履歴書の趣味・特技欄の書き方を解説!例文や浮かばないときの対処法も紹介

履歴書の趣味・特技欄の書き方を解説!例文や浮かばないときの対処法も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の趣味特技欄には、人事担当者に自分をアピールできるものを書く
  • ・履歴書の趣味特技欄をしっかり書けば、会社に貢献できる人材という印象を与えられる
  • ・履歴書の趣味特技欄には、仕事に役立つものやユニークなものを書くのがおすすめ
  • ・履歴書に書ける趣味特技がないと思っても、日常生活の中から見つけることが可能

履歴書の趣味・特技欄の書き方に悩む方も多いのではないでしょうか?履歴書の趣味・特技欄は、採用担当者に自分の熱意や人柄を伝える大切な項目。ポイントを押さえて記入することが大切です。
このコラムでは、書き方のポイントや例文を紹介。また、履歴書の趣味・特技欄で人事担当者が何をチェックしているのかについても解説しています。
趣味・特技が浮かばないときの対処法もまとめたので、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書の趣味・特技欄は重要!アピールの場になる

履歴書の趣味・特技欄には、人事担当者にアピールできるものを書くのがおすすめです。
もちろん、業種や業務内容に関係のないものも趣味・特技として書くことができますが、可能であれば応募企業の職種に関連した内容にするのがよいでしょう。もしくは、自分の人柄や長所を強調できる趣味・特技を記載する方法もあります。
履歴書の趣味・特技欄は、ただ単に自分の好きなスポーツや娯楽を書く場所ではなく、人事担当者が注目している重要な項目であることを忘れてはいけません。

人事担当者が趣味・特技欄を重視するわけ

人事担当者から見て履歴書の趣味・特技欄は、応募者の人柄や経歴、得意分野を知るうえで非常に重要です。
さらに人事担当者は、趣味・特技欄によって自社の社風に合う人物かどうかを見極めていることもあります。さらに担当者によっては趣味・特技欄に書かれていることをもとに、面接の質問を考えることもあるかもしれません。
また、趣味・特技欄があるのに空欄になっていると、本当に真剣に考えて履歴書を書いたのか疑問に思われてしまう恐れがあります。
履歴書の趣味・特技欄は、転職への熱意や自分の適性を人事担当者にアピールするポイントと考えて、しっかり記入するようにしましょう。

履歴書で重視される趣味・特技欄の例について知りたい方は、「履歴書の趣味・特技欄はどう書く?例を参考に考えよう!」もご覧ください。

履歴書の趣味・特技欄をきちんと書くメリット

履歴書の趣味・特技欄をしっかりと記載することにはいくつかのメリットがあります。履歴書でまずチェックされるのは学歴・職歴・志望動機であるものの、趣味・特技によってさらに人事担当者に好印象を残すことは可能なのです。
それでは、履歴書の趣味・特技欄に書くことを真剣に考えるメリットを2つ見ていきましょう。

1.人事担当者の印象に残る可能性がある

履歴書の趣味・特技欄をしっかり書くことのメリットの一つは、「印象に残りやすい」点です。
人事担当者はこれまで数百人、数千人の応募者の書類選考や面接を行ってきたと考えられます。ありきたりな志望動機や学歴、職歴では多くの応募者の中に埋もれてしまう恐れがありますが、趣味・特技欄に印象的な記載があれば、その点が記憶に残るかもしれません。
人事担当者は同程度のレベルに達している応募者の中から合格者を選ぶ際、印象の強い人を選ぶ傾向があります。採用の可能性を少しでも高めるため、趣味・特技欄などの細部に至るまで気を配りましょう。

2.会社に貢献できる人材だとアピールできる

履歴書に書かれている趣味・特技によっては、自分が会社に貢献できる存在だとアピールできる可能性もあります。
とくに、特技は「優れた技量や特別な才能」という意味なので、採用後に自分の特技をどのように活かせるか記載するとよいでしょう。
さらに、応募企業の経営理念や事業内容、環境への取り組みなどに関連した趣味・特技について言及すれば、企業のことをよく調べている応募者であると判断されます。趣味・特技欄を通して企業への愛着や仕事への熱意を伝えることができれば、採用への道が開けるかもしれません。

履歴書の趣味・特技欄の書き方の3つのポイント

履歴書の趣味・特技欄にはどんなものでも書いてよいわけではありません。企業の人事担当者が見て良い印象を持ってもらうために書くものなので、記載する内容については慎重に考慮する必要があります。
それでは履歴書に趣味・特技を書く際のポイントを3つ見ていきましょう。

1.箇条書きで簡潔にまとめる

履歴書の趣味・特技は一目でどんなものかわかるよう簡潔に、箇条書きでまとめます。たとえば、「趣味:サッカー」「特技:アプリケーション開発」といった具合です。
さらに、箇条書きで趣味・特技を記載した後、かっこ書きで詳細を簡単に説明します。
「趣味:サッカー(小学校から始め、大学卒業までサッカーチームに所属)」のような形で記載すればどの程度一生懸命やってきたかがすぐにわかるでしょう。
趣味・特技がたくさんある方もいますが、人事担当者が読みやすい文章量という点を考慮すると、2つか3つ程度に絞った方が無難です。
加えて、趣味・特技欄にバランスよく収まる文章量になるよう調節することを意識します。文章量が多すぎて文字が細かくなってしまったり、インパクトが薄れてしまったりしないためにも、内容をしっかり推敲するようにしましょう。

2.嘘を書かない

趣味・特技欄に限らず、履歴書ではうそを書くのはやめましょう。
履歴書の中でも趣味・特技欄は、応募者の人となりを見るものです。趣味や特技によって人事担当者の印象にインパクトを残すことができますが、趣味・特技欄の内容によって合否が大きく左右されることはありません。無理やり趣味・特技を仕事に結びつける必要はなく、自分が楽しく取り組んできたことや得意なことを人事担当者に知ってもらうことを目的に記載します。
嘘を書いても気づかれないと思うかもしれませんが、趣味・特技を面接で話題にする面接官は多くいます。面接で解答に矛盾があったり、しどろもどろになってしまったりすれば嘘だと気づかれてしまうかもしれません。
応募者の人となりを知るための趣味・特技欄に嘘が書かれていれば、人事担当者の印象は非常に悪くなります。志望動機やその他の項目にも嘘が書かれているのではないかと疑われてしまう恐れもあるのです。履歴書の趣味・特技欄は正直に記載しましょう。

3.印象の悪くなる趣味は書かない

趣味や特技にはさまざまな種類がありますが、心証の悪くなりそうなものは記載しないのが無難です。印象に残りやすくても、心証が悪くなってしまっては就職活動や転職活動に不利になります。
たとえば、ギャンブルが趣味の場合、履歴書に書くには不適切です。競馬や競輪、パチンコ、麻雀などのギャンブルは、金銭トラブルを連想させる恐れがあります。ギャンブル依存症になって会社のお金を横領してしまう事件もあることから、人事担当者に不安を覚えさせてしまうかもしれません。
また、犯罪や反社会的な思想や行動につながるのではないかと思われるものも趣味・特技に書かない方が無難です。劇薬の収集や動物の解剖などは、一歩間違えると犯罪になり、会社のイメージを一気に悪くしてしまう恐れがあります。
そのほか、政治や宗教に関連した趣味や特技は、人事担当者によって受け取り方が大きく異なるので、記載しないでおくのが賢明です。

趣味・特技欄以外にもたくさんの書く項目がある履歴書。正しい履歴書の書き方が知りたい方は、「今さら人に聞けない?履歴書の基本的な書き方」をご覧ください。

人事担当者の目を引く履歴書の趣味・特技欄とは?

人事担当者は多種多様な応募者とその履歴書を見ていますが、その中でも良い印象を持ったり目を留めやすかったりする趣味・特技があります。もし、自分の趣味や特技が好印象を持たれるものに該当するのであれば、積極的に履歴書に書いていきましょう。
ここでは、人事担当者の目を引く趣味・特技を4つご紹介します。

1.仕事に役立てられるもの

人事担当者として好印象を持つ趣味・特技は、入社後の仕事に役立てられるものです。
趣味でも特技でも、好きなことが応募先の企業の業務と関係していれば志望動機に説得力が生まれます。自分の好きなことを仕事にできるので、多少の困難があっても簡単にやめないことを強調できるかもしれません。
たとえば、IT業界に就職したいのであればオンラインゲームやプログラミング、建設業界であれば所有している関連資格、芸能関係であれば映画鑑賞や音楽鑑賞などが好印象を与えられる趣味・特技の例です。

2.自分の強みをアピールできるもの

履歴書の趣味・特技欄は、自分の強みや人柄をアピールできる数少ない部分です。
仕事だけでなく、自分の強みを紹介するために趣味・特技欄を使うのもよいでしょう。仕事に直接関係した趣味や特技でなくても、人事担当者に興味を持ってもらえるようなものであれば記載する価値があります。
たとえば、「旅行に行くのが趣味」「人の顔や名前をすぐに覚えられるのが特技」といった具合です。面接のときにさらに詳しく趣味・特技の内容について尋ねられるかもしれません。面接官との距離も縮まり、良い雰囲気で面接を終えられる可能性もあります。

3.他の応募者と異なるユニークなもの

趣味・特技欄に、他の応募者と異なるユニークなものを書くのも一つの方法です。
スポーツや読書、音楽鑑賞などを趣味にしている人は多いですし、言語やコンピューター関連の特技を持つ人もたくさんいます。
そこで他の応募者と差別化を図るため、珍しい趣味・特技を書けば、人事担当者へのアピールにつながることもあるでしょう。
神社仏閣巡りやマジック、三味線、タイピング、モノマネなどはユニークな趣味・特技の例です。ただしマジックやモノマネなどは、面接の際にその場でやってもらいたいといわれる可能性があることを覚えておきましょう。

4.見た目とのギャップがあるもの

人事担当者の印象に残るために、見た目と大きなギャップのある趣味・特技を記載する方法もあります。
筋肉質で大柄の男性がテディベア作りを趣味としていたり、おとなしそうな女性なのに格闘技が得意だったりすると、強いインパクトを残すことができるかもしれません。もちろん、正直であることが大前提ですが、自分の見た目からは想像がしにくい趣味・特技があれば記載しておくようにしましょう。

履歴書で評価が上がる趣味・特技についてさらに詳しくは、「履歴書の趣味・特技欄の書き方例は?特にない場合はどうする?」をご覧ください。

履歴書の趣味・特技欄に書くことがないときの対処法

履歴書の趣味・特技欄に書くようなことが何もないと悩んでしまう方も多くいます。「特になし」と書くのも一つの手ですが、それでは人事担当者の印象が良くなることはありません。誰でも趣味や特技が一つくらいはあるはずなので、それを正直に書くのが好ましいでしょう。
自分では趣味や特技ではないと思っているものが、他の人から見れば興味を引くケースもあります。日常生活のありきたりな行動でも、書き方によって立派な趣味・特技になり得るのです。
たとえば、毎日欠かさずアイロンがけをしている人は、「目立たない仕事でもコツコツ続けていけること」を特技としてアピールできるかもしれません。
半身浴でリフレッシュするのが好きであれば、「ストレス管理能力が優れていること」を強調できます。
自分でオリジナル料理を作るのが好きな方は、「探求心があり物事に積極的に挑戦する姿勢がある」といえるでしょう。
自分の日常生活を振り返り、ルーティンワークになっていることや得意なことがないかを考えれば、趣味・特技欄に書けることがきっと見つかるはずです。

履歴書欄に書けるような趣味が思いつかなくてお困りの方は、「面接で答えられる趣味がない!対策方法や回答例をご紹介」のコラムをチェックしてみてください。
また、履歴書の特技欄が埋められないでいる方は、「特技の見つけ方とは?履歴書や面接で好印象を与える方法」のコラムがおすすめです。特技の見つけ方のコツを詳しく知ることができます。

履歴書の趣味・特技欄に書く3つの例文

ここでは、履歴書の趣味・特技欄のスペースが大きい場合の例文を3つ紹介します。
また、簡潔に書いた履歴書を参考に面接で深掘りされたときの回答例として参考にするのもおすすめです。

【例文1】趣味:フットサル

「小学校から高校までサッカー部に所属しており、大学でもフットサルのサークルに所属していました。
中学・高校では主将を務め、フィールド内では一番大きな声でみんなを鼓舞して盛り上げました。やる気のない部員もいましたが、なんとか奮い立たせて大会で上位に入賞できました。
周りを巻き込んで上を目指していける推進力は、自分の強みだと考えています。」

趣味をフットサルと伝えることで活動的な一面をアピールすることが可能です。そのうえ、フットワークの軽さやコミュニケーションスキルの高さを伝えています。

【例文2】趣味:ゲーム

「私の趣味はゲームです。遊びだと思われることが多いのですが、ゲームは実は頭脳戦だと考えています。
相手に勝つためにはどうすれば良いかを考え、あらゆる対策をノートに書きとめ、それを実行していきます。綿密な作戦と反復練習により、半年前に開催されたゲームの大会では日本一になることができました。
分析力のほか、クリアするまで諦めない粘り強さも、ゲームを通じて培うことができたと感じています。」

ゲームの制作会社といったエンタメ業界で評価されやすい内容です。また、「ゲームが強い」ということだけでなく、その過程で分析力や粘り強さを培ったことをアピールすれば、ほかの業界の履歴書にも活用することができるでしょう。
「ゲーム大会で優勝した」など、実績を示せるとさらに良いアピール材料になります。

【例文3】特技:とことん調べること

「気になることを自分でとことん調べるのが特技です。人よりも探求心が旺盛なタイプだと思います。
知識を吸収するのが好きで、それを誰かに共有することにも喜びを感じます。
学生時代から友人たちに『勉強を教えて』と言われることが多く、頼られる存在だったと自負しています。お互いに高め合っていたおかげで、所属するクラスの平均点はだんだん上がっていき、学期末には学年で1位の成績を残すクラスになれました。」

仕事をするうえでとことん調べるのは、大切なことです。向上心があると評価してもらえる可能性もあります。あらゆる業界で重宝されるでしょう。
また、知識を独占せずクラス順位に貢献したエピソードから、「会社にも貢献しようとしてくれるのではないか」という期待を持たせることができます。

履歴書を作るときに軽視しがちな「趣味・特技」の欄ですが、書き方によっては人事担当者に好印象を与えられる大切な部分でもあります。
希望企業からの内定を獲得するためにも、しっかり自分の生活や経験を振り返り、自分の強みや人柄を知ってもらえる趣味・特技を見つけましょう。

ハタラクティブでは、経験豊富な就活のプロのアドバイザーが理想の職場探しをサポートしています。
趣味・特技が思い浮かばないとお悩みの方にも、印象に残る履歴書の書き方や面接対策などを全面バックアップします。
サービスのご利用はすべて無料です。「就職活動や転職活動はしたいけれど、何から始めればよいのか分からない…」という方も、お気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION