新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正しい渡し方で印象アップ!履歴書を持参する際の注意点

正しい渡し方で印象アップ!履歴書を持参する際の注意点

公開日:

最終更新日:

正しい渡し方で印象アップ!履歴書を持参する際の注意点の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書を持参する際は、封筒に入れクリアファイルに挟んで持ち運ぶようにする
  • ・履歴書を渡す場所やタイミングは、企業側の指示に従うことが大切
  • ・履歴書の正しい渡し方を把握しておけば、印象アップも可能

履歴書の渡し方は企業側から指定されることが多く、ほとんどの場合は持参か郵送の2パターンに分かれます。
今回は、面接日に直接履歴書を持参するケースに焦点をあてて解説。
どのような形で持参すれば良いのか、面接会場のどこで手渡すべきなのか、さまざまな疑問点について触れていきます。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

履歴書を持参するときの注意点

履歴書は、必ず封筒に入れて持参します。
封筒の表面には「応募書類在中」と赤字で記載し、裏面には自分の住所・名前・提出日を記入します。

封筒の色は、白が無難です。茶封筒はカジュアルな印象を与えやすいため、ビジネスシーンや改まったシーンに適した白封筒を選ぶことをおすすめします。
履歴書を半分に折りたたんで入るサイズを選択するのもポイントです。
三つ折りに適した長封筒は、避けた方が望ましいでしょう。

鞄の中で折れ曲がったり汚れたりすることを避けるためにも、クリアファイルに挟んで持ち運ぶのが基本です。
万が一面接官の目に入っても問題ないよう、クリアファイルも派手な柄は避けた方が無難だといえます。
鞄はゆとりあるサイズをチョイスし、小さめの鞄に無理やり詰め込む形にならないよう注意が必要です。

送付状が必要なのか迷う人も少なくないはず。
送付状とは本来、履歴書や職務経歴書といった書類を郵送するときに、どのような中身が入っているのかを記す役割を持っています。
そのため、直接持参する際には必要ありません。

履歴書を渡す際の注意点

面接会場に到着したものの、履歴書をとこでどのタイミングで渡すべきか気になる人も多いのではないでしょうか。
履歴書を渡す場所と、渡すタイミングについてご紹介します。

履歴書を渡す場所

面接会場に到着して、どこで履歴書を手渡すべきかは企業側の指示によります。
受付で履歴書の提出を求められた場合は、その場で封筒に入れたまま手渡します。
面接官の元に届く間にも、折れ曲がったり汚れたりする可能性があるためです。
ただし、受付で封筒より出すように言われた際には、その指示に従いましょう。

面接官に直接手渡す場合は、封筒から履歴書を出し、封筒の上に重ねて手渡します。
履歴書を出す手間をかけさせないよう、配慮が必要です。

履歴書を渡すタイミング

履歴書を持参する際に気になる人も多いと思われるのが、面接官に渡すタイミングが掴めないケースです。
面接官が既に待機している状態であれば、「履歴書をお預かりします。」と声がかかりタイミングを掴みやすいはず。
しかし、面接官が後から入室してくる場合もあります。
その際はあらかじめ鞄から履歴書を取り出し、机の上に準備しておきましょう。

なかには、面接官が履歴書を催促しない場合もあるようです。
声がかからないようであれば、会話の流れを見てこちら側から尋ねてみましょう。
ベストなのは、面接官の挨拶が終わったあたりです。

いずれの場合にも注意すべきなのが、相手が読みやすい方向に持ち直し両手で渡すことです。
「本日はよろしくお願いいたします。」と、一言挨拶を添えると好印象を与えやすいといえます。
書類を入れていたクリアファイルは、渡す必要はありません。
スムーズに履歴書を渡すためにも、上記の注意点はしっかりと抑えておくことをおすすめします。

履歴書の扱い方やマナーは大切

履歴書の書き方はもちろん、手渡し方でもマナーを見られることがあります。
正しいマナーを身につけておくことで自信を持って面接に臨めるうえ、好印象を与えられる可能性もあるでしょう。
特に初めての就職・転職活動では、分からないことばかりで不安になることも多いはず。
そのようなときには、就活のプロに相談してみるのも1つの方法です。

若年層専門のプロのアドバイザーが在籍しているハタラクティブでは、履歴書に関するマナーや面接対策についても対応可能。
プロのアドバイスをもとにマナーを身につけ、就活成功に一歩近づきませんか?

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ