1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職活動で筆記試験をクリアするポイント

転職活動で筆記試験をクリアするポイント

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・筆記試験は、学力だけでなく入社意欲や人柄を知るために行われる
  • ・筆記試験の種類には、時事問題や小論文、性格診断やSPIなどがある
  • ・企業の試験形式をリサーチし、市販の問題集などで対策しよう
  • ・性格診断で嘘をつくと矛盾が生じるので、自分の考えを素直に答えよう



筆記試験というと学力を問うイメージがありますが、「性格診断」など人柄を図るテストもあります。
今回のコラムでは、よくある試験の形式と対策のやり方について解説。
転職活動が本格化する前に、ぜひ目を通してみてください!

転職の場合、採用の可否は書類と面接だけで決められているイメージがありますが、筆記試験を実施している企業は意外に多いものです。
そして、筆記試験につまずいて転職がうまくいかない人も少なくありません。

今回は転職の筆記試験をクリアするためのポイントについて説明をいたします。

学力を知るためではない?筆記試験の意外な目的

転職の際の筆記試験はいったい何のために行うのでしょうか?
もちろん、技術系などの職種の場合は、本人のスキルを知るために試験を実施するのは当然だといえます。しかし、専門知識が不要な職種にも関わらず、筆記試験を行う企業も少なくありません。
これは一見、学業成績よりも人間性を重視する現代企業のニーズにはそぐわないように見えます。
ただ、企業も転職希望者の知識量を知りたくて筆記試験を実施しているわけではありません。

筆記試験には大きく分けてふたつの意図があります。

ひとつは自社に対する本気度を調べるためです。

どうしてもその会社に入りたければ事前にできる限りの勉強をしてくるでしょう。
その一方で、とりあえず受けてみたという人は、事前準備なしで試験に臨む可能性が高くなります。採用者側は試験の点数そのものよりもそうした努力の有無を見ているわけです。

また、筆記試験のなかにはSPIや性格診断と呼ばれるものもあります。

これらは単に点数の高いか低いかを見るものではなく、その結果から内向的、外向的、積極的、消極的などといった性格やどのような職種に向いているのかといった適性を判断しているのです。
それが筆記試験の2つ目の目的です。
他にも、小論文を書かせる企業もありますが、これは文章からにじみ出る人間性を測るためと、面接が苦手な人の救済処置という意味合いがあります。

つまり、筆記試験の多くは学力を確認するというよりも、面接と同じように人間性を見極めるために行っているのです。

筆記試験の種類と対策について

転職の筆記試験に対しては、やはり試験の種類に応じた対策が必要になります。
一般企業で実施される試験は主に、一般問題、小論文、性格診断、SPIなどです。

まず、一般問題では社会人として最低限知っておいてほしい常識問題が出題されます。具体的な内容は中学生レベルの問題から時事問題までさまざまです。
いずれにしても、何もしなくてもある程度の点数はとれる問題ばかりですが、学業から遠ざかっていると感覚が鈍っている場合があります。
したがって、これというテキストを1冊購入してそれを繰り返し解きながら勘を取り戻すことが大切です。
もし、あまり勉強する時間がないのであれば、ブランクの影響が大きい数学問題を中心に行えばよいでしょう。

次に、小論文ですが、これは何が評価ポイントになるかを把握しておくことが大切です。
多くの企業の場合、小論文で重視するのは業務知識、論理力、わかりやすい文章、文章の説得力などです。
そこで、事前に応募企業やその業務内容について研究し、さらに小論文に自信のない人は基本的な文章の構成の仕方について学んでおきます。

さらに、性格診断やSPIなどに関しては、企業がどのような人材を求めているかによって正解は変わってきます。
企業によっては外交的な性格の人材を求めている場合もあれば、内向的な性格の方がよいというケースもあるのです。したがって、小手先の対策は無意味どころか害になります。
自分をよく見せようとしながら答えていくと解答内容に矛盾が生じてしまうからです。そうすると、この人は正直に解答していないと判断されてしまいます。
したがって、この場合は自分の思ったことを素直に答えるのがベストです。
ただし、SPIなどは出題問題がかなり多くて時間内に全問を答えるのも大変なため、市販の問題集などをやってみて試験に慣れておくことが大切です。
他にも、企業独自の問題を出題する場合がありますが、これに対しては直接の対策はありません。
一般問題の勉強と企業研究をしっかり行い、その応用で可能な限り答えるようにしましょう。

試験対策なら各企業の出題傾向を把握しているハタラクティブにおまかせ!

筆記試験の対策は突き詰めれば、その企業がどのような問題を出題するかの情報収集とそれに基づく事前学習につきます。
ただ、情報を集めるといっても個人では限界がありますし、複数の企業に応募する場合は時間的な制約もあります。

そこでハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは既卒・フリーター・第ニ新卒を対象とした20代中心の就職支援サービスです。内定率約80.4%(2015年7月)という実績を誇り、豊富な求人のなかからそれぞれにマッチした仕事をご紹介しています。
ハタラクティブはただ仕事を紹介するだけのサービスではありません。各企業が実施している試験の出題傾向や対策方法などを把握しているという強みがあります。それを生かし、試験対策に悩んでいるあなたの大きな力になれるでしょう。
さらに、書類作成や面接対策に関しても就活アドバイザーがマンツーマンでサポートいたします。サービスはすべて無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる