郵送?持参?履歴書の封筒に書くことについて

郵送?持参?履歴書の封筒に書くことについての画像

この記事のまとめ

  • 封筒のマナーに関して意識していない人は意外と少なくない
  • 履歴書を郵送する場合、封筒の表面には送付する企業名や住所を書き、裏面には自分の住所や名前を書く
  • 送付先によって敬称が変わるので注意が必要
  • 会社名は略称せず、正しい名称で書く
  • 履歴書を持参する場合は、表面に『履歴書在中』と赤字で書き、裏面は自分の名前や住所、提出日を書くだけでよい
  • 封筒を選ぶ際は、色やサイズに注意する

求人に応募する際に必要となる履歴書。
最近では、“履歴書不要”とうたっている企業が増えつつありますが、大半の企業は採否の判断材料のひとつとして履歴書の提示を求めているようです。
履歴書や職務経歴書はしっかり注意しながら記入するものの、封筒の書き方については「履歴書のように気にしたことがなかった」という人が意外と少なくありません。
履歴書の封筒が直接合否に関わることはないかもしれませんが、封筒の書き方やマナーは、社会人として知っておきたいポイント。
今回は、履歴書の『封筒』に焦点をあてて解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

履歴書を郵送する場合の封筒の書き方

履歴書を郵便で送る際、封筒に書くこととして以下のことが挙げられます。

表面

封筒の表面には、企業名や住所などを書きます。
・中央上部⇒送付する企業の郵便番号
・右側⇒送付する企業の住所
・中央部⇒企業名並びに担当部署名
(例/株式会社◯◯人事部御中・株式会社◯◯人事部採用担当者様)
・左側⇒赤字で『履歴書在中』と書き、文字を四角で囲む(スタンプ可)

裏面

封筒の裏面には、日付(投函日)や自分の住所、名前を書きます。

左端⇒右から郵便番号、住所、名前


封筒の表面で注意したいポイントは、送付先が部署と担当者(人)のどちらかということ。
送付先が部署であれば『御中』、担当者(人)であれば『様』と、敬称を使い分ける必要があります。
また、中には株式会社を(株)と書く人も。株式会社を略称することは失礼にあたりますので、正しい名称を書くことを心掛けましょう。
裏面も同様に、建物名や住所は省略せずに書くことが重要です。

履歴書を持参する場合の封筒の書き方

履歴書を持参する場合、封筒はどのように書けばいいのでしょうか。

・郵送と違い、企業名や住所を書く必要はない
・封筒の表面は『履歴書在中』と赤字で書くのみ
・封筒の裏面には、自分の名前や住所、提出日を書く

履歴書を持参する場合も、郵送と同じように封筒に入れるようにしましょう。
また、汚れや折れ、シワを防ぐためにも、履歴書を入れた封筒を更にクリアファイルに入れるとベスト。
「書類を丁寧に扱っている」と、企業側に好印象を与えるかもしれません。

履歴書を入れる封筒の選び方

上記では、封筒の書き方について解説しましたが、封筒の選び方にもマナーがあるのをご存知でしょうか?
履歴書を入れる封筒は、以下のようなものを使用するのが望ましいとされています。

・できれば茶封筒よりも白封筒のほうが良い
・中身が透けて見えない二重封筒
・2つ折りで入るサイズ(角形2号若しくは角形4号)

茶封筒を使用することがNGというわけではありませんが、基本的に茶封筒は実用的なイメージがあるため、ダイレクトメールや請求書などと間違われてしまうことも。
白封筒であれば、丁寧な印象を与えるだけでなく、『履歴書在中』の文字も目立つというメリットがあります。

最後に

履歴書を郵送する場合、企業が最初に目にするのが封筒。
封筒の書き方が雑だと、「仕事に対しても雑なのではないか?」と、マイナスなイメージを与えてしまうかもしれません。
履歴書や職務経歴書だけでなく、封筒の書き方にもしっかりと気を配りたいものです。
「この書き方で合っているか心配」「メールばかりで封筒に宛名を書く機会がない」と、履歴書や封筒の書き方に困ったら、一度就職エージェントに相談してみてはいかがでしょう。
若年層に特化した就職支援を行うハタラクティブでは、履歴書・職務経歴書の作成に関する悩みについてしっかりアドバイス。
魅力的な履歴書の書き方や正しい封筒の書き方など、わかりやすくレクチャーします。

関連タグ

  • arrow