1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 書類選考の結果連絡が遅いのは合格?不採用?理由や問い合わせ方も解説!

書類選考の結果連絡が遅いのは合格?不採用?理由や問い合わせ方も解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・書類選考にかかる期間は企業によって違うので一概にいえない
    ・書類選考が遅い理由には応募者数が多い、採用担当者が忙しいなどがある
    ・書類選考の期間が合否に関係するかどうかは企業による
    ・選考結果が遅いときには、次の選考準備をすすめる期間と思って時間を有意義に使う
    ・選考結果の連絡が明らかに遅いときには、企業にメールで問い合わせても良い

書類選考の結果連絡が遅いのは合格?不採用?理由や問い合わせ方も解説!の画像

書類選考の結果連絡が遅いと、やきもきしてしまう方も多いのではないでしょうか。書類選考にかかる期間は企業によって違うため、一概に合否を判断することは難しいといえます。選考結果を待つあいだは、次の選考準備期間ととらえ、面接対策などを行うと良いでしょう。ここでは、書類選考の連絡が遅い理由や対処法、問い合わせ方などを解説していますので、お役立てください。

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

書類選考にかかる期間はどのくらい?

書類選考の期間は企業によって大きく異なりますが、一般的に1週間から2週間程度である場合が多いようです。以下、詳しく解説します。

 

一般的には1~2週間程度

書類選考にかかる期間は、一般的には1週間から2週間程度といわれています。
実際の選考は2、3日で、予備日として1週間と設定している企業もあれば、応募者が多いため選考に時間がかかっているというところも。企業の内情やそのときの応募状況によって決まるといえるでしょう。

 

企業によって期間は大きく異なることも

採用担当者が多忙だったり、複数の部署で選考をしていたりと、企業によって選考にかかる期間は異なります。そのため、一概に書類選考期間の長さで、合否を判断することはできないようです。
また、一般的に大企業は長め、中小企業は短めの傾向が。大企業では「応募数が多い」「採用担当者が複数人いる」など決定までに時間のかかることが多いという事情があります。一方、中小企業では意思決定者までに到達するためのプロセスが短いため、早めに結果の出ることが多いことが考えられるでしょう。

書類選考が遅い主な5つの理由

書類選考が遅い理由は、応募者数が多い、採用担当者が多忙であるなど企業によってさまざま。ここでは、主な理由について5つご紹介します。

 

1.ある程度の応募者が集まってから選考する方針

企業のなかには、業務上の都合で、応募者の人数がある程度集まってから選考を始めるというところがあります。
その際には、自分の書類が採用担当者のもとに届いてから選考が始まるまでに日があくため、想定していた期間より長くかかることがあるでしょう。

 

2.多数の応募者で時間がかかっている

企業の求人に対して応募者数が多く、選考自体に時間がかかっている場合も考えられるでしょう。
そのようなときには、選考がすべて終わるまで応募者に通知されないため、結果を知るのが遅くなる可能性があります。

 

3.長期休暇などが重なっている

応募時期によっては、暦のうえで休日が続いているなど、選考期間中に長期休暇を挟む場合があります。その間業務ができないため、書類選考が遅れることも。長期休暇が重なっているときには、通常より多めに日数を見積もっておくと良いでしょう。

 

4.採用担当者が忙しい

採用担当者には応募者の書類選考以外の業務もあることが多く、多忙さが考えられます。そのような場合、書類選考自体がなかなか進まず、すべて終えるのに時間がかかる場合も。前述のように、採用担当者が複数人いるときにも内容の摺り合わせを行うため、ある程度の期間が必要なようです。

 

5.合格者から通知している

残念ながら不採用になってしまったため、通知が遅れているという状況です。合格者から結果を通知している企業の場合、不採用の人は結果を受け取るのが遅れる傾向があります。

書類選考の期間は合否に関係する?

書類選考期間の長さが合否に関係するかどうかは、企業によります。
合格者から通知する企業もあれば、不採用者はそれ以上選考する必要がないために早く通知するといったことも。また、採用担当者の業務状況や暦上の休暇などによっても左右されます。そのため、書類選考の期間だけでは合否を判断することはできないといえるでしょう。

書類選考の結果連絡が遅いときの対処法

書類選考の連絡が遅くても、むやみに不安がらないことが大事です。
時間を有効活用する、採用担当者に問い合わせるなど、冷静に対処しましょう。ここでは、連絡が遅いときに取るべき対処法についてご紹介します。

 

時間を有効活用する

まずは、書類選考を待っている間に面接対策をする、他の企業の書類を作成するなどして、時間を有効に活用するのをおすすめします。書類選考を通過すると、すぐに面接日程が組まれることが多く、
十分に対策のできない可能性があるからです。選考結果に対する不安な気持ちはいったん置いておき、時間を選考対策に費やせると前向きに考えましょう。

 

採用担当者に問い合わせる

一定期間待っても選考結果が来ない場合には、採用担当者に問い合わせてみても構いません。
しかし、問い合わせをする際には、採用担当者に悪い印象を抱かせないための工夫が必要です。次項で、採用担当者に問い合わせる際の注意点について解説します。

 

採用担当者に問い合わせる際の注意点

採用担当者への問い合わせには、メールで行う、返答を急かすような内容は極力避けるなどの注意点があります。以下、順に確認していきましょう。

 
問い合わせはメールで行う

選考結果の問い合わせは電話ではなく、メールで行うのが基本。電話だと担当者がそのときに出られるか分からないうえ、出られない場合は後に折り返さなくてはならなくなるためです。
メールだと担当者の都合の良いタイミングで返信ができるため、業務の邪魔をしにくいといえるでしょう。

 
急かすような内容は控える

選考結果の時期を聞く際には、くれぐれも急かすような印象を与えるような書き方は控えましょう。
「もう結果は出ているのでしょうか」など、結果を早く知りたいというような書き方をすると、担当者に良い印象を与えません。せっかく合格していても、次の選考に影響してしまう可能性があるので、あくまでも「そちらの予定が知りたい」というニュアンスでの書き方を心がけましょう。

 
責めるような内容にならないよう配慮する

たとえば「1週間後に結果をいただけると伺っていましたが」「こちらはもう1週間まえに書類を送ったのですが」というような書き方をすると、なぜ結果を教えてくれないのかと相手を責めるような印象を与えかねません。「こちらに落ち度はなく、そちらが悪い」という雰囲気に受け取られないよう、上記のような内容は書かないのが無難です。

書類選考になかなか通らないときには

書類選考を通過しないときには、基本的なルールの確認、自己分析や企業研究のやり直しといったことが有効です。以下、それぞれ詳述します。

 

書類作成時の基本的なルールを守れているかチェック

たとえば、「自己PRや志望動機は結論から書く」「誤字脱字はないか」など、自分ではできていると思っても見落としがちな点について、もう一度見直してみることをおすすめします。書類作成において最低限のルールが守れていないと、内容がどんなに良くても評価につながらないことも。ほかにも、証明写真のサイズ、文字の訂正方法などのマナーもチェックしておきましょう。

 

自己分析ができているか振り返る

企業に有効なアピールをできるだけの自己分析ができているかをふりかえってみましょう。自己PRが弱い場合は、十分な自己分析をできていないのが原因と考えられます。
また、企業の欲しい人材と自分の強みがマッチしているかどうかも大切。たとえ素晴らしい長所であったとしても、その企業に必要な人材と思ってもらえなければ意味がありません。自己アピールが弱い場合は自己分析を今一度やり直してみる、自分の長所が企業で活かせるかどうかを振り返ってみるなどしてみましょう。

 

企業研究をもう一度見直してみる

応募先企業について不足している情報はないか、適切に分析できているかを見直してみるのも有効です。自分の望む働き方と応募先企業の社風や目指すところが合っていない可能性があります。
書類選考に通らないのには、必ず何かしらの原因があります。しかし、その原因に気づかないまま、選考に落ち続けてしまうという人も。
どうして書類選考に通らないのか分からないときには、他の人の力を借りるのも手です。信頼できる人に相談し、正しく自己分析ができているか、自己PRが説得力のある内容になっているかなどをチェックしてもらうと良いでしょう。

 

「書類選考がなかなか通過しない」「正しく自己分析できているか自信がない」という方は、20代、30代向けエージェントのハタラクティブにご相談ください。キャリアアドバイザーがあなたのお悩みをマンツーマンで丁寧に伺ったうえで、有効な自己PRのアドバイスも行います。
ハタラクティブでは、職歴が浅い、アルバイト経験しかないといった経歴に自信のない方に向け、積極的にポテンシャル採用を行っている企業の求人を多数取り揃えているのが強みです。また、企業とのやり取りはすべて代行していますので、気になる選考結果の問い合わせについてもキャリアアドバイザーにおまかせ。これらは無料のサービスですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    書類選考の連絡が来ないときは?問い合わせのやり方も解説!

  • image

    書類選考の結果が来ない…こちらから電話してもいい?

  • image

    書類選考の期間はどのくらい?選考結果が遅い理由と問い合わせ方法を解説!

  • image

    書類選考では、どこを見られている?

  • image

    書類選考の合否メールがきた時、返信が必要なパターンは?

  • image

    不合格かも…面接結果が遅くても不安にならないで!

  • image

    転職先が決まらない…書類選考の通過率はどのくらい?

  • image

    不採用理由を知りたいなら問い合わせを!選考落ちしやすい4つの原因とは

  • image

    書類選考とは?企業側の目的と優れた応募書類の書き方

  • image

    転職最初の壁。書類選考を越えるには?

  • image

    面接結果は問い合わせても良い?メールと電話の例文や返信方法も紹介

  • image

    転職エージェントの活用が効果的?書類選考のコツとは

  • image

    面接の合否はいつ頃出る?連絡が遅い理由と対処法!

  • image

    就職活動における選考の意味を考えてみませんか?

  • image

    最終面接の結果待ちがつらい!連絡が遅れる原因と対処法

  • image

    面接結果は翌日?一週間後?二週間後?

  • image

    無理なら早く教えて!不採用通知が届かない時の対処法

  • image

    面接結果の連絡が来ない理由とは?

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる