面接で「趣味・特技」を聞かれるのはなぜ?答え方で困ったときの対処法

面接で「趣味・特技」を聞かれるのはなぜ?答え方で困ったときの対処法の画像

この記事のまとめ

  • 趣味特技欄は応募者の人柄や価値観を見極める項目
  • 具体的で、面接時にきちんと説明できる趣味特技を選ぶことが大切
  • 仕事内容や自己PRに関連する特技だと面接でも好印象
  • 履歴書への記載で空欄や「特になし」、ネガティブなイメージの記載は避ける

履歴書の項目の一つ、趣味・特技欄。一見すると、採用に直接関わる要素が薄いように感じますが、実は面接の雰囲気を左右する大事な項目です。ここでは、趣味・特技欄の意味や書き方、面接で聞かれた場合の伝え方について詳しく解説します。「趣味や特技が見つからない」という方に向けた対処法も伝授。就活や転職活動中の方は、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

趣味・特技欄の意味とは

履歴書によっては、項目に「趣味・特技」という欄が設けられています。「趣味・特技」と聞くと、ほかの項目より内定への影響が少なく捉えられがちで、特に注意しないまま書いてしまうという人も多い項目です。
しかし、特技から応募者の人柄を把握したり、緊張を解くためのアイスブレイクとして活用したりと、面接において「趣味・特技」欄を重視する面接官は多いもの。手を抜かずに、好アピールになる内容を意識しましょう。

企業が趣味・特技欄から確認していること

面接官は趣味・特技欄から、応募者の人物像を読み取っています。チェックする事柄としては主に以下のような内容が挙げられます。

・何を大事にしているか(価値観)
・どんなことが得意なのか(経験・スキル)
・求職者の魅力や性格(人間性)

求職者の人物像を読み取ることで、自社に合う人物かどうかの見極め材料になります。自分の好きなことをそのまま書くのではなく、上記の点に注意しながら自分の魅力が伝わるような書き方ができると良いでしょう。面接官が履歴書を読んだときに、話題の糸口となるような内容にするのも大事です。
趣味・特技欄の例文を知りたい方は、「履歴書の趣味・特技欄はどう書く?例を参考に考えよう!」のコラムを参考にしてみてください。趣味別の例文を記載しています。

履歴書に書く特技の選び方

履歴書に書く特技は、自分が得意とすることであっても選び方に注意しましょう。「なぜ得意なのか」「なにがきっかけで得意になったのか」などの説明ができなかったり、志望企業に明らかに合わない特技だったりするとマイナスイメージにつながっていまいます。

具体的かつきちんと説明できる特技を書く

当然のことですが、大前提として嘘を書くのはNGです。変に気負わず、自分の中にある事柄で勝負しましょう。以下のポイントを押さえると書きやすくなります。

・志望企業の仕事内容や自己PRに通じる特技を優先して書く
・英会話や漢字などの場合、具体的な資格名、点数などを明記する

英会話や漢字など、趣味や特技に保有資格がつながる場合は資格名や点数を書くこともお忘れなく。特に、仕事に関わるような資格の場合はどの程度のレベルなのか面接官に伝えることでアピールすることも可能です。

志望企業に合わせて変えるのもOK

趣味や特技として挙げるものの中に、志望企業の事業や仕事内容に関わることがあれば最優先で書くことをおすすめします。自然と自己PRにもつながり、自分が話しやすくなるため、面接の進み方をスムーズにしてくれるでしょう。

自己PR欄の記入方法で悩んでいる方は「自己PRの例文を紹介!転職・新卒就活を成功させる履歴書や面接のコツも」のコラムも併せてご覧ください。例文から面接のコツまで、幅広く解説しています。

趣味・特技欄でやってはいけない4つの回答

趣味・特技欄の書き方によっては、ネガティブな印象を伝えてしまう可能性も。やってはいけない5つの回答例を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.Web上の例文のコピー

趣味や特技で書くことが思いつかない場合、Web上の例文からヒントをもらう人も多いことでしょう。「参考にする」程度であれば問題はありませんが、「丸写しにする」のは避けてください。
Web上の回答をコピーすれば、書類の空欄は埋まります。しかし、自身の経験が増えるわけではありません。面接で何か聞かれたときも、具体的なエピソードを伝えるのは難しくなってしまうでしょう。
自身の経験ではないことが分かれば、当然イメージは悪くなってしまいます。非常に大きなリスクがあるという点を、頭に入れておいてください。

2.犯罪やギャンブルをイメージさせる内容

趣味や特技で面接官の心をつかもうと、個性的な趣味や特技を伝えようとする方もいます。確かに、「意外な特技を伝えたら面接官と盛り上がった」というケースもありますが、モラルに反するような内容は、書かないように注意してください。
犯罪やギャンブルをイメージさせるような趣味や特技を持つ人材を雇うことは、企業にとって高リスクです。自身の回答に問題がないかどうか、自分で判断しづらい場合は、第三者にチェックしてもらいましょう。

3.空欄

「面接官に伝えられるような、特別な趣味や特技がないから」という理由で、空欄のまま履歴書を提出する方もいますが、これもNG。「魅力に欠ける人」「特徴がない応募者」など、ネガティブなイメージを抱かれてしまう恐れがあります。
また、履歴書は正式な書類です。空欄のまま提出するのは、ビジネスマナー違反といえるでしょう。「記入漏れ」と判断されないためにも、何らかの回答は記載してください。

4.特になし

空欄と同じように、「特になし」と書くのもNGです。「自己分析が充分にできていないのでは?」と思われてしまう可能性があります。

履歴書の書き方で悩んでいるなら、「今さら人に聞けない?履歴書の基本的な書き方」をチェック。基本をまとめています。

履歴書の特技欄の例文

履歴書で伝えられる内容は限られており、趣味・特技欄も、貴重な記入スペースの一つです。「映画鑑賞」や「ドライブ」など、ひと言だけで回答するのは避けましょう。マナー上は問題なしでも、アピールとしては不十分。欄の大きさにもよりますが、特技を記載したあとカッコで説明文を追加し、具体的なイメージやアピールにつながる内容にするのがおすすめです。

例文

・料理(節約も兼ねて週あたり5000円で自炊しています)
・早起き(毎日6時に起きて近所を散歩しています)

簡単な内容でも、詳細な情報を付け加えることで、より内容を伝えやすくなったり、自身の意欲をアピールできたりします。
また、この方法を意識すれば、趣味や特技と関係ないように感じる事柄でも、伝えやすくなるでしょう。
伝え方を工夫することで、日常生活の行動から立派な趣味や特技を見つけることができます。

「趣味・特技欄に書けるようなことがない」という就活生・転職希望者は多いですが、視点を変えれば案外簡単に見つかるもの。まずは、自分が生活する中でルーティンにしていること、好きなことを整理してみてください。丁寧に洗い出ししておけば、自身の強みも発見できるのではないでしょうか。
特技の見つけ方については「特技の見つけ方とは?履歴書や面接で好印象を与える方法」でも解説しています。併せて参考にしてみてください。

面接で趣味・特技を伝えるときには?

面接で趣味や特技を聞かれた場合は、「特技や趣味をはっきりと伝える」「具体的なエピソードを伝える」「今後の社会人生活でどのように活かしたいか伝える」の3つを意識しましょう。

趣味や特技の効果的な伝え方は、応募先企業の業種や社風によっても異なります。「コミュニケーション能力」や「体力」、「集中力」などは、比較的多くの趣味・特技に共通する要素です。
企業にアピールしやすい能力でもありますから、ぜひ「今後の働き方」と絡めて伝えてみてください。
どうしても趣味・特技が見つからない場合は、「今△△に興味を持っていて、今後特技にしていきたいと考えている」と伝えるのもおすすめです。実際に今取り組んでいる内容も併せて伝えることで、説得力のある回答になるでしょう。

面接では、特技以外にも多くの質問をされます。しかし、ある程度の質問は事前に予測できるもの。「面接でよくある質問事項とは?」のコラムを参考に、質問を想定して事前に回答を準備しておくのがおすすめです。

どうしても見つからない場合の3つの対処法

「趣味・特技を探してみたものの、なかなか見つからない…」という方は、以下の3つの対処法を試してみてください。

1.身近な人に聞いてみる

自分のことがよく分からなかったり、回答に自信がなかったりするなら、ぜひ身近な人に客観的な意見を求めてみましょう。
自分では「特技と言えるほどのことではない」と感じていても、周囲の人からすると、「立派な特技」ということも。自分に自信が持てない人には、特におすすめです。

2.自身の生活を振り返ってみる

趣味や特技は、日々の生活の中に隠れているもの。ぜひ、自身の生活を振り返ってみましょう。毎朝何時に起きて、何をしているのか、どんなことをするときに「楽しい」と感じるのか、丁寧にメモしていきましょう。伝えやすいポイントが見つかるはずです。

3.趣味・特技欄のない履歴書を使う

どうしても何も思いつかない場合は、履歴書選びを工夫しましょう。趣味・特技欄のない履歴書を使えば、悩むことはなくなります。
ただし、履歴書に記載がなくても、面接で問い掛けられる可能性はあるでしょう。いざという場面で困らないためにも、回答できる準備だけは整えておいてください。

趣味・特技欄がない履歴書は、その分、志望動機欄などの記入スペースが広いケースが一般的です。自身の意欲や熱意を十分に伝えられるよう、書き方にも工夫してください。履歴書の種類については「種類豊富な履歴書!自分に合うものを選ぶポイントは?」でまとめています。

履歴書の趣味・特技欄の書き方と、面接での伝え方についてご紹介しました。適切な内容を選んで、表現を工夫することで、面接官が受ける印象も変わります。ぜひ上記を就活・転職活動の参考にしてください。

20代特化型エージェントのハタラクティブでは、今回のような履歴書に関する疑問や悩みに対するフォローも行っています。求職者一人ひとりに就活アドバイザーが担当するため、細やかな対応が可能です。就職・転職エージェントの利用が初めてという方もご安心ください。
また、これから正社員を目指したいフリーターの方、就職・転職活動が初めての大学中退や第二新卒の方など、さまざまなタイプに合わせて幅広い正社員求人をご紹介します。職歴や学歴に不安があっても大丈夫。未経験歓迎や経験・学歴不問の求人も多く扱っています。まずは一度、お気軽にお問い合わせください。

関連タグ