東京で就職したい!地方出身者向け就活事情

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 東京で就職したい!地方出身者向け就活事情

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・東京は雇用が多い、キャリアを積める、人との出会いが豊富などのメリットがある

    ・家賃が高い、通勤電車が混む、ライバルが多いなどのデメリットもある

    ・東京での一人暮らし生活にかかる費用を把握しておくことが大切

    ・無計画で東京進出を図る前に、上京するタイミングを考えよう

    ・なぜ東京で就職したいのかについてよく考えて入社後のミスマッチを防ごう

    ・東京での就活中は事前にスケジュールを立てて節約するのもおすすめ

「地方を離れて東京で就職したい!」と思う人は多いでしょう。

華やかで楽しそう、新しい刺激がもらえそう、出会いがたくさんありそうなど、プラスの印象が強い東京ですが、イメージだけで上京すると「こんなはずじゃなかった…」と後悔をしてしまう可能性も。

東京で就職した場合のメリット・デメリットを知っておくことで就職後のミスマッチを防げます。

上京したいと考えているあなたに、「東京でやっていける!」と自信を持つことができるまで自分自身としっかり向き合うための情報をご紹介します。ぜひご活用ください。

◆東京の特徴と就職事情について

「都会に出て働きたい」と漠然と夢を抱いていても、東京という街についてあまり詳しく知らない人も多いでしょう。東京にはどれだけの人が生活しているのか、また、東京で強い業界や地方との年収の差など、さまざまな特徴について解説します。

 

【東京の人口事情】

日本の中心都市として位置づけられている東京。政治、経済、文化の中心となる大都市です。

江戸時代に栄えた江戸という都市が「東京」という名称に変わったのは1868年のこと。戦後を境に人口は増え続け、2019年の時点で約1,300万人の東京都民が生活しています。もちろん、全国トップの人口数です。

大阪で約880万人、福岡では約500万人、1都7県の首都圏以外の地方になると60~200万人ほどの人口比率となっています。

首都圏内であれば、東京都心まで電車やバスなどを利用して通勤する人も多く、毎日の通勤ラッシュは信じられないほどの混雑ぶりです。

東京のビジネスエリアは、23区内に位置する丸の内や大手町、六本木、赤坂、日本橋など。日本の経済や行政の中心地となる商業都市として多くの企業ビルが立ち並んでいます。

商業エリアとして活気がある新橋も、多くのビジネスパーソンが行き交う賑やかな街です。

東京は、「世界最大のメガシティ」と称されるほど、世界最大の人口を持つ都市圏として存在しています。(2010年現在)

 

参考URL:総務省統計局 - 第2章人口・世帯 https://www.stat.go.jp/data/nihon/02.html

 

【東京の業界事情】

多くの人が集まることで経済にも活気が生まれます。

金融機関企業においては、東京の大手町と丸の内に集結しているのが特徴です。金融営業職のみならず、事業投資や為替運用などの業務を担っているのも東京ならではといえるでしょう。また、東京に日本支社を立ち上げる外資系企業も多く、英語の語学力を活かせる職種の求人も豊富です。

 

その他に、東京で活気ある業界とされているマスメディア業やエンターテイメント業、宿泊・旅行業なども、地方に比べて多くの求人数を保有しています。

やりたい仕事、就きたい職種など、東京でしか叶えられない場合には、東京での就職を検討してみるとよいでしょう。

 

【東京の有効求人倍率】

厚生労働省より毎月公表される有効求人倍率。

求職者の数に対する求人数の割合を数値化したものです。雇用の動向を読み取ることができ、現在の景気もわかる重要な指標とされています。

算出もとは全国のハローワークの求職者数。その求職者の人数で求人数を割って倍率を導き出します。倍率が1よりも上であれば求人数が多く、1よりも下の場合には求職者のほうが多いということです。

 

2019年現在の東京の有効求人倍率は2.06倍。ということは、多くの求人の中から就職先を探すことが可能です。しかし、職種によって倍率に差があるため、地方と東京との有効求人倍率を比較しながら検討するとよいでしょう。

 

参考URL:厚生労働省(毎月公表) https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00024.html

 

東京を知らずに、憧れや理想を抱いて上京してくるのは危ない橋を渡るようなものです。これらの東京事情ももちろん大切ですが、東京で就職するメリット・デメリットも踏まえて上京するかどうかをじっくりと考えてみましょう。

◆東京で就職するメリット

地方よりも東京で就職したほうがたくさんメリットがあるのでは…と考えている人も多いでしょう。

大多数の人が東京での就職に抱くメリットには、以下のようなことが挙げられます。

 

【選べる仕事が多い】

東京の人口比率は日本における全人口の1割程度。

人が多ければ仕事の数も増えるので、地方に比べて雇用の機会も多くなる傾向があります。また、仕事の種類も多いため、専門的な職種を選択できるでしょう。

 

【キャリアの選択肢が豊富】

東京に本社が集まっている企業が多く、キャリアアップの選択肢が豊富なこともメリットの一つ。

経験を活かして転職する、本社にしかない部署に異動するなど、自分のキャリアプランに合わせた働き方が可能です。

 

【プライベートが充実する】

東京には多くの娯楽施設があり、イベントも頻繁に行われています。

東京でしか開催されないもの、東京にしかないスポットなどもあるため、プライベートを充実させられるのも魅力の一つです。

 

【人との出会いが多く刺激を受けられる】

東京には多くの人が集まってくるため、自社だけでなく、取引先など仕事を通じた出会いが多く、個性的な人や異業種の人と知り合う機会がたくさんあります。

刺激を受けたり、新しいことに挑戦するチャンスが巡ってきたりと、多くの人と知り合えるのは東京ならではのメリットです。

◆東京で就職するデメリット 

仕事もプライベートも充実した毎日を送れそうなイメージの東京ですが、大都会ならではのデメリットもあります。

東京での就職を決める前に、次のような問題についてもしっかりと考えてみましょう。

 

【物価が高い】

東京は地方に比べ物価が高いのが特徴です。

例えば、住居費は地方より東京の方が数万円高くなる傾向が。 その他にも、食費や施設利用費なども東京の方が高いことが多いようです。そのため、地元にいる感覚でお金を使ってしまうと給料日までにお金が足りなくなるケースもあるので、気をつける必要があるでしょう。

 

【通勤が大変】

地方に比べると公共交通機関が発達している東京では、電車やバスの発車時刻が分刻みに設定されています。しかし、どの路線でも朝夕の時間帯は通勤ラッシュで混雑するため、通勤するだけでストレスを感じることもあるようです。

さらに、JRや地下鉄などの路線がいくつもあり複雑なので、通勤時の乗り換えも大変。慣れるまでどの路線を使えばよいのか分からないなど、交通が発達していることをデメリットと捉える人もいます。

 

【競争が厳しい】

東京は人口が多く、雇用の機会もたくさんあるのでチャレンジしやすい環境といえるでしょう。

しかし、雇用環境に恵まれているということは、スキルの高い人が集まりやすいということ。

特に、東京に集中している大手上場企業や外資系企業、ベンチャー企業ではライバルも多く、結果を出さなければ採用されない可能性もあります。

東京で就職したからといって、必ず職の安定が手に入るとは限らないのです。

 

【地元の親や友人との交流が少なくなる】

地元で働いていれば親や友人と普通に会えますが、東京で就職してしまうと頻繁に地元に帰れなくなる可能性も。

東京で働く地方出身者は、お盆や年末年始などの長期休暇を利用して年に1~2回ほどしか帰省の機会がないため、地元とのつながりが希薄になってしまう人も多いようです。

また、帰省時期は新幹線や飛行機のチケットがなかなか取れなかったり、シーズン中でチケット代が高額になっていたりすることで、帰省自体を見送ってしまう人も。そうすると、次第に地元との距離が生まれ、さらに交流は少なくなるでしょう。

◆東京での就職を決める前に考えるべきこと

地方から東京へ就職したいと願う人は、どうしても良いところにしか目がいかないでしょう。

しかし、東京だからといって必ず就職できるとは限りません。また、就職したからといって東京で何不自由なく生活できる保障はないのです。

東京での生活にいくらかかるのか、家賃を抑えるにはどのエリアを選ぶとよいのかなど、就職を決める前に考えるべきことはたくさんあります。

まずは、東京で生活をして働く、ということをイメージしてみることが大切です。より現実的に考えることからはじめてみましょう。

 

【東京での一人暮らしにかかる費用】

地方での一人暮らしと比べて、費用が高くなるだろうと予想されるのは、主に家賃ではないでしょうか。

あとは、物価が高いことから食費がかかることも予想できます。

その他にも、電気・ガスの光熱費や水道代、電話・インターネット代、友達や会社の人との交際費、美容室代、病院代、お祝い金といった急な出費もあるでしょう。さらに、東京で部屋を借りるときの敷金・礼金と引っ越し費用も必要になります。

 

上京するときの初期費用と毎月の生活費がいくらかかるのかを計算して、事前に把握しておくことが大切です。

 

【家賃を抑えるポイント】

東京の家賃は、人気エリアになると数万円の差が出るほど相場がぐんと上がってしまいます。そのため、給与額に見合った住まいを選ぶことが大切です。

幸い、東京の交通事情は豊かなので、勤務地から多少離れている駅でも通勤に支障はないことがほとんど。駅から自宅まで徒歩数分という物件も多く、あえて人気エリア外で住居を探すのもおすすめです。

また、就職先によっては、家賃補助や住宅手当を支給している場合もあります。就活時に、応募企業の福利厚生をチェックしておくことも大切なポイントです。

 

土地勘がない地方出身の人が部屋探しをする際には、不動産屋で気になるエリアの家賃相場を聞いてみるとよいでしょう。

 

【上京するタイミングは?】

「東京ならすぐに就職できるだろう」と無計画で東京を目指すのは避けたいです。

たしかに、地方に比べて企業の数が多いため、桁外れの求人数をみて就職先を期待してしまいがちですが、安堵するのは危険。自分のやりたい職種や業界から必ずしも求人が出ている保障はなく、仮に出ていたとしても、正規雇用の募集とも限らないのです。

就職するために東京に行ったはずなのに、いつの間にかフリーターになってしまうという可能性も。

 

このように、突然思い立って行動に移すのは避けたほうが無難です。

何事も慎重に考えて上京するかどうかを決めたほうがよいでしょう。

上京するタイミングは、就職先を見つけて収入に見合った部屋を決めてからがベターといえます。

 

東京で就職することを決意したら、まずは地方でもできることから準備をはじめましょう。

次項では、東京就職へ向けた節約術をご紹介します。

◆就活中の節約術! 

地方に住んでいる場合、東京で就活や転職活動を行うと移動費や宿泊費、食費などの経済的な負担が大きくなります。無計画に仕事探しをはじめると、予定より長く東京に滞在することになったり、頻繁に上京したりと出費が増えることも。

費用を抑えるには、あらかじめ就活のスケジュールを立て、同じ日に複数の企業の説明会に行くなどの日程調整が必要です。

 

また、学生の場合、新幹線では学割を使用することが可能。

事前に学校に申請をして「学生・生徒旅客運賃割引証」をもらう必要がありますが、指定を受けた学校であれば2割引で乗車できます(運賃のみ割引)。

その他にも、3カ月以内に3往復するなら6枚綴りの回数券を購入する、夜行バスを活用するなど、費用の中でも大きな負担となる交通費は状況に合わせて選ぶとよいでしょう。

 

さらに、長期滞在する場合はホテルではなくシェアハウスやウィークリーマンションを利用する、1泊程度ならカプセルホテルを選択肢に入れるなど、状況に応じて節約を考えてみるのもおすすめです。

 

経済的な負担を軽減するためには、計画的に就活を行うことがポイント。

しかし、一人で不慣れな東京での就活に臨むと、選考のスケジュール調整に手間取ったり、企業とのやり取りが上手くいかなかったりすることもあるでしょう。

そんなときは、無理に一人で何もかもしようとせずに、就活サポートのプロを頼ってみるのも一つの方法です。

 

効率的な就活を行いたい!という方は、就職エージェントのハタラクティブに相談してみませんか?

東京近郊の求人を扱っているハタラクティブは、地方にお住まいの方でも利用可能です。

カウンセリングや面接対策などは電話にて対応。上京時の面接日程調整も行っています。

「1日で数件の面接を受けたい」「東京に滞在している間に内定が欲しい」など、希望に合わせてサポートを受けたい方も、ぜひお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ