履歴書を手渡しするときは封筒なしでも良い?持参する際のマナーも解説!

履歴書を手渡しするときは封筒なしでも良い?持参する際のマナーも解説!の画像

この記事のまとめ

  • 履歴書を手渡しする際は、角形A4または角2の白色の封筒に入れる
  • 履歴書を封筒なしで持参すると、書類に折れや汚れなどがついてしまう可能性がある
  • パートやアルバイトの面接であっても、封筒なしよりもありの方が好印象につながる
  • 履歴書はスムーズに手渡しできるよう、かばんから取り出しやすい位置に入れよう
  • 持参した履歴書は企業側から求められた際に手渡しする

「履歴書を手渡しするときは、封筒なしで大丈夫?」と迷う方もいるでしょう。履歴書は、郵送時だけでなく、手渡しする際も封筒に入れるのが基本です。面接官に悪印象を与えないよう、就職・転職活動の際は履歴書の扱いにも注意する必要があります。このコラムでは、履歴書を入れる封筒の種類や手渡しする際のマナーを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

履歴書を手渡しする際は封筒なしでも良い?

履歴書を手渡しする際は封筒なしでも良い?の画像

履歴書を手渡しするときは、水濡れや折れ、汚れを防ぐため、封筒に入れるのがマナーです。
履歴書を封筒なしで持参すると、面接官に「個人情報の扱いがなっていない」「雑な仕事をしそう」といったマイナス印象を与える恐れがあります。「履歴書くらい…」と軽視せず、扱い方まで気を配るようにしましょう。

バイト・パートの面接時も履歴書は封筒ありがおすすめ

アルバイトやパートの面接の場合も、履歴書は封筒に入れて持参するのが望ましいでしょう。
アルバイトやパートの面接は、就職や転職の採用面接に比べて採用ハードルはそれほど高くありません。そのため、履歴書を封筒なしで手渡ししたからといって、マイナス印象を与えることは少ないと考えられます。それでも、マナーを重視する販売や飲食などの接客業では、封筒なしよりもきちんと封筒に入れて持参した方がより丁寧な印象を与えられるでしょう。
持参した履歴書の渡し方については「履歴書を手渡しする場合は封筒に入れる?入れない?」のコラムでも解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

履歴書を手渡しする場合の封筒のポイント

ここでは、履歴書を手渡しするときの封筒の選び方や扱い方について具体的に解説します。就職・転職活動では、面接中だけでなく面接前のマナーも身につけて選考に臨みましょう。

1.サイズは履歴書が二つ折りで入る「角型A4」か「角2」

封筒のサイズは、履歴書が二つ折りで入る「角型A4」、またはそれより少し大きめの「角2」を選びましょう。市販の履歴書のなかには、三つ折りの書類が入るサイズの封筒が同封されていることもありますが、新卒の就職活動や中途採用の転職活動では使わない方が無難です。

2.封筒の色は白がおすすめ

手渡しする履歴書は、丈夫で目立ちやすい白封筒に入れましょう。市販の封筒には白のほかに茶色がありますが、茶封筒は事務用途で使用される印象があるため、就職・転職活動での使用はおすすめできません。

3.封筒に宛名は書かない

現地で履歴書を手渡しする場合は、封筒に宛名を書く必要はありません。応募先企業の宛名や宛先は、履歴書を郵送する場合に記入しましょう。

4.封筒はのりづけしない

履歴書は面接時に封筒から取り出して渡すので、のりづけはしません。のりづけしてしまうと、手渡しする際に封を破る手間が発生してしまいます。提出を求められたときに履歴書をさっと取り出せるよう、封はしないようにしましょう。

5.封筒はクリアファイルに入れる

手渡しする履歴書は、かばんの中で折れてしまうのを防ぐため、クリアファイルに挟んだ状態で封筒に入れておくと安心です。急な雨が降ってきた場合やペットボトルに水滴がついていたときの水濡れも防止できます。

持参する履歴書の封筒については「履歴書を入れる封筒は何色?手渡しでも必要?入れ方や書き方も解説します」のコラムでも解説しているので、ぜひチェックしてください。

手渡しする履歴書を入れる封筒の書き方

手渡しする履歴書を入れる封筒の書き方の画像

ここでは、手渡しする履歴書を入れる封筒の書き方について解説します。応募先企業の宛名・宛先の有無以外は、郵送する際の封筒の記入方法と同じです。以下で詳しく確認しましょう。

封筒の表面に「履歴書在中」と書く

封筒の表面の左下部分に、赤いボールペンで「履歴書在中」または「応募書類在中」と書きます。「履歴書在中」「応募書類在中」の周りは、定規を使って四角く囲みましょう。履歴書の封筒用に作られた市販のスタンプを使ってもOKです。

封筒の裏面に差出人住所・氏名と提出日を書く

手渡しする履歴書の封筒には、自分の住所や氏名を記載しましょう。書き方は、封筒の裏面の左上に縦書きで提出日、左下に差出人住所・氏名の順で記入します。差出人住所・氏名は、戸籍上の正式名称で記入し、郵便番号も忘れずに書いてください。

手渡しする履歴書を入れる封筒の書き方は「封筒の書き方マナー!就活の履歴書を郵送・持参するときの注意点を解説」のコラムでも解説しています。理解を深めるために、ぜひ読んでみてください。

履歴書を手渡しする際の5つの確認事項

履歴書を手渡しする際は、封筒以外にも確認しておきたいポイントが5つあります。就職・転職活動を円滑に進めるためにも、以下のチェックリストを参考に、応募書類の準備を万全にしましょう。

1.提出書類に不備はないか

履歴書や一緒に手渡しする書類に不備はないか、封筒に入れる前に最終確認をしましょう。誤字脱字はもちろん、記入漏れや証明写真の貼り忘れがないかなどを細かく確認してください。なお、西暦・和暦の書き方は書類全体でどちらかに統一し、提出日は「書類を記入した日付」ではなく「提出する日」を書くのがマナーです。

2.履歴書・職務経歴書のコピーをとったか

手渡しする履歴書や職務経歴書といった応募書類は、あらかじめコピーをとっておきましょう。コピーがあれば、面接直前まで書類の内容を確認できるうえ、その後の反省にも役立てられます。採用担当者に不信感を与えないよう、履歴書と口頭で説明する内容が一致しているかどうかしっかり確認しておきましょう。

3.履歴書や職務経歴書を正しく並べたか

手渡しする応募書類は、上から「履歴書→そのほかの書類(職務経歴書やポートフォリオ)」の順に並べましょう。封筒に入れる際にあらかじめ順番をそろえておくと、取り出してからそのまま渡せるので安心です。

4.封筒は鞄からすぐにとり出せる位置にあるか

応募書類の入った封筒は、かばんから取り出しやすい位置に入れておきましょう。履歴書を手渡しする場合、受付に預けるか面接中に渡すかは企業によって異なります。どのタイミングで提出を求められてもすぐに封筒を取り出せるように、かばんのフロントポケットを活用すると良いでしょう。

5.履歴書は二つ折りにしたか

履歴書は、A3またはB4の用紙を二つ折りで手渡しするのが一般的です。パソコンで自作した場合も二つ折りにし、三つ折りや四つ折りなどにするのは避けましょう。必要以上に折ると見た目が美しくないだけでなく、折り目に重なった文字が読みづらくなります。

履歴書を手渡しする際の3つのマナー

履歴書を手渡しする際の3つのマナーの画像

最後に、就職・転職活動で履歴書を手渡しする際の3つのマナーについて解説します。履歴書を入れる封筒の記入方法や面接官への渡し方をしっかり覚え、面接でより好印象を与えられるようにしましょう。

1.面接中の場合は指示を受けてから履歴書を手渡しする

面接中は、企業側から指示を受けた際に履歴書を手渡しするのが基本です。面接官から「履歴書を預かります」といわれたら、封筒からクリアファイルごと履歴書を取り出して封筒の上に重ねます。履歴書を相手の向きに直したら、「履歴書です。本日はよろしくお願いいたします」と一言添えて、封筒と一緒に両手で渡してください。時間が経っても履歴書の提出を求められない場合は、「履歴書をお渡ししてもよろしいでしょうか」と確認しましょう。「履歴書の提出をお願いします」といわれたら、封筒から履歴書を取り出して渡します。

履歴書を受付で渡すときは封筒に入れたままでOK

受付や面接会場の案内スタッフなど、面接官以外の人に履歴書を手渡しする場合は封筒に入れたままが正解です。受付の人はあくまでも「履歴書を取り次ぐ」だけで、履歴書の内容を読むことはありません。履歴書には個人情報も含まれているため、封筒に入れたまま渡しましょう。渡す相手が受付の人であっても、面接官に渡すときと同じく相手が読みやすい向きにして両手で差し出すのがマナーです。

2.待機時間がある場合は履歴書を机に出しておく

面接官が来るまで待機するよういわれたときは、あらかじめ机に履歴書を出しておいてもOKです。封筒の上に応募書類を入れた状態のクリアファイルを置き、面接官を待ちましょう。面接開始後は、面接中に手渡しする場合と同様に、指示があったタイミングで提出すればOKです。

3.持参する封筒に添え状・送付状は入れない

履歴書を手渡しする場合は、添え状・送付状を入れる必要はありません。添え状・送付状は、郵送のように対面で渡さない場合に用意します。就職・転職活動の面接で手渡しする場合は直接挨拶できるので、添え状・送付状は不要です。

履歴書の封筒のマナーについてお困りの方は、就職・転職サポートサービスのハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブでは、履歴書・職務経歴書のアドバイスや面接対策などを行っています。専任のアドバイザーがマンツーマンでサポートするので、不安や疑問点を気軽に相談でき、安心して就職・転職活動を進めることが可能です。
求職活動をより効果的に進めるために、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連タグ