履歴書を売っている場所、種類や選び方を知ろう!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 履歴書コラムTOP
  4. >
  5. 履歴書を売っている場所、種類や選び方を知ろう!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書は、コンビニエンスストアやホームセンター、100円ショップなどで手に入る
    ・履歴書には、JIS規格、一般用、転職用、アルバイト用などの種類がある
    ・サイズはB判(B5,B4)やA判(A3,A4)を選ぼう
    ・書類の書き方がわからない人は、ハタラクティブのアドバイザーに相談しよう

今回のコラムでは、履歴書の入手方法と選び方をご紹介します。
履歴書にはいくつかの種類があり、自分に合った形式を選ぶのが内定への第一歩です!

◆履歴書はどんな所で売っている?

履歴書は文具店に売っているイメージがありますが、実はほかにも色々な場所で手に入れることができます。
「明日面接なのに履歴書がまだ用意できていない!」「家の近くで買える場所がないか探している」
そんな方は、以下のような店舗に行くと大抵の場合履歴書が売られています。

・コンビニエンスストア
・ホームセンター
・書店
・100円ショップ
・大学生協

このほか、ネット通販を利用すればさまざまな種類の履歴書が見つかるでしょう。
履歴書にはいくつかの種類がありますが、何を選べば良いのかわからないという方は、次項の内容をご確認ください。

 

◆一般用、JIS規格…どんな履歴書を選べばいいの?

一般に、新卒の方は大学指定の履歴書を選ぶと良いでしょう。大学指定の履歴書には学校名が印刷されていて、生協などで手に入れることができます。
そのほかの方は、自分がアピールしたい内容に合わせて履歴書の種類を選ぶのがおすすめ。例えば、自己PRを充実させたい人は自己PR欄のスペースが大きいものを、職歴がない方は職歴欄が少ないものを選びます。
市販されいる履歴書には、以下のような種類があります。

【JIS規格】

日本工業規格(JIS)の規格に準拠する履歴書。
学歴・職歴欄が長く自己PR欄が少ないのが特徴です、アルバイトから転職まで幅広く使えます。
履歴書としては最もベーシックな形式であり、JIS規格を指定する企業もあります。

【一般用】

JIS規格に比べて自己PR欄のスペースが大きくなっています。
職歴が浅く自己PRで熱意をアピールしたいという方におすすめです。

【転職用】

転職者向けの履歴書では、職務経歴書がセットになっていたり、退職理由を記載する項目があったりします。
転職回数が多くJIS規格の履歴書におさまらないという方は、転職者用の書類を利用すると良いでしょう。

【パート・アルバイト用】

希望の曜日や働ける時間帯を書き込むスペースがあります。

以上にご紹介したのが、市販されている主な履歴書の種類です。
基本的には自分が使いやすい履歴書を選べば良いのですが、企業から指定があった場合はその指示に従いましょう。

 

◆サイズ選びに迷ったら…

サイズ選びに関しても、企業から指定があればその指示に従います。
指定がないときは、市販の履歴書に多いのはB判(B5、B4)なので、こちらを選べば特に問題はありません。
また、ビジネスの場で多く使われているA判を使うのもOK。A4もしくはA3(二つに折るとA4)を使用しましょう。

 

◆書類の作成指導はハタラクティブに相談しよう

履歴書はただ項目を埋めれば良いというわけではありません。
採用担当者のもとには、企業によっては1日に数十枚の履歴書が届くこともあります。そんな中で書類選考を突破するには、履歴書の基本ルールを守るのはもちろん、企業のニーズをとらえた自己PRや説得力のある志望動機が必要になります。

履歴書の書き方がわからない、基本のルールを教えて欲しいという方は、就職・転職支援のハタラクティブにご登録ください。
ハタラクティブは若年層に特化したサービスで、カウンセリングや求人提案、書類、面接対策などで仕事探しをバックアップしています。
一人での就活に自信がない人は、ハタラクティブのアドバイザーと一緒に理想のお仕事探しを始めませんか?

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ