新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. webテストとは?目的や種類を詳しく解説!就活を成功させる対策法も紹介

webテストとは?目的や種類を詳しく解説!就活を成功させる対策法も紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・webテストとは、企業側が応募者の能力や性格などを測定するために行うオンライン試験
  • ・webテストの目的とは採用活動の効率化であり、面接に進む人を絞るために行われている
  • ・webテストを大別すると、能力検査と性格検査の2種類になる
  • ・webテストを自宅で受ける場合は、メモ用紙や電卓を用意しよう
  • ・就活が本格化すると面接対策などで忙しくなるため、webテストは早めに終わらせよう

監修者:後藤祐介

就活アドバイザー

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「webテストとは何?」「webテストを行う目的は?」などの疑問を持っている方も少なくないと思います。
webテストとは、応募者の能力や性格などを測定するために行うオンライン試験です。このコラムでは、webテストの受験方法や受ける際の注意点などを解説しています。
webテストの種類や内容も詳しく紹介しているので、就活を有利に進めたい方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

webテストの目的とは?

webテストを行う主な目的は、企業の採用活動の効率化を図ることです。webテストを実施することにより、人事担当者の負担を減らして、面接へ進む就活生などを絞ることができます。

webテストとは、応募者の能力や性格を見極めるためのオンラインテストで、エントリーなどの就活の初期段階で実施されるケースが多いです。
また、人気企業などではインターンへの応募者が殺到することから、選考の効率化を図るためにwebテストを利用しています。

webテストでは応募者の学力以外にも、行動性、社交性、意欲性、情緒性、共感性、慎重性などを図ることができるため、企業にとってリスクの高いと思われる応募者を早々に選考から除外することを可能にしてくれます。
さらに、入社後の配属先を決める判断材料としてもwebテストを活用している企業も少なくないようです。

就活で書類選考には通るのに筆記試験で落ちてしまうという方には、筆記試験をクリアするポイントなどが書かれているコラム「就活の難所!筆記テストにはどう対策する?」をおすすめします。

webテストの2つの種類

webテストを大別すると、「能力検査」と「性格検査」の2種類があります。
ここでは、それぞれの内容を解説しますので確認してください。

能力検査

webテストの能力検査とは、応募者の学力を測定するものです。
能力検査には「言語分野」と「非言語分野」があって、言語分野では、「長文読解」や「文章の並べ替え」などの国語的問題が、非言語分野では「確率」や「速度算」などの数学的な問題が出されます。

就活生などが苦戦するのが能力検査だといえるでしょう。言語分野では、事前に語彙力や分法力や読解力を勉強することが必要です。非言語分野では、計算式の復習や過去に出された問題を予習しなければ、簡単に高評価が得られないようになっています。
また、企業によっては足切りの点数が設定されていたり、英語の検査を実施したりするところもあるようです。

性格検査

webテストの性格検査とは、応募者の性格を確認するためのテストです。能力検査ほどの入念な準備は必要ありませんが、回答の仕方には慣れておきましょう。
社会適合性やストレス耐性を測定して、それぞれの気質や処理能力を確認するのが目的のwebテストです。問題は「はい・いいえ」で回答するものが多くなっています。

webテスティングサービスについて詳しく知りたい方は、その特徴などを詳しく紹介しているコラム「Webテストって? Webテスティングサービスの特徴と対策方法」をチェックしてみてください。

webテストの能力検査の5つの種類

一口に能力検査と言っても、さまざまな種類が用意されています。どのテストを実施するかは企業によって異なるため、多くの企業にエントリーすればそれだけwebテストの受験機会も必然的に多くなり、練習にもなるでしょう。
ここでは、数ある中から特に多くの企業で実施されている主要な5種類である「SPI3」「玉手箱」「GAB」「CAB」「TG-WEB」を紹介します。

1.SPI3

webテストの適性検査の中でも最もメジャーなのが「SPI3」。「SPI3」とは、リクルートマネジメントソリューションズ社が提供している検査です。
性格検査もあるので、総合的に就活生のポテンシャルを測ることができます。

自宅のパソコンで受けたり、テストセンターで受けたりするパターンが多いようです。一方で、企業のパソコンで受検するものや、ペーパーテスト形式のテストも用意されています。
webテスティング形式のものは電卓を使用することが前提となっていますが、その他の形式は電卓利用ができませんので注意しましょう。

基礎能力検査は、言語+非言語 で約35分、性格検査は約30分です。テストセンターでは、オプション検査として、英語検査や構造的把握力検査が実施されることもあります。

2.玉手箱

「玉手箱」とは、自宅受験型のwebテストで、日本エス・エイチ・エル社が提供している検査です。大手企業や人気企業で実施されているため、就活では対策が欠かせません。
1つの問題形式に1問しか出題されないのが特徴となっていて、問題数が多いことから1問あたりにかけられる時間は短いです。

自宅受験型のWEBテストではトップシェアを誇っていて、能力テストと性格テストの2つで構成されています。
能力テストではそれぞれ複数の問題形式があって、企業ごとに異なる組み合わせで実施されているのが特徴です。

3.GAB

「GAB」とは、日本エス・エイチ・エル社が提供している総合適性テストです。「GAB」は短大卒を対象にした新卒総合職の採用のために開発され、商社や証券会社などで実施されています。
もともとはペーパー形式試験のマークシートテストだけでしたが、2012年にWeb版がリリースされて、Webテストとしても広く使用されるようになっています。

「GAB」のテスト内容は、計算と言語と英語で構成されていて、長文や図表の問題が多くなっています。
計算では表やグラフの読み取り力や計算能力、言語では読解力、英語は速読力や読解力を測るのが特徴です。

4.CAB

「CAB」とは、日本エス・エイチ・エル社が提供している総合適性テストで、SE(システムエンジニア)やプログラマーなどのコンピューター職の適性診断テストです。
基本的にはIT企業で実施していて、ペーパー形式の「CAB」と、webテストの形式の「Web-CAB」の2種類用意されています。

webテスト内容は、暗算、法則性、命令表、暗号の4科目で構成されていて、論理的思考力や職務適性などを測り、短時間での処理能力が必要です。

5.TG-WEB

「TG-WEB」とは、ヒューマネージという人事コンサルティング会社が提供しており、知的能力と性格適性を測定します。
主には自宅受験型のWEBテストとなっていますが、テストセンターで実施されるタイプも用意されています。

難易度が比較的高いのが特徴で、大手金融企業や外資系コンサルティング会社などで採用されています。
一度解き方を学んでおけばそれほど心配する必要はありませんが、事前の対策をすることが重要です。

web適性検査について詳しく知りたい方には、その特徴や対策の仕方を紹介しているコラム「履歴書作成の次はWeb適性検査!対策、できてますか?」もご覧ください。

webテストの性格検査の3つの種類

ここでは、性格検査の基本的な3種類である、「BRIDGE」「TAL」「内田クレペリン」について紹介します。

1.BRIDGE

「BRIDGE」とは、リンクアンドモチベーション社が提供している性格検査です。
ポータブルスキル(能力適性)、モチベーションタイプ(価値基準、意欲)、ポテンシャル(性格・学力)の3つの項目を測定し、就活生の適性を把握して入社後のキャリア開発も視野に入れているのが特徴です。

試験結果は受験者も知ることができ、webテストとペーパーテストがあります。
試験時間は70分です。

2.TAL

「TAL」とは、一般的な性格検査では見ないような問題が出されるのが特徴のwebテスト。事前の対策はほぼ不可能です。
図形配置問題や卵の種類を選択する問題が有名で、「サイコパスをあぶり出す診断」とも言われています。対策としては素直に回答すると良いでしょう。

3.内田クレペリン

「内田クレペリン検査」とは、主に処理能力の程度と性格、行動面の特徴がはかれるテストです。webテストは実施しておらず、用紙を使用してテストが行われます。教育や公務員試験、医療の現場などでも使用されています。
出題形式としては、一桁の数字を足していく単純な検査で、集中力や効率性を測れる他にも、ストレス耐性を確認することが可能です。
試験は、前半と後半各15分間ずつの30分間行われます。

自分にはどんな職業が合っているかを知りたい方は、適性テストでそのことを認識できることが書かれているコラム「適性テストで職業との相性が分かる?種類と対策方法」をチェックしてみてください。

webテストの2つの受験方法

webテストを受ける方法は、自宅かテストセンターの2種類です。
それぞれの内容を、以下に紹介します。

1.自宅でwebテストを受ける場合

自宅でwebテストを受けるには、パソコンが必要です。場所も自由で、好きなタイミングで受験できるなどのメリットがあります。
具体的には、エントリーシートを提出した後に企業から送信されるメールか、就活生専用のマイページなどにアクセスして受験をすることになるでしょう。

テストセンターでの受験と違い、会場予約の必要がないメリットもあります。
一方、ネットの環境や使用しているブラウザの種類によってテストを受けられないこともあるので、その点がデメリットとして挙げられます。

2.テストセンターでwebテストを受ける場合

webテスト専用のテストセンターで受験を行うためには、事前予約が必要となります。
企業の新卒専用のマイページやエントリーシート提出後に送られてきたメールから、都合の良い場所や日時を選んで予約してください。

試験会場で用意されているパソコンで受験し、必要な道具もネット環境も整備されているため、自宅で受験するよりもトラブルが起こるリスクは低いでしょう。
ただし、自宅でwebテストを受ける場合は、替え玉受験などの不正を防止する目的で性格試験しか実施されないケースが増えています。その場合、テストセンターで学力を測る能力検査が行われることに。事前に予習・復習を行うなどのしっかりした対策をして、会場での受験に緊張しないように備えましょう。

テストセンターの性格検査で企業に何を評価されているか知りたい方は、性格検査でのポイントなどを詳しく紹介しているコラム「対策はある?テストセンターでの性格検査」がおすすめです。

webテストを受けるときの4つの注意点

ここでは、webテストで性格検査や能力検査を受けるときに注意すべきポイントを、4つ紹介します。参考にして対策を行ってください。

1.ネット環境や使用できるブラウザを事前に確認する

webテストの受験前には、ネット環境と受験推奨基準を満たしたパソコンであるかの確認を忘れずしておく必要があります。
自宅でwebテストを受ける際には、試験前に回線に不具合がないか確認して、推奨されている通信速度が確保されていることもチェックしておきましょう。

また、自宅でテストを受ける場合は他の場所を選択しても構いませんが、テザリングやWi-Fiが切れるとテストを完了できなくなるので、できるだけネット環境が安定しているところが好ましいです。
webテストの種類によって、受験できるブラウザが異なりますので、その点も必ず確認しておきましょう。MacはOSが対応していないケースが多いためWindowsの使用をおすすめします。また、Windowsでも古いバージョンでは対応しないこともあるので注意しましょう。

パソコンにインストールされているソフトウェアが邪魔になることもあるため、できる限り不要なソフトはアンインストールしておくことをおすすめします。
複数のソフトを立ち上げていると動作が遅くなってしまうことがあるので、webテスト前には閉じておきましょう。

2.早めに受験する

webテストの期間中はアクセスが集中しやすくなり、ネットが繋がらないなどのトラブルが発生する可能性が高いので、できるだけ早めの受験をおすすめします。
webテストでは、特に期限の終了間際になるとよりアクセスが集中しやすいため、注意が必要です。

3.メモ用紙・電卓・時計を用意する

webテストでは、パソコンの画面を見ながら回答する一般的なペーパーテストとは勝手が異なるため、メモ用紙とペンも活用して、画面と照らし合わせて回答することをおすすめします。
また、自宅での受験では電卓を使用できますが、スマホなどではなく使用しやすい大きめの電卓を用意しておきましょう。

また、webテストには時間制限もあるため、目に入りやすい場所に時計を用意しておき、時間配分を考えながら受験するのがポイントです。

4.動揺しないで冷静に受験する

webテストは落ち着いた状態で受験しましょう。
自宅でwebテストを受ける場合は、騒がしくない場所で受けるのが良いでしょう。webテストを集中して受けることができます。
テストセンターで受験する場合、周りにたくさんのライバルがいるので緊張してしまい、集中できなくなってしまう可能性も。また、同じ問題を解いているわけではないとはいえ、早くテストを終える人がいるとどうしても焦りが出てしまいます。
良い結果を出すためには、できるだけ緊張しないで冷静でいることが大事になるため、それらのことをしっかり把握して、動揺しないことを心掛けましょう。

就職試験にはどのような問題が出るか知りたい方は、試験の内容などを詳しく紹介しているコラム「就職試験にはどんな問題がでる?筆記対策や面接の準備をご紹介!」をチェックしてみてください。

webテスト対策で不安がある場合はプロに相談しよう

webテストは面接に進むためだけではなく、採用を左右する非常に大きなウエイトを占めるもので、適当に受験をしていると就活に失敗する確率を高めてしまいます。
自分では正しいwebテスト対策ができない、分からないことや疑問がたくさんあるという方は、就職のプロに相談しましょう。

若年層の就活、転職エージェントのハタラクティブではwebテスト対策をしっかりサポートいたします。
webテストだけではなく、就活を成功に導くためのお手伝いをして、あなたの要望に合わせた就職先を紹介することが可能です。
経験豊富なキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートして、一人ひとりの性格や適正をきちんと理解して、適切なアドバイスさせていただきます。

面倒な履歴書の作成や面接対策もしっかりお手伝いして、納得のいく就活を実現します。
相談を含めた全てのサービスを完全無料でご利用いただけますので、まずはお気軽にハタラクティブまでお問い合わせください。

webテストの疑問を解消するQ&A

webテストにはSPIやGABなど、さまざまな種類があり、よく分からないと悩む人が多いでしょう。webテストを導入している企業は多く、就活では対策が必須です。
ここでは、webテストに関する疑問をQ&A方式で解消します。

webテストは何から勉強したら良いですか?

webテストの種類は企業によって異なるため、一概にはいえません。一般的には、実施企業数が多いSPIから勉強する人が多いようです。参考書やアプリの模擬試験などを使って、何度も練習するのがおすすめ。特に間違えやすい問題は、繰り返し解きましょう。「就活の難所!筆記テストにはどう対策する?」に対策法が載っているので、ご覧ください。

webテストの性格検査は企業ごとに回答を変えますか?

企業に合わせて変えるのではなく、正直に回答しましょう。性格検査は同じ質問でも言葉を変えて何度も出題し、嘘が見抜けるような仕組みになっています。また、企業が求める人材像に合わせて回答したとしても、面接で食い違いがあれば見抜かれる可能性が高いです。「企業との相性を判断する適性検査。その種類や対策方法とは?」に記載の注意点を読んで、参考にしてください。

webテストで配属先も決まりますか?

配属先の決定に活用する企業もあるようです。webテストの目的は面接に進む人を絞るためといわれています。しかし、適性検査の結果を見て、仕事の適性を判断する企業も。特に、大企業では管理職が応募者を把握するのが難しいため、テストの結果を参考にする企業が増えているようです。「適性テストで職業との相性が分かる?種類と対策方法」のコラムでは、各テストで何が判定されるのかを解説しています。

webテスト次第で採用が決まりますか?

webテストと同等に、性格検査やエントリーシートを重要視する企業もあります。webテストの結果が悪くても、性格検査の結果から企業との相性が良かったり、エントリーシートの内容が素晴らしかったりすると、選考に通ることもあるようです。「転職で合否を左右する最終面接…乗り切る方法は?」を読むと、面接では何が重要視されるのかが分かるでしょう。 就職エージェントのハタラクティブでは、エントリーシートの書き方をアドバイス。面接対策も行いますので、一人での就活が不安な方はぜひご登録ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ