資格がないと就職できない?ニート脱出のポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 資格がないと就職できない?ニート脱出のポイント

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートが就活する際は、資格の有無よりも年齢や空白期間の長さに注意する
    ・就活では、自分の熱意や意欲を積極的にアピールすることが大切
    ・資格を取得する場合は、実務にすぐ活かせる資格がおすすめ
    ・資格取得よりも、就職を優先したほうが良い場合もある

資格がないと就職できない?ニート脱出のポイントのが画像

就職は、資格を持っている人が有利になると言われています。ニートが就活をする場合も、同じように資格の有無が評価に影響するのでしょうか。
このコラムでは、ニートが就活をする際、資格を取得するべきかどうか、資格取得時に注意するポイントなどについてまとめました。

ニートからの就職は資格がないと不利?

ニートが就活をするとき、少しでも良い評価を得るために「とにかく資格をとらなくては!」と考える人もいるでしょう。たしかに、資格を持っていない人よりも、資格がある人のほうが評価が高くなります。
しかし、資格があるからと言って、必ず採用されるわけではありません。むしろ、年齢が若ければ、資格の有無や数よりもポテンシャルが重視される傾向が高くなっています。


また、「とにかく資格さえあれば良いだろう」「資格を持ってないからとりあえず何かとっておこう」などと、軽い気持ちで資格を取得するのはおすすめしません。
興味のない分野の資格を勉強するのは時間がかかってしまうだけでなく、身につきにくいでしょう。目的もなく資格を取得しても、実際に就活で活用できない可能性も考えられます。
就活のために資格を取得するのであれば、就きたい仕事に関連するものをとることが大切です。
特に、求人の応募条件に資格が記載されている場合は、取得は必須なのであらかじめ確認しておきましょう。

就業意欲をアピールすることが大切

たとえ資格を持っていても、やる気がない人材は採用されません。就活で大切なのは、「この会社で働きたい」という意欲や熱意をアピールすること。
面接官により意欲を伝えるためには、以下のポイントに注意しましょう。


事前準備をしっかり行う

就活では、なぜ同業他社ではなくその会社で働きたいのか、どこに魅力を感じたのか、自分の気持ちを具体的に伝えることが大切です。
そのためには、あらかじめ応募する企業やその業界、職種に関する情報をしっかり集めておきましょう。
調べた情報を面接で全て話すわけではありません。しかし、より多くの情報を事前に入手していれば、志望動機や自己PRをより具体的に話すことができ、説得力が増すでしょう。


正直に話す

ニート期間があると不採用になるのでは?と思い隠そうとする人もいるかもしれませんが、嘘は発覚してしまうことが多いものです。「少しならばれないはず」と思っても、小さい嘘を真実にするためにさらに嘘を重ねていき、結果見抜かれてしまうことも。
また、学歴や職歴を偽って入社した場合、発覚後「虚偽の申告」を理由に解雇される可能性もあります。
社会人経験の有無やブランク期間についてなど、答えにくい質問をされても、誤魔化さず正直に伝えましょう。
併せて反省点や就業意欲をアピールすると、良い印象を与えられます。

資格をとるなら実用性のあるものを選ぼう

資格を取得するのであれば、応募する業種や職種に合ったものだけではなく、実務にすぐ活かせる知識が習得できるものもおすすめです。
以下を参考に、挑戦できそうな資格を探してみてください。


普通自動車免許

電車通勤でも都内の勤務でも、持っていて損はないでしょう。特に外回りをする営業職や、勤務地が地方という場合は、免許がないと不便になることも。
ただし、普通自動車免許では、バスやトラックといった中型自動車や大型自動車などを運転することはできないため注意が必要です。


TOEIC

リスニングとリーディングによって、英語の能力を証明する試験です。学生時代に英検を取得した人は、求人の募集要項に記載されていない限り、あらためてTOEICを取得する必要はないでしょう。
就活で活かせるスコアは最低でも600点以上、英語を使う仕事や人気企業であれば730~800点以上が目安です。
採用基準にTOEICのスコアを明示している企業も増えてきたため、応募したい業種や職種が決まっている人は、事前に確認しておきましょう。


秘書検定

秘書に必要な資質だけではなく、一般常識やビジネスマナー、接遇などについても出題されるため、最低限のビジネスマナーが身についていることをアピールできます。
言葉遣いや話し方なども勉強できるため、面接対策にもなるのが特徴。実務にすぐ活かせるものも多く、職種を問わず実用的な資格のひとつと言えるでしょう。
3級、2級、準1級、1級に分けられており、就活で活かせるのは2級以上と言われています。


マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト

仕事で使用することが多い、マイクロソフトオフィスのスキルを証明できるため、営業職や事務職といったオフィス関係の仕事で活用できます。
しかし、難易度があまり高くないため、IT系の職種を目指している人よりも、「ExcelやWordを全く触ったことがない」「パソコンをほとんど使ったことがない」という人におすすめの資格です。
試験は「Word」「Excel」「PowerPoint」「Access」「Outlook」の5種類に分かれているのが特徴。取得する場合は、どの企業でも使用されている可能性が高いExcel、PowerPoint、Wordを取得すると良いでしょう。


日商簿記

どの職種にも活かせますが、特に経理や会計などに関する仕事に就きたい人におすすめの資格です。
1~4級に分かれていますが、就活でアピールできるのは2級以上。2級合格のためには、商業簿記、工業簿記にそれぞれ約100時間程度の勉強が必要だと言われています。


資格取得で気をつけること

就職で活用するためには、就活を始める前に資格を取得しておきたいもの。しかし、資格取得のために就活を先延ばしにしていると、就職のタイミングを逃してしまう恐れがあります。
取得までに必要な勉強時間は資格によって違いますが、半年以上かかるものもあるでしょう。ほとんどの資格は勉強時間の目安が出ているため、どの程度の期間で取得できるのか、あらかじめ計算してみるのがおすすめ。
その上で、どうしても資格が必要な場合は、期間を決めてから取得しましょう。


資格がなければ就職できないというわけではありません。状況によっては、資格を持っていても、空白期間の長さが就職に影響してしまう可能性もあります。
応募したい求人が資格必須でなければ、まずは就活を始めてしまうのもひとつの方法です。研修制度が充実している企業や、資格取得支援制度を設けている企業に就職すれば、働きながら資格取得を目指すこともできるでしょう。


正社員を目指すなら

ニートが正社員を目指す場合、まずは生活習慣の改善が必要です。ほとんどの仕事は、朝始まり夕方に終わるもの。
夜型の生活になっている人や、毎日好きな時間に起きたり寝たりしている人は、生活のリズムを整えることから始めましょう。
また、自己分析や企業研究を行うことも大切です。事前に情報をまとめておくと、就活をスムーズに進めるだけではなく、入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。
特に、就活前に自己分析を綿密に行っておくと、自分に合った業種や職種を探しやすくなるでしょう。


資格がないと就職できない?役立つ資格に関するQ&A

ここでは、就職するために役立つ資格についての質問をまとめました。Q&A方式で分かりやすく回答しているので、ぜひ就活のご参考にしてください。


就職に役立つ資格を教えてください!

志望する業界や職種によって、役立つ資格は異なります。事務職であれば日商簿記検定、IT業界ならMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、海外事業を行っている部署ならTOEICなどが挙げられるでしょう。資格については「就職に役立つ資格大集合!あなたはどれを選ぶ?」でも詳しくまとめているので、ぜひご覧ください。

稼げる資格はどのようなものですか?

「業務独占資格」は高収入につながりやすいです。業務独占資格とは、資格保有者が業務を独占的に行う国家資格で、資格を持たない者は業務に携われません。医師や看護師、宅地建物取引士、弁護士などが代表例です。また、資格手当や昇給条件に当てはまる資格も稼げる資格。たとえば、秘書検定やインテリアコーディネーターなどです。詳しくは「稼げる資格には特徴がある!おすすめ10選と取得する際の注意点」でご確認ください。

簡単で合格率の高い資格は?

普通自動車運転免許や介護職員初任者研修などが挙げられるでしょう。普通自動車免許があれば車を使った仕事や通勤が可能となり、求人を選ぶ際の選択肢が広がります。介護職員初任者研修は介護施設で活かせる資格。需要が高まっている業界でもあり、「未経験者でも有資格者なら歓迎している」という施設も多いです。「今から間に合う資格取得!簡単かつ合格率高めが狙い目」のコラムでも、取得しやすい資格について解説しています。

資格選びのポイントを教えてください。

就職活動のために資格取得を目指す場合は、志望業種で活かせる資格かを確認することが大切。取得しても無駄ではないものの、会社側が選考で重視するのは「即戦力となるか」だからです。たとえば英語ができる人材を求めている会社なのに、TOEICではなく簿記検定しか持っていなかったら高評価は期待できません。資格についてはこちらのコラムのほか、ハタラクティブで詳しく解説しています。お悩みの際はぜひご相談ください。

就活の進め方や資格取得について迷ったときは、プロに相談するのもおすすめです。
ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが1対1でカウンセリングを実施。就活や求人探しに関する相談だけではなく、面接対策、応募書類の添削も行っています。
初めて就活をする方や、社会人経験がない方でも大丈夫。仕事選びから入社後のフォローまで、きめ細やかにサポートしています。
就活についてお悩みの方は、まずはハタラクティブにお問合せください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ