新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「自分を一言で表すと」と面接で聞かれたときの答え方や例文を紹介!

「自分を一言で表すと」と面接で聞かれたときの答え方や例文を紹介!

公開日:

最終更新日:

「自分を一言で表すと」と面接で聞かれたときの答え方や例文を紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・「自分を一言で表すと」という質問を面接でする理由は、志望者の能力を判断するため
  • ・「自分を一言で表すと」への回答は、志望職種へマッチさせることがポイント
  • ・「自分を一言で表すと」への回答は、具体的で簡潔にまとめるのがコツ
  • ・「自分を一言で表すと」への回答から自己アピールにつなげることが大事
  • ・「自分を一言で表すと」の回答には四字熟語を使うのもおすすめ

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

「自分を一言で表すと」と面接で聞かれたときに、どう答えればよいのか不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?
採用に近づく答えをするには、面接官の質問の意図を知ったうえで、回答の作成のポイントを押さえて準備することが大切です。
このコラムでは、質問の意図やおすすめの回答を例文も交えて詳しく紹介しているので、就活を有利に進めたい方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

「自分を一言で表すと」の質問を面接でする5つの理由

企業の面接で「自分を一言で表すと?」と聞かれるのには、以下に紹介する5つの理由があります。
「自分を一言で表すと?」という質問は、就活生が採用担当者からよく聞かれるものなので、事前にしっかり対策しておきましょう。

1.自己分析能力を確認するため

「自分を一言で表すと?」への質問に咄嗟に答えるためには、自分を素早く客観視して、適切な答えを導き出す優れた自己分析能力が必要です。
これから社会に出て会社に貢献するためには、自己分析能力はとても重要な要素であり、面接にかけられる時間は一般的には5分程度しか用意されていないため、その間に適切な答えを出すことができれば、問題解決能力の高さも認められることになります。
面接官や採用担当者は、「自分を一言で表すと?」という質問に対する回答から、仕事上で求められる自己分析の能力の有無を確認したいと思っています。

2.判断能力を確認するため

「自分を一言で表すと?」という質問をすることで、企業側は状況判断能力や対応力を確認したいと思っています。
社会人として仕事をするときには、与えられたわずかな情報からそのときの状況を読み取り、適切な判断をしなければいけない場面がたくさんあります。
この質問に対して的外れな回答をしてしまうと、状況判断能力が低い人間だと判断されてしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

3.表現力や発想力を確認するため

これから仕事をしていくうえでトラブルに見舞われることもあるでしょう。想定外のことが起きたときにはどうしても思考が停止してしまう可能性が高いです。
企業が求める「自分を一言で表すと」への正しい回答ができれば、アドリブ能力に優れた表現力や発想力が高い人間だと判断されて、就活が有利になる可能性が高まります。

4.コミュニケーション能力を確認するため

「自分を一言で表すと」という質問の意図をくみ取り分かりやすく回答できれば、コミュニケーション能力の高さをアピールできます。
この質問に対する正解はないとしても、誰をも納得させられる説明力があれば、得意先などとの交渉能力も高い人間だと判断される可能性がアップするでしょう。
仕事をしていくうえでコミュニケーション能力の高さはとても大きなポイントで、面接官はその点を重視しています。

5.人間性を確認するため

「自分を一言で表すと?」という質問をすることにより、手っ取り早くその人の人間性を確認できます。
この質問に対する答えは無限にあるため、企業は一人ひとりの個性を知ることが可能です。社風にマッチしているかどうか、一緒に働きたい人間なのかなどを限られた短い時間で知るために、企業は「自分を一言で表すと?」という質問をしています。

就活の面接の意味や、面接を成功させる方法を知りたい方には、就活の面接について詳しく紹介しているコラム「就活における面談とは?面接との違いやその目的について」がおすすめです。

「自分を一言で表すと」への3つのNG回答

ここでは、「自分を一言で表すと」への質問に答えにふさわしくない内容について解説します。
以下の3つに挙げる回答にならないように注意しましょう。

1.嘘をついてしまう

「自分を一言で表すと?」という質問に対し、嘘をつくのはやめてください。
咄嗟についた嘘は、たくさんの採用試験を見てきた面接官には簡単にバレてしまうと考えましょう。
たとえば、就活を有利に進めたいと思って経歴を詐称して、それが後で虚偽だと判明した場合は、懲戒解雇になってしまう可能性もあります。そうなると、その後の就職活動にも悪影響を与える確率も高めてしまいますので、必ず本当のことを伝えましょう。

2.抽象的な伝え方をしてしまう

抽象的で分かりにくい伝え方をするのは避けてください。
「自分を一言で表すと」の質問を企業がするのには必ず目的があるため、その場しのぎでダラダラと内容のない話をしてもマイナスにしかなりません。自己分析能力や表現力やコミュニケーション能力など、あらゆる能力に欠けていると判断されてしまいます。

3.アピールポイントがズレてしまっている

「自分を一言で表すと」への答えは、志望業界・職種とマッチしている内容でなければプラスにはなりません。

たとえば、営業職を志望しているのに、「高い集中力があって一つの場所で黙々と作業することが得意です」なとど回答しても、面接官は積極的に採用したいと思わないでしょう。
企業が求めていることを事前に確認しておき、それに合わせた答えを考えてください。

就職面接を成功させるための方法を知りたい方は、面接のポイントや注意点などを詳しく紹介しているコラム「就職面接を成功させるためのポイントと注意点」を参考にしてみてください。

「自分を一言で表すと」の回答作成時の6つのポイント

ここでは、「自分を一言で表すと?」という質問に対する答えを作成するときの、6つのポイントを紹介します。面接を受ける前に準備しておけば、緊張しないでスムーズに対応でき、採用に大きく近づけることができるでしょう。
以下のポイントを押さえ、回答を考えてみてください。

1.自分の長所を知る

企業が求める「自分を一言で表すと?」の回答を作成するためには、まず自分の長所を知る必要があります。
自分には長所がないと思っていても、そのままを面接で伝えてプラスになることはありません。採用してもらうためには聞かれたことには全て答えなければいけないので、事前に自身の長所を確認しておきましょう。
どうしても思いつかない場合は、ネットを利用して自己分析をしたり、家族や友人などに教えてもらったりしてください。

2.実体験を用意する

自分を一言で表したときに、明確な説明がなければ面接官に意味が伝わりにくいです。話に説得力をもたせるためにも、実体験を用意することをおすすめします。
これまで体験したことから、自分の長所に結び付くような、できるだけ人に興味をもってもらえそうなエピソードをピックアップしてください。
自分には特別な経験がないという場合は、資格を取得したりスキルを身につけたりするために行動した過程を説明するだけでも構いません。実際に資格やスキルを会得できていれば、それに向けて頑張ったり知識を身につけたりしたことが大きなアピールになります。

3.内容を簡潔にまとめる

面接では志望者一人ひとりに用意されている時間が多くはないため、簡潔にまとめて話すことが大事です。「自分を一言で表すと」以外にも、いろいろ質問をされることを考えて時間配分を行いましょう。
質問は自分を一言で表すということなので、まずは一言で自分の長所などを述べて、その後にエピソードトークなどの説明を付け加えると良いでしょう。

4.具体的に答える

「自分を一言で表すと」への回答は、抽象的ではなく具体的な言葉で説明するのがポイントです。実体験を織り交ぜたり、補足情報を加えたりすることにより具体性をもたせましょう。
たとえば、「コミュニケーション能力が高いです」と回答するよりも、「コミュニケーション能力が高いです。初対面の人とでも数分で仲良くなれます」の方が、面接官の印象に強く残ります。採用担当者が何を知りたいかを察して回答することが最も重要なポイントです。
簡潔な言葉で、具体的に伝えましょう。

5.先人の名言を利用する

「自分を一言で表すと」への良い回答を自分では見つけられないという方は、先人の名言を調べてみることがおすすめです。有名な偉人は人の心に響く名言をたくさん残しています。自分に当てはまりそうなも言葉を利用しましょう。
また、先人の名言を活用することにより、難しいことを知っている知識のアピールにもつながります。

6.自己PRと関連付ける

「自分を一言で表すと?」という質問に対する回答のなかで、企業や志望職種と関連することを伝えられると大きなアピールになります。
関連づけられる内容にして、企業に魅力的な人物だと思ってもらえるように心がけましょう。

面接で自分が考えていなかった変わった質問をされたときにどうすればよいか知りたい方は、その場合の対処法などが詳しく書かれているコラム「面接で変わった質問をされたら?その意図や回答例も解説!」をチェックしてみてください。
また、面接でよくされる質問を知りたいという方には、面接成功のコツなども詳しく紹介されているコラム「面接でよくある質問と回答例!転職者と新卒では内容が違う?」をおすすめします。

「自分を一言で表すと」でアピールしやすい9つの能力

「自分を一言で表すと」と質問されたときにどう答えてよいか分からないという方のために、ここでは自分の長所として活用できる9つの能力を紹介します。
これらの能力を交えて回答することにより、企業の採用担当者から高評価を得られやすくなるでしょう。当てはまる能力があればぜひ活用してください。

1.行動力

行動力があることは企業にとっては大きな魅力であり、短期間で戦力になってくれると判断される可能性が高いです。
「自分を一言で表すと」へ対する回答に、何事にもチャレンジ精神があることを伝えて、自己アピールを行いましょう。

2.向上心

仕事を続けるうえで、向上心はモチベーションを高めるとても大事な要素です。
向上心がある社員ほど、企業に対して利益を生み出す人間という評価につながるため、採用に有利に働く可能性が高くなります。

3.忍耐力

簡単に会社を辞めてしまう若者が増えている中で、忍耐力をアピールすることは就活を有利に進められる可能性を高めてくれます。
忍耐力に加えて努力家あることを伝えれば、今後仕事でトラブルに直面しても最後まで諦めないで結果を出してくれる人材だと判断されやすくなるでしょう。

4.協調性

協調性を求める企業は多く、チームで仕事をするうえでこの能力はとても大事な要素です。積極的に協調性があることをアピールしましょう。

5.即決力

即決力は、自分は優柔不断でないことのアピールにもなり、仕事をスピーディーにこなせる人間だと判断されやすくなります。
今後仕事をしていくうえで必要不可欠な能力なので、積極的にアピールしてください。

6.責任感

社会人にとって責任感は信頼を得るために必須の能力であり、これまでの人生経験で得た具体的なエピソードを交えて伝えることにより、面接官に好印象を与えることができます。
責任感に加えて気配りができることも伝えると、より高い評価につなげることが可能になるでしょう。

7.向上心

仕事で能力を発揮するために、向上心はとても大きな要素です。
向上心があるからこそ企業に利益を与えるように努力をして、リーダーシップも発揮できると評価されることになります。

8.粘り強さ

粘り強さがあることは、多少の困難に遭遇してもそれを突破して企業に貢献するという大きなアピール材料になります。学生時代に部活などで経験したことを交えて伝えるといいでしょう。

9.負けず嫌い

負けず嫌いを短所と捉える方も多いと思いますが、多少のことがあってもくじけない気持ちの強い人間であると評価されやすいです。
同期などに負けたくないという気持ちでいることは、企業にとって成果を出してもらえる重要な人材になる可能性が高いと判断されます。

「自分を一言で表すと」の9つの回答例文

ご紹介してきたように、この質問をされたときには自分の長所を答えることがポイントですが、面接では短所を尋ねられることもあります。
長所を答えるときには、できるだけ企業のプラスになると思ってもらえるような内容にしましょう。短所を答える際には、短所を長所に変えられることを意識して回答するのがポイントです。

以下に、長所に対する6つの回答例と、短所への代表的な回答例を3つ記載します。例文のポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてださい。

長所をアピールした回答の例文

1.リーダーシップをアピールする例文

「私にはリーダーシップがあります。理由の1つは中学高校と生徒会長をしていたからです。2つ目の理由は、大学生のときに非営利団体を立ち上げて、約30名のリーダーとして団体を運営した経験あるからです。」

リーダーシップを持ち合わせていることは、企業にとっても将来有望な人材で、利益をもたらしてくれる可能性が高いと高評価を得やすいです。

2.努力家をアピールする例文

「私は努力することでは誰にも負けない自信があります。大学1年生のときにはクラスでも真ん中以下の成績でしたが、最終的には首席で大学を卒業しました。」

仕事において努力することは不可欠で、結果を求めてそれを達成することがプラスされると、高い評価を得られる可能性を格段にアップさせることができます。

3.柔軟な対応力をアピールする例文

「自分を一言で表すとカメレオンです。何事にも対応できる柔軟な対応力があります。信念をもって物事に取り組み、器用さを活かして結果を出すことにこだわります。」

自分をカメレオンと称してしまうと優柔不断なイメージをもたれやすいですが、信念をもって物事に取り組むことを付け加えることにより、柔軟な対応力をアピールできます。

4.迅速な行動力と几帳面さをアピールする例文

「自分を一言で表すとハヤブサです。素早く行動することができ、周りをしっかり観察する几帳面さも持ち合わせています。」

素早く行動するだけなら大きなアピールにはなりませんが、アクティブさと几帳面さの両方を兼ね備えていることは、面接官に好印象を与える可能性が高いです。

5.負けず嫌いをアピールする例文

「私は上がいればいるほど挑戦したくなる負けず嫌いです。これまでに一番になるための努力を惜しんだことはありません。」

負けず嫌いだけを伝えても、面接ではアピールになりませんが、その後の補足分で好印象を持たせることができます。
ただし、長々と説明することは避けて、話を短くまとめることがポイントです。

6.元気があることをアピールする例文

「私を一言で表すと応援団長です。実際に高校3年生のときは応援団長をしていました。また、大学のゼミでは教授から周りを常に元気にする理想的なリーダーだと言われていました。」

元気があるだけでは大きなアピールにはなりませんが、実体験での成果を伝えられると印象をかなり良くすることができます。

短所を長所に変えられる回答の例文

7.せっかちな短所を長所に変えた例文

「昔からせっかちなところがあり、中学、高校時代は周りから『特快電車』と呼ばれていました。せっかちであることから、大学生になるまではテストでも良くケアレスミスをしていましたが、それでではいけないと思い、一呼吸おいて考えて確認作業を怠れないようにしてからは、ミスをすることがほぼなくなりました。」

せっかちな点をきちんと理解して、短所を補っていることが伝わればプラス材料に変えることができます。

8.頑固さを長所に変えた例文

「高校時代はクラスメートから『石』と呼ばれていました。私が何事にも頑固で譲らないところからつけられたニックネームです。人の意見を取り入れるようにし、今はそこに柔軟性も備えられたと思っています。ただし、自分の信念を貫くことは変わっていません。」

頑固さは、柔軟性が欠けていると思われてしまうところがありますが、柔軟性がを身に付けたことをアピールすることで、真面目なことを魅力にできます。

9.優柔不断さを長所に変えた例文

「私はよく周りから優柔不断と言われていました。当時はあまり自覚がありませんでしたが、確かに好きなものが複数あるときには迷ってしまい、レストランのメニューなどもすぐに決められませんでした。今では短所を改善しようと思い、TPOに合わせて注意しています。ただ、肝心なことはしっかり考えて判断しています。」

優柔不断さは短所として見られがちですが、慎重に物事を判断している点をアピールできれば長所にもなります。

面接で自分の弱みを聞かれたときの対処法を知りたい方には、短所を上手く活かして回答するコツなどが書かれているコラム「面接で聞かれる弱みや短所…どう答えるのが正解?」がおすすめです。

四字熟語で「自分を一言で表すと」を回答するのもあり

「自分を一言で表すと」への質問には、四字熟語で回答することもおすすめです。四字に限定されるため、一言でという指定にはピッタリです。
四字熟語で表現すると難しい言葉を知っていることもアピールできます。柔軟性や発想力なども評価されることがあるでしょう。

たとえば、頑固さや負けず嫌いを表す四字熟語には「頑固一徹」「初志貫徹」「一心不乱」などがあり、これらの言葉は長所にも短所にも応用できます。
自己PRに利用しやすい四字熟語には、目的を果たすためにあらゆる苦難に耐えるという意味を持つ化「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」や、よく考え十分に検討したうえで実行に移すという意味を持つ「熟慮断行(じゅくりょだんこう)」や、勇気を持って目的に向かって突き進むという意味を持つ「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」など、知っているだけで知識があると思わせられるような四字熟語もたくさんあります。

「自分を一言で表すと」への四字熟語での回答の例文

「自分を一言で表すと?」という質問への、四字熟語を利用した代表的な回答例を5つ紹介します。

1.「七転八起」を使った例文

「自分を一言で表すと『七転八起』です。私の信条は粘り強さで、多少のことにもくじけない自信があります。」

何度失敗しても挑戦するという分かりやすい言葉で、粘り強くやる気がある姿勢を示すのには最適です。

2.「初志貫徹」を使った例文

「自分を一言で表すと『初志貫徹』です。どんなことに対してもコツコツと最後まで諦めません。それは高校受験と大学受験にも発揮できました。」

初志貫徹には「謙虚な心を忘れず地道に頑張る」という意味があり、真面目さを伝えることもできます。

3.「創意工夫」を使った例文

「自分を一言で表すと『創意工夫』です。新しいことを考えるのが好きで、中学のときは全国の発明コンクールで金賞を受賞した経験があります。」

比較的簡単な言葉ですが、一言で表すことができ、今後与えられる仕事に対して自分なりの工夫ができることを伝えられます。

4.「知行合一」を使った例文

「自分を一言で表すと『知行合一(ちこうごういつ)』です。正しい知識を得るためには実際に行動してみることを信念にしていて、行動力には自信があります。」

「本当に知るということは、知識と行動は伴わなければ叶わないということを」を意味している言葉で、知識の量と実践力をアピールすることができます。

5.「遠慮近憂」を使った例文

「自分を一言で表すと『遠慮近憂(えんりょきんゆう)』です。以前は優柔不断な性格に苦しんでいた時期もありましたが、この言葉を知ったことから万一に備えてきちんと準備をして物事に臨めるようになりした。」

「先のことを考えて行動しなければ、急な心配事が起こり苦しむことになる」という意味を持つ言葉であるため、ネガティブに捉われてしまいますが、上手に使うことで慎重さをアピールすることができます。

就職面接にどうやって立ち向かえばよいか知りたい方は、面接前の練習の大切さなどを紹介しているコラム「面接練習を行う方法とは?よくある質問の回答例や対策アプリもご紹介!」をチェックしてみてください。

「自分を一言で表すと」の答えは就活のプロに相談

面接で「自分を一言で表すと」という質問をされたときに、何の準備もしないで企業側が求めている回答をすることは難しいでしょう。その場の思いつきで答えてしまうと希望の就職先に採用されないリスクを高めてしまいます。しっかり準備しておくことが大切です。
一人で考えていて行き詰まったときには、就職活動・転職活動をサポートしてくれる支援サービスを利用するのがおすすめ。無料でサービスを受けられるものもあるので、利用を検討してみましょう。

ハタラクティブもあなたの就職に関する活動をサポートするサービスです。
若年層の就職・転職に特化したサービスを提供しているハタラクティブをぜひ頼ってください。
これまで多くの方を就職・転職を成功に導いてきた経験豊富なアドバイザーが、あなたの悩みや不安にしっかりサポート。「自分を一言で表すと」の質問の回答をはじめとする面接対策にも対応します。
サービスは完全無料で利用可能です。まずはお気軽にハタラクティブまでお問い合わせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ