新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 最後の一文字で書き損じ…履歴書は修正していいの?

最後の一文字で書き損じ…履歴書は修正していいの?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の間違いを修正テープや修正液で直すのは避ける
    ・履歴書は正式なビジネス書類のため、間違えたら最初から書き直すべき
    ・提出まで時間がない場合や、指定された履歴書が1枚しかない場合などは、訂正印を使う
    ・訂正印は、書類の間違った箇所に修正を加えたことを証明するためのもの
    ・たとえ訂正印を使用しても、訂正箇所が多いとマイナスイメージを持たれる可能性があるため、訂正印は最後の手段と思おう
    ・鉛筆で下書きをする、パソコンで作成するなど、修正をしなくていいように、書き間違いを減らす方が大切

履歴書は、就職・転職活動で企業に提出する大切な書類です。間違いがないように慎重に書いていても、ふとした瞬間に書き損じることもあるでしょう。大切なのはその後の行動。修正テープ?訂正印?書き直し?
どうしても受かりたい!そう思う会社がある人は、こちらのコラムを参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書は訂正していい?

就職・転職活動で企業に提出する履歴書。「書いている途中や、書き終わる直前に書き損じ…」そんな悲しいミスをしてしまった人も少なくないでしょう。

誤字や間違いがほんの少しであれば、その部分だけ修正したいと思うかもしれません。しかし、履歴書を修正液や修正テープで直すのは避けましょう。もちろん、間違った文字を塗りつぶすのも同じです。
履歴書はビジネス上の正式な書類。修正液や修正テープの使用や強引な訂正は、いつどこで修正されたものか判断できないため、書類としての信用度も下がってしまいます。

字の丁寧さや修正箇所の有無が相手に与える印象は大きく、修正があると「雑な人」という印象を持たれる可能性や、「仕事でもミスをするのではないか?」「志望度が低い」と思われてしまうこともあるでしょう。
また、書類選考を通らなかった時に、修正が原因かもしれないと後悔することにもなりかねません。
自信を持って履歴書を提出するためにも、書き間違えたら1から書き直すことをおすすめします。

訂正印は最後の手段

前項では履歴書の訂正は避けるべきと書きましたが、提出までどうしても時間がないときや、指定されている履歴書が1枚しかない場合は、訂正印を使いましょう。

訂正印とは

訂正印とは、書類に間違った記述をしてしまった場合に、修正を加えたことを証明する目的で押印されるものです。

訂正印を使った訂正方法

訂正方法は、訂正の種類によって変わります。

書いてしまった文章や文字を削除する場合
間違った部分に定規を使って二重線を引き、その上に押印します。

文章の途中で文字が抜けてしまった場合
文字を追加する箇所に「< 」などで印をつけ、どこに文字が入るのか分かりやすく指定し、追記したい文字を書きます。
その文字のすぐ近くに押印しますが、この時、文字が見えなくならないように注意しましょう。

文字を訂正する時
間違った部分に定規を使って二重線を引き、文字の上下どちらか空いているスペースに正しい文字を記入します。そのすぐ近くに訂正印を押しましょう。

以上が、訂正印を用いた訂正方法です。
しかし、正式な方法とはいえ訂正箇所が多いと、マイナスな印象を持たれる可能性があることに変わりはありません。
訂正印は最終手段と考え、できるだけ使用しなくて良いよう、履歴書は時間に余裕を持って書きましょう。
また、常に予備の履歴書を手元に置いておく、あらかじめ名前や住所、学歴などの共通項を記入した履歴書を複数枚作成しておくなどの工夫も必要です。

書き間違いを減らそう

訂正に時間をかけたり、書き直すべきか悩んだりするよりも、できるだけ間違えないように書くことが大切。
履歴書の書き損じを避けるためには、鉛筆で薄く下書きするのがおすすめです。
下書きを消しゴムで消す際は、ボールペンのインクが完全に乾いているか確認するのを忘れずに。せっかく下書きしても、インクが滲んでしまっては意味がありません。

また、書き間違いの多い人は、応募企業から「履歴書は手書きで」という指定がなければ、パソコンで作成してみるのも一つの手です。パソコンスキルのアピールにもなります。
パソコンで作成した履歴書は、余裕を持ってプリントアウトしておきましょう。
パソコンの画面で見るのと印刷後に見るのでは印象が変わるため、一度印刷して文字の大きさや詰まり具合など、見にくいところがないかチェックが必要です。

しかし、間違えた時に修正できるからといって、消えるボールペンを使用するのはおすすめできません。
何かに擦れたり、高熱になると文字が消え、読みづらくなるおそれがあります。
また、消せるボールペンが使用された履歴書は、修正テープなどが使用された履歴書と同様、正式なビジネス書類としての信用度が低くなります。

就職・転職活動において、履歴書は大切な書類です。
「たった一文字の修正くらい…」そう思う人もいるかもしれませんが、そのひと手間がやる気や熱意として応募企業に伝わるのかもしれません。

ハタラクティブでは、就職・転職アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、一人では悩んでしまう志望動機や自己PRなどの作成もサポートします。
応募書類の書き方をマスターしたい人は、ぜひハタラクティブに相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ