履歴書の趣味・特技欄の書き方とは?例文と思いつかないときの対処法を紹介

履歴書の趣味・特技欄の書き方とは?例文と思いつかないときの対処法を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 採用担当者は履歴書の趣味特技欄から、応募者の人柄や転職への熱意を読み解く
  • 履歴書の趣味特技欄は、簡潔に記載したうえで括弧書きで補足すると読みやすくなる
  • 履歴書の趣味特技欄をしっかり書けば、会社に貢献できる人材という印象を与えられる
  • 履歴書に書ける趣味特技がなくても、これまでの経験や日常生活の中から見つけられる

就職・転職活動の際、履歴書の趣味・特技欄へ何を書くべきか悩む方もいることでしょう。履歴書の趣味・特技欄をしっかりと記述すれば、採用担当者に自分の熱意や人柄を伝えることが可能です。このコラムでは、履歴書の趣味・特技欄における書き方のノウハウや例文をご紹介します。また、採用担当者が重視している点や、趣味・特技が書けない場合の対処法も解説。書き方のポイントを押さえれば、採用に一歩近づけるでしょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

履歴書の趣味・特技欄は応募者の人となりを確認できる

履歴書の趣味・特技欄は応募者の人となりを確認できるの画像

採用担当者は、履歴書の趣味・特技欄を通じて応募者の人となりをチェックしています。そのため、履歴書の趣味・特技欄には、採用担当者に人柄や長所をアピールできる内容を書きましょう。応募先企業の仕事に関連するものがあれば、積極的に記載するのがおすすめです。

採用担当者が趣味・特技欄で判断している要素

企業の採用担当者は、履歴書の趣味・特技欄を通して以下のポイントをチェックしています。

・応募者の人柄が自社の社風に合うか
・業務への適性はあるか
・転職に対する熱意はあるか

志望先の企業により良い印象を与えるためにも、趣味・特技欄はしっかりと記述しましょう。

履歴書の趣味・特技欄をきちんと書くメリット

履歴書の趣味・特技欄をきちんと記述すれば、採用担当者の印象に残ったり、会社に貢献できる人材だとアピールできたりします。履歴書の趣味・特技欄を書くメリットは以下のとおりです。

採用担当者の印象に残る可能性がある

履歴書の趣味・特技欄をしっかりと記載すれば、採用担当者の印象に残りやすくなります。同程度のレベルに達している応募者が選考に残った場合、印象の強い人が通過する傾向にあるようです。採用される可能性を少しでも高めるには、応募書類の趣味・特技欄にも気を配りましょう。
また、趣味・特技欄を魅力的にまとめれば、面接で詳細を尋ねられ、採用担当者と話が弾む場合もあります。採用担当者との距離も縮まり、朗らかな雰囲気で面接を終えられるのもメリットです。

会社に貢献できる人材だとアピールできる

履歴書に書く趣味・特技欄の内容によっては、自分が会社に貢献できる存在だとアピールできます。応募企業の経営理念や事業内容、環境への取り組みなどに関連した内容を記載すれば、就職・転職に向けてきちんと企業研究をしていると判断されるでしょう。自分のスキルや得意な分野を趣味・特技欄に書くと、採用後に実力を活かせることを伝えられます。
履歴書の趣味・特技欄で自分をアピールする方法は「履歴書の趣味・特技欄を活かして自己アピールを!」のコラムを参考にしてください。趣味・特技欄で好印象を与えるテクニックについて解説しています。

履歴書の趣味・特技欄の書き方のポイント

履歴書の趣味・特技欄の書き方のポイントの画像

ここでは、履歴書の趣味・特技の書き方をご紹介します。採用担当者に好印象を残すためにも、内容や記載方法は慎重に考慮することが重要です。

読みやすさを意識して簡潔にまとめる

履歴書の趣味・特技欄は一目でわかるよう、簡潔にまとめましょう。趣味・特技を箇条書きし、括弧書きで内容の補足をすると伝わりやすくなります。趣味・特技がたくさんある場合、採用担当者が読みやすい文章量を考慮し、1つから3つまでに絞りましょう。
たとえば、「趣味:サッカー(小学校から始め、大学卒業までサッカーチームに所属)」のように記載すると、継続期間や注力度合いをアピールできます。ほかにも、「趣味:読書(好きなジャンルは歴史小説で、月に約10冊を読みます)」というように、好きなジャンルや作家といった具体的な内容・数字を交えた情報を説明すると印象に残りやすくなるでしょう。

履歴書の書き方は文字の大きさや文章量にも注意

履歴書の趣味・特技欄の書き方は、文字の量や大きさ、バランスなどにも気を配るのが大切です。文章量の多さから文字が細かくなったり、インパクトが薄れてしまったりしないためにも、内容をしっかり推敲しましょう。読みやすい履歴書の書き方のポイントは、「採用担当者が読みたくなる履歴書の文字の大きさとは?」のコラムをご一読ください。

面接で深堀りされた場合を想定した内容にする

採用面接では、履歴書の趣味・特技欄の内容について質問される場合もあるので、しっかり答えられる内容を記載しましょう。面接では、趣味・特技に関するエピソードや感想、内定後に業務へどう活かせるかを話します。趣味は自分が楽しいと感じて取り組む事柄、特技はアピールできるスキルについて書きましょう。

採用担当者の目を引く履歴書の趣味・特技欄とは?

採用担当者の目を引く履歴書の趣味・特技欄とは?の画像

仕事に活かせるものやユニークな趣味・特技があれば、採用担当者の目を引くことが可能です。自分の趣味や特技が好印象を与えられるものに該当する場合は、積極的に履歴書へ記載しましょう。

1.仕事に役立てられるもの

趣味や特技が応募先企業の業務に関連している場合、志望動機に説得力が生まれます。自分の得意な分野を仕事にできるので、多少の困難があっても簡単に辞めないことを強調できるでしょう。たとえば、IT業界に就職・転職したい場合はプログラミング言語を用いたゲームやアプリケーションの作成経験、芸能関係の企業を目指したい場合は映画や音楽の鑑賞といった内容が効果的です。

2.自分の強みをアピールできるもの

仕事に直接関係した趣味や特技でなくても、採用担当者が興味を持ちそうな内容であれば記載する価値があります。たとえば、「特技:人の顔や名前をすぐに覚えられる」といった内容なら、営業職や介護職のように人と関わる仕事を希望するときに評価されるでしょう。自分が特技だと自覚しているものは、堂々とアピールをすることがポイントです。

3.ほかの応募者と異なるユニークなもの

趣味・特技欄にユニークなものを書くことは、ほかの応募者と差別化を図る一つの方法です。珍しい趣味・特技を書くことで、採用担当者の印象に残る場合もあります。ユニークな趣味・特技の例は、神社仏閣巡りやマジック、楽器、ダイビング、モノマネなどです。ただしマジックやモノマネは、面接の際にその場でやってほしいといわれる可能性があるので注意しましょう。

4.意外性があるもの

採用担当者の印象に残るために、見た目と大きなギャップのある趣味・特技を記載する方法もあります。たとえば、大柄な人の趣味がぬいぐるみ制作、おとなしそうな人の特技が格闘技である場合、強いインパクトを残せるでしょう。自分の見た目からは想像がしにくい趣味・特技があると、求職活動に活かせる場合があります。

履歴書で評価が上がる趣味・特技については、「就活で好印象を与えるためには?履歴書の特技欄の書き方」のコラムをご覧ください。企業側の考えを意識しながら記入すれば、より良いアピールにつなげられるでしょう。

履歴書の趣味・特技欄に書く例文一覧

履歴書の趣味・特技欄に書く例文一覧の画像

ここでは、履歴書の趣味・特技欄の例文を8つご紹介します。趣味・特技欄の書き方にルールはありませんが、伝えたい内容を明確に記載することが大切です。

【例文1】音楽鑑賞

趣味:音楽鑑賞(洋楽・邦楽問わずジャズやヒップホップなどの幅広いジャンルの音楽を聴いています。)

【例文2】旅行

趣味:旅行(年に6回ほど国内旅行します。馴染みのない土地を実際に歩いたり、スケジュールを立てたりすることが得意です。)

【例文3】映画鑑賞

趣味:映画鑑賞(週に3本ほど鑑賞。ときには邦画を英語字幕で観ることで語学力を磨いています。)

【例文4】料理

特技:料理(お弁当を含め、毎日3食自分で用意しています。)

【例文5】スポーツ

趣味:スポーツ(小学校から高校まではサッカー部、大学ではフットサルのサークルに所属していました。)

【例文6】読書

趣味:読書(小説とエッセイを読むのが好きです。○○先生の本は必ず発売日に購入しています。)

【例文7】散歩

趣味:散歩(毎朝ウォーキングをしています。散歩を始めるようになってから早起きが得意になりました。)

【例文8】ものづくり・ハンドメイド

趣味:洋服を作ること(集中して作業することが得意です。最近では型紙の自作もしています。)

履歴書の趣味・特技欄はどう書く?例を参考に考えよう!」のコラムでも、趣味・特技欄の例文をご紹介しています。書き方のポイントも解説しているので、ぜひご覧ください。

履歴書の趣味・特技欄で避けるべき3つの書き方

履歴書の趣味・特技欄で避けるべき3つの書き方の画像

履歴書の趣味・特技欄では、嘘の記述や空欄を避けましょう。就職・転職活動で避けるべき履歴書の書き方は以下のとおりです。

1.嘘の内容を記述する

履歴書に嘘を書くのは避けましょう。趣味や特技の内容によって、合否が大きく左右されることはほとんどありません。面接の際に趣味・特技を話題にする面接官は多くいます。面接で解答に矛盾があったり、しどろもどろになってしまったりすると、嘘だと気づかれてしまうでしょう。
応募書類の記載内容に嘘があるとわかった場合、採用担当者の印象は非常に悪くなります。志望動機やそのほかの項目の信憑性まで疑われてしまう恐れもあるので、履歴書の趣味・特技欄は正直に記載しましょう。

2.空欄や「特になし」と書く

趣味・特技欄を空欄にしたり、「特になし」と記載したりすると、「真剣に応募書類作成に向き合っていない」「転職への熱意を感じない」と判断される可能性があります。内容を書き込んだ方が採用担当者からの印象も良くなるでしょう。
「特になし」の記述を避けて書く方法は、「履歴書に「特になし」と書くのはNG?印象の良い書き方を解説」のコラムにまとめています。履歴書の項目ごとに解説しているので、内容を充実させたいと考える方はチェックしてみましょう。

3.印象の悪くなりやすい趣味を記載する

ギャンブルや犯罪を想起させる趣味、政治・思想・宗教的な内容は避けるのが無難です。金銭トラブルや企業のイメージ悪化につながる恐れがあり、採用を遠ざけてしまうでしょう。履歴書に書く趣味・特技は、ビジネスの場にふさわしい内容になっているか確認することが重要です。

履歴書の趣味・特技欄に書くことがないときは?

履歴書の趣味・特技欄に書くことがない場合は、記載方法の工夫が重要です。下記のように、些細な内容でも人柄や業務への適性をアピールできます。

・毎日のアイロンがけ→「目立たない仕事でもコツコツ続けていける」
・半身浴でリフレッシュすることが好き→「ストレス管理能力が優れている」
・オリジナル料理を作るのが好き→「探求心やアイデアがあり物事に積極的に挑戦する姿勢がある」

自分では趣味や特技ではないと思っていても、他人から見れば興味を引く内容であることも考えられるでしょう。自分の日常生活を振り返り、「楽しい」「好きだ」と感じていることの中から、趣味・特技欄に書けるものが見つかる場合もあります。

書くことがないときの対処法については、「履歴書の特技欄の書き方や例文を紹介!思いつかない場合の対処法も解説」のコラムもご一読ください。経験や日常の振り返り、第三者への相談などのコツをまとめています。

趣味・特技欄がない履歴書を選ぶ方法もある

書くことがないと悩む場合は、趣味・特技欄のない履歴書を選ぶのもひとつの方法です。何を書くか悩む時間を費やしたり、採用担当者にマイナスイメージを与えたりするリスクを避けられるでしょう。

希望する企業からの内定を獲得するためにも、自分の生活や経験を振り返り、強みや人柄を知ってもらえる趣味・特技を書きましょう。「趣味・特技が思い浮かばない」「履歴書の書き方に不安がある」という方は、就職・転職エージェントを活用してみませんか?
就職・転職支援サービスのハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーがマンツーマンで就職・転職をサポート。印象に残る応募書類の書き方や面接対策を全面的にバックアップします。サービスのご利用はすべて無料のため、まずは気軽にお問い合わせください。

履歴書に趣味・特技欄の記入に関するFAQ

ここでは、履歴書の趣味・特技欄の書き方ついてよくある質問に回答しています。履歴書の記述に対して不安や悩みがある方は、 ぜひ参考にしてください。

趣味と特技の違いは何ですか?

趣味は好きで続けていること、特技は得意な分野という違いがあります。履歴書に書く場合は、自分の強みをアピールできる内容にしましょう。特技の書き方にお困りの方は、「特技は立派な自己PR!例文と効果的な伝え方をご紹介」のコラムをご確認ください。自己PRにつながる特技の例文を挙げています。

ゲームは趣味・特技欄に書いても良い?

趣味・特技欄にゲームと書くのは避けるのが無難です。しかし、応募する企業の業種や職種によってはアピール材料になる可能性もあります。書き方の工夫によっては、採用担当者の印象を良くすることも可能です。ゲームについて書きたい場合は、『履歴書の趣味欄に「ゲーム」はOK?記入時のポイントとは』のコラムをご覧ください。

履歴書に書けるような趣味・特技が思いつきません…

今までの経験や日常のルーティンワークを振り返りましょう。長く継続していることや楽しいと感じていることといった、自分では何気なく行っているものも周囲からは新鮮に感じる場合もあります。また、友人や家族の趣味・特技を参考にするのも一つの手です。「履歴書の特技欄の書き方や例文を紹介!思いつかない場合の対処法も解説」でも対処法をまとめています。

履歴書の趣味・特技欄の効果的な書き方とは?

趣味・特技欄は、読みやすく簡潔にまとめることが大事です。趣味や特技について具体的な内容を補足すると、採用担当者の印象に残りやすくなります。「履歴書の趣味・特技欄の書き方のポイント」に詳細がありますので、ご確認ください。履歴書の作成にお困りの方は、ハタラクティブのサービスを活用してみませんか?専任のアドバイザーが履歴書の書き方をサポートします。まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ