履歴書を書き間違えた!このまま提出すべき?正しい修正方法とは

履歴書を書き間違えた!このまま提出すべき?正しい修正方法とはの画像

この記事のまとめ

  • 履歴書を書き間違えた際は、どんな理由であれ修正テープや修正液は使わない
  • 書き間違えたら、はじめから書き直すのが原則
  • 履歴書を間違えたときにどうしても修正が必要な場合のみ、二重線と訂正印で修正しよう
  • ミスをしないために、履歴書は見本を作り時間に余裕を持って作成しよう

就職活動には欠かせない履歴書ですが、何枚も手書きをしていると間違えてしまうことがあるでしょう。しかし、履歴書はどんな理由であっても修正テープや修正液を使用してはいけません。このコラムでは、履歴書を書き間違えたときに修正してはいけない理由や、どうしても修正が必要な際の正しい修正方法などを解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

履歴書で書き間違えた…修正テープの使用はOK?

履歴書の作成中に書き間違えてしまった際は、どんな理由であれ修正テープや修正液で訂正するのは控えてください
訂正の跡があると「書き直そうともしない人」「常識も知らないのか」などと雑な印象を与え、「志望度が低い」と判断されてしまう可能性も。間違いや修正跡があるだけですぐさま不採用になる訳ではなくても、悪いイメージは払拭できません。
履歴書を書き間違えたときは、最初から書き直すのが原則です。
なお、消せるボールペンは間違っても簡単に直せて便利ですが、インクが摩擦や熱によって消えてしまうため、使用は控えましょう。
履歴書を間違えた時に修正テープを使ってはいけない理由を知りたい方は「履歴書の間違いに修正テープを使うのはあり?正しい対処法と間違えないコツ」にて、詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

履歴書を書き間違えたら最初から作り直すのが基本

履歴書を書き間違えたら、冒頭で述べたように修正は行わず最初から作り直します。法律で「修正のある履歴書を使用してはいけない」と決まっているわけではありませんが、重要な書類に修正があるとマイナスイメージを与えてしまいます。

履歴書を修正してはいけない理由

履歴書は企業へ提出する公的な文書であり、企業側が採用を判断する重要な書類です。
修正テープや修正液で簡易的に訂正してしまうと、誰が修正したのか分からず、「改ざんされているのでは?」と信ぴょう性の低下につながります

修正が必要なときは二重線と訂正印を使用する

履歴書を間違えたときは最初から作り直すのがマナーですが、どうしても書き直す時間がない、企業から送付された1枚のみで予備がないといった場合は、修正して提出します。
やむを得ず修正する場合は、修正テープなどではなく二重線+訂正印で直してください

定規を使って修正箇所に二重線を引き、その線上に訂正印を押しましょう。正しい文言は修正箇所の1行上に書きます。
訂正印は記載内容のじゃまにならない小型のものが望ましいですが、無い場合は認印でも構いません。公的な文書なので、スタンプ印の使用は避けましょう。
印鑑があることで、誰が訂正したか明らかになるため改ざんの疑いはなくなります。どうしても書き直せない場合、最後の手段としてこの方法で修正しましょう。
ただし、訂正印による修正箇所が多いと、やはり「適当に作成している」「読みづらく相手に配慮できていない」など企業側に悪印象を与えるため、ミスをしないよう気をつけることに変わりはありません。どうしてもミスが気になってしまうなら、パソコンで履歴書を作成することも検討しましょう。「履歴書はパソコンで作成していい?手書きにすべき?書き方の注意点も解説」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

履歴書で書き間違えないために

これまで説明してきたように、履歴書は間違えたら書き直しが原則。しかし、書き直すのは時間も手間もかかります。履歴書を作成する前に、間違えないような準備をしておきましょう。

書く時間を十分に確保する

提出期限のギリギリに作成すると、焦りから走り書きや雑な字になってしまううえ、間違える可能性も高くなります。また、インクが手に付いて履歴書を汚してしまうなどハプニングも起きやすくなるでしょう。履歴書は丁寧に落ち着いて書くことが大切です。しっかり時間を作りましょう。

あらかじめ作成した見本を見ながら書く

学歴の入学・卒業年や学校名、資格取得日と資格名など、ベースとなる箇所を書いた見本を用意しておくと、書き間違いを防げます。また、そのとき思いついた内容を書くのも、ミスの原因。志望動機や自己PRなど、履歴書は内容を固めてから書くようにしましょう。

シャープペンシルや鉛筆で下書きする

最もミスが少ないのはこの方法でしょう。
二度手間に感じるかもしれませんが、下書きをしてから清書すれば書き間違えるリスクは下がるはずです。

履歴書を書く場所や環境を整える

履歴書を書く場所や環境にも気を配りましょう。机が片付いていなかったり、うるさかったりする環境では、集中するのが難しくなってしまいます。集中できていないと履歴書の間違いに繋がるため、できるだけ集中できる環境作りを行うのが大切です。

パソコンで作成する

いっそ手書きではなく、パソコンで作成してしまう手段もあります。
企業にもよりますが、手書きを指定されていなければパソコンで作成しても良いでしょう。

パソコン作成がOKな企業は?

履歴書をデータで提出するよう指示が出ていれば、パソコンで作成したものを提出して問題ありません。また、特に手書きという指定がなければパソコン作成でOK。IT企業や外資系など、業務スピードの早い企業はパソコン作成でも良しとされています。「手書きよりもパソコン作成の履歴書が向いている業界とは」のコラムもご覧ください。

「履歴書の作成に不安がある」「アドバイスをもらいながら就活を進めたい」という方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブでは書類の添削や企業ごとの面接対策、カウンセリング、企業への連絡の代行など、全面的に就活をサポート。
第二新卒、既卒、フリーターなどで就職にお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

履歴書を間違えた時のQ&A

最後に、履歴書の間違いに関してよくある疑問や質問をまとめました。履歴書を間違えてしまったという方は、ぜひ参考にしていただき、正しい修正方法で就活に臨みましょう。

履歴書を間違えたまま提出してしまいました

履歴書を間違えたまま提出してしまった場合、間違いをできるだけ早めに企業まで連絡しましょう。連絡方法は電話でもメールでも大丈夫ですが、間違えた箇所やニュアンスが伝わるようにしなければいけません。また、履歴書の再提出を求められるか否かは企業によって異なるので、採用担当者の指示を仰ぐのが無難です。履歴書のミスに気づいたときの対処法は「履歴書をミスしてしまった時の訂正方法とは?」こちらのコラムで詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてください。

履歴書を間違えた場合、訂正印で修正して良いですか?

履歴書を間違えたら、訂正印と二重線で修正できます。しかし、時間に余裕がある場合は小さな間違いでも書き直すのが無難です。また、修正箇所が多くなってしまうと企業に不信感や不誠実さを与えてしまうので、書き直しましょう。詳しくはこのコラムの「修正が必要なときは二重線と訂正印を使用する」を参考にしてください。

消せるペンで履歴書を書くのは大丈夫ですか?

消せるペンで履歴書を書くのはNGです。なぜなら、消せるペンのインクは熱を加えることで消える性質があるため、コピーなど何かの拍子に消えてしまうことがあるからです。また、消せるという性質から改ざんの恐れもあるため、公文書に使用しないのがルール。履歴書は消せるペンではなく、油性ボールペンや万年筆で書きましょう。履歴書に書くペン選びにお困りの方は「履歴書で使うボールペン選びは重要!選ぶポイントとは?」のコラムで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

小さな間違いでも、書き直した方が良いですか?

履歴書は全く修正や間違いがない状態で提出するのが望ましいとされています。そのため、例え一文字であっても間違えたら書き直すのが好ましいでしょう。しかし、書き直していたら時間が無い時もあります。そんな際は、訂正印と二重線で修正してください。また、書き直しに繋がる間違えを減らすためにも、まずは履歴書を下書きするのがおすすめです。完璧な履歴書を作成できるよう、方法を工夫してみましょう。

この記事に関連するタグ