就活の筆記テストにはどんな種類がある?やるべき準備や対策法を解説!

就活の筆記テストにはどんな種類がある?やるべき準備や対策法を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・就活で筆記テストが行われるのは、応募者の学力と適性を確認してふるいにかけるため
  • ・就活の筆記テストに合格できない大きな原因は準備不足
  • ・就活の筆記テストの対策法は、自己分析をしたり過去問をたくさん解いたりすることなど
  • ・テストセンターや企業に出向いて筆記テストを受ける際には、時計を持参しよう
  • ・就活の筆記テストに不安がある方は、就職エージェントへの相談がおすすめ

「就活の筆記テストはどう対策したらよい?」と不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?
就活の筆記テストに合格するためには、テストの種類を知り、それぞれに合わせた準備をすることが重要です。
このコラムでは、筆記テストをクリアするためのポイントや対策法について紹介しています。これから就活をはじめる方や、筆記テストで落ちてしまいなかなか面接に進むことができない方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

就活で筆記テストを行う3つの目的

就活で筆記テストを行う理由は企業によって異なりますが、以下の3つが主な目的です。
筆記テストが行われる目的を事前にきちんと認識することにより、筆記テストをクリアするポイントや対策が見えてきます。

1.応募者の学力と性格を確認するため

企業が筆記テストを行うのは、第一に応募者の学力と性格を知るためです。社会人としての基礎学力や性格を知ることは、採用するうえでとても大事な判断材料となります。

2.応募者をふるいにかけるため

応募者が少ない場合は、全員を最終選考である面接まで残して、一人ひとりから詳しく話を聞きたいところですが、応募者が多い企業ではその前にある程度の人数に絞る必要があります。
企業が求める基準に達しているかどうかを筆記テストで判断することは、人材採用の手間をできるだけ少なくするための必須事項です。

3.応募者の適性を知り配属部署の選定材料にするため

全ての企業が筆記テストの結果だけで判断するわけではありませんが、筆記テストでは応募者の適性もある程度知ることができることから、それを参考にして入社後の配属部署を決めることがあります。

就活で筆記テストが行われる意味を知りたい方には、筆記テストで出される問題なども書かれているコラム「筆記試験の目的とは?就職活動に向けて準備しよう!」がおすすめです。
また、就活での筆記テストをパスして内定をもらうためにすべきことを知りたい方は、筆記試験でアピールできることなどを紹介しているコラム「就職試験で内定をもらうために!抑えるべきポイント」をチェックしてみてください。

就活の筆記テストをクリアするポイント

就活の筆記テストをクリアするためのポイントは、事前の準備をしっかり行うことです。
書類選考にはいつもパスできるのに、筆記テストで落とされてしまうという方の多くが事前準備を怠っています。

新卒の就活では大多数の企業が筆記テストを行っていて、学力を試す試験のほかに性格検査が実施されることもあります。
就活で行われる筆記テストは大学受験のような難問が出るわけではないから特別な対策をする必要がないと考えたり、性格検査では対策のしようがないと考え筆記テスト向けて何の準備もしなかったりする学生も少なくありません。

しかし、学力テストで最低基準を満たせない、学力テストは基準に達しても性格検査で不合格になる人がたくさんいるのが現実です。
企業は協調性のある人材を求めていることなどが性格検査でふるいにかけられる原因ですが、そのことをきちんと理解して事前にしっかり準備をしておけば、テストをクリアできる確率を高めることができます。

転職の筆記試験に一般常識テストがあるか知りたい方には、転職時に実施される筆記試験の種類や対策法が書かれているコラム「転職の筆記試験に一般常識はある?どんな問題が出る?対策方法を解説」がおすすめです。

就活の筆記テストの種類

就活の筆記テストをクリアする大事なポイントには、応募先の企業がどの種類の試験を採用しているかを知ることがあります。筆記テストの種類によって対策の仕方も異なるので、確認しておきましょう。
以下が、主な就活の筆記テストの種類とその内容です。

SPI

就活で最も一般的な筆記テストが、リクルートキャリア社が提供しているSPIです。
大企業だけではなく、中小企業でも採用していて、受験方法はペーパーテスト、テストセンター、Webテスト、インハウスの4種類です。

出題されるのは、言語系(国語)と非言語系(算数、数学)と性格検査で、学力検査の難易度は高校卒業レベルと高くはありませんが、問題数が多いため事前に時間配分を考え練習しておく必要があります。

玉手箱

Webテストで代表的な玉手箱は、日本エス・エイチ・エル社が提供している筆記テスト。新卒採用で最も多くの企業に採用されている就活のテストです。同社では、他にもC-GABやIMAGESを提供しています。

出題は、言語系、非言語系、性格判断に英語が加わり、SPIと比較すると難易度は高いです。しかし、問題は高校生でも解けるレベルなので、事前にしっかり対策すればクリアできる可能性は高いでしょう。

TG-WEB

TG-WEBは、ヒューマネージ社が提供している筆記テストで、出題方法はテストセンターとWebテストの2つです。
SPIや玉手箱よりも導入率は低いですが、近年採用する企業が増えています。

出題は、言語系、非言語系、性格判断、英語の4つですが、言語系と非言語系が2つに分かれるため正確には合計6種類で、SPIや玉手箱よりも難易度が高いです。
応募先で採用されていない場合は対策の必要はありませんが、初見では解けない問題も多いので、事前の練習がとても重要になります。

その他の筆記テスト

採用している企業は多くはありませんが、他にもGPS-Business、CUBIC、CAB、TALなどの適性テストもあるので、事前にしっかり情報を収集して対策を怠らないようにしてください。

企業のオリジナルテスト

企業が独自に作成した筆記テストが出題されることもあります。その傾向が強いのが新聞、出版、放送局などのマスメディア系の企業です。

就活での一般常識テストが採用結果にどのような影響を与えるのか知りたい方は、企業が一般常識テストを実施する理由などが書かれているコラム「一般常識テストは採用結果に影響する?出題内容や勉強法を紹介」をチェックしてみてください。

就活の筆記テストをクリアするための4つの対策法

就活の筆記テストをクリアするには、テストの種類ごとに対策する必要があります。
ここでは共通して行うべき4つの対策法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.過去問をたくさん解く

応募企業が採用している筆記テストの種類を確認したら、問題集を購入して過去問をできるだけ多く解きましょう。
あまり時間がないときには、問題集を何冊も用意するのではなく、1冊に絞って繰り返し問題を解く練習を繰り返してください。

2.模擬試験を行う

基本的に就活の筆記テストの難易度はそれほど高くはないため、制限時間内にいかに多くの問題を解くかが重要です。
そのためには、時間配分を的確にできなければいけないので、本番と同じ制限時間で模擬試験を受けましょう。

3.大学の対策講座を利用する

就活の筆記テストの対策講座を実施している大学も少なくありません。情報を積極的に得るようにして実践力を身につければ、かなり有効な対策となります。

4.自己分析を行う

筆記テストの性格検査では、企業が求める人物像に少しでも近づけるために、出題される問題を調べて虚偽の回答をする方もいるようですが、性格検査で嘘をついても後々かなり高い確率で矛盾が生じてしまうのでおすすめできません。
それよりも、事前に自己分析を深めて、自分の適性にマッチしている企業を探し、要望や条件とも照らし合わせて応募先を決めることを推奨します。

中途採用での筆記試験に不安を抱えている方には、転職活動での筆記試験の対策方法などが書かれているコラム「絶対合格!転職活動の筆記試験、試験別の対策はこちら」がおすすめです。
また、転職活動で行われる筆記試験をクリアする方法を知りたい方は、筆記試験の種類や対策などを紹介しているコラム「転職活動で筆記試験をクリアするポイント」を参考にしてみてください。

就活の筆記テストを受けるときの5つの注意点

就活の筆記テストをテストセンターや志望企業で受けるときに、注意すべき点を5つ紹介します。
自宅で行うことができるWebテストが人気だった時期もありましたが、最近では替え玉受験などが問題となったことなどから、テストセンターや企業内でテストが行われるケースが増えています。

1.時計を持参する

筆記テストには制限時間が設けられており、約40分から1時間程度と余裕もありません。時間確認のため、時計はテストを受けるための必須アイテムです。
近頃ではスマホを時計代わりにしている方が多いですが、就活の筆記テストでは持ち込めないので、時計を事前に用意して忘れず持参してください。

2.持ち物を事前に確認する

テスト会場や企業によっては持ち物が指定されていることがあります。
それを認識していなくて試験中に机の上に禁止されているものを置くなどすると、不正行為をみなされる可能性もあるため、持ち物には注意しなくてはいけません。

3.パソコンに慣れておく

テストセンターでは、会場に用意されているパソコンを使用しなければいけないケースが多いです。
普段はスマホしか使わないのが原因で、パソコンを上手く操作できなかったということにならないように、事前にパソコンの操作には慣れておきましょう。

4.服装はスーツが無難

テストセンターで筆記テストを受ける際の服装に指定はありませんが、ほとんどの学生はスーツでテストに臨んでいます。企業で筆記試験を受ける際にはスーツであれば間違いないでしょう。

5.遅刻や欠席の場合は必ず連絡する

何らかの事情で筆記テストを受けられなくなった場合は、早めに担当者や企業の部署宛に電話をして、欠席の理由を伝えましょう。
遅刻をしてしまう場合は、それが分かった時点で電話をして、遅刻の理由を端的に伝えてください。会場に到着したら、遅れたことを丁寧に謝罪するのがマナーです。

「就活の筆記テストに合格できないのでは?」「いつも筆記テストで落とされるのはなぜ?」という不安や疑問をお持ちの方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブではあなた専任のアドバイザーが筆記テストや面接など、就職・転職活動に関する不安や悩みを解消。また、丁寧なカウンセリングを行い、あなたの適性を見抜いて、理想の職場を案内します。
すべてのサービスの利用は完全無料です。まずはハタラクティブまでお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION