履歴書を手渡しする場合は封筒に入れる?入れない?

履歴書を手渡しする場合は封筒に入れる?入れない?の画像

この記事のまとめ

  • 履歴書を持参する場合でも封筒に入れ、さらにクリアファイルに入れて汚れや折れから守ることが大切
  • 履歴書を送付する場合には、封筒への宛名書きや送付状の同封などが必要だが、持参の場合は不要
  • 面接官へ履歴書を手渡しする場合、封筒から取り出し、履歴書の下に封筒を添えて両手で行う

就職活動や転職活動などで、あなたをアピールするツールといえば「履歴書」です。事前に送付しておくパターンもあれば、面接当日に持参を依頼されるパターンもあります。
今回は、履歴書を手渡しする際のマナーや注意点をご紹介。その後の面接を有利に進めるためにも、ぜひ把握しておきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

封筒に入れるべき?

結論から言うと、持参する場合の履歴書は封筒に入れることがマナーとされています。さらにその封筒をクリアファイルに入れておくと高評価。
封筒とクリアファイルに入れる理由は、バッグの中での折れや汚れ、水濡れなどから守るためです。履歴書はあなた自身の印象を左右する判断材料の1つ。

キレイな状態のまま採用担当者に渡せるよう、封筒とクリアファイルは必ず準備しておきましょう。

ちなみに、封筒の色やサイズは、送付する際と同様、色は白の無地をチョイス。大きさはA4サイズを折り曲げずに入れられる「角2号」もしくは「角形A4」を選びます。

履歴書を持参する際の注意点

履歴書を手渡しする場合において、いくつか注意しておきたいポイントがあります。それぞれ見ていきましょう。

封筒に宛名は不要

持参する場合は封筒への宛名は不必要。表面には、左下に赤色で「履歴書在中」と記載し、文字の周りを四角で囲むだけで大丈夫です。100円ショップや文房具店などで「履歴書在中」のスタンプを購入するのも1つの方法でしょう。
裏面には、提出日・住所・氏名を記入します。送付しないため、封筒のフラップ部分にはノリをせず、〆マークの記載も必要ありません。
ちなみに、送付状の作成も不要です。

コピーをとっておく

面接では、履歴書を基に質問されることが多々あります。面接開始までの待ち時間の間に履歴書を確認・対策しておけるように、原本とは別にコピーをとっておくと良いでしょう。

すぐに取り出せるようにしておく

受付にて提出を求められることもあれば、面接の際にその場で面接官に手渡しする場合もあります。どちらにせよ、もたつかないためにもスムーズに出し入れできる位置に収納しておきましょう。

履歴書の渡し方

履歴書を渡す際にもマナーある態度を心がけたいもの。受付で提出する場合と、面接時に面接官に直接渡す場合の2パターンの方法を見ていきましょう。

受付での渡し方

受付での提出を求められた場合は、クリアファイルから出し封筒に入れたまま両手で渡します。渡す際には、相手から見やすい向きであること、「こちら私の履歴書です。どうぞよろしくお願いします」と一言添えることを意識しておきましょう。

面接官への渡し方

クリアファイルと封筒の両方から取り出し、履歴書を両手で提出します。その際は、履歴書だけでなく、封筒を履歴書の下に添えて渡しましょう。
受付で渡す際と同じく、相手側から見やすい向きであること、「こちらが私の履歴書です。本日はよろしくお願いします」と一言添えることが大切です。
渡すタイミングは、面接官から提出を求められたとき。もしも履歴書の存在を忘れているようであれば、「応募書類はいかがいたしましょうか」と尋ねてみましょう。

いかがでしたか?応募書類を手渡しするにしても、細かなルールやマナーがあるものです。これらを守れていなければ、「面接そのものの中身も残念な人なのかも」と、マイナスな第一印象を与えかねません。
面接前には1つ1つ丁寧に動作確認を行い、好印象を与えられるよう努めましょう。

面接対策はハタラクティブにお任せください。経験豊富なアドバイザーとマンツーマンで実施し、的確にアドバイスを行います。本番さながらの雰囲気を体験でき、受講された方の面接通過率は2割アップ。
毎日無料で開催しています。ぜひご活用ください。

関連タグ

  • arrow