「休日の過ごし方」を面接で聞かれたときの答え方とは?例文も紹介

「休日の過ごし方」を面接で聞かれたときの答え方とは?例文も紹介の画像

この記事のまとめ

  • 面接で「休日の過ごし方」を聞かれる理由は、自己分析能力と人柄を知るため
  • 「休日の過ごし方」は少なからず面接の判断材料となり、合否に影響する
  • 面接で「休日の過ごし方」を聞かれたら、虚偽の発言やネガティブな言動は避けよう
  • 面接で答えられる「休日の過ごし方」が思いつかないときは、自己分析がおすすめ

「休日の過ごし方」を面接で聞かれた際に、どのように答えれば良いのか分からない方もいるのではないでしょうか。面接で休日の過ごし方を聞かれたときは、正直に話すことが大切です。前向きな内容であれば、インドアでもアウトドアでも大丈夫。このコラムでは、面接時に「休日の過ごし方」を回答するポイントを解説します。伝え方で悩んだ際に役立つ例文や注意点、対処法なども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接で「休日の過ごし方」を聞かれたら…どう答える?

面接で「休日の過ごし方」を聞かれたら、まずは「休日は△△をしています」と結論から述べるのが基本です。結論を伝えたあとに、人柄や性格が伝わるよう具体的なエピソードを交えて詳細を話します。
企業が休日の過ごし方を聞く理由や回答例、避けるべき回答などをこのコラムで確認し、面接官に好印象を与えましょう。

面接官が「休日の過ごし方」を質問する5つの理由

面接官が「休日の過ごし方」を聞く主な理由は、仕事とプライベートのオンオフをつけられるかを見るためです。ほかにも、応募者の人柄や自己管理能力の有無などを確認する意図があると考えられます。メンタルの自己ケアはもちろん、仕事への適性や社会常識があるかどうかを見極め、個性を見出す材料として面接で聞かれることが多いでしょう。

1.自己分析能力があるかを確認するため

面接で「休日の過ごし方」を聞かれる理由の一つは、応募者に自分や物事を客観視できる「自己分析能力があるか」を見極めるためです。自分で自分を理解していないと、説得力のない受け答えになりやすく、上司の理解や評価を得づらくなる可能性があります。普段から自己分析ができているか否かは、面接官に見透かされやすいものです。面接では、回答の内容を通じて「どのように自分を分析しながら行動しているか」といった個人の人柄や行動傾向が見られるでしょう。

2.どんな人柄なのかを知るため

応募者がどんな人柄なのかを把握することは、企業にとって重要なことです。趣味嗜好はインドア派・アウトドア派かを確認しやすく、面接で人柄を見極める判断材料になります。たとえば、休日の過ごし方について「外に出て運動すること」と言う人には「アクティブで健康的」という印象がつきやすいでしょう。一方、「自宅で読書をしていることが多く、小説が好き」と言う人には「知的で落ち着いている」という印象がつきやすいといえます。人柄によって会社の風紀を乱すことがないか、仕事で感情的になりそうな部分はないかなど、「休日の過ごし方」は入社後の雰囲気をイメージするために必要な情報です。

3.オンオフのメリハリをつけられるかを見極めるため

個人の集中力や適応力、切り替えの早さを見極めることも、企業が「休日の過ごし方」を面接で質問する目的といえます。オンオフのメリハリをつけられる人は、仕事とプライベートの切り替えが上手と企業に判断されやすいでしょう。
会社の戦力として活躍するには、休日を自分らしく充実させ、仕事中は組織の一員として集中しなければなりません。休日に仕事のことばかり考えていたり、反対に仕事中にプライベートのことを考えていたりすると、集中力の維持が難しくなる可能性があります。面接で堂々と答えられる「休日の過ごし方」があれば、時間の区別を意識し、オンオフを切り替えられる人材であるといった評価につながりやすいはずです。

4.ストレスの発散方法を持っているか知るため

「休日の過ごし方」から、ストレスを発散できているかを確認するのも質問意図の一つでしょう。厚生労働省が行った令和2年の「労働安全衛生調査(実態調査)の概況(12p)」によると、54.2%の人が仕事に対して何らかのストレスを抱いているという結果でした。ストレス発散ができないと、業務パフォーマンスの低下だけでなく心身にも影響を及ぼします。休日にしっかりストレス発散できているとアピールできれば、面接官にストレス対処力があると見なされ、入社後の活躍をイメージさせやすいでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年 労働安全衛生調査(実態調査)結果の概況

5.面接の空気を和らげるため

面接で「休日の過ごし方」を聞かれるのは、面接の張り詰めた空気感を和らげるためという、採用担当者の配慮である可能性もあります。志望動機や職務経歴など採用に関わる内容だけのやり取りだと、どうしても面接の空気は固くなりがち。場が必要以上に緊迫していた場合、応募者の本音が聞けなかったり、本来の性格が出なかったりすることも。そのため、面接官は「休日は何をして過ごしているのか」というキャッチーな質問で場を和ませ、応募者が話しやすい空気を作っている可能性も考えられるでしょう。

面接で聞かれる「休日の過ごし方」は合否に影響する?

面接で聞かれる「休日の過ごし方」は、少なからず合否に影響します。重視する程度や情報の優先順位は企業によって異なりますが、面接で企業側が質問する項目はすべて合否に影響すると考えたほうが良いでしょう。
面接では、自己管理能力をはじめ、社内の雰囲気や風土に適性があるか、既存社員に馴染めるかなどをチェックされます。入社後に自身の力や個性を発揮できるかだけでなく、組織の一員として成り立つかが重要です。
前述したように、面接官によっては、応募者の緊張を解きほぐすための雑談として、「休日の過ごし方」を質問することも。面接の最初のほうで投げ掛けられるケースも多いので、しっかりと答えられるよう準備しておきましょう。休日の過ごし方で悩んでいるなら、「有意義な社会人の休日の過ごし方3つ!」のコラムも参考にしてみてください。

面接で「休日の過ごし方」を答える際の5つのポイント

面接官から「休日の過ごし方」を問われた際に、好印象を与える回答をするポイントは、「内容に具体性があるか」と「自分を持っているか」です。自分の考えや気持ちを趣味嗜好につなげることができ、ポジティブな行動で人とのコミュニケーションがとれている人は、面接官からの評価を高められる可能性があるでしょう。以下で詳しく解説します。

1.具体的な理由付けや根拠がある

「休日の過ごし方」に具体的な動機や根拠があると、自分の人柄や趣味になるまでの経緯も、面接官に伝えられます。理由を話せれば説得力が増し、休日の過ごし方が自分のアピールポイントにもなるでしょう。
物事の根拠が示せなければ、抽象的な話として捉えられやすく、聞き手に具体的なイメージを抱かせることができません。面接の場で根拠のある話ができれば、入社後も「具体性や客観性を持って現状を分析し、業務を遂行できるのでは?」といった印象につながります。「休日の過ごし方」は仕事と結びつく可能性があるため、重要な話題になり得ると認識しておきましょう。

2.ポジティブで適度な笑顔がある

「休日の過ごし方」を答える際にポジティブで適度な笑顔がある人も、好印象になりやすいでしょう。人を引きつける魅力は、笑顔と前向きな姿勢にあります。偽らずにありのままの状態がポジティブな人は、将来チームをまとめるリーダー格になり得る人材として、面接で評価されることもあるでしょう。
専門的な能力や知識は入社してからでも高められますが、根本的な性格は入社後に変えることは難しいといえます。そのため、面接の時点で前向きな姿勢や明るさをアピールしておくことが必要です。

3.人とのコミュニケーションの豊富さ

「休日の過ごし方」で、人とのコミュニケーションが豊富な場合も、面接での好印象につながりやすいでしょう。他者との関わりがあることを具体的に伝えられれば、積極的なコミュニケーション能力を感じられるとともに、人とのつながりを大切にしていることが分かります。
個人の人柄を想像するうえで、周囲との人間関係は大きな情報源です。家族や友人とどのような交友関係があるのかは、応募者の話を聞かないと分からないもの。休日は友人や家族と多くの時間を過ごすという方は、人とのつながりを伝えることで、面接官に自身の人柄を知ってもらえるような回答を意識しましょう。

4.自分の言葉でハキハキと話す

面接で「休日の過ごし方」を答える際は、自分の言葉を用いて、ハキハキと話しましょう。歯切れのよい明るい話し方や適度な声の大きさは、相手に感じの良い印象を与えます。小さな声で話していたり、言葉が詰まってしまったりすると、面接官が聞き取りづらくなるため、マイナス評価になる恐れも。
また、自分の言葉で話していない場合、すぐに面接官に見透かされてしまう可能性があるでしょう。「好印象に見せようとしている」と悟られれば、内容に虚偽がなくても疑問視されやすくなります。適度な緊張感も必要ですが、あくまで自分の言葉で自然に話すことが大切です。

5.「休日の過ごし方」から自己アピールにつなげる

「休日の過ごし方」の伝え方を工夫することで、よりナチュラルな自己アピールにつなげられる可能性があります。具体的には、学生時代から継続して行っていることを伝えると効果的です。
たとえば、「休日はランニングをすることが多いです。学生時代陸上部に所属していて、今でも習慣になっています」と説明すれば、「体力的にしんどいことでも、自分の意志でコツコツ地道に取り組める」といったイメージにつながりやすいでしょう。休日の経験から得たスキルや学んだことがあれば、一緒に伝えるのもおすすめです。
面接の限られた時間に他者との差別化を図るためには、自分だけが話せる体験やエピソードを掲示して、回答にオリジナリティを持たせることが大切です。

面接で「休日の過ごし方」を答える際の4つの注意点

面接で「休日の過ごし方」を聞かれたら、ネガティブな発言や「何もしていない」といった回答は避けましょう。行動力や物事への興味・関心がないと捉えられ、面接官にダラダラしている印象を与えてしまうリスクがあるからです。とはいえ、印象を良くするためだけに自分を取り繕って嘘の内容を伝えるのもNG。嘘をついても、面接官は見破ってしまう可能性があります。面接での評価を下げないよう、自身の根本から変えていきましょう。

1.「何もしていません」という回答は避ける

面接で「休日の過ごし方」を聞かれたとき、「何もしていません」と答えると、休日に何もせずダラダラしている印象がついてしまいます。「質問の意図を理解していない」とも捉えられ、普段の行動力もないように感じられてしまうでしょう。とはいえ、本来は何もないのに、嘘をついてポジティブに回答するのは避けたほうが無難です。自分を改めて分析し、面接官に話せる「休日の過ごし方」を見つけましょう。
「どうしても回答内容が思いつかない…」という場合には、ぜひ「これからやってみたいこと」に目を向けてください。「今は充実した過ごし方ができていませんが、これから△△をやってみたいと思っています」と伝えれば、よりポジティブな印象になるでしょう。

2.面接官に嘘をついて自分を偽らない

面接の場において、「嘘」はNGです。面接官は面接のプロとして、何人もの就活生を見ています。相手の心理状況や嘘はすぐに見破られるため、良く見せようとしても失敗に終わってしまうもの。本当の自分をアピールして、ありのままを評価してもらえるよう努めましょう。素直な気持ちで取り組めば、自然と根拠のある趣味やストレス解消法を見つけることができます。「休日の過ごし方」は自分と向き合いながら見つけていきましょう。
もし、面接官が応募者の人間性を見るために「休日の過ごし方」を質問しているとしたら、絶対的な正解は存在しません。どのような過ごし方に対して、どういった印象を抱くかは、面接官によって異なるからです。「インドア派でアニメを見ている」という回答でも、そのアニメから自分が学んでいることや得ていることをしっかりと伝えられれば、かえって印象が良くなる場合も。わざわざ嘘をつくメリットは少ないといえます。1つの嘘を見抜かれれば、そのほかの回答の信頼性も損なわれる可能性があります。嘘をつくリスクは想像以上に大きいことを、念頭に置いておきましょう。

3.ネガティブな印象を与える回答は避ける

面接でネガティブな印象を与える回答は、どのような質問に対しても避けるべきです。特に「休日の過ごし方」を聞かれた場合、自分の個性を出すきっかけになるため、マイナスな印象にはさせないことが賢明といえます。
たとえば、「漫画ばかり読んで1日が終わってしまいます」というように、だらしなく過ごしている印象につながる回答では、面接官に仕事への熱意や入社意欲を伝えられません。極端に明るく振舞う必要はありませんが、ある程度プラスな印象になる内容を答えましょう。ネガティブな印象を与えやすい回答の例は、以下のとおりです。

・「休日は自宅でゆっくりと過ごしています」
・「テレビを見たり、ゲームをしていたりすることが多いです」
・「一日中ネットサーフィンをしたり、SNSを見たりしています」

上記の回答の共通点は、「自宅で1人、惰性的な過ごし方をしている」という点です。決して悪い趣味ではありませんが、面接官から「健康的な毎日を送れていないのでは」「仕事に対するモチベーションが低いのでは」といった印象を抱かれてしまう恐れがあります。
また、ギャンブルや犯罪につながりそうな行為や、飲酒やタバコなど健康を害するようなイメージの行為を回答として挙げるのも避けましょう。面接官に「仕事に支障をきたすのでは」といった懸念を抱かせるリスクがあるため、注意が必要です。

4.あれもこれもと伝え過ぎない

面接で「休日の過ごし方」を問われたときに、あれもこれもと多くの事柄を伝えようとするのはおすすめできません。求職者の中には、「休日の過ごし方は日によって違う」と考える方もいるでしょう。より自分を知ってもらおうと、複数の過ごし方やエピソードを組み合わせる方もいるようです。しかし、要素が盛り込み過ぎると、かえって印象が残りにくい回答になってしまいます。
実際には多様な休日の過ごし方をしていても、面接で伝えるポイントは1つに絞り込みましょう。最も自信を持って答えられる過ごし方を、具体的なエピソードとともに説明できれば、面接官への好印象につながるでしょう。
面接での質問にどう答えるべきか悩んでいる方には、「面接でよくある質問と回答例!転職者と新卒では内容が違う?」のコラムがおすすめです。質問別の回答例もチェックしておきましょう。

面接で好印象な「休日の過ごし方」の回答例3選

ここでは、面接で好印象な「休日の過ごし方」の回答例をまとめました。「早起きしてペットの散歩をしている」「友人とのランチでグルメを堪能」など、ポジティブに回答できる要素は幅広いです。日々行っているささいなことでも、立派な休日の過ごし方として面接官に伝えましょう。根拠を示して堂々と説明すれば、回答の説得力や自身の自己管理能力につながります。

1.健康的な生活をアピールできる回答例

「私は休日に早起きをして、飼っている犬の散歩をしています。家族全員犬がとても好きで、私が△歳のころに飼い始めました。私も散歩が好きなので、朝7時には起きて犬と歩くと、太陽を浴びることもでき、ストレス発散になります。」

回答のポイント

生活をイメージできる内容に具体的な根拠を盛り込めば、回答の説得力をより高められます。健康的であること・朝に強いこと・ストレス発散方法を持っていることなどの情報は、面接官に明るい人柄という印象を与えられるでしょう。また、家族関係が良好であることも想像でき、好印象な「休日の過ごし方」の回答です。

2.アクティブな性格をアピールできる回答例

「私は、友人とランチに出掛けてグルメを楽しんでいます。もともと学生時代は飲食店でアルバイトをしており、イタリアンのお店に興味を持ちました。学生のころから長年交流のある友人とお店を探し、美味しい食事を食べることがストレス発散にもなっています。最近は、東京の△△というお店に行き、パスタがとても美味しかったです。遠出をして有名店に行くこともあります。」

回答のポイント

上記のように、「何をして過ごしているか」の結論から話すと、スムーズで聞き取りやすい回答になるでしょう。また、飲食店でアルバイトをしていたという事実が根拠となり、交友関係の良好さもアピールできます。「実際どこに行ってどうだったのか」といった感想を伝えると、より説得力が増すでしょう。アクティブな印象も見受けられ、面接官への印象アップを期待できる明確な回答といえます。

3.趣味をアピールする回答例

「私は、自宅で読書や映画鑑賞をして、作品の世界に浸ることが好きです。学生時代から映像や小説に興味があり、休日は新作を探しに行くことも趣味です。最近では、△△さんの□□という映画を鑑賞しました。映画のラストシーンにおけるアクションはとても迫力があり、感動しました。」

回答のポイント

明確な動機を示し、直近の話を盛り込んで伝えられると、より具体的な回答になります。趣味のなかで感じたことや見たものの名前などを挙げれば、話の説得力が高まるでしょう。自分の趣味嗜好が相手に伝わりやすく、面接官に人柄を感じ取ってもらいやすい内容です。

社会人の休日について知りたい方には、「社会人の休日の過ごし方を充実させるコツ」のコラムがおすすめです。休日の充実さを増すコツを知り、より魅力的な休日を目指しましょう。

「休日の過ごし方」の良い回答が見つからない場合は?

「休日の過ごし方」の良い回答が思いつかない場合、ストレスの発散方法を自分で見つける努力も必要です。働くうえでストレスはつきまとうもの。発散方法がなければ、自身も辛くなってくるでしょう。そのためにはまず、自己分析から始めることが大切です。自分のことを見つめ直したうえで、楽しめることやストレスが緩和される方法を見出しましょう。

自己分析をする

自己分析がなければ自分のことを理解しきれず、「休日の過ごし方」についてスムーズに回答できません。自分は何に興味があり、何が一番楽しいと思えるのかを考えましょう。そのためには、自分がどんな性格なのかを知る必要があります。インドア・アウトドアでどちらが自分に向いているのかも分析し、それに沿った趣味を見つけると良いでしょう。自己分析をするとほかの分野にも視野が広がり、面接においては志望動機や自己PRなどにも活用できます。

ストレスの発散方法を見つける

無理に毎日行う必要はなく、あくまで息抜きとなるストレスの発散方法を見つけましょう。見つかれば自分のストレスは緩和され、面接で「休日の過ごし方」を聞かれた場合も自然に回答でき、一石二鳥です。また、ストレスの発散方法は人それぞれ。自己分析をせずに、無理に自分には向かないことを始めても、逆にストレスになり時間だけが経ってしまいます。あくまで素直に、自分らしくいられるストレス発散方法を見つけましょう。

「これからやりたいこと」につながることを始める

休日をこれからやりたいことの準備時間に充てるのも、おすすめの過ごし方です。たとえば、面接時に「△△になりたいので、□□という資格の勉強をしています」という回答ができれば、「この人は、自分のために有意義な休日を過ごしている」という好印象につながるでしょう。先述の自己分析で「これからやりたいこと」が見つかった方は、その目標を達成するために「どのような休日の過ごし方」をすれば良いのか逆算してみるのがおすすめです。

転職エージェントを利用する

面接における「休日の過ごし方」の回答に困っている場合は、転職エージェントを利用してみるのも一つの手段です。転職エージェントでは就活のプロがアドバイスを行っているので、自己分析で悩んでいる方も面談を通して視野を広げられるでしょう。履歴書の書き方から模擬面接までレクチャーしており、スムーズな転職・就職活動が実現します。

ハタラクティブは、20代の若年層を中心に就職活動を支援する就職・転職エージェントです。プロの就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、あなたに合ったお仕事をご提案いたします。面接対策や応募書類の添削、応募先企業とのやり取り代行など、就職活動のサポートも充実。ハタラクティブでは既卒や第二新卒、フリーターに特化した求人をそろえています。未経験でも挑戦できる求人が多数あるため、就職活動にお悩みの方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

面接で趣味を聞かれたら?回答方法に関するお悩みQ&A

ここでは、面接で趣味や休日の過ごし方を聞かれた際にありがちなお悩みをQ&A方式で解決していきます。

面接官が趣味や休日の過ごし方を聞くのはなぜ?

面接官が応募者に趣味や休日の過ごし方を質問する意図には、「自社へのマッチ度を見たい」「人柄が知りたい」「話題のきっかけにしたい」などが考えられます。詳しくは、このコラムの「面接官が「休日の過ごし方」を質問する5つの理由」をご参照ください。

趣味や休日の過ごし方としてNGな回答は?

ネガティブな印象に繋がりやすい回答は控えたほうが良いでしょう。ギャンブルやお酒、だらだらすることなどの回答は、面接官や志望業種によっては「仕事に支障が出るのでは」「健康は大丈夫だろうか」といった不安要素を与えてしまう恐れも。NGとされる趣味については、「面接で「休日の過ごし方」を答える際の4つの注意点」で詳しく解説しています。

「趣味はありません」と答えてもいい?

「趣味はなし」と回答するのは避けたほうが無難です。初めの質問でも述べたように、面接官が応募者に趣味や休日の過ごし方を聞くのには理由があります。それに対して「趣味はないです」と答えてしまうと、「質問意図を汲めていない」「コミュニケーション力に欠ける」とマイナスな印象を与えかねません。「面接で「休日の過ごし方」を答える際の5つのポイント」でも説明しているように、具体的なエピソードを語れる趣味を用意しておくことをおすすめします。

インドアな休日の過ごし方でも面接で答えるべき?

休日の過ごし方がインドア系でも、面接で聞かれれば答えましょう。ただし、「インドア系の過ごし方=人と関わるのが苦手」というニュアンスにならないよう伝え方には注意が必要です。

どうしても趣味が思いつきません。

趣味が思いつかないという人は、「好きなことを洗い出す」「一時でも熱中したことを探す」「空いた時間に何をしているか振り返る」などの方法を試してみましょう。詳細は「面接で答えられる趣味がない!対策方法や回答例をご紹介」をご確認ください。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが個人の悩みや適性に合った求人をご紹介しています。面接対策や履歴書の記載方法のアドバイスも実施しているので、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ