書類選考とは?企業側の目的と優れた応募書類の書き方

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 書類選考とは?企業側の目的と優れた応募書類の書き方

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・書類選考は、採用担当者が応募者を絞り込む目的がある
    ・採用担当者は、応募書類から人柄や熱意、募集内容にマッチしているかなどをチェックする
    ・多くの企業の応募書類は、履歴書と職務経歴書の提出が必要だが、企業や職種によって異なる
    ・応募書類は、「丁寧に記入する」「送付状を添える」など、工夫をすることで書類選考の通過率が上がる
    ・書類選考は、自分の提出した書類を通じて相手に自分のことを知ってもらう第一歩

就職活動、転職活動ともに、まず始めに行われると言っても良い「書類選考」。書類選考を突破する優れた応募書類には、注意するべき点と少しの工夫が必要です。ここでは、企業側の書類選考の目的と書類選考を通過しやすい応募書類の書き方を解説します。

◆書類選考とは?

就職活動は多くの場合、応募書類を企業に送付、提出することから始まります。
企業側が書類選考する目的は、応募者の絞り込むとともに、主に下記のような事柄をチェックするためと言われています。

・最低限のマナー
・志望度の高さ
・人柄
・経験者優遇の求人の場合、スキルや経験の有無

応募書類は、応募する人について多くの事柄や人柄を表します。
きちんと書くべき項目を埋めているか、手書きの場合は丁寧に書かれているか、業務経験の有無などは、採用において重要な要素です。
数多くの応募者がいる場合、応募書類をチェックすることで、面接や筆記試験へ進む人材をある程度絞り込むこみます。


◆提出すべき書類の種類

多くの企業では、応募書類として主に「履歴書」「職務経歴書」の提出を求められます。

【履歴書】

履歴書には、個人の情報に関することを記載します。

・現住所や電話番号などの基本情報
・学歴
・職歴
・志望動機
・自己PR
・趣味、特技

応募者の人柄や魅力を伝えられる大切な書類なので、雑な書き方や抜け、間違えた記載は避けましょう。
また、人柄や性格を読み取ることができる、趣味や特技欄も空欄にせず記入しましょう。

【職務経歴書】

職務経歴書は、業務に関する事柄を記載する書類です。

・職歴とそれぞれの業務内容
・過去の退職理由
・保持スキル
・資格
・現在勤務中の企業について

採用担当者が読みやすいように、PCで作成しA4のOA用紙に印刷したものを提出することが好まれます。

応募書類は、企業や職種によって異なるので確認が必要です。
上記以外にも、ポートフォリオや過去の作品、業務実績などの提出や面接時の提示も求められることがあります。
企業が求める応募書類を、しっかり揃えて提出することから選考は始まります。


◆書類選考突破のコツ

応募書類への記入ミスや雑な扱いは、熱意が無いと判断されかねません。
書類選考を突破するためには、少しのコツや工夫が必要。
下記のような点に気をつけて、応募書類に工夫を加えると書類選考の通過率が上がる可能性があるでしょう。

【要点を簡潔に記入】

ダラダラと長い文章を書くのは避けましょう。
忙しい採用担当者が読むことを意識し、分かりやすく簡潔な文章を心がけます。

【企業が募集している人材に合致したアピールをする】

応募先の業務内容をよく把握し、その募集内容に添ったアピール内容にすることが重要です。
スキルや経歴を見直しましょう。

【送付状を添えて送る】

送付状は、採用担当者へのあいさつ文、送付内容の案内の意味を持ちます。
送付した応募書類が、「誰に」宛てたもので「何が」入っているかを明記すると丁寧な印象に繋がります。

企業側が提出を求める応募書類に丁寧に記入し、揃え、期日までに提出することが肝心です。
就職後も業務内や実生活で、同じように必要書類を揃えて提出するシーンは多くあります。
書類選考とは、自分が提出した書類を通じて、相手に自分を知ってもらう第一歩と考えましょう。

応募書類の書き方に困ったら、転職エージェントに相談をすることをおススメします。
ハタラクティブは、専任の就活アドバイザーがカウンセリングから内定獲得までを親身にサポート。
ご利用者一人ひとりに合った求人を紹介し、応募書類の添削や面接対策など、就活の不安を解消いたします。
ぜひ、一度ご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ