1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 筆記試験の目的とは?就職活動に向けて準備しよう!

筆記試験の目的とは?就職活動に向けて準備しよう!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・筆記試験を行う意味は、企業が応募者の学力や生活を判断するため
    ・筆記試験の種類は、「SPI」「玉手箱」「TG-WEB」「一般常識」など
    ・事前の対策が肝心。それぞれの試験ごとに適した対策を練っておこう
    ・就活や転職に悩みがある場合、プロの就職アドバイザーに相談を

就職活動では筆記試験が課されることがあります。SPIなどの統一テストを行うところもあれば、企業独自の試験問題を出すところもあります。
筆記試験が採用にどれほど影響するのかは企業によってまちまちですが、良い得点を取っておきたいもの。
そつなくこなして採用の可能性を上げるためにも、筆記試験について知っておきましょう。

◆筆記試験を行う意味とは?

就職採用試験で筆記試験を行う目的は企業によってさまざまですが、大手の有名企業など、応募者が多い企業では面接までにある程度人数を絞るために行われるといわれています。
応募者1人1人に対し割ける時間は限られているため、まずは学力で判断しているのです。

しかし筆記試験で見られるのは学力だけではありません。
筆記試験では多くの問題数を出すことで冷静に処理する能力があるかや、優先順位の付け方など、実際に仕事をする上で必要な能力も大きな比率を占めている他、性格や適性の判断も行われています。

◆どんな問題が出される?各種就職筆記試験の傾向と対策

就活時に行われる筆記試験にはいくつかパターンがあります。
ここでは、代表的なものの傾向をご紹介します。

【SPI】

実施方法:専用のセンターで受けることが多い。パソコンでの受験やペーパーテストが行われることもある。マークシート方式
問題の傾向:言語(国語)と非言語(数学)の基礎能力検査、性格検査
対策ポイント:問題数は多いですが、基礎的な能力を測るためのものなので難易度がものすごく高いテストではありません。
しかし解き方を忘れていたり、うっかりミスをしたりすると得点が伸びにくくなってしまうので、事前に対策し、問題に慣れておくことが重要です。

【玉手箱】

実施方法:Webテスト(自宅のパソコンなど)
問題の傾向:言語・計数・英語・性格検査
対策ポイント:1問にかけられる時間が短いため、スピーディーに問題を解くことが大切。
また、問題の出方も玉手箱以外ではあまり見かけない形式のものが多いため、過去問などを解くことで慣れておくことが必要になります。

【TG-WEB】

実施方法:Webテスト
問題の傾向:新型と従来型がある。言語・計数・英語・性格の分野。
対策ポイント:新型と従来型で問題の出題方法が異なるのがポイント。
新型は多くの問題を短時間に解くことが必要となります。
従来型は難易度の高い問題が多いため、今までの傾向をおさえておきましょう。

【一般常識】

実施方法:企業による。ペーパーテストやマークシート、Webテストなど様々
問題の傾向:文系(社会・英語・国語・文化・時事問題)問題と、理系(数学・理科)問題
対策ポイント:希望する職種や企業によっても異なりますが、上記の分野の中から幅広い問題が出題されます。問題の難易度自体はそこまで高くありません。
時事問題はその時話題になっている問題が出ることが多いため、日頃から様々なジャンルのニュースに関心を持つことが大切です。

これらが代表的な筆記試験となります。
企業ごとに出される試験は異なるので、自分の志望する企業は何を用いているのか、興味のある業界はどれを使っていることが多いのか…などをチェックしておくことが大切です。

筆記試験で失敗しない方法は、事前対策しかありません。それぞれのテストには問題の癖や解き方のコツがあるので、それを押さえた対策が重要となるのです。
SPIや玉手箱などは事前に過去問に取り組んで解き方を覚える、一般常識ならば社会に関心を持って新聞やニュースに触れる…など、それぞれの試験に応じた対策を練っておきましょう。

【実施方法の違いって?】

テストごとに実施方法は異なるもの。それぞれを簡単に解説します。

・webテスト型
パソコンで試験を受けるもの。受ける場所は大学や家など様々です。

・ペーパーテスト型
応募した企業や指定された会場に集まり、紙のテストを受験します。歴史のある企業などで多く用いられている形式です。

・テストセンター型
試験会場に集まり、用意されたパソコンでテストを受けます。

webテスト型は替え玉受験や複数人での受験など、不正が行われやすいという面も。
最近では、個人の確認ができて結果を共有しやすいテストセンター型が多く用いられているようです。
受ける環境によって集中できるかどうかも異なりますので、自分がどうやって受験するのかも事前に調べておきましょう。

◆就活・転職に不安がある方は

自分の希望する業界ではどんな採用が行われているのかわからない、就活対策に何をするべきか悩んでいる……など、就活・転職活動に不安がある方は、ハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは若年層へ向けた就活サポートを行っており、仕事探しをしている人のさまざまな悩み相談に応じています。
経験豊富な就活アドバイザーが、マンツーマンであなたの就活をサポート。適性に合った求人の紹介も行っています。
就職や転職にお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる