就活で使う封筒はどう選ぶ?書き方や注意点

就活で使う封筒はどう選ぶ?書き方や注意点の画像

この記事のまとめ

  • 書類を送る際に必要なものは封筒、履歴書、クリアファイル、添え状が基本
  • 履歴書や封筒などはサイズ、色、規格などに気を付ける
  • 封筒に書く時には書く位置や文字の大きさ、省略しないなどマナーを守る
  • ファイルに入れる順番や郵送の仕方にも注意

就職活動、転職活動の際には、履歴書や職務経歴書などの書類を用意します。その書類を送る際に必要になるのが封筒ですが、色や大きさ、書き方のマナーなどに迷う人も多いでしょう。

ここでは、送付する際に必要なものや書き方、気を付けたいマナーなどについてご紹介します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

就活時、書類を送る際に必要なもの

企業に書類を送る際に必要なものは、基本的には以下の4つです。

履歴書

サイズは一般的にはA4かB5のどちらかが多いです。サイズに決まりはありませんが、採用担当者が扱いやすいサイズのものが良いでしょう。履歴書以外にも書類を同封する場合は、サイズを合わせると企業側で扱いやすいです。

市販の履歴書を使用する場合は転職用、JIS規格の履歴書など、目的に合わせて項目などを確認して選びましょう。

履歴書を入れる封筒

履歴書を折らずに入れられるサイズのものにしましょう。A4の場合は二つ折りが入るサイズ。

角型A4か角2号であれば、ほとんどの履歴書は問題ありません。色は白いものが一般的です。

クリアファイル

新品の透明なものを用意しましょう。柄やロゴなどの入ったものは避けてください。

こちらもサイズは履歴書などと合わせたものにしましょう。

添え状

送り状やカバーレターとも言います。

誰から誰宛てで、何の目的でどんな書類を送ったのかを伝える書類です。サイズは履歴書などに合わせましょう。

とくにフォーマットなどに決まりはないので、テンプレートなどを利用して作成しても問題ありません。

未経験OK多数!求人を見てみる

封筒の書き方

封筒に書く際には黒のサインペンなどが一般的。裏写りはしないように、また、丁寧な字で書きましょう。

では、実際に応募先の企業に送る封筒を書く際に、どのようなことに注意したら良いのでしょうか。

表面

住所

省略せずに、丁、番地、ビル名、階なども書きます。

宛名

会社名も(株)など省略せずに書きます。企業や部署宛てなら「御中」、個人宛なら「様」です。

担当者名がわからない場合は「採用ご担当者様」などでも問題ないでしょう。

担当者名や部署名などの宛名は封筒の中央に、表面の文字の中で最も大きい字にして書きます。

「履歴書在中」

左下に赤字で書きましょう。予め印刷してある封筒もあります。

履歴書以外も同封する場合は「応募書類在中」でも構いません。

裏面

氏名、自宅の住所

裏面の左側に書きます。自分の住所も省略せずに書きましょう。

日付

封筒を投函する日の日付です。住所の上に縦書きで書きます。

封字

のりで封をした上から「〆」もしくは「封」と書きます。

フラップの境目に書くようにしましょう。

書類の入れ方、郵送について

封筒に書類を入れる際には、クリアファイルに下記の順番で入れましょう。

書類の上下やクリアファイルの裏表などにも気を付けてください。

・添え状
・履歴書
・その他応募書類

また、郵送する際には料金不足にならないようにしましょう。

トラブルが起きると到着が遅れたり戻ってきたり、相手方に不足分を払わせたりする事態にもなりかねません。

自分で切手を貼ってポストに投函するより、郵便局の窓口に持参して料金を支払う方法がおすすめです。

就活の相談はハタラクティブへ

就活の最中は応募書類の作成や封筒の用意のほか、面接対策や企業との連絡など、やるべきことが数多くあります。ひとりで就活の全てをこなして、スケジュールを管理することに不安がある場合は、エージェントを活用してみるのもひとつの手段です。

ハタラクティブなら、面接対策やカウンセリングなど、プロの就活アドバイザーがマンツーマンであなたの就活をサポート!自分ひとりでは不安があるという方は、ハタラクティブのご利用を検討してみてはいかがでしょう?

この記事に関連するタグ