新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ボールペン選びが勝負を分ける?履歴書の基本について

ボールペン選びが勝負を分ける?履歴書の基本について

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書は黒もしくは青インクのボールペン、または万年筆で書こう
  • ・ボールペン選びに迷ったら、ゲルインクがおすすめ
  • ・ボールペンで書くのは、太すぎず、細すぎない字が読みやすい
  • ・蛍光ペンなどで履歴書を見やすくする工夫は、マイナス評価につながる
  • ・修正液を使ったり、固有名詞を省略したりするのはダメ

履歴書を書き始める前に、使うべきボールペンの種類や基本ルールについて学びましょう。
字の読みやすさは履歴書の評価を左右するものです。
自己PRや志望動機の内容をしっかり読んでもらえるように、履歴書の「第一印象」を高めていきましょう!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

履歴書に使うインクは黒?それとも青?

基本的には、履歴書は黒のボールペンで書くのが普通。青いペンで記入するのもマナー違反ではありませんが、特にこだわりがない場合は黒インクを選ぶのが無難でしょう。
青いインクを使う際は鮮やかな水色を使うのは避け、濃紺に近い暗めの色を使います。

大半の就活生はボールペン派ですが、普段から使い慣れているのであれば万年筆を使用しても良いでしょう。万年筆のインクには、発色が良いもの、にじみにくいもの、長期保存に耐えられるものなどがあり、種類が豊富というメリットがあります。
万年筆は筆圧をかけずに筆記できるので、大量に文字を書く際の負担が軽減されるのも利点の一つでしょう。

ボールペンに迷ったら、ゲルインクがおすすめ!

ボールペンには油性、水性といった種類がありますが、履歴書にはどのインクを使うのが良いのでしょうか。
以下にそれぞれのインクの特徴を紹介するので参考にしてください。

油性ボールペン

メリット

・耐水性がありにじみにくい
・長期保存に向いている

デメリット

・筆圧が必要で疲れやすい
・インクが固まりダマになりやすい

水性ボールペン

メリット

・耐水性がなくにじみやすい
・発色が良い
・さらさらとした書き心地

デメリット

・耐水性がない

ゲルインク

メリット

・耐水性がありにじみにくい
・発色が良い
・ダマになりにくい
・さらさらとした書き心地

デメリット

・インクの減りが早い

上記からわかるように、ゲルインクは油性と水性の長所を兼ね備えています。
もし何のボールペンを使って良いか迷ったときは、ゲルインクを選ぶと良いでしょう。
ただ、最近では水性、油性ボールペンともに従来の欠点を改良した商品が出回っているため、お気に入りのボールペンやメーカーがあるという方は、自分の好みのペンを選べば問題ありません。
ただし、消えるタイプのボールペンはこすれや高温で文字が消える可能性があるので使用を避けましょう。

市販されているボールペンにはさまざまな種類があるので、文具店で試し書きをして自分の使いやすいペンを見つけましょう!

太すぎず細すぎない字が読みやすい

黒いボールペンや万年筆であれば何を使っても構いませんが、芯の太さには配慮する必要があります。
履歴書で最も大切なのは、「第三者にとって見やすい書面になっているか」ということ。文字が太すぎて隣の字とくっついていると見づらいですし、小さな字は年配の担当者にとっては読みにくいものです。
履歴書に使う芯の太さは、0.5ミリから0.7ミリがおすすめ。
文字の太さや濃さで履歴書の印象はかなり変わるので、「何を使っても同じ」と思わずボールペン選びにも気を配りましょう。

履歴書を装飾するのは避けよう

自己PRや保有資格など、アピールしたい項目に蛍光ペンで線を引く人がいます。
ほかの就活生に差をつけたい気持ちはわかりますが、履歴書はフォーマルな書類なので色ペンでの装飾は避けましょう。採用担当者によっては一部でも色ペンを使った書類には「不適切」の判断を下す人もいます。
ほかに履歴書を書く際のNGポイントを紹介するので、書き始める前に以下をチェックしてみてください。

修正液を使う

履歴書では、修正液や修正テープを使ってはいけません。
もし書き間違えたときは、面倒と思っても最初から書き直すのが鉄則。書き間違いを防ぐためには、下書きをしてからボールペンでなぞると良いでしょう。

雑な字で書く

たくさんの書類を書くからといって、雑な字になるのはいけません。
採用担当者は日々多くの書類に目を通すため、雑な履歴書はすぐに目に留まるものです。企業への熱意を伝えるためにも、文字は見やすく丁寧に記入しましょう。

略称を使う

履歴書に記入する固有名詞は全て正式名称で記入するのがルールです、たとえ有名な学校名や会社名であっても、略すことなくことなく書きましょう。
「漢検」や「運転免許証」のように略称が普及している資格であっても、正式名称で記載します。

履歴書の書き方に自信がない人は、アドバイザーに相談しよう!

書類の書き方に自信がない、第三者にチェックして欲しいという方は、ハタラクティブにご登録ください。
ハタラクティブでは経験豊富なアドバイザーが書類や面接対策の指導を行い、採用までの過程をサポートします。
当サービスは20代の若年層を対象としているため、正社員経験がない方やフリーター歴が長い方の利用が多く、就活が初めての方も安心です!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ