1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書持参の時も封筒は必要?正しい渡し方をマスターしよう

履歴書持参の時も封筒は必要?正しい渡し方をマスターしよう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書は重要書類なので持参する際も封筒に入れるのがマナー
    ・サイズは履歴書を折らずに入れられる「角2」や「角型A4」、色は白など細かなルールがあるので確認しよう
    ・折れや水濡れを防ぐためにも、クリアファイルに入れて持ち歩くのがおすすめ
    ・手渡す際は封筒から出し、相手が読みやすい向きに直すなどの配慮も忘れないようにしよう

事前に郵送するのが一般的な履歴書ですが、企業によっては面接の当日に持参するよう指示されます。
郵送の場合は封書として送りますが、持参するときでも封筒に入れる必要はあるのでしょうか。
当コラムでは、履歴書を持参する場合の扱い方法について解説しています。
封筒に入れるのか、入れるならサイズや宛名はどうしたら良いのかなどを知りたい方の参考になれば幸いです。

持参するときも封筒は必要?

履歴書は、応募者の氏名や住所、学歴や職歴といった個人情報が書かれている重要書類です。
また、企業に提出することを前提として作成されているため、汚れや折り目のある状態で提出すると「雑」「志望度が低い」という印象を与えてしまう可能性も。持参であっても封筒に入れるのがマナーとされています。

では、封筒の選び方や扱い方を具体的に見ていきましょう。

折らずに入るサイズ

市販されている履歴書のなかには、三つ折りないし四つ折りが入るサイズの封筒が同封されているものもありますが、履歴書は「折らない」のが正しいマナー。
ただし、アルバイトやパートの場合は三つ折りが許容されるようです。
厳密には、真ん中で「二つ折り」の状態にして送付もしくは持参するので、使用する封筒は二つ折りにした履歴書がそのまま入るサイズを選びます。
具体的には「角型A4」や「角2」。履歴書をクリアファイルに挟んでから封筒に入れても良いでしょう。

色は白

市販されている封筒は白や茶色がありますが、茶封筒は事務用品という印象が強いので白を選びます。

宛名は必要ない

手渡しするので、封筒に宛名を書く必要はありません。
しかし、どんな書類が入っているかを示すために表面の左下に赤字で「履歴書在中」と書いて周囲を四角く囲うことを忘れずに。
裏面には誰の履歴書か分かるように、自分の氏名と住所を記載しておきましょう。

封はしない

面接で履歴書を取り出すので、封はしないで大丈夫です。
また、郵送の場合は必須となる添え状も必要ありません

クリアファイルに入れる

鞄の中で折れたり水濡れを防いだりするために、履歴書を入れた封筒はクリアファイルに入れておくと安心です。

履歴書の扱い方からビジネスマナーをチェックされる可能性もあるので、「履歴書くらいで…」と軽視せずにしっかりと対策を行いましょう。

提出前に確認しよう

封筒の色や大きさ以外にも、履歴書を提出する前に確認しておきたいポイントを以下にまとめました。

書類を入れる順番

前項で送付状は必要ないことを挙げましたが、転職の場合は履歴書以外にも職務経歴書やポートフォリオを提出する機会が多くあります。
もし履歴書と一緒に提出するよう指示を受けたら、一番上から履歴書→職務経歴書→資料→ポートフォリオの順で封筒に入れるのが一般的です。

書類の日付

履歴書には日付を記入する欄があり、職務経歴書にも日付を記載する必要があります。
この場合の日付は、「書類を記入した日」ではなく「提出する日」にするのがビジネスマナー。
履歴書とほかの書類で暦の表記(西暦と和暦)が一致しているかなども確認しておきましょう。

取り出しやすい位置に入れる

履歴書持参の面接の場合、どのタイミングで提出を求められるか分かりません。
受付のときに預かると言われることもあれば、ある程度面接が進んでから…というケースも。
どのタイミングでもスムーズに取り出せるよう、鞄のサイドポケットなどに入れておくと安心です。

コピーを取っておく

履歴書を書き上げたことに安心して内容を忘れてしまった…とならないように、履歴書や職務経歴書はコピーを取っておくと良いでしょう。
原本は企業への提出用。面接前に取り出して内容を確認するのは、汚れを付けないためにも避けます。

正しい渡し方

最後に、履歴書を手渡しするときの正しい方法を確認しておきましょう。

指示を受けてから渡す

面接官の方から「履歴書を預かります」などの指示があるのが一般的ですが、提出を求められないケースもあるようです。
その場合は一方的に渡さずに「履歴書をお渡ししてもよろしいでしょうか」など確認してから渡しましょう。

封筒から履歴書を取り出して両手で渡す

提出の指示を受けたら、入れていた封筒から履歴書を取り出して封筒の上に重ねます。
面接官の読みやすい向きに直して両手で渡しましょう。
また、「本日はよろしくお願いいたします」など一言添え、お辞儀をしながら手渡すと好印象。

受付で提出する場合は封筒に入れた状態で

受付で履歴書を預かる指示を受けたら、封筒に入れた状態で提出します。
このときも、相手が読みやすい向きに直すのを忘れずに。
手渡す相手が面接官でなくても、必ず両手で手渡して「よろしくお願いします」などの挨拶をしましょう。


「履歴書を書くのが苦手…」「ルールが細かくて分からない…」という方は、転職エージェントのハタラクティブを利用してみてはいかがですか?
専任のアドバイザーがあなたの履歴書作りをサポート!強みや適性をアピールできる「受かる履歴書」のコツをお伝えします。
「どうしても書類選考が通らない…」という方はご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる