第二新卒が面接に落ちる理由とは

第二新卒が面接に落ちる理由とはの画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

第一印象が悪い可能性

面接で好印象だったと確信しても、後日お断りの連絡をもらった経験はありませんか。

もしかしたら服装に乱れがあったり、気がつかないうちに何か余計なことを言ってしまったりして悪印象を持たれのかもしれません。

面接とは、その人の人となりと考え方を見る場です。
企業が第二新卒に求める受け答えや身なりをクリアしていないと、採用通知をもらうのは難しいと言えるでしょう。

まずは服装と髪型などの見た目は完璧にしていく必要があります。面接で話す時間はほんの一瞬なので、第一印象がものを言います。その第一印象を決めるのは面接官の価値観によるところが大きいですが、清潔感がある格好で感じの良い雰囲気を醸し出せれば、つかみとしては合格でしょう。

また、面接中にネガティブな発言をしないこと、他人を責めないことなども大切です。その人の性格や考え方も、面接の中では見抜かれてしまいます。
第一印象はちょっとした振る舞いでも左右されてしまうものなので、第一印象を良いままで終わらせるためにも、一語一語気を使って話すのを忘れないようにしましょう。

企業が求めている人材ではなかった可能性

第二新卒者だけではなく、面接官は中途採用者にはほぼ全員に『なぜ前の会社を辞めてうちに来たいのか』を質問するはずです。
人によって様々な理由がそこにはありますが、第二新卒は第二新卒に合った理由を語らなければなりません。その際に避けたいのが、前の会社を責めること、自分の反省点を見出せていない回答をすることです。

前の企業があまりにもブラックで、毎日のように理不尽な扱いを受けていた事実があったとしても、『前の会社はブラックだったので辞めました』では小学生の感想文であり、社会人の回答としては不合格です。
ものには言い方があり、『前の会社の体質を見抜けず、自分の企業や社会への認識が甘かった』など、なぜ会社を辞めるに至ったのかの原点を分析して回答を導き出す必要があります。
この分析ができなければ、企業が求める第二新卒の合格ラインには到達しないでしょう。

しかし、その際に気をつけなければいけないことがあります。事前にあまりにも優等生的な答えを用意してそれを丸暗記し、面接時に述べるのは避けた方が良いでしょう。
長年人を見てきた面接官は『自分の言葉ではないな』とすぐに勘付きます。企業は個性的で魅力的な人材を欲する傾向にあるので、自分なりの本音を言いつつ、誰も傷つけずに将来性のあるポジティブな回答をするのがベストでしょう。

他方、企業は第二新卒に若さと素直さを求めています。面接官の話を遮ることや聞かれてもいないのに話し始めること、自分語りなどは避けましょう。新卒ならば多少は目を瞑るところでも、第二新卒には厳しい場合があります。
企業側が自分に求めていることとは何かを正しく知っておきましょう。

転職エージェントとして実績があるハタラクティブでは、第二新卒の転職のノウハウをプロの就活アドバイザーが徹底的に教えます。無料にも関わらず一対一で相談できるので、転職を思い立ったらハタラクティブへ相談してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ