新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 実は重要?履歴書の特技欄に書く内容で悩んだときの対処法

実は重要?履歴書の特技欄に書く内容で悩んだときの対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の特技欄に空欄や「特になし」は避ける

    ・採用担当者に熱意がないと思われてしまうため、できるだけ特技欄は埋めよう

    ・特技が見つからない人は、日常的に行っていることから見つけよう

    ・そこから企業が求める人物像と照らし合わせて書くのがベスト

    ・ただし犯罪を連想させるもの、ギャンブル、ゲームなどはネガティブな印象を持たれるので注意

履歴書の特技欄。「特にない…」という人も多いのではないでしょうか。
しかし、採用担当者が目を通す履歴書で空白が多くなってしまうと興味を持ってもらえないことも…。
これといった特技がなくても、小さなことに目を向けて探してみることが大切です。
こちらでは、履歴書の特技欄にの書き方について詳しくご紹介していきます。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

履歴書の特技欄は重要?

履歴書は、採用において限られた情報からあなたを知るための大切な項目の1つ。
履歴書の特技欄は、書き方次第では自分のスキルをアピールすることができるので、ぜひ書くことをおすすめします。
特別難しく考える必要はありません。面接での会話の糸口となる場合が多いため、自分をより知ってもらうためにも特技欄は埋めるように心がけましょう。

採用担当者は、仕事上だけでは分からない人柄や可能性を知りたいと考える人が多いようです。

特技から知りたいこと

・人間的な面白みや魅力があるか
・今後の仕事で活かせるか
・熱意や強みがあるか
・普段の人柄

企業や採用担当者によって異なりますが、基本的には履歴書の特技欄から上記のようなことを知りたいと考えています。
人物像をイメージする大事な材料となるので、ぜひ自分なりの特技を見つけて書いてみるようにしましょう。

特技がない時の見つけ方

「特技」というと、全国大会に出場したといったレベルでないといけないと考える人もいるようです。
もちろん、そのような経験があれば書いたほうがアピールにはなりますが、採用担当者はそこまでのレベルを求めているわけではありません。
要は、履歴書の学歴や資格などからでは分からない、内面的な人物像を知りたいのが最大の理由だと考えられます。
それとともに、企業における仕事でその特技がどう活かせるのかを採用担当者は視野に入れる可能性があります。
そのため、できるだけ自分の特技を仕事に関連させる形でアピールすると、採用担当者により印象づけることができます。

とはいえ、いきなり特技は何か?と問われてもなかなか見つからないという人が多いでしょう。
そんなときは、まず自分が常日頃行っていること、皆が思うほど苦ではないこと、人に褒められたことなどから思い浮かべてみるといいでしょう。

具体的な特技の見つけ方をご紹介していますので、参考にしてみてください。

特技の見つけ方

・人にしてあげたことで喜ばれたこと
・気づいたら習慣になっていること
・自分の興味、好みの関連を考えてみる
・今までの仕事やアルバイト経験で苦でなかったこと
・人によく褒められることを思い出してみる
・無料の診断テストからヒントを探る
・家族や友人に聞いてみる

1番見つけやすいのは、人に喜んでもらえたこと、褒められたことを思い浮かべてみることではないでしょうか。
また小さい頃から続けていること、習い事なども特技に入れて問題ないでしょう。
どうしても自分に特技がないという人は、家族や友人に聞いてみましょう。また、無料の診断テストなど通して自分の得意分野を把握するのもいいかもしれません。

なかなか思い浮かばないという人は、たとえば、料理や裁縫、掃除など日常的なものでもかまいません。
自分が日常的に行っていて少しでも得意だなと感じたものを全て書き出してみましょう。
そこから企業の求めるスキルや人物像に近いものから選んでいくのがベストです。
こちらでも具体的な例をご紹介していきますので、自分の特技がないか参照してみてください。

特技の例

・料理や掃除、洗濯
・早起き
・整理整頓
・人がやらない仕事を進んでできる
・人の名前や誕生日をすぐ覚えられる
・インターネットでのリサーチ
・ホームページ作成
・ブログを書くこと
・動画制作
・イラスト制作
・DIY
・カラオケ
・書道、硬筆
・聞き上手
・楽器を弾くこと
・スマホでの写真撮影
・スポーツ(サッカー、野球、テニスなど)
・プログラミング
・Excel、Wordの操作

採用担当者は、趣味・特技欄から話を広げようとします。そのため、できる限りありきたりなものは避け、深く掘り下げられそうなものを選ぶほうがいいでしょう。
特別な趣味でなくても、自分らしさを盛り込んだり、応募企業と関連するような内容を入れ込むと、採用担当者は興味を持ってくれる可能性が高くなります。

人とレベルを比べるのではなく、あくまで自分の中で得意な部分を思い浮かべてみましょう。
自分ではなかなか見つからないという人は、友人や家族に聞いて見つけてもらうのも1つの手です。
「特技」というと、理想としてハードルを高くしてしまいがちですが、特技というより誰かの役に立てる、誰かに喜んでもらえるといった視点で考えてハードルを少し下げてみると見つけやすいかもしれません。

控えた方がよい特技

ただ、なかなか人に語れる趣味がないからといって、履歴書にあえて書くとネガティブな印象を与えかねないものがあります。
次のようなものは、控えたほうがいいといえます。

・犯罪を連想させるもの
・競馬やパチンコなどのギャンブル
・アニメ、漫画、ゲーム
・アイドル
・企業の社風とかけ離れすぎているもの 

趣味は人の自由ですが、履歴書に書けるふさわしいものにしておきましょう。
会社の社風や採用担当者によってはあまりいいイメージを持たれないので注意が必要です。
これらを趣味として履歴書に堂々と書いてしまうと「常識がないのでは?」と疑われかねません。
ゲーム会社や出版会社など関連生のある場合を除いて、避けておいたほうが無難でしょう。

アニメやゲーム関連の会社に応募しているのであれば、積極的にアニメ、ゲーム関連の話を盛り込んだほうが話に興味を持ってもらえることがあります。
応募する企業の社風や方向性をしっかり把握した上で、書けるものを書いていきましょう。

ただし、採用担当者に興味を持ってもらいたいからと言って嘘をつくのはNG。そこから質問をされると、答えられなくなってしまいむしろマイナス評価につながります。自分で自信を持って語れる内容にしましょう。

特技の書き方

特技欄の書き方は、箇条書きで趣味を簡潔にひと言で書き、その下に説明文を書くようにするのがベストでしょう。
ただ趣味を羅列するだけでは採用担当者は掘り下げにくく、かといって長文すぎても何を質問していいのか迷われてしまうので注意しましょう。

相手が見やすく、分かりやすいように「簡潔にひと言+説明」で書くのがおすすめです。
次に、具体的な例を挙げていますので、参考にしてみてください。

・裁縫
ボタンを取れないようにすばやくつけることができます。

・早起き
朝5時に起きウォーキングをするのが日課です。

・サッカー
小学生から◯◯のポジションで10年以上継続。現在も週1でクラブ活動に参加しています。

できるだけ応募企業の仕事に関連性のあるものを選ぶと、採用担当者は興味を持ってくれやすくなります。
たとえば、体力を必要とする企業では、スポーツの経験がアピールポイントになりますし、繊細な仕事であれば、手先の器用さがわかる特技をアピールすると担当者の目に留まるでしょう。

また、履歴書で一文の説明を書いて終わりではなく、面接で質問されることを想定して、事前にどういった流れで答えるのかを考えておきましょう。

空欄や「特になし」は、面白みのない人物だと思われてしまうことも。どうしても見つからないという人も、ハードルを下げて小さなものでもいいので書くようにしましょう。

それでも、履歴書にかけるような特技が1つも見つからないという方は、特技欄のついていない履歴書を使用するというのも1つの手。
空白や「特になし」と書くのは熱意がないと思われかねないので、履歴書選びから慎重に行いましょう。

採用担当者にとっては数少ない情報源の履歴書。少しでも自分の人柄や人物像を把握してもらえるよう、このコラムを参考にして書いてみてください。

ハタラクティブにご相談ください!

履歴書の書き方に迷っている方、特技欄がなかなか埋められないという方は、ハタラクティブにご相談してみませんか?
ハタラクティブでは、バイト経験しかない未経験の方でも正社員を目指せるよう、しっかりフォローがついているのが特長。
1人での就職活動はとても大変なものです。誰かがついていてくれるというのは、とても励みになります。
「正社員を目指したいけど経験がなく不安」「履歴書やエントリーシートの添削をしてほしい」など、小さな悩みや不安もぜひお気軽にお問い合わせください。

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?