適性検査とは?合格するポイントを詳しく解説!面接と併せて対策しよう

適性検査とは?合格するポイントを詳しく解説!面接と併せて対策しようの画像

この記事のまとめ

  • 適性検査は面接の前後に行われ、応募者が自社への適性を備えているか判断するテスト
  • 適性検査には能力検査と性格検査があり、基礎学力やパーソナリティがチェックされる
  • 適性検査の結果は、面接を含めて採用を決める際の重要な材料となる
  • 適性検査は出題傾向を把握し、面接対策と併せて準備することで合格を目指せる

就職・転職活動をしている方に向けて、面接とともに行われることの多い、適性検査の内容や対策について紹介します。適性検査に苦手意識を持っていて、どんな準備が必要か知りたい方はチェックしてみてください。適性検査の目的や内容を知ると、就職・転職活動の準備や対策がしやすくなります。これから適性検査に臨む方はぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接の前後に実施される適性検査とは

適性検査とは、企業への入社にあたり応募者が必要な適性を備えているかを判断するテストです。適性検査を行うことによって、企業は面接では分からない応募者のパーソナリティや一般常識力・基礎学力を知ろうとしています。適性検査は面接と同様、選考の結果に影響を与えるテストであるため、事前の対策は必須です。

新卒採用と中途採用では判断材料が異なる
新卒採用と中途採用では、適性検査における採用の判断材料が異なります。新卒採用の場合、適性検査の結果は選考を進める際の優先度や配属する部署を決めるために使用されることが多いです。一方で中途採用の場合は、面接と同様に応募者が自社の求める人物像にマッチしているかどうかの判断材料になることが多いでしょう。そのため、適性検査の結果が採用により大きく影響する可能性が高いのは、新卒採用よりも中途採用であるといえます。

転職活動において適性検査の受検を求められた方は、「転職における適性検査とはどういうもの?」のコラムもご覧ください。

適性検査の内容は?

適性検査には、能力検査と性格検査の2つの種類があります。それぞれの概要は以下のとおりです。

能力検査

適性検査の能力検査では、一般常識や基礎学力が問われます。通常それほど高度な内容が出題されることはなく、中学・高校レベルの問題がほとんどです。この能力検査を通して、応募者がどれほど準備をしてきたか、会社で求められる仕事をこなす能力があるかがチェックされます。
しかし、適性検査の学力検査は制限時間に対して問題数が多い傾向があるので、対策をしないと時間切れで問題を解ききれない恐れが。時間配分を考え、解く問題の優先順位を決めることも重要です。

性格検査

適性検査の性格検査は、応募者の性格をはかる検査です。性格検査を行うことによって、企業は応募者の行動特性や意欲、情緒、ライフスケールなどを知ろうとしています。
適性検査の性格検査は多くの場合、200問から300問前後の設問に対して「はい」か「いいえ」で回答していく形式のテストです。そのほか、回答に「わからない」「どちらともいえない」といった選択肢がある場合もあります。
適性検査の性格検査では、自分の感情をコントロールできるか、嘘をついていないかを確認する設問も用意されているので、自分の気持ちを正直に答えましょう。

適性検査の性格検査は、入社後のミスマッチを防ぐためにも大切なテストです。性格検査については「適性検査の対策方法とは?種類や行う意味を解説」のコラムでも解説していますので、併せて参考にしてください。

適性検査の具体的な種類

ここでは、実際に行われる具体的なテストの種類を紹介します。このコラムでは「SPI」「玉手箱」「YGPI」「クレペリン検査」の4つを紹介しますので、参考にしてみてください。

SPI

SPIとは、リクルートマネジメントソリューションズが提供する検査のことで、正式名称は「SPI総合検査」です。代表的な適性検査の一つで、学力検査と性格検査の両方の内容を含んでいます。SPIとは、「Synthetic(総合的な)」「Personality(個性・性格)」「Inventory(評価)」の略です。
SPIの能力検査では、主に基礎能力が問われます。問題は言語分野・非言語分野の2種類で、コミュニケーション能力や新たな知識、技術などを習得する能力が測られます。そのほか、企業によっては上記の2種類に加えて、英語が追加されることもあるでしょう。
一方、性格検査は約300の質問がなされ、応募者の性格を4側面・18種類に分類するテストです。性格検査により、応募者の性格や特徴を把握し、職場でどのような行動を取るかを予測できます。

玉手箱

玉手箱は、日本エス・エイチ・エル(SHL社)が提供するWebテストです。SPIと並ぶ有名な適性検査で、多くの企業が採用しています。
玉手箱もSPIと同様に、能力検査と性格検査の両方が含まれています。学力検査では言語3種類、係数3種類、英語2種類の中から企業が任意で組み合わせたものが出題されるのが一般的です。四則演算や長文読解などの基本的な学力を問う問題が多く準備されています。学力検査と性格検査を合わせて、「応募者のバイタリティ」や「プレッシャーへの耐力」がチェックされるのです。

YGPI(YG性格検査)

日本心理テスト研究所が提供している適性検査で、「はい」「いいえ」「わからない」の3つの選択肢で回答します。制限時間は30分で、設問は120問です。YGPIでは「情緒特性」「人間関係特性」「行動特性」「知覚特性」の4つの特性をチェックし、応募者の性格の特徴を判断します。信頼性の高い結果が短時間で得られるため、非常によく用いられる検査です。
嘘をついて回答すると、のちのち面接で苦労することもあるので正直に答えましょう。

クレペリン検査

クレペリン検査とは、正式名称を「内田クレペリン検査」といい、実際に仕事をするときの能力を測る適性検査の一種です。隣同士の数字の和の下一桁を空欄に記入していくテストとなっており、一列につき制限時間が1分とされています。
クレペリン検査は、作業のテンポなどの「能力面」と、作業をする時に発揮される持ち味などの「性格・行動面」をまとめて測定する適性検査です。計算が早く正確か、作業時間が増えると作業量が増減するかなどの観点から、応募者の働きぶりをチェックします。

適性検査を受けるときは面接と同様に準備が大事

適性検査は面接と同様、採用の判断材料として重要視されるので、しっかりと準備しておく必要があります。適性検査を受ける前に行うべき対策は、出題傾向を見極めて重点的に学習することです。多くの企業が採用しているSPIや玉手箱といった適性検査は、過去に出題された問題を手に入れられます。インターネットで検索すると、適性検査に似たようなテストを受けられるサイトが見つかるでしょう。制限時間を設けて、問題を解いて練習しておくのがおすすめです。

転職をする場合、適性検査のほかにも準備するべきことがあります。「転職でやることをチェック!準備リストに沿って効率良く手続きを進めよう」のコラムも参考にしてください。

適性検査に合格するための5つのポイント

ここでは、適性検査に合格するためのポイントを5つ紹介します。参考にして、合格を目指しましょう。

1.計算練習をする

多くの適性検査は電卓の使用が禁止されているので、四則演算に慣れておく必要があります。足し算、引き算、掛け算、割り算の基本的な計算を素早く、正確に行えるよう練習しましょう。
また、適性検査には四則演算に加え、1次・2次方程式や累乗計算、不等式、分数なども設問に含まれています。それほど高度な内容ではありませんが、基本的な学力を問う問題が多くなるので、スピードと正確さを向上させておきましょう。

2.読解力をつける

適性検査の言語系の能力検査では、読解力が必要となります。できるだけ多くの単語や熟語を覚えたり、助詞・助動詞の使い方をマスターしたりしましょう。また、普段から新聞や書籍を読む習慣をつけていれば、文章を論理的に理解する助けになります。

3.時間配分を決める

適性検査では、うまく時間配分をすることが大切です。時間配分を決めておかないと、最後まで問題を解けない恐れがあります。最初に全体を概観し、どこに時間がかかりそうか、どのように時間を配分すべきか考えるのも良いでしょう。事前に適性検査の練習をして、自分なりの解き方の手順を決めておくのも有効です。

4.消去法を効果的に使う

1問にかかる時間を短縮するために、選択肢の中から明らかに誤りと分かるものを先に消していく消去法を使うのも効果的です。問題数の多い適性検査では時間の節約が重要になるので、うまく活用していきましょう。

5.性格検査に正直に答える

性格検査は質問に対する正解がないので、基本的には自分の性格を正直に答えるのが重要です。嘘をついたことが分かると、不合格になってしまう恐れがあります。
また、設問をきちんと読まずに回答するのも避けましょう。読まずにいい加減に回答した結果、矛盾した答えになってしまい、「嘘をついている」という判定を受ける危険性があります。

落ち着いて受験できる環境や準備を整えよう
適性検査は面接会場だけでなく、自宅でパソコンやスマホから受験することもあります。面接会場で受験する場合は、前日までに削った鉛筆かシャープペンシルを2~3本用意しておく、模擬試験を受けて対策しておくなど、当日に備えましょう。自宅での受験の場合は、近所の騒音が少ない時間帯を選ぶ、室温に気を配るなど、可能な限り適性検査に集中できる環境を整えておくことを心掛けてみてください。

面接では適性検査の結果が重要となる

面接では、適性検査の性格検査の結果が参考にされます。性格検査で浮き彫りになった応募者の性格が偽りの姿ではないか、矛盾は生じていないかがチェックされるのです。
嘘をついていた場合には面接に落ちる確率が高くなります。適性検査も面接も、正直に回答しましょう。適性検査と面接の両方を総合的に対策するには、エージェントサービスの活用がおすすめです。

ハタラクティブは、企業と求職者の橋渡しを行う若年層向けの就職支援サービスです。
エントリーシートや履歴書、職務経歴書などの書類作成のアドバイスはもちろん、適性検査や面接対策などの悩みに就活のプロが対応します。就職・転職をお考えの方、ぜひハタラクティブをご利用ください。

面接前後に行われる適性検査に関するQ&A

就職・転職の採用面接の前後に、適性検査を実施する企業は少なくありません。適性検査は対策することができるので、事前にやり方を理解しておきましょう。ここでは、適性検査に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

適性検査とSPIの違いは?

採用の場でよく聞かれるSPIですが、これは適性検査の一種です。適性検査には、SPIのほか、玉手箱、クレペリン検査、YG検査などがあり、どの検査が実施されるかは応募先企業によって異なります。詳しく知りたい方は、適性検査の種類やSPIの特徴についてまとめた記事「適性検査とSPIの違いとは?テストの種類や受検の注意点も解説」を参考にしてください。

企業が適性検査を行う理由は?

企業が適性検査をする理由は、応募者の基本的な能力や会社との相性を知り、客観的な視点で採用を判断するためです。履歴書や面接では、採用担当者の主観が入ることになりますが、適性検査をプラスすることで多角的な視点で応募者を評価できます。適性検査を行う理由を詳しく知りたい方は、「適性テストで職業との相性が分かる?種類と対策方法」をご覧ください。

適性検査の種類を教えてください

適性検査には、「SPI3」「CAB」「GAB」「内田クレペリン」などがあります。就職活動でよく用いられるのは、「SPI3」という適性検査です。SPIは、能力検査と性格検査の2種類の検査を行います。適性検査の種類や詳しい内容を知りたい方は、「就職適性検査とは?種類と目的、対策方法もご紹介」を参考にしてみましょう。

適性検査の対策方法は?

適性検査の対策は、参考書で勉強したりWebサイトの練習問題を活用したりする方法があります。Web上で適性検査を受検する場合は、パソコンやインターネットといったWeb環境を整えるのも対策のうちです。就職・転職活動の適性検査が不安…という方は、就職や転職におけるサポートを実施するハタラクティブにご相談ください。サービスの一環として、適性検査をはじめ、応募書類作成や面接対策のアドバイスも行います。

関連タグ