新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書はなぜ手書きなの?企業が手書きを好む理由とは

履歴書はなぜ手書きなの?企業が手書きを好む理由とは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書を作成する上で「手書き」もしくは「PC作成」で迷ったら手書きにするのが無難
    ・PCで作成するのが望ましいのは、企業側からの指定があった場合や、外資系企業・IT業界などのPCスキルを要する企業
    ・丁寧に書くことはもちろん、読む相手のことを考えたレイアウトにするなどの工夫が必要

企業によっては、手書きの履歴書を提出しなければならないことがあります。手書きの履歴書からは、あなたの性格や熱意が伝わってくるでしょう。今回のコラムでは、企業が履歴書のどこに着目しているのかを紹介していきます。

◆履歴書は手書きが良いとされる理由

世の中にPCが普及している現代、履歴書のフォーマットファイルを使用すれば、簡単に履歴書を作成することができます。
就職活動を行う上で、希望する企業毎に履歴書を手書きで作成するのは時間や手間がかかり、非効率的だと考える人もいることでしょう。
しかし、履歴書を手書きすることにはちゃんと理由があります。

【企業側が見る手書き履歴書のポイント】

手書きの履歴書は、PCで作成した履歴書よりも、あなたの人柄や熱意が伝わりやすいとされています。
履歴書を「PC」、「手書き」、どちらで作成しても選考には影響しない企業もありますが、手書きを重視する企業は、履歴書からあなたの以下のような部分を見ています。

・丁寧に書いているか

手書きからその人の人柄を見ることができます。読む相手のことを考えて、丁寧に書かれているかを企業は見ているでしょう。
また履歴書は就活する上でとても重要な書類ともいえます。このような大事な書類が雑に書かれていれば、重要性を認識できない人だと判断されてしまうかもしれません。すなわち、あなたの評価にも関わってきます。

・誤字脱字はないか

履歴書を作成する上で、 誤字脱字には気をつけましょう。
仕事に就いた際、仕事のミスをそのままにしてしまう人だと思われるかもしれません。入念にチェックすることで、誤字脱字をなくすことができます。

・志望度がわかる志望動機

志望動機の欄が余白を残さないように書かれている場合、あなたの企業への熱意や志望度が高いことが伝わってくるでしょう。とはいえ、ただダラダラと長く書けば良いわけではありません。要点をまとめながらも、企業への熱意を的確にアピールすることが必要です。

手書きから見て取れる人物像は、以上のような点が挙げられます。

しかし、必ずしも履歴書は手書きで作成しなければならないとは限りません。
企業側からPCでの作成の指定があった場合は、その意向に沿った履歴書を提出しましょう。
また企業の文化によっても変わってくるため、企業毎にしっかりと見極めることが大切です。

【PC?手書き?履歴書の作成に迷ったら】

履歴書の作成は、手書きを重視する企業も多くあります。指定がない場合は、手書きで作成するのが無難でしょう。
PCで作成して不採用になるよりは、時間はかかりますが手書きで作成することをおすすめします。


◆PCで作成した方が良いケースとは?

近年では、手書きによる履歴書作成ばかりではなくなってきています。
PCで作成をする場合、次のようなことに気をつけましょう。

【提出方法について】

手書きの履歴書をスキャンして提出するのは、パソコンスキルがないと判断されかねません。
そのうえ、PCで作成することの目的を適切に理解できていないとマイナスイメージを与えてしまうので気をつけましょう。
メールでの添付指定やWebでのエントリーを行う際は、件名・ファイルに添えるメール文章にも気を使う必要があります。

【業界ごとの判断基準】

また、外資系企業やベンチャー企業・IT業界は、履歴書の指定がなくてもPCでの作成が望ましいでしょう。
特にパソコンスキルが重視される業界では、いかにPCを扱える人物かを企業にアピールするチャンスでもあります。
ほかにも、人材紹介会社などを利用した応募の際は、Web上で手続きすることが多いため、PCで作成がするのが良いと思われます。


◆好印象を残せる手書き履歴書の作成方法とは?

手書きで履歴書を作成する際は、きれいな字を書く自信がなくても丁寧に書くことを意識すると良いでしょう。
読む相手のことを考えて、文字間・行間などのレイアウトに気を配る必要があるため、履歴書からどのような人物なのかが見て取れます。 

【作成する際のポイント】

履歴書に直接書くのではなく、一度鉛筆で下書きをするのが良いでしょう。そうすることで、文字間・行間に気をつけることができ、書き間違いを防ぐことにも繋がります。また、下書きの消し残しがないかをしっかり確認することが大切です。
ほかにも「消せるボールペン」の使用は、書き間違いを直せるメリットがありますが、熱で消えてしまう特性があります。郵送の際に、文字が消えてしまう可能性があるので使用は避けましょう。

【履歴書作成に困ったら?】

履歴書を作成するにあたり、どのように書くのが一番良いのか、自分では判断がつかない時があるでしょう。
間違えを「まっ、いいか」と、妥協してしまえば、そこまでの履歴書になってしまいます。
そんな時は、就職活動のアドバイスを行ってくれるアドバイザーを利用してみるのも1つの方法です。
就職活動の支援を行っているハタラクティブには、多くの就活アドバイザーが従事しており、就活をマンツーマンでサポートをしています。
就職活動をどのように取り組むかによって、希望する業種や企業に採用されるか否か、大きな差が出てくるでしょう。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ