履歴書を郵送する場合の折り方は?封筒の選び方や入れ方なども紹介

履歴書を郵送する場合の折り方は?封筒の選び方や入れ方なども紹介の画像

この記事のまとめ

  • 履歴書を郵送する際は二つ折りで、封筒もそのサイズに合わせる
  • 履歴書を郵送する場合は、「履歴書在中」と印刷された白い封筒を使用しても良い
  • 履歴書や書類はクリアファイルに入れると、汚れやシワなどを防ぐことができる
  • クリアファイルに入れるときは、送付状を一番上にして履歴書や職務経歴書などを入れる
  • 履歴書に不備がないか最終確認をしたあと、スティックのりで封をして〆マークを書く

「履歴書を郵送する際、折り方や封筒の選び方が分からない」とお悩みの方もいることでしょう。このコラムでは、履歴書を郵送する場合の折り方や入れ方のポイントを詳しく解説。サイズや色など、履歴書を入れる封筒の選び方も紹介しています。また、送付状や封書の方法など、基本的なビジネスマナーについても触れているので、ぜひ履歴書を郵送するときの参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

履歴書を郵送するときに入れる封筒の選び方

まずは、履歴書を入れる封筒の選び方を紹介します。

封筒のサイズは二つ折りで入れられる大きさ

履歴書を郵送する場合には、履歴書を二つ折りで入れられる大きさの封筒を選びましょう。履歴書を広げてA3の場合はA4サイズの封筒、広げてB4の場合にはB5サイズの封筒となります。また、一緒に同封する書類がある場合には、その書類は折らずに入れるようにしましょう。同封する書類は、あらかじめ二つ折りにした履歴書と同じサイズに揃えておくと、見栄えも良いです。

長封筒の使用は避けよう

市販の履歴書を購入した際に、長封筒が付属でついてくる場合がありますが、こちらは使用しない方が良いでしょう。長封筒に履歴書を入れるためには、三つ折りや四つ折りにする必要があり、折り目の部分が破れやすくなったり、文字が読みづらくなったりしてしまいます。詳しくは「履歴書に長封筒は使ってOK?三つ折りが駄目な理由や基本のマナーを解説」のコラムで紹介していますので、目を通してみてください。

封筒の色は白を選ぶ

封筒の色は茶色ではなく、白色のものを使うのがベストです。茶封筒はマナー違反という意見や、素材的に破れやすいというデメリットがあります。一方で、白い封筒は茶封筒と比べて目立つため、企業に届くダイレクトメールやそのほかの手紙と混ざってしまうことを防ぐことができます。無地の白い封筒を購入した場合には、左下に赤いペンで「履歴書在中」と記入しましょう。文具店などで売っている「履歴書在中」のスタンプを購入するか、あらかじめ「履歴書在中」と記載されている白い封筒を買うと手間が省けます。

未経験OK多数!求人を見てみる

履歴書を郵送するときの折り方・入れ方のポイント

前項で述べたように、履歴書を封筒に入れる際は二つ折りで入れましょう。それ以上に小さく畳んでしまうと、折り目がついてしまい、見栄えが悪くなってしまいます。また、履歴書が汚れていたり、シワがついていたりすると、「だらしのない人」と判断される可能性もあります。履歴書の折れや汚れを防ぐためには、クリアファイルに入れてから封入するのがベストです。「履歴書はクリアファイルに入れるのが常識?」のコラムで、履歴書のマナーを紹介しているので、採用担当者に丁寧な印象を与えたいという方はこちらも参考にしてみてください。

履歴書や応募書類を入れたら、応募先の企業名や担当者名、自分の名前、封入物の情報を書いた送付状も忘れずに同封します。メールや手渡しの際に無言で渡さないのと同じように、郵送でも一言挨拶を添えておくと失礼がないようです。送付状の書き方は「提出書類の送付状はいる?いらない?書き方の基本と添え状のマナー」のコラムで分かりやすく紹介してありますので、参考にしてください。

クリアファイルの中には、送付状が一番上にくるように、履歴書、職務経歴書、そのほかの応募書類の順番で入れます。封筒に入れるときには、封筒から出したときに書類が見やすいよう、宛名側に書類の表がくるように入れましょう。

履歴書を郵送する前の最終確認!

封筒の封をする前に、もう一度履歴書や封筒に誤字・脱字がないかチェックしましょう。誤字・脱字は常識がないと思われるうえに、応募先の住所や企業名を間違えると失礼にあたります。また、自分の写真がきちんと貼られているかも今一度確認。のりが弱くて剥がれてしまわないかも一緒にチェックすると良いでしょう。

応募書類に不備がないか確認したあとには、コピーをとっておくと良いです。実際の面接では、履歴書の内容に添って質問されることも少なくありません。あらかじめ質問を想定するためにも、コピーをとっておけば安心でしょう。

必要書類が全部そろっていることを確認したら、封を閉じます。その際は、スティックのりを使うとベタつかず、スムーズに封をすることができます。剥がれてしまうことを心配して、のりの代わりにテープを使用するのは止めましょう。テープは剥がしたあとに再度貼りなおせるため、第三者に読まれたり中身が紛失してしまう可能性があったりするからです。また、のり付けしたあとは、「〆マーク」を書きましょう。

今回は、履歴書を入れる封筒のサイズや書類の折り方、入れ方についてご紹介しました。書類の作成以外にも、就職・転職活動でお悩みのときには、ぜひハタラクティブのサービスをご利用ください。ハタラクティブでは、正社員を目指す若年層向けに就職・転職活動のサポートを行っています。専任の就活アドバイザーが、事前カウンセリングを実施し、あなたのお悩みや条件をヒアリング。お仕事探しから書類作成、面接対策、内定後のサポートまで、就活アドバイザーがお手伝いいたします。サービスの利用はすべて無料。まずは、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ