第二新卒が未経験の業界に転職するときに注意するポイントは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒が未経験の業界に転職するときに注意するポイントは?

2017/01/04

第二新卒が未経験の業界へ転職する場合

新卒で就職して数年働いた後、他の業界に転職したいと考える人は少なくありません。
転職活動では経験の有無が重要視されていて、一般的には未経験の場合、不利になることが多いです。そのため転職活動を成功させるには、経験者とは違う方法で企業にアピールする必要があるといえます。
また第二新卒であることも考慮しなければなりません。第二新卒の転職活動は、新卒の就職活動と異なる点が多くあるからです。

このように未経験の業界への転職であること、第二新卒であること、この2点を踏まえて転職活動を行うことが重要ですが、その際注意した方が良いポイントがあります。

転職理由が大切!業界研究も忘れずに

第二新卒が未経験の業界に転職するには、転職理由をしっかり考える必要があります。
第二新卒には数年働いた経験があるので、転職する場合は経験を活かせる業界の方が当然採用されやすいです。わざわざ未経験の業界に転職することに疑問を持つ企業も少なくありません。そのため転職理由をしっかり考えなければならないのです。

また、未経験の業界で働くには事前準備が欠かせません。準備として最も大切なものの一つは業界研究です。
未経験の業界にチャレンジする場合は業界に関する知識が不足していることが多く、業界に対して間違ったイメージや先入観を持っているケースが少なくないのです。その場合、もし転職できてもイメージと現実のギャップに苦しみ、結局また転職活動をする結果になりかねません。
そのため業界研究を行うことは、非常に重要であるといえます。業界研究をしっかり行っていることを面接で伝えることも大切です。

他の業界に転職することを疑問に思っている企業や未経験であることを不安に思っている企業に対して、本気であることや学習する姿勢をアピールできるからです。

第二新卒ならではの強みをアピール!

第二新卒は年齢的に新卒と近いため、同じ第二新卒だけでなく、新卒もライバルであると考えて良いでしょう。第二新卒が未経験の業界に転職する場合、新卒でその業界に入るより難しいと思う人が多いです。

しかし実は、第二新卒の方が有利である点もあります。
それを理解して上手くアピールしていけば、転職が成功する可能性は高くなるでしょう。

第二新卒は新卒で入社した会社で数年働いており、社会人としての経験があります。そのため第二新卒は、社会人としての教養が身に付いていると考えられます。
一方で新卒を採用した場合、ビジネスマナーなどを基礎から教育しなければなりません。教育には時間と費用がかかってしまいます。第二新卒を雇うことで、時間や費用を削減できることは企業にとって大きなメリットであるといえます。
他の業界からの転職の場合は実務についての教育が必要になりますが、それは新卒でも同じことです。それであれば、ビジネスマナーなどの基礎に関する教育を省略できる第二新卒の方に魅力を感じる企業は少なくないのです。
ですから、第二新卒で未経験の業界に転職する場合は、社会人としての基礎を身に付けていることをアピールすると効果的です。教育に時間と費用があまり必要ないことを感じとってもらえると、採用される可能性が高くなります。


第二新卒が転職する場合、不安を感じることが多いでしょう。ましてや未経験の業界に転職するなら尚更です。ハタラクティブは第二新卒のサポートに関する実績が豊富です。様々なアドバイスを受けながら安心して転職活動を行えます。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ