注意が必要です。スキルアップのための転職を考えている人は使っても問題ありませんが、そうでない方は中途半端というイメージを持たれる可能性も。マイナスな印象になっていないか、何度も読み直して確認しましょう。

早期退職のときには前職での頑張りを伝える

早期退職者は退職前に何を努力したかをアピールしましょう。早期の退職をすると、面接官からは「すぐに辞めてしまう」「逃げ癖があるのでは」という印象を持たれることもあります。マイナスな印象を持たれないためにも、前職での頑張りや仕事への意欲もしっかり伝えましょう。

前職で不満改善のために行動したことを示す

仕事を辞める前にどのような行動を起こしたかが大切です。不満に思う原因は会社と自分自身のどちらかにあるのかを分析して、解決策を探し行動に起こすと主体性を面接でアピールできます。小さなことでも良いので改善するために行動をしていたら、面接官に伝えましょう。

退職理由を1人で考えるのが難しいと感じたら、転職サービスのハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブでは、一人ひとりに合った求人を紹介するだけではなく、担当のアドバイザーが面接対策や応募書類の作成など就職活動に関するアドバイスを行っています。面倒な面接日程の調整や企業とのやり取りは、アドバイザーが代行。サービスの利用はすべて無料ですので、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?