第二新卒が書類選考に通らない理由とは?アピールすべきポイントも解説

第二新卒が書類選考に通らない理由とは?アピールすべきポイントも解説の画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒とは、新卒で入った会社を3年以内に退職した人のこと
  • 慢性的な人手不足により、第二新卒の需要は増してきている
  • 第二新卒は採用枠が少なく、書類選考が通らないことが多い
  • 第二新卒の書類選考が通らないのは、新卒と同じ感覚で就活をしているから
  • 書類が通らない人は、自己分析や企業研究を行うと効果的

第二新卒として就活をしているけど、書類選考に通らないという悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。第二新卒の採用枠は新卒ほど多くないため、選考が厳しくなるものです。このコラムでは、第二新卒の就活で書類選考を通過できない理由と、その解決方法を紹介しています。転職を成功させたいと考えている人は、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

第二新卒で書類選考に通らない理由

第二新卒として就活をしているけど、書類選考に通らないことにお悩みの方は多いでしょう。第二新卒の就職枠は新卒ほど多くないため、倍率や通過率が上がるのは当然のことです。そのほか、応募者自身の問題で書類選考に通らないケースもあります。ここでは、書類選考に通らない理由をいくつか紹介するので、自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

スキルや前職で上げた成果が微妙

第二新卒は採用担当者にアピールできるスキルや前職で上げた成果が微妙なことが少なくありません。そもそも、第二新卒採用はスキルや実績ではなく、ポテンシャルや仕事への熱意重視で採用される傾向にあります。しかし、人気や倍率が高い優良企業に採用されるには、スキルや実績も求められるでしょう。
しかし、第二新卒の人は、前職でそこまで大きな成果を挙げられていないことが多いようです。目立ったアピールポイントがないため、書類だけではあなたの魅力を伝えきれず、選考に通らないのでしょう。

第二新卒の採用枠が少ない

第二新卒の採用枠自体が少ないことも、書類選考が通らない理由の一つです。中には、そもそも第二新卒枠での募集をしていない会社もあります。第二新卒枠があっても、特定の業務の経験を要したり、資格が必要だったりする条件を設けている会社もあるでしょう。
新卒採用では、スキルや経験を問わず募集をかけていた会社でも、第二新卒というだけで受け付けなくなるものです。第二新卒を歓迎していない会社にむやみに応募しても、不採用通知を受けるのは当然でしょう。

現職を辞めることが目的になってしまっている

第二新卒で退職する人の多くが「自分のやりたいこととのミスマッチを感じた」「思っていた仕事と違った」など、ネガティブな退職理由を持っているようです。現職に対する不満が大きいと「とにかく今の会社から逃げ出したい!」という気持ちが先走り、後先考えずに転職活動を始める人も少なくありません。
そのため、転職先に対する熱意ややる気が感じられず「この人は、ただ今の環境が嫌なだけなのでは?うちに来て具体的に何がしたいんだろう?」と、転職理由が曖昧になってしまうでしょう。また、「事前に聞かされていた労働条件と異なっていた」「パワハラを受けた」など、会社や環境のせいで退職を考える人もいます。仕方のない事情ではありますが、入社前に見抜けなかった自分の責任も0ではありません。
上記のような態度で第二新卒の就活に臨んでも、「ただ、今の会社を辞めたいから転職する」「この人はできなかった理由を他人のせいにする」といった印象を持たれるでしょう。当然、良い印象とはならず、書類選考が通らない原因となります。たとえ前職の会社が悪い状況でも、悪口や不満を述べるのは辞めましょう。

転職のやり方や意識が新卒就活と同じ

第二新卒の就活では、内定承諾から入社までのスピードが重視されます。
新卒就活の場合、4月入社までに時間があるため、ほかの会社の選考を受け、内定辞退をする人も少なくありません。会社側も、ある程度の内定辞退者を見込んでいるため、多めに内定を出す傾向があります。よって、新卒の就活生はとにかく多くの会社の選考を受けることで、内定に近づくことができました。
しかし、第二新卒では入社までの時間が決まっていないため、新卒と同じように多くの会社にエントリーすることが良策とはいえません。会社側が第二新卒を採用するメリットは、すぐに入社してもらえることでもあります。そのため、内定承諾を長期間待ってもらいながら就活を続けるのは難しいでしょう。
書類選考が通らないという人は、「とりあえず応募してみる」という考え方を捨て、一社一社と向き合って、しっかりと考え抜いた書類を提出してみてください。

職種が決まっている
新卒採用では「総合職」や「一般職」として採用され、入社後に職種が決まるケースが多い傾向があります。そのため、事業内容への関心や会社の価値観とのマッチが重視されていました。しかし、第二新卒の場合は「営業職」「技術職」といったように、職種が決まった状態で求人が出されることが多いでしょう。そのため、新卒のときとは異なり、その職種で働きたい理由や適性をアピールする必要があります。

現職との両立が難しい

退職前に勤務しながら就活する場合、現職と就活の両立が難しくなるようです。まとまった時間が取れなければ、応募書類の内容を練ることができず、選考に通らない原因になります。書類選考が通過しても、面接へ行く時間を確保するのは難しいでしょう。応募書類作成や面接のための時間が取れないため、万全の準備ができず、就活がうまくいかないケースもあるようです。

第二新卒の転職活動がなぜ厳しいのかについてより詳しく知りたい人は、第二新卒の就活事情や第二新卒特有の就活のやり方を解説したコラム「第二新卒の転職活動は就活より難しい?やり方のコツを知ろう」を参考にしてください。

書類選考が通らない第二新卒がやるべきこと

求人情報に記載されている条件はすべてクリアしているにもかかわらず、なかなか書類選考が通らないと悩む人もいます。新卒就活では書類選考に苦労しなかった人でも、第二新卒としての就活では書類選考で苦戦するケースもあるようです。
第二新卒者が書類選考を通過するには、新卒者では書けない書類を作ることが大切になります。ここでは、そのポイントを紹介するので、これまでに提出してきた書類と比較してみてください。

退職理由と志望動機を関連付ける

第二新卒の書類選考では、前職の退職理由がポイントになります。書類選考に通らない人は、無意識に退職理由や志望理由をネガティブに伝えている可能性があるでしょう。実際の退職理由はネガティブなものであったとしても、できるだけ前向きな言葉で言い換えることが大切です。また、志望動機や転職理由に関連付けられると、より好印象になるでしょう。

「前職は残業が多く、自分の時間が取れないのが嫌で退職しました。御社は残業時間が少ないので、自分に合っていると思い志望しました。」
このような退職理由と志望動機では、前職への不満を感じます。また、残業時間さえ少なければどの会社でも良いという印象を与えかねません。

「前職は新しいやり方を取り入れない風潮の会社で、書類のコピーやシュレッダー処理で残業が多く発生していました。スキルアップのために先輩の仕事ぶりを間近で見たり、帰宅後に個人的に勉強したりする余裕はなく、このままでは成長できないと感じ、退職を決意しました。御社は社内のやり取りをデジタル化して時間を削減することに取り組んでおり、また、浮いた時間は資格取得のための勉強時間に充てられるとのことで、入社後も成長しやすい環境が整っていると感じ、志望しました。」
このように、退職した理由をできるだけ前向きな内容に言い換え、志望動機につなげると良いでしょう。

自己分析を行う

書類選考に通らない場合は、もう一度自己分析を行ってみましょう。
繰り返しになりますが、第二新卒では前職を辞めた理由がポイントになります。まずは、短期間で退職を決意した理由や経緯をはっきりさせることが必要です。また、今度は長期間働いて定着できることをアピールすると、「すぐ辞めてしまうのでは?」という採用担当者の不安を拭えるでしょう。
前職の経験や、前職で学んだこと、それらを活かして新しい職場でどのように活躍できるかなども考えてみてください。

自分の言葉で具体的に書く

第二新卒で書類選考が通らない人は、文章に個性がないと判断されている可能性があります。インターネットや就活本を見れば、志望動機や自己PRの例文はたくさん出てくるでしょう。それらを真似て書いた文章はオリジナリティがなく、採用担当者に響きません。あくまで例文は参考程度と捉え、自分の言葉で応募書類を書くようにしてください

文書のマナーを守る

第二新卒採用の書類選考が通らない人は、もう一度文書のマナーを見直してみましょう。基本的なことですが、誤字脱字や記入漏れ、期日を守らないのはマナー違反です。会社によっては、記入内容に関わらず不備があれば不採用とすることもあるでしょう。提出前には必ず確認をし、万全の状態で提出してください。
手書きの場合は、修正テープや修正液は使えません。間違えてしまったら、新しい用紙に書き直しましょう。PCで書類を作成する場合は、半角と全角が混在したり、書式が揃っていなかったりすると印象が悪くなります。
手書き?パソコン?履歴書作成のキホン」のコラムでも、応募書類の注意事項を説明しているので、参考にしてください。

第二新卒が採用されやすい企業を選ぶ

第二新卒の就活をしていても、なかなか書類選考に通らないという人は、企業選びから見直す必要があることも。
未経験者OKや経験者の募集ではない求人に応募しているか、今一度確認してください。応募条件を満たしていなければ、不採用になる可能性は高まります。また、大手企業や人気企業は倍率が高いため、不採用になる確率も高くなるでしょう。倍率の高い企業では選考にも時間が掛かるので、中小企業に目を向けるのも手です。
もう一度企業選びからやり直そうという方は、「第二新卒で、自分に合った業界選びとは」のコラムも参考にしてください。

第二新卒の就職と需要

第二新卒で、書類選考に通らないことに悩んでいる方は、第二新卒について深く理解することも大切です。
求人には、学歴の条件が設けられていることもあります。採用では過去の経験や人柄も重視されますが、応募条件を満たしていなければ書類選考の時点で不採用となることも少なくありません。第二新卒は、新卒枠で応募できる企業もあれば、既卒扱いする企業、第二新卒枠を設けている企業など、扱いはさまざまです。第二新卒という立場について詳しく理解することで、自分のアピールポイントを見つけていきましょう。

そもそも第二新卒とは

第二新卒に明確な定義はありませんが、一般的には学校卒業後3年以内の若者を指します。新卒で就職をしたものの、仕事内容や職場の環境が合わないことや、就職先の倒産やリストラなどにより短い期間で退職した人や、新卒時に就職できなかった人も含まれるでしょう。厚生労働省も、卒業後3年以内の既卒者は新卒枠で応募受付をするよう促しており、「卒業後3年」という期限が一般的になっています。
厚生労働省の「新規学卒者の離職状況」によると、就職後3年以内の離職率は下記のとおりです。

学歴別就職後3年以内離職率の推移の棒グラフ画像

引用:厚生労働省「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移 表 学歴別就職後3年以内離職率の推移

毎年1年目で1割、2年目で2割、3年目では3割強が離職していることが分かります。このように、第二新卒と呼ばれる人たちは一定数いるようです。
書類選考に通らないとお悩みの方は、企業が第二新卒に求めていることを意識して、記入内容を見直してみましょう。

参照元
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!! |報道発表資料
新規学卒者の離職状況

企業が第二新卒に求めること

新卒でもなくフリーターでもない第二新卒の魅力は、まだ卒業して間もない若さがありながら社会人経験があるという点です。
学校を卒業したばかりで社会人経験のない新卒を採用した場合、企業は入社した学生にビジネスマナーなどの社会人としての基本を一から教育する時間や新人研修などの体制を整える必要があります。しかし、第二新卒の場合、一度就業し実際に企業で働いた経験があるため、基本的な教育をする必要がなく、すぐに実践的な業務への指導を行えるのです。
前職が同業であった場合には、さらに業務の基本的な教育も省けるでしょう。企業にとっては時間やコストの削減しつつ新たな若手人材を確保できるため、あえて第二新卒を募集するところもあります。

また、新卒で就職する場合、卒業するまでの期限内に内定を取らなければいけないという焦りや、実際の業務内容を理解しきれないまま就職先を決めてしまい、ミスマッチが起こるケースもあるでしょう。
一方、第二新卒の場合にはいつまでに転職をしなければいけないという期限はありません。実際の就職経験を持っているため、イメージにとらわれない就職先選びが可能となります。ミスマッチが少なく、長期的に活躍できる人材であることも、企業としては魅力的です。

ただし、採用においては前職の退職理由を問われるでしょう。この答えが明確になっていないと、書類が通らないこともあります。第二新卒として転職活動をする際には、過去の自分の経験や考えもしっかりとまとめておくことが必要です。
第二新卒と既卒との違いや、既卒の就活状況については、「既卒は就職できない?厳しい既卒の就活を突破する方法」のコラムでも解説しています。

「新卒で就職したけど転職したい」「第二新卒として就活をしているけど、書類選考が通らない」とお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒の就職支援を得意とする就職エージェントサービスです。前職の経験や退職理由を踏まえて、あなたに合った求人をご提案しています。就活に関する相談や書類の添削、面接対策も行っているので、就活に自信がない人でも安心です。サービスはすべて無料でご利用いただけますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ