履歴書に誤字!ミスをした時は書き直すべき?

履歴書に誤字!ミスをした時は書き直すべき?の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書に修正液や修正テープは使用しない。基本は書き直そう
    ・誰が修正したか分からない、信憑性に欠ける、心証が悪いなどイメージダウンに繋がることも
    ・熱でインクが消えてしまうので、同じ理由で消せるボールペンも避けよう
    ・どうしても書き直せない時は二重線を引いて訂正印を押す方法も
    ・修正がある履歴書は少なからずマイナスイメージ。できるだけミスをしない工夫が必要
就活において重要な書類のひとつが履歴書です。
もしその履歴書を作成している途中で、書き損じをしてしまったらどうしたら良いのでしょう?
絶対に最初から書き直すべき?それとも修正液や修正テープを使っても良いのでしょうか?修正方法になにか決まりは?
こちらのコラムでは、履歴書を作成する際の誤字の修正について解説します。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書に修正液を使うのはダメ?

履歴書を書く時はどうしても緊張しがちで、ミスも起きやすいもの。せっかく時間をかけて真剣に作成した履歴書を、1箇所のミスだけで書き直すのは勿体ないし面倒だし、なによりまた時間がかかる…そう考えると、修正液で直してしまいたくなる人も少なくないでしょう。

 

ですが、履歴書は企業に提出する正式な書類のため、ビジネス文書などの公的な書類と同じ扱いです。
誰が修正したか分からない修正の仕方は、書類の捏造に繋がる可能性があります。そのため、修正液や修正テープを使った修正はしてはいけません。
履歴書に修正液や修正テープを使っていると、それだけで「注意力に欠ける」「慎重さが足りない」「ビジネスの常識を知らない」「なぜ書き直さなかったのか」と思われ、書類選考で不利になる可能性もあります。手間や時間がかかっても、最初から書き直しましょう。

 

また、間違っても消せるからという理由で、消えるボールペンを使うこともやめましょう。消せるボールペンはおおむね60度以上の高温や摩擦熱によって消えてしまうため、応募先の企業がコピーをとった際にインクが消えてしまったり、郵送の際になんらかの理由でインクが消えてしまったりする可能性がなきにしもあらずです。
履歴書の内容を書き直せるという点も、先述した通り正式な書類では信憑性に欠けてしまうでしょう。

どうしても時間がない時は?

履歴書の誤字脱字は、基本的に最初から書き直すことが望ましいです。
しかし、提出期限ぎりぎりで書いている、企業から配布された指定の履歴書でミスしてしまい代えがきかないなど、一から書き直せない時はどうしたら良いのでしょう?

 

万が一、そのような状況でミスをしてしまった場合は、「二重線を引いて訂正印を押す」という方法があります。
修正したい箇所にきれいな二重線を引き、その線に重なるように訂正印を押しましょう。訂正印は枠からはみ出さないよう小型の印鑑を使用し、正しい文字は、修正した箇所の上に書きます。これが正しい履歴書の修正方法です。

 

しかし、この方法で修正をするのも1箇所までが良いでしょう。
修正箇所のある履歴書というのは、見栄えが良くないだけでなく、少なからず採用担当者にマイナスイメージを与える可能性があります。
もし正しい方法で修正してあったとしても、できれば修正箇所のない履歴書であることが理想です。
あらかじめ鉛筆で下書きをする、指定の履歴書ならコピーしておく、予備を用意する、慌てないために記入する時間をしっかりとるなどの対策をしましょう。

履歴書の書き方は、アドバイザーに聞いてみよう!

履歴書の書き方が分からない、自分だけの見直しでは不安、誰かにアドバイスを貰いたい…
そんな時は、就活エージェントのご利用を検討してみてはいかがでしょう?

 

ハタラクティブでは、履歴書をはじめとした書類の添削を実施。また、カウンセリングや面接対策なども行っており、プロの就職アドバイザーが全面的にサポートしています。書類の作成が不安な方は、ぜひハタラクティブにご相談ください!
 

履歴書の誤字・脱字に関するお悩みQ&A

履歴書の書き間違いを際、どのように対処すれば良いのかお悩みの方。ここでは、履歴書で誤字・脱字などミスをした際の疑問を解消していきます。
 

書き間違いをした際の対処法を教えてください。

履歴書に誤字や脱字などのミスがあった場合、書き直すのが基本です。
就活の履歴書に修正液を使うのはOK?」でも解説していますが、修正液や修正テープで直すのは避けましょう。パソコンで作成した場合は、誤字脱字の箇所を修正して再印刷します。履歴書は自身の情報を記載する重要なビジネス文書なので、ミスがあると信憑性に欠けてしまうでしょう。また、「雑な性格なのでは」とマイナス印象を与えてしまうこともあります。
 

間違えたまま履歴書を提出してしまった場合は?

提出後に誤字が見つかった場合、間違えた箇所が住所や電話番号、メールアドレスであれば、応募先企業に訂正の連絡をしてください。誤ったままにしておくと、企業からの連絡がこない恐れも。自己PRや志望動機欄でミスがあった場合は、意味が通じればそのままで構いません。記入箇所を間違えていた際は、どの項目をどこに書いてしまったのか、メールで連絡しておくと良いでしょう。履歴書郵送時のポイントは、「履歴書郵送時のマナーや封筒の宛名の書き方とは?」をご覧ください。
 

履歴書の誤字は選考に影響しますか?

履歴書に誤字があることだけが原因で、「不採用」と決まるわけではありません。
とはいえ書き間違えがあると、「丁寧さが足りない」「志望意欲が低い」「仕事も雑なのでは」などのイメージを持たれる恐れがあるため注意してください。履歴書は基本的に丁寧に作成し、見直すものです。その部分を省いていると捉えられてしまい、マイナスイメージでしょう。詳しくは「履歴書は訂正していい?」をご覧ください。
 

ミスをしないためのコツはありますか?

誤字を防ぐには、「下書きをしてから作成する」「見本を用意しておく」などがあります。これらを意識してみると、効率的にかつ丁寧な仕上がりになるでしょう。手書きに自信がない方は、修正箇所をすぐに直せるパソコン作成もおすすめ。また、第三者にチェックしてもらうのも良いでしょう。ハタラクティブでは、就活のプロが履歴書や職務経歴書の作成をサポート。さらに、面接対策や求人の提案など、幅広く行います。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A