履歴書を下書きするときのメリットと注意点

履歴書を下書きするときのメリットと注意点の画像

この記事のまとめ

  • より完成度の高い履歴書を目指すなら、下書きするのがおすすめ
  • 履歴書に下書きするメリットは「書き間違いを防げる」「内容を推敲できる」など
  • 履歴書に下書きするときには、シャーペンより鉛筆を使うと良い
  • 履歴書を清書したあとは消しゴムで丁寧に下書きを消そう
  • 履歴書が完成したら、誤字脱字や汚れなどの有無を最終チェックしよう

手書きの履歴書では、何度も書き直しが生じることも少なくありません。履歴書の書き損じを防ぐために、下書きをするか否かで悩む方もいるのではないでしょうか。下書きの主なメリットは、誤字脱字や記載漏れを防止して、きれいな履歴書を作成できることです。
このコラムでは、下書きの必要性や注意点などを解説します。履歴書が完成したあとのチェックポイントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

履歴書の下書きは必要?

履歴書の下書きは、見栄えの良さや内容精度のアップに有効です。鉛筆で下書きした跡を残さない工夫は必要ですが、よりアピール力の高い履歴書を目指すなら、下書きしてから清書する方法をおすすめします。逆に履歴書の下書きをしないと、記載ミスで一から書き直す手間が生じやすいでしょう。

履歴書を下書きする際のメリット

誤字脱字を未然に防ぐことができる

履歴書は1枚1枚が勝負です。修正できないため、下書きをすることで誤字脱字を未然に防ぎ、間違いのない完璧な履歴書を仕上げることができます。

文章を推敲できる

下書きをすることで、志望動機や自己アピール欄に記載する内容を何度も書き換えることが可能です。読みやすく、伝わりやすい内容にするために、何度もブラッシュアップすることができます。

文字の大きさや間隔をチェックできる

下書きをすることで、一行に収まるような文字の大きさや空白部分、文字と文字の間隔などを何度もやり直しつつ、文字列の整ったきれいな履歴書を作成できます。

下書きをする際の注意点は?

下書きにはシャーペンよりも鉛筆がオススメ

履歴書に直接書くため、先のとがったシャーペンでは跡が残ってしまう可能性が高くなります。少し丸みを帯びた芯先の鉛筆を使うのが最適。
鉛筆の濃さは、Hや2Hなどの薄めのタイプがオススメです。薄く書くのは基本ですが、清書する気持ちでキレイに丁寧に書くのがポイントになります。

気になるところは熟考してから書こう

職歴の退社月日や資格の正式名称、自分の短所と長所、志望動機など、どうしても気になる部分はなんとなくで書くのではなく、しっかりと考えてから下書きをすることが重要です。
特に、志望動機や自己アピール欄では、文章の構成や流れは整っているか、採用担当者に伝わりやすいものになっているかどうかなど、何度も読み直して熟考すると良いでしょう。

清書後の仕上げが大切

下書きをした上から、黒のボールペンもしくは万年筆で清書します。
履歴書は公的な書類に値するため、鉛筆やシャーペンで記載したものを提出できません。下書きをした履歴書は必ず清書を行い、鉛筆の跡を消しゴムできれいに消しましょう。
消す際のポイントは、清書後のインクが完全に乾ききったことを確認することと、履歴書が破れたりシワになったりしないように丁寧に消しゴムを使って消すことです。また、消したあとに履歴書に消しゴムのカスが残っていないかどうかの最終チェックも忘れずに。

履歴書の最終チェックポイント

履歴書の作成が終わったら、最終確認を忘れずに行うことが大切です。
以下の点に注意しながらチェックをしてみてください。

・履歴書に空欄はないか
・誤字、脱字はないか再度確認
・西暦と和暦は統一されているかどうか
・下書きの消し残しはないか
・写真は貼ったか
・押印はしてあるか(捺印欄がある場合に限る)
・書類に汚れはついていないか
・送付状は同封したか
・応募書類はクリアファイルに挟んだか(汚れや折れ防止)
など

チェックする項目はほかにもたくさんありますが、最後まで気を抜かずに一つひとつ確認しましょう。

残念な履歴書にならないために…

以下のような履歴書は残念な結果に結びつく可能性があるため、避けた方が良いでしょう。

・間違った箇所を修正ペンや修正テープで消している
・二重線+訂正印で修正している
・下書きの跡を消していない
・空欄がある
・記載していない項目がある
・誤字脱字が多い
・スナップ写真や自撮り写真を貼り付けている
・写真が貼られていない
・シワやシミが目立つ
・びっしりと書かれている
・文字の大きさがバラバラ
・鉛筆もしくはシャーペンで書かれてある
など

面接担当者に「採用したくないな」と思われないために、上記のような注意点に気を配ることが大切です。完璧な履歴書を作成して、最高の結果を手に入れましょう。

履歴書を誰かにチェックして欲しいときには就活のプロを頼ろう!

「履歴書の書き方の基本を知りたい」「採用される履歴書を作成したい」「下書きがうまくいかない」という悩みや相談がある人は、プロの就活アドバイザーを頼ってみてはいかがでしょうか。
一人で就活の悩みと向き合う時間を有効活用するために、プロの目線から的確なアドバイスをもらうこともときには大切です。早めに行動を起こして、希望どおりの転職を叶えましょう。

履歴書の下書きに関するお悩みQ&A

ここでは、履歴書を作成する際の下書きで悩む方へ向けて、Q&A方式で疑問を解消していきます。

履歴書の下書きはしないほうが良いですか?

履歴書の作成は、下書きの手順を踏むのがおすすめです。履歴書に下書きをしておけば、作成ミスの防止になり、一から書き直す手間を減らせます。下書きの跡は、清書後にボールペンのインクが乾いてから消すようにしましょう。履歴書作成のミスを防ぐコツについては、「間違いは修正しても良い?履歴書作成の基本」でもご紹介しています。

履歴書に下書きする際の注意点を教えてください。

履歴書の作成で下書きを行うときは、跡が付きやすい先のとがったシャーペンの使用は避けましょう。下書きの消し忘れや消しゴムの残りカスがないよう、履歴書の仕上がりを最後にチェックすることも必須です。詳しくは、このコラムの「下書きをする際の注意点は?」をご確認ください。

履歴書の記載ミスを修正ペンで直してもいい?

履歴書の記載ミスを修正ペンや修正テープなどで直すのはNGです。履歴書はビジネス書類に含まれるため、修正ペンで直した跡があると、書類自体の信頼性が損なわれてしまいます。また、「マナーに欠ける」「やる気が見られない」と採用担当者に悪印象を与えるリスクも。面倒に思えても、履歴書を書き間違えたら、一から書き直しましょう。詳細は、「最後の一文字で書き損じ…履歴書は修正していいの?」もぜひご覧ください。

履歴書の下書きをなぞるのに適したペンは?

油性かゲルインクのボールペンがおすすめです。水性ペンや「消せるボールペン」は、汚れやかすれの原因になるため、履歴書での使用は避けましょう。ペンの太さは0.5~0.7mmが見やすく、就活向きといわれています。履歴書作成に用いるペンについては、「読みやすい履歴書はボールペン選びから」もあわせてご参照ください。

履歴書の作成で失敗しないためのコツは?

履歴書の作成は、時間に余裕を持って取り掛かり、下書きしてから清書するのが失敗を防ぐコツです。履歴書の書き直しをなくす対処法については、「履歴書の記載ミス。書き直しするべき?」では、経験豊富なプロの就活アドバイザーが応募書類の書き方をアドバイスいたします。履歴書の作成方法にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。