社会人4年目は第二新卒に入る?

社会人4年目は第二新卒に入る?の画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒とは、新卒入社した会社をおよそ3年以内に辞めた人を指す
  • 社会人4年目は、若さを武器に未経験分野に挑戦できるチャンス
  • 転職活動をする際は、転職の目的を明確にしたうえで自己分析や企業研究をしよう

「社会人4年目は第二新卒に入るの?」と気になる方もいるでしょう。一般的に、第二新卒は新卒で就職してから3年以内の求職者といわれるので、社会人4年目の人は含まれません。

このコラムでは、社会人4年目で転職を考えている人に向けて、転職活動のポイントをご紹介します。最後まで読めば、転職に対して前向きな気持ちになれるでしょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

社会人4年目は第二新卒に入るのか

一般的に、第二新卒は新卒で就職してから3年以内の求職者といわれ、社会人4年目の人は含まれません。しかし、社会人4年目の人は第二新卒のように年齢が若いため、若さやポテンシャルを重視して採用されやすいでしょう。

転職活動を進めていると、社会人4年目を第二新卒として扱ってくれる企業に出会うかもしれません。第二新卒で転職するメリットを次の項目でご紹介します。

第二新卒で転職するメリット

社会人経験のある第二新卒は、基本的なビジネススキルやマナーを理解しており、教育コストがかからないというメリットがあります。
また、若さを武器に社風にも馴染みやすいため、企業ニーズの高い人材となっています。学校卒業までに期間がある新卒時とは違い、第二新卒は採用後すぐに働けるので、円滑に業務を開始できる場合もあります。求職者側としても、実務経験を通して企業を判断する基準ができあがっており、自分に合った企業かどうかを見定められます。

ただし、第二新卒で転職活動をすると、早期退職を懸念される場合があるので注意が必要です。前向きな理由や仕事への熱意など、面接時に意欲的な転職理由を述べられるようにしておきましょう。

第二新卒のメリットついては、「第二新卒の強みとは?見つけ方や転職活動での自己PR方法を例文付きで解説」でもご紹介しています。気になる方は目を通してみてください。

4年目で転職するのが良い理由とは

社会人4年目の経歴があれば、「すぐに辞めてしまうのではないか」という企業側の懸念を持たれにくいでしょう。また、社会人としての業務を経験しているので、自分がどのようなことに向いているかを把握できているはずです。このような仕事がしたいという明確な意思があり、新卒のときより視野が広がっていることも利点として挙げられます。

今まで手がけてきた仕事と、やりたい仕事が変わってきた人もいるでしょう。未経験の分野で活躍したいのであれば、若いうちの挑戦がおすすめです。4年目で未経験の仕事を目指せば、チャレンジ精神を評価されやすいでしょう。

ただし、同じ業種で転職を希望する場合は、もう少しキャリアを積んでからのほうが良い場合もあります。今までに培ってきた能力を活かし、基礎に加えて応用のきいた業務に携わることで、さらなるステップアップを望める可能性があります。

「やりたいことやりなよ」先輩の言葉で営業職に転身!26歳、入社4年目の決意」は入社4年目での転職の体験談です。リアルな話も参考にしてみましょう。

社会人4年目が転職活動するときのポイント

「今とは違う仕事がしたい」「今より年収を高くしたい」など、転職の目的を明確にしてから転職活動を始めるのがおすすめです。どのようなキャリアを築いていきたいか、どのくらいの年収を希望するのか、新卒のときにはなかった視点でライフプランを考えてみてください。

長所や自分のもっているスキルを自己分析するとともに、社会人としての経験を通して、自分がやりたいこと・やりたくないことを理解しましょう。自分のできることを明確にすればキャリアを描きやすくなり、業界や企業研究をしっかりと行えば入社後のギャップを防げます。

やりたい仕事を見つけるための参考に、「やりたいこと探しで第二新卒に必要なことは?希望に合う仕事の選び方を解説」のコラムを一読してみてください。

転職するか迷っている方や初めての転職で不安を感じる方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、就職・転職のプロであるキャリアアドバイザーが相談や面接対策などに対応しています。プロによる手厚いサポートを受けながら、二人三脚で自分に適した仕事を探し出しましょう。

第二新卒の社会人4年目での転職に関するQ&A

社会人4年目での転職活動で感じる疑問や不安に、Q&A形式で回答します。

第二新卒に社会人4年目は含まれるの?

含まれないことが多いでしょう。一般的に第二新卒とは、新卒で就職してから3年以内に転職する人を指すからです。

しかし、企業によっては社会人4年目でも第二新卒として扱ってくれるかもしれません。社会人4年目はまだまだ若いので、第二新卒という枠にとらわれ過ぎず広い範囲で求職活動を行いましょう。

社会人4年目で転職をするメリットは?

社会人として4年間仕事をしてきたからには、基本的なビジネススキルやマナーが身についています。即戦力として、転職してもすぐに働けるのは大きな強みです。また、年齢が若く新しい会社の社風にも馴染みやすいでしょう。

社会人4年目の転職活動に対するアドバイスは?

新卒の場合とは違い、社会人生活を経験した第二新卒だからこそ、これからどうしたいのか・何をやりたいのか、キャリアプランを明確にして取り組みましょう。そこから自己アピールのポイントを掘り下げれば、企業とのミスマッチを防ぐことにもつながります。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次