1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. webテストとは?就活スタート前に種類や対策を知っておこう

webテストとは?就活スタート前に種類や対策を知っておこう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・webテストとは、応募者の基礎能力や性格を測定するオンライン試験のこと
    ・webテストには、大きく分けて「能力検査」と「性格検査」の2種類がある
    ・webテストとは、採用効率化のため面接に進む人を絞るためのもの
    ・webテストで最も多いのは「SPI」で、自宅受験では「玉手箱」がトップシェア
    ・webテスト対策は、就活が本格化する前に終わらせておくのがおすすめ

webテストとは?就活スタート前に種類や対策を知っておこうの画像

 

webテストとは、何のために実施するのか、どのような種類があるのか、よく分からなくて困っていませんか?webテストは応募者の基礎能力を測定し、面接に進む人を絞るためのものです。企業によって種類が違うので、応募先企業に応じた対策が必要になります。就活が始まるとエントリーシートの作成や面接対策で忙しくなるので、就活前にテスト対策を終わらせるのがおすすめです。
 

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

 

webテストとは?就活における位置づけを解説

webテストとは、応募者の能力や性格などを測定するためのオンライン試験です。エントリー時や一次面接前など、就活の初期段階で実施されます。
通年採用化の影響で、人事担当者の負担が増えているため、webテストを実施して採用活動の効率化を目指している企業は増加傾向にあるようです。

 

webテストの目的は?

webテストは、企業が求める能力を潜在的に持っているかを測定し、面接に進む人を絞るのが目的です。webテストで測るのは、応募者の行動特性やストレス耐性、論理的思考力や性格の特徴などになります。テストによっては、コンプライアンス意識を測るものもあり、リスクが高い人は選考から外したいと考える企業もあるようです。
また、選考だけでなく、配属先の決定にwebテストの結果を活用している企業もあります。

 

webテストはインターン選考でも実施

人気企業ではインターンに応募者が殺到するため、webテストで選抜しています。大企業ほど人気が高いため、webテストの実施率も高いようです。実施時期はエントリーシート提出時や、エントリーシート通過後、面接前に行われるのが一般的でしょう。

 

webテストの種類

webテストは大きく分けて「能力検査」と「性格検査」の2種類です。
能力検査では一般常識や情報処理能力を測り、性格検査では性格の特徴や癖を測ります。

 

能力検査

能力検査には「言語分野」と「非言語分野」があります。言語分野は、「長文読解」や「文章の並べ替え」などです。非言語分野には「確率」や「速度算」などが出題されます。
企業によって異なりますが、足切りの点数が設定されていることが多いようです。また、英語の検査を実施する企業もあるといわれています。

 

性格検査

性格検査は応募者の性格的な特徴やストレス耐性を測定するものです。会社の社風や特徴に合うかどうかを判断するために用います。
単純作業を通して、その人の気質や処理能力を測るものや、「はい・いいえ」で質問に回答して性格を診断するものなどがあるようです。

 

能力検査

能力検査にはたくさんの種類があります。この項では、主な検査の概要をまとめました。

 

SPI

能力検査で最も実施されているのがSPIです。リクルートマネジメントソリューションズ社が開発した検査で、能力検査と性格検査を併せ持っています。

 

SPIには40年以上の実績がありますが、2013年にSPI3にバージョンアップされているので、過去の問題を見る際には注意が必要です。

難易度はそれほど高くないですが、問題数が多いのが特徴です。

 

<SPI3の受験方法>
・テストセンター 専用の会場でパソコンでの受験
・WEBテスティング 自宅でパソコンでの受験
・インハウスCBT 応募先企業でパソコンでの受験
・ペーパーテスト 応募先企業でマークシートでの受験

 

能力検査 約35分(言語・非言語)
性格検査 約30分
※ペーパーテストの場合は、能力検査が約70分、性格検査が約40分になります。

 

CAB

CABは日本エス・エイチ・エル社が開発した、SEやプログラマー向けの検査です。暗算・法則性・命令表・暗号の4科目で構成されており、論理的思考力や職務適性などを測ります。図形を用いた問題が多く、短時間での処理能力が求められる内容です。

 
ペーパーテスト 試験会場での受験

暗算 50問/10分
法則性 40問/15分
命令表 50問/20分
暗号  39問/20分
性格検査 68問/約20分

 
Web-CAB 自宅や学校でパソコンでの受験

四則逆算 50問/9分
法則性 30問/12分
命令表 36問/15分
暗号  30問/16分
性格検査 68問/約20分

 
C-CAB テストセンターでパソコンでの受験

四則逆算 50問/9分
法則性 30問/9分
命令表 36問/13分
暗号 30問/14分
OPQ(パーソナリティ) 68問/約20分

 

GAB

GABはCABと同様、日本エス・エイチ・エル社が開発した検査で、主に商社や証券会社などで実施されています。テストの内容は計数・言語・英語で構成。長文や図表の問題が多いのが特徴です。
計数は表・グラフの読み取り力や計算能力、言語は文章を読み取る力、英語は速読力・読解力を測ります。

 
ペーパーテスト 試験会場でマークシートでの受験

言語(論理性) 52問/25分
計数(図表理解) 40問/35分
OPQ(パーソナリティ) 68問/約30分

 
WebGAB 自宅でパソコンでの受験

言語(論理性) 52問/25分
計数(図表理解) 40問/35分
OPQ(パーソナリティ) 68問/約20分

 
C-GAB テストセンターでパソコンでの受験

OPQ(パーソナリティ) 68問/約20分
計数(図表理解) 29問/15分
言語(論理性) 32問/15分
英語(大意把握) 24問/10分

 

玉手箱

玉手箱も日本エス・エイチ・エル社が開発した検査で、自宅受験型の総合職適性テストです。主に大企業・人気企業で実施されています。1つの問題形式に1問しか出ないのが特徴。短時間で多数の問題が出題されます。玉手箱の中で、GAB・CAB形式の問題が出題されることもあるようです。
玉手箱を実施する企業は多く、自宅のパソコンで受験するwebテストの中では、トップシェアを誇っています。

 
計数理解テスト

・四則逆算 50問/9分
・図表の読み取り 29問/15分
・表の空欄の推測 20問/20分

 
言語理解テスト

・GAB形式の言語(論理的読解)32問(8長文✕4問/15分)
・IMAGES形式の言語(趣旨判定)32問(8長文✕4問/10分)
・趣旨把握 10問/12分

 
英語

・GAB形式の英語(論理的読解) (24問:8長文✕3問/10分)
・IMAGES形式の英語(長文読解) (24問:8長文✕3問/10分)
英語のテストは企業によって実施しないこともあるようです。

 
性格テスト

68問/20分

 

TG-WEB

TG-WEBはヒューマネージ社が開発したwebテストで、主に自宅のパソコンで受験されています。テストセンターや応募先企業での受験も用意されていますが、ほとんどの場合が自宅での受験です。難易度が高く、他のwebテストとは内容が大きく違うのが特徴。主に外資系コンサルティング会社や大手の金融企業などで実施されています。
TG-WEBには「従来型」と「新型」があり、多くの企業が実施しているのは「従来型」です。

 

【従来型】
言語では、空欄補充や長文読解が出題され、1問あたり1分というスピードで回答する必要があります。計数で出題される推論は、SPIでは出てこないような問題があるので、TG-WEB用に勉強する必要があるでしょう。英語は長文読解です。1つの長文に対し、言い換えや空欄補充など、5つの問題が出題されます。
多くの企業が言語と計数のみを実施しており、英語は実施されないことが多いようです。

 

言語 12問/12分
計数 9問/18分
英語 10問/15分

 

【新型】
新型は、従来型に比べて難易度は低いですが、問題数が多いのが特徴です。
言語では、長文読解や同義語・対義語などの語彙問題が出題されます。計数では、図表の読み取りや方程式の問題などが中心となって出題され、一部の問題はSPIや玉手箱と似ているようです。英語は、従来型と同様の内容になっています。

 

言語 34問/7分
計数 36問/8分
英語 10問/15分

 

性格検査

性格検査は、パーソナリティを測るためのテストです。「会社の社風」や「他の社員との相性」などを検査したり、仕事への適性も測ります。

 

内田クレペリン

内田クレペリン検査は、就活だけでなく、教育や医療の現場でも使われている性格検査です。試験では、一桁の数字を足していく単純な検査を実施。単純作業を通して、集中力や効率性が分かるほか、単純作業を続けることでストレス耐性も分かる内容となっているようです。
試験はペーパーテストで実施され、前半15分・後半15分の計30分で行われます。
鉄道会社や公務員試験などで実施することが多いようです。

 

BRIDGE

BRIDGEはリンクアンドモチベーション社が開発した性格検査で、入社後のキャリア開発までを視野に入れているのが特徴です。「ポータブルスキル(能力適性)」「モチベーションタイプ(価値基準、意欲)」「ポテンシャル(学力・性格)」の3項目を測る内容になっており、検査結果は本人に公開されます。
試験はwebテストとペーパーテストがあり、試験時間は70分です。

 

webテストの受け方には2種類ある

webテストの受け方は、テストセンターと自宅の2種類です。応募先企業でペーパーテストを実施しているテストもありますが、この項ではwebでの受験について説明します。

 

テストセンターで受ける

テストセンターとは、webテストのための専用会場のことです。応募先企業が委託した会社が用意する会場で、運営も委託先の会社がやります。
テストセンターで受験する際は、自分で会場を予約しましょう。企業にエントリーすると、テストセンターの予約に関するメールが送られてくるので、自分で都合の良い日時・場所を選択します。次に性格検査を受験して、予約完了です。
テストセンターでの受験は、個人の正答率に応じて出題内容や問題数が変わるという特徴があります。また、一度受験した内容は保存され、他の企業でも使い回しできるのがメリットです。

 

自宅で受ける

自宅受験の場合、会場を予約する必要がないため、エントリーと同時に受験をする可能性が高くなります。エントリー後に、企業の就活生用マイページや、企業から送られてくるURLにアクセスして受験するのが一般的です。
自宅受験では、使い慣れている自分のパソコンで受験できるのがメリットですが、ネット環境やブラウザの種類によって、受験できないことがあるので注意しましょう。

 

webテストを自宅で受け取けるときのポイント

webテストを自宅で受験する際のポイントを解説します。画面を見ながらのテストは、慣れていないと難しい側面も。ネット環境やパソコンの種類だけでなく、電卓やメモの用意も、受験のしやすさに影響します。

 

ネット環境を整える

受験の期日が迫ると、アクセスが集中し、ネットが繋がりにくくなることがあります。受験するのに時間がかかったり、受験ができなくなってしまうこともあるようです。
モバイル回線では、推奨されている通信速度が確保できない可能性があるので注意しましょう。
webテストは自宅以外の場所での受験も可能ですが、テザリングやWi-Fiが切れてしまうと、途中で受験できなくなることがあります。ネット環境が安定している場所で受験するのがおすすめです。

 

受験推奨基準を満たしたパソコンを用意する

webテストが受験できるブラウザはテストの種類によって異なります。たとえば、玉手箱ではJavaが使えるInternet Explorerが推奨されており、Google Chromeは使えません。しかし、SPIではInternet Explorerのほかに、Microsoft EdgeやGoogle Chromeも使えます。
また、MacはOSが対応していないことが多いため、Windowsを用意するのがおすすめです。Windowsでも、バージョンが古いものは推奨環境に合わないことがあるので、最新のものをインストールしておきましょう。
受験推奨基準を満たしていても、ソフトウェアが邪魔することがあるので、不要なものは事前にアンインストールをしておきます。受験のときには、複数のソフトを立ち上げていると動作が遅くなるので、webテスト以外のものは閉じましょう。ブラウザも、webテスト以外のウィンドウは閉じて受験するとフリーズしにくくなります。

 

電卓やメモ用紙などを用意する

パソコンの画面を見ながらテストに回答するのは、慣れていないと難しい側面があります。ペーパーテストなら、長文を読みながら印をつけることもできますが、パソコンではできません。あらかじめ、メモ帳やペンを用意しておき、画面と照らし合わせながら回答すると良いでしょう。
自宅受験では電卓を使えますが、パソコンやスマホのアプリではなく、本物の電卓を用意するのがおすすめ。問題を読みながらでも操作しやすいのが特徴です。
また、目に入りやすいところに時計を用意しておくのも良いでしょう。時間配分を考えながら進めるために大事なアイテムになります。

 

webテスト対策は就活が始まる前に終わらせよう

webテスト対策は早く始めるに越したことはありません。少し問題を解いてみて、心配だと感じたらすぐに対策を始めましょう。
就活が始まると、エントリーシートの作成や面接対策に時間を取られるため、就活が本格化する前にwebテスト対策を終わらせておくのがおすすめです。
応募先企業によって実施するテストが異なるので、希望の業界・職種で何が実施されているのかを事前に確認しておきましょう。応募先が多岐にわたる場合、webテスト対策に時間がかかると予想されるので、早めに対策を始める必要があります。

 

これから就活を始めようと考えている人は、ハタラクティブにぜひご相談ください。ハタラクティブでは、就活アドバイザーがマンツーマンでサポートし、あなたの性格や希望に合った仕事をご紹介します。自己PRや志望動機も相談しながら作成できるため、自分では気付かなかった長所を発見することも。何をしたいか分からないという人も、就活アドバイザーと一緒にこれまでの経験を振り返ることで、新しい方向性が見つかる可能性があります。
すべてのサービスは無料ですので、お気軽にご登録ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる