1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 何を書く?履歴書の趣味・特技欄の書き方とは

何を書く?履歴書の趣味・特技欄の書き方とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・趣味、特技欄は、企業が応募者のポテンシャルについて判断する大切な項目
    ・まずは自分の趣味や特技について洗い出すことから始める
    ・すごいものや珍しいものである必要はなく、自分の人柄や価値観が伝わるような内容にする
    ・仕事に関連したもの、企業が求める人物像にマッチしているものだとベター
    ・ギャンブルや犯罪を想起させるもの、ゲームやアニメは避けたほうが無難

履歴書の趣味・特技欄は意外と悩みがちな項目。「書けるような趣味や特技がない」「そもそもこの項目ってどんな意味があるの?」と書くのに躊躇している人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、履歴書の趣味・特技欄にフォーカスした情報をお届け。書き方のコツを押さえて、自分の魅力が伝わるような履歴書に仕上げましょう。

◆「趣味」や「特技」が聞かれる理由

採用担当者が応募者の趣味や特技を聞くのには以下のような理由があります。

・人柄や価値観を知るため
・仕事に活かせる特技がないか知るため
・面接での会話のきっかけにするため

趣味・特技欄の内容から、応募者のポテンシャルを判断したい、というのが主な理由のようです。「趣味や特技でそこまで分かる?」と疑問に思う人もいるようですが、趣味・特技欄には人柄や価値観、行動パターンなどを読み取れる情報が詰まっています。
例えば、趣味が登山ということであれば、人とのコミュニケーションを伴う、集中力を要する、計画性が求められる…というように、どんな人物なのか判断できるような情報を見つけることが可能です。
また、採用担当者によっては「仕事に活かせる内容か」という点をチェックしていることも。「商品やサービス、業界自体が好き」という点を重視するような企業では、そのような傾向があるようです。
単純に面接にリラックスして臨んで欲しいとの考えから、趣味・特技を会話のきっかけにしている面接官も。「応募者の素の部分を引き出したい」というのが採用する側が考える、趣味・特技欄の役割と言えるでしょう。


◆内容の決め方

先程、趣味・特技欄は「応募者のポテンシャルを見極めるための項目」とお伝えしましたが、どのように書くと採用担当者に伝わりやすくなるのでしょうか。
ここでは、内容の決め方とコツについて詳しく解説します。

まずは自分の趣味や特技のほか、好きなこと、興味のあることを洗い出してみましょう。仕事に関連するような趣味や特技があるなら、迷わずリストアップを。
「趣味や特技がない」という人は、「珍しい、すごいものでなければ」という思い込みはありませんか?面接官は内容に珍しさを求めているわけではありません。あなたの人柄や価値観が伝われば良いのです。

日常で習慣になっていること、自分はやっているけど周りの人はやっていないこと…という視点で探してみると、新しい発見があることも。家事や早起きなど、日常の事柄でも良いので、とにかく洗い出してみましょう。
例えば、「効率を考え短時間で掃除をするのが得意」「休日も含め毎日5時に起床している」なども特技と言えます。
どうしても思い浮かばない時は、家族や友人など身近な人に聞いてみるのも良いでしょう。

自分の趣味や特技について洗い出せたら、今度は企業が求める人物像についてチェックするのがおすすめ。企業がどんな人物を採用したいのかを理解して、それにマッチするような内容にできると評価されやすくなります。


◆書く時のポイント

書く内容が決まったら、以下の3点に注意して書いてみましょう。

・名称だけで終わらせない
・冗長にならないようにする
・質問されても答えられる内容を書く

良くない例として挙げられるのが、趣味の名称やひと言だけで終わってしまうもの。例えば「ジョギング」とだけ書かれていたとして、そこから面接官が得られる情報はどのくらいあるでしょうか?

必ず名称の後に括弧書きでアピールポイントを付けるようにしましょう。上記にあるジョギングを例にすると「ジョギング(毎日5キロほど走ります。去年はホノルルマラソンに出場しました)」というように、自分自身の人柄が伝わるような情報を付けます。

逆に、詳しく書こうとしてダラダラと長くなってしまうのも良くありません。前述のように、シンプルでありながら必要な情報が伝わりやすい形で表現しましょう。
また、面接時に質問されて回答に窮するような内容は控えましょう。良く見せようとして内容をオーバーに書く人もいるようですが、深く質問されて答えられない…という事態になっては、元も子もありません。自然体を心がけ、質問されても困らないような内容を書きましょう。

とは言え、どんな内容でも良いというわけではありません。以下のような趣味や特技は避けたほうが良いでしょう。

・パチンコ、競馬などのギャンブル関連
・犯罪を連想させるもの全般
・ゲームやアニメ(関連業界以外の企業を志望する場合)

一般的にあまり良いイメージを持たれない趣味や特技については避けたほうが良いでしょう。せっかく自分のポテンシャルについてアピールできる項目なのですから、内容はよく吟味することをおすすめします。
3つ目に挙げたゲームやアニメについては、良いイメージを持たない人もいるので、関連業界以外では避けた方が無難です。


今回は趣味・特技欄の書き方についてご紹介しました。趣味・特技欄は、履歴書の他の項目に比べて軽視される傾向にあるようですが、採用担当者にとってはどの項目も応募者を知るための大切な情報です。一つひとつ丁寧に書くようにしましょう。

応募書類の書き方でお悩みの方はハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。
履歴書や職務経歴書の添削、面接日程の調整、面接対策など、就活全体を通して細やかなサービスを提供しています。一人ひとりに専任の就活アドバイザーが担当としてつくため、就活に不安がある方もご安心ください。サービスのご利用は全て無料です。お気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる