面接で趣味を聞かれたら?特技との違いと好印象につながる回答法

面接で趣味を聞かれたら?特技との違いと好印象につながる回答法の画像

この記事のまとめ

  • 面接で趣味を聞かれる理由は、コミュニケーションのきっかけ作りや人柄を知るため
  • 趣味がない人は、日々の生活や過去を振り返って面接対策をする
  • 面接で趣味を答えるときは、嘘をつかないことが大事
  • 面接で答えてはいけない趣味は「ギャンブル」「寝ること」など悪印象恐れがあるもの
  • 面接で趣味を聞かれたときは、業務と繋げてアピールするのがポイント

面接で「趣味は何ですか?」と聞かれることがあります。趣味がない人にとっては困る質問の一つかもしれませんが、面接官は趣味を通して、人柄や人間関係の築き方などに着目しています。そのため、面接で趣味を聞かれたら業務にどう繋げていくかを答えるのがポイントです。このコラムでは、趣味を答えるときの回答例や特技について解説しているので、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接で答えられる趣味がない!聞かれる理由は?

面接において「趣味を教えてください」と聞かれる理由は、担当する面接官によってさまざまです。しかし、一般的に多いとされているのが「人柄を知るため」「ストレスの発散法があるか確認するため」など。面接で答える趣味に悩んだら、質問の意図を考えてみましょう。

アイスブレイクの一つ

面接で緊張しがちな求職者のために、アイスブレイクを目的とした質問をする面接官がいます。この場合は、求職者の緊張を解きほぐし、リラックスした状態で面接を行いたいという理由で趣味を聞くようです。コミュニケーションのきっかけにもなるので、求職者の素の気持ちや考え方を引き出しやすくなるメリットもあります。

人柄を知るため

趣味は、その人の好みを表します。「何に対して熱意を持つ人なのか」「どんな考え方を持っているのか」など、趣味は人柄を知ることができる質問の一つです。趣味によっては、人間関係の築き方や業務に取り組む姿勢なども読み取れます。

打ち込めるものがあるかを知るため

ひとつの物事にひたむきに打ち込む姿から、「仕事でもしっかり取り組んでくれそう」「仕事のモチベーションも高そう」といった忍耐力や継続力を判断する担当者もいるようです。特に長く取り組んでいる趣味があれば、しっかりアピールしましょう。

ストレスの発散方法があるか知るため

仕事とストレスは隣り合わせになることが多いでしょう。そのため、自分なりのストレス発散方法を持っているかどうかは、働くうえで大切といえます。休日の過ごし方や趣味の時間を上手く使えている人は、仕事とプライベートの両立ができていると判断されることも。ストレスを溜め過ぎずに働ける人材かどうかを知るために、趣味を聞く面接官もいるようです。

自社とのマッチ度を確認するため

たとえば、サッカーや野球といった集団スポーツを趣味としている人は、コミュニケーションが得意と判断できます。企業によってカラーや社風が異なるため、趣味から自社とのマッチ度を確認することもあるでしょう。趣味だけで判断できるものではありませんが、社内コミュニケーションが活発な会社に対して「1人で静かに行う趣味」を答えると、「社内でコミュニケーションが取れるか」「社風に馴染めるか」と気にする面接官もいるようです。

面接で好印象を与える趣味は?

面接で趣味を聞く目的は、主に求職者の人柄を知るためであるため、目立つような趣味である必要はありません。過去に自分が熱中したものや、長所がアピールできる趣味を選ぶことで、自分の人柄を売り出せるでしょう。趣味の選び方を知りたい方は「エントリーシートの趣味・特技欄の書き方は?読書や旅行もアピールできる!」のコラムもチェックしてみてください。

1.スポーツ

体を動かす趣味を挙げる方は多いでしょう。サッカーや野球、バスケット、テニスなど習い事や部活動からの延長線上でも構いません。今は頻繁にしていなくても、長期に渡って取り組んでいた経験があれば面接で十分アピールできます。「チームで切磋琢磨しながら取り組むのが好きです」「地道に努力して○○ができるようになりました」など、経験から得たことを一言添えるのがおすすめです。また、ジョギングや筋トレ、ジムなど現在進行形で取り組んでいるものがあれば趣味としてアピールできます。「継続は力なり」という言葉にもあるように、続けて何かに取り組める姿勢は業務にも活かせると面接官に判断してもらえるでしょう。

2.読書

読書を趣味として面接で答える場合は、好みのジャンルや好きな本を答えられるようにしましょう。「トリックや展開を考えながら推理小説を読むのが好きです」と答えれば、業務でも先を見越して考える力があるように受け取れます。また、「本を通して、さまざまな人の考え方や人生を知れるのが楽しいです」という回答は、周りの人の意見を受け入れられる人柄だと予測できるでしょう。本の好みだけではなく、読む場所が図書館やカフェであることが多ければ、それを一言添えると趣味の話が膨らみます。

3.映画鑑賞

映画鑑賞にもさまざまなタイプがあります。友人と一緒に映画館に行って感想を述べ合うことが好きな人もいれば、1人でゆっくり鑑賞するのが好きな人もいるでしょう。映画鑑賞を趣味として答える場合も、好みのジャンルやおすすめの映画などを答えられるようにします。また、好きな映画からも人柄が伝わるでしょう。面接で回答する際には、どういった部分に魅力を感じたのか、主人公のどこに共感したのかなどを添えると好印象を与えられます。

4.旅行

出かけるのが好きであれば、旅行も趣味としておすすめです。一言で旅行といっても、日本国内や海外旅行など好みはさまざま。1人で行くのが好きな人もいれば、家族や友人と一緒に行くのが好きな人もいるため、そこでも人柄が予測できます。「知らない土地を散策するのが好きです」「新しいお店に出会うのが楽しいです」など新鮮さを味わうのが好きであれば、新しい職場にも馴染める人柄が感じられることも。また、お城やお寺巡りなど目的を持って旅行を計画しているのであれば、「計画性がある」「学ぶ意欲がある」などと面接でアピールする材料になります。

5.料理

面接で料理を趣味と答えるなら、どんな料理が作れるのか具体的かつ簡潔に答えると良いでしょう。たとえば、お菓子作りが趣味であれば「何度も失敗を繰り返して、ふっくらしたシフォンケーキが作れるようになりました」のように失敗から学んだお菓子や、チャレンジして成功したお菓子などを、具体的に述べると面接官に伝わりやすくなります。また、「実家から送られてくる野菜で何が作れるか考えるのが好きです」というエピソードは、さらに話を膨らませられるでしょう。

6.食べること

食に関することも、面接では趣味の一つとしてアピールできます。口コミや雑誌を参考にして食べに行くのが好きであれば、「情報をキャッチするのが得意な人」として受け取られる場合もあるでしょう。また、特定の食べ物にこだわって食べ歩きをするのも立派な趣味です。「自分では作れない料理を外で食べることで、料理を作ってくれる人に感謝しています」など食べることを通して感謝の気持ちを表現できればアピールポイントにもなります。見つけるとつい買ってしまうお菓子や食べ物があれば、それを趣味として面接で答えても良いでしょう。

7.雑貨集め

好きなものをコレクションするのが趣味である場合は、いつから続けているのか、どんな風に飾っているのかを一緒に答えるようにします。たとえば、好きなキャラクターのフィギア集めであれば「○年前から少しずつ集めており、毎月の予算と相談しながら何を買おうか選ぶのが楽しみです」など、節度を持って楽しんでいることを伝えるのがおすすめです。集め始めたきっかけやエピソードも盛り込めると、より面接官の印象に残る趣味になるでしょう。

8.音楽鑑賞

音楽を聞くことが趣味である場合は、どのような音楽を聞いているのか、どんなタイミングで聞くのか、どこで聞くのかなど具体的なエピソードと効果を説明すると効果的でしょう。音楽鑑賞もさまざまな方法があります。たとえば、スマートフォンやタブレットなどで聞く、お店で聞く、コンサートに参加をして聞くなど音楽鑑賞には多くの選択肢があります。自分がどのようにして、音楽に癒やされたり、元気をもらったり、ストレス解消になっているのかを採用担当者に伝えましょう。楽器ができるなど音楽に関する自己PRがあるならば、組み込んでみても良いでしょう。

9.アウトドア

キャンピングやハイキング、登山などの趣味は面接官にアクティブで積極的に挑戦する印象を与えられます。また、グループで行くのことが好きか、1人で行くのが好きかで人柄が見えてきます。面接で趣味を答える際には、行く頻度や、アウトドアのどんなことに魅力を感じているのか、アウトドアで得たスキルなどを盛り込むと良いでしょう。自分に合った趣味をさらに探したい方は「履歴書の趣味・特技欄の書き方とは?例文と思いつかないときの対処法を紹介」こちらも参考にしてみてください。

自分をアピールできる趣味は好印象に繋がる

面接において、趣味を回答する際には、自分の長所がアピールできるものや、企業が求めている人材に沿って回答するのがおすすめ。前述したように、面接官が趣味を聞くのは、話題作りの場合もありますが、自分をアピールできるチャンスでもあります。趣味でアピールする方法を知りたい方は「履歴書の趣味・特技欄を活かして自己アピールを!」こちらもチェックしてみてください。

面接で伝えるのを避けたほうがいい趣味はある?

中には悪い印象を与えてしまう趣味もあります。下記の趣味を面接で答えるのは控えるのが無難でしょう。

一般的にネガティブな印象の強いもの

競馬、パチンコ、飲酒など依存性が高いとされているものは避けるべきでしょう。もちろん、犯罪性や違法性が感じられるようなものもいけません。特にギャンブルは業務に支障が出る恐れや負債を抱えている可能性が感じられるため、マイナスなイメージを持つ人もいます。違法性や依存性がなく趣味として楽しんでいたとしても、面接時の回答には相応しくないといえるでしょう。

寝る

寝るのが趣味という人は意外とたくさんいます。ストレス発散方法として大事なことですが、趣味として「寝る」と答えてしまうと話がそれ以上に広がりません。また、人柄も感じられないため面接時の回答としては控えたほうが良いでしょう。

個人の信条に関わる

宗教や政治など、個人の信条に関わる趣味は避けたほうが賢明です。宗教活動や政治運動を趣味とするのは問題ありませんが、面接で回答するのはネガティブなイメージを持たれる可能性があります。面接官の中には、従業員同士のトラブルになる可能性があると考えている人もいるため、面接ではほかの趣味について答えましょう。

面接で好印象を与える趣味の答え方3ステップ

趣味は答え方・伝え方でも相手に伝わる印象を大きく変えることができます。「趣味は読書です」と一言で終えるよりも、「なぜ読書が趣味なのか」「その趣味を仕事に活かせるのか」など一歩踏み込んだ答え方をすると、質問の意図を理解していると判断されるでしょう。

1.面接では「結論」から述べる

面接で質問に答える際は「結論」から述べることで、面接官に伝わりやすい文章になります。エピソードから話し始めてしまい結論が後になると「結局何を言いたいのか分からない」と思われてしまう可能性も。そのため「結論」「エピソード」「締め」という順番で話すことがおすすめです。
最初に「私の趣味は○○です」というように結論を述べ、「エピソード」でいつから、何をきっかけに、といった内容を掘り下げます。「締め」は、趣味から得たスキルや経験をどのように業務に活かしていきたいかと述べられれば、分かりやすい文章になるでしょう。また、「毎日マラソンを○km走った」「全国大会で○位になった」など具体的な数字を含めて説明できれば、より信憑性のある内容になります。面接で、言葉遣いが心配な方は「面接で言葉遣いに失敗したら落ちる?就活でよく使う敬語一覧をご紹介!」のコラムで解説していますので確認しておくと安心です。

2.趣味になったきっかけや理由を伝える

なぜ趣味になったのか、きっかけや理由、エピソードを盛り込んで伝えられると、面接官の印象に残るでしょう。多数の応募者の趣味を聞いている面接官からしてみれば、ありきたりの内容でも、趣味となったエピソードや、夢中になった理由を含めて伝えると、イメージに残りやすくなります。マラソンが趣味の場合、「景色を見ながら走ることで、毎日違う気づきが得られるようになり、マラソンをする前より広い視野を持てるようになった」など、エピソードを付け加えられるとより好印象を与えられるはずです。ほかにも、面接の際に、好印象を与える話の伝え方を詳しく知りたい方は「面接の基本はこれ!好印象を与えるコツとは」を参考にしてください。

3.趣味と業務がどう繋がるかを伝える

趣味を人柄としてだけではなく、業務にも活かせることをアピールできると好印象です。同じ趣味でも、向上心を持って取り組んでいるタイプと計画性を持って取り組んでいるタイプとでは、業務への繋げ方が変わってきます。たとえば、趣味がジョギングの人の中には向上心を持って「走る距離を少しずつ延ばす」のを目標にしている人もいれば、計画性を持って「○月の大会に出る」のを目標にしている人もいるでしょう。この場合、向上心は「業務を覚えようと努力する」ことに繋がり、計画性は「見通しを持って業務に取り組める」という長所になります。企業がどのような人材を求めているのか見極めて、自分の趣味をアピールできると良いでしょう。

面接で趣味を答えるときのポイント

面接時に趣味を聞かれた際には、自分らしく明るく話すのがポイントです。ただ例文を伝えるだけの話し方では、人柄まで伝わりにくいこともあります。趣味ついて話すときには、以下のポイントを押さえると良いでしょう。

1.嘘をつかない

面接で答えられる趣味がないからといって嘘をついたり、事実を誇張したりするのは避けましょう。嘘の趣味は話が膨らまないため、バレてしまう可能性が十分にあります。自分らしさや人柄をわかってもらうためにも、素直に話すよう心がけましょう。

2.好きが伝わるように明るく話す

覚えてきたことを淡々と話すのではなく、面接では自然に明るく話すのがポイントです。趣味の質問を通して人柄を見ていることも考えられますが、アイスブレイクとして質問している場合もあります。あまり深く考え過ぎずに、リラックスして答えるようにしましょう。

3.簡潔に分かりやすく伝える

面接で聞かれていることに対しては、なるべく簡潔に分かりやすく伝えることが大切です。趣味の話に熱中し過ぎて、長々と話し過ぎないように気をつけましょう。特にグループ面接では、一人ひとりの持ち時間は個人面談と比べて短くなります。そのため、自分だけがべらべらと話すと、「周りが見えない」「自分中心である」といったマイナスの印象を面接官に与えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

具体的に趣味を答えると伝わりやすい

趣味を具体的に話すことで、相手がイメージしやすくなります。「趣味は映画鑑賞です」と述べるよりも、「趣味は映画鑑賞で、特に◯◯の作品が好きです」と具体的に伝えたほうが、人柄が伝わるでしょう。

面接で趣味を聞かれたときの回答例

面接で趣味を聞かれたときの回答例をご紹介します。

趣味がスポーツ観戦の場合

私の趣味はスポーツ観戦です。特にサッカー観戦が好きで、○年前から○○チームの応援をしています。私自身も小学生から高校生までサッカークラブに所属していた経験があり、試合の運びや選手の動きなどに一喜一憂しながら応援しています。何度かサッカー場に足を運ぶうちに、顔見知りのサポーターが増え、一緒に応援する楽しさを知りました。サッカーを通して培った協調性やコミュニケーション能力を活かして、御社でも活躍したいと考えています。

趣味がDIYの場合

私の趣味はDIYです。木材を使って、簡単な家具作りや自宅のリメイクをするのが好きです。作るためには正しい寸法を測り、どんな材料が必要かを考えます。また、なるべく材料に無駄が出ないように工夫もします。自分で考えた設計図を元に組み立てていく過程が楽しくて、つい時間を忘れて没頭してしまうこともありました。上手くいかないときもありますが、出来上がったときの達成感や使っていくうちに愛着が湧くのがDIYの面白さだと思います。新しいアイディアを生み出したり、作り上げる過程を大事にすることは、御社の業務でも活かせると考えています。

趣味が思いつかない人の5つの面接対策

趣味が思いつかない人は、、自分の生活から趣味といえそうなものを探したり、今までに夢中になったことなどから考えたりすると良いでしょう。趣味がどうしても思い浮かばない人のために、下記で人柄が伝わる趣味の例をご紹介します。

1.好きなことを紙に書き出してみる

自分の好きなことを何でも良いので紙に書き出してみましょう。「ドラマを見る」「漫画を読む」「家庭菜園」など、思いつくままに書き出すことが大切です。自分では趣味と思っていないことに、面接でアピールできるヒントが隠れている場合があります。

2.一時的にでも没頭したことを思い出す

自分の今までを振り返って、一時的にでも夢中になったものがないか思い出してみましょう。たとえば、部活動として取り組んでいたスポーツや楽器、よく出かけた場所、昔好きだったことなど、今はあまり触れていないことでもOK。過去に趣味として取り組んでいたことを、面接で趣味として伝えるのは、嘘ではありません。思い出したことによって、久しぶりに取り組んでみたいと思うものがでてくる可能性もあるでしょう。気になったことを久しぶりに試してみることで、新たな発見があることも。面接対策をきっかけにもう1度取り組んで、そのときの気持ちを思い出してみるのもおすすめです。

3.休日の過ごし方から考える

休日の過ごし方から趣味を考えてみる方法もあります。友人と出かけることが多いのであれば、それも立派な趣味です。また、家にいる時間がほとんどであれば、何をしている時間が長いのかを思い返してみましょう。知らないうちに趣味といえることをしている可能性もあります。

4.時間を気にせず楽しめること

趣味とはいえなくても、時間を気にせず楽しめることがないか考えてみましょう。たとえば、ペットショップで動物や魚を眺めているのが楽しいと感じるのであれば、好きなこととして伝えられます。そのほか、親戚の子どもと遊ぶのが楽しい、夜空をいつまでも眺めていられる、車の運転が苦じゃないなども好きなこととして捉えてみましょう。

5.企業の特色と照らし合わせる

趣味がないと思っていても、意外なところから好きなことや楽しめることが見つかる場合があります。いくつか出てきた候補から何を趣味にするか悩んだときは、企業の特色や求めている人材とマッチしたものを選ぶと良いでしょう。企業の特色と照らし合わせて考えると、文章としても考えやすくなります。

思いつかなくても「趣味はありません」は避ける

趣味の内容が合否に関わることはありませんが、「特にありません」は評価を下げてしまう可能性があります。趣味が思いつかない場合は、上記を参考に、自分の長所をアピールできる趣味を探してみましょう。「何を書く?履歴書の趣味・特技欄の書き方とは」のコラムでも、趣味の内容の決め方を解説しています。

面接で趣味ではなく特技を聞かれた場合はどう答える?

面接で聞かれる「趣味」についてご紹介しましたが、ここでは趣味と並んで聞かれることが多い「特技」についての答え方も解説します。書類では「趣味・特技欄」と一緒になっていることが多いので、それぞれの特徴を覚えておきましょう。

そもそも特技を尋ねる目的

趣味と同じように、応募者の強みや人柄を知りたい、会話のきっかけとして特技を聞く面接官が多いようです。そのため、特技がない、自分のレベルで特技といえるか自信がないという人でも、趣味と同様に好きなことやできること、続けていることを答えても問題ないでしょう。

「趣味」と「特技」の違い

一般的に、「趣味」は純粋に自分の好きなこと、「特技」は人より秀でていることを指します。趣味の場合は他人と比べる必要はなく、自分が好んで取り組んでいることを書きましょう。

特技を答えるときのポイント

嘘をつかない、事実を誇張しない、具体的に答える、仕事に繋がる要素を持たせるなどのポイントは趣味と同じです。たとえば、「特技は語学です」だけで終わらせるのではなく、「学生の頃から英語が得意科目で、英検1級を持っています」のように、一言添えて答えるようにしましょう。

特技がないときは?

面接で答える特技に迷ったときは、職種のニーズに合わせた特技、自己PRと関連する特技を答えるようにします。たとえば、数字を扱う職種であれば「そろばん」「暗算」など数字に関することをアピールし、営業職であれば「スポーツ」「登山」「スイミング」などアクティブさを強調するのがおすすめです。企画などのアイディアを必要とする仕事であれば「創作料理」「ハンドメイド」「イラスト」など発想力をアピールするのも方法の一つ。自分の持っている能力や好きなことと照らし合わせて考えてみると良いでしょう。

「具体例を見ても、自分の趣味や特技となると上手く答えられない…」「どうしても面接で答える趣味が思いつかない…」という方は、転職エージェントのハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、志望動機や自己PRの作り方のほか、趣味・特技欄、学歴や職歴の書き方など書類作成のノウハウを伝授。さらに、面接ではどのような点に注意して答えれば良いのかなど、より実践に近い面接対策も行っています。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

面接で趣味を聞かれたらどう答える?回答に関するお悩みQ&A

「趣味を教えてください」は、面接で頻出する質問の一つです。面接で答える趣味に悩んでいる方も多いでしょう。ここでは、面接における趣味に関するお悩みをQ&Aでご紹介します。

面接で趣味はゲームだと回答しても良い?

ゲームを取り扱っている企業やそれに関わる企業の場合は、趣味はゲームと言っても問題ないでしょう。それ以外の企業の場合はイメージダウンに繋がることもありますが、伝え方次第でアピールポイントになる可能性もあります。趣味のゲームのイメージをプラスにしてアピールする方法については「履歴書の趣味欄に「ゲーム」はOK?記入時のポイントとは」で詳しく解説しています。

趣味がない場合はどう回答すれば良い?

趣味がない場合でも「ありません」と回答することは、意欲がないと判断されてしまう恐れがあるため、避けたほうが賢明です。「履歴書に「特になし」と書くのはNG?印象の良い書き方を解説」でも解説していますが、履歴書の場合も同様です。過去の経験から自分をアピールできる趣味を洗い出してみましょう。

最近始めたことは趣味になりますか?

最近始めた趣味でも、「挑戦する意欲がある」「積極性がある」ことをアピールできるでしょう。面接をきっかけに新しい趣味を初めてみるもの一つの手です。「趣味はあったほうが良い?仕事への影響とメリット」にもあるように、趣味が充実していると、就職後も仕事とプライベートのメリハリがつくため、仕事の向上意欲に繋がる傾向があります。

趣味の内容で面接に落ちることってある?

面接で回答した趣味が原因で面接に落ちることはないといえるでしょう。もしかしたら、ほかに原因があると考えられます。「面接に落ちる人・落ちない人の違いは?」で基本的なマナーをチェックしてみましょう。面接のマナーや趣味、特技が見つからないという方は、就職・転職支援サービスのハタラクティブにお気軽にご相談ください。応募書類の添削や面接のアドバイスなど、あなたのニーズに合わせて就職までサポートします。

この記事に関連するタグ