履歴書の職歴欄。職歴がない場合はどう書く?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 履歴書コラムTOP
  4. >
  5. 履歴書の職歴欄。職歴がない場合はどう書く?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・職歴がない場合、履歴書には職歴「なし」と書くのが一般的
    ・アルバイト経験は、企業と関係がある場合や空白期間が長い場合は書いても良い
    ・職歴がない場合は、資格や免許、志望動機や自己PRなど職歴以外の項目でアピールしよう

就職活動の際、多くの場合必要になる履歴書。新卒でない限りは、学歴にくわえて職歴が求められますが、「履歴書に書ける職歴がない」という場合はどうしたら良いのでしょうか?
こちらのコラムでは、職歴のない場合の書き方やアピール方法などを解説していきます。

◆履歴書に書ける職歴がないときはどうする?

履歴書に書ける職歴がない場合は、学歴を記入したあとに、職歴「なし」と記入するのが一般的です。また、学歴・職歴欄の最後に「以上」と記入することも忘れないようにしましょう。

【職歴がない状況とは?】

・新卒の場合
学生なので、就業経験がないのが通常です。学歴欄に、現在就学している大学名を書き、その後に「卒業見込み」と記入します。

・学校を卒業後何もしていない場合
卒業後、何もしていない場合は書ける職歴がありません。履歴書には嘘を書かずに「なし」と記入しましょう。

・フリーターをしていた場合
アルバイト経験は原則履歴書には記入しないことが一般的です。なので、フリーターの場合も職歴はありません。
しかし、場合によってはアルバイト経験を記入しても良いでしょう。詳しくは下記で解説していきます。

 

◆職歴欄に「なし」と書くのが不安なときは

もし履歴書に「なし」と書くことに不安がある場合は、アルバイト経験を書いても良いでしょう。応募する企業や業界に関係のあるアルバイトならアピール材料になることもあります。
また、学校を卒業後何もしていない期間(空白期間)があるときは、アルバイト経験であっても記入したほうが良いでしょう。とくに長期間の空白がある場合は、採用の際に、空白期間に何をしていたのかを聞かれる可能性もあります。

 

◆職歴がない場合はほかの項目でアピールしよう

学校を卒業してからの職歴がないと、どうしても採用の際にあまり良い印象は持たれません。
そんなときは、職歴以外の項目でアピールしましょう。

・免許、資格欄を充実させる
免許や資格を持っている場合は積極的に記入しましょう。働いていなかった期間に何をしていたのかを聞かれたときにアピールする材料になるので、短期間で取得可能な資格を探してみるのもおすすめです。その際は、できれば応募先の企業や目指す業界に関係がある資格のほうが、採用の際にもアピールできるでしょう。
また、資格などを勉強中なら、現在〇〇の資格取得に向けて勉強中と記入します。

・志望動機や自己PRに力を入れる
やる気や熱意をアピールしましょう。企業研究をしっかり行い、企業のニーズに合った志望動機にすると良いです。表面的に「御社の理念に共感しました」などと書くのではなく、なぜその企業でなければいけないのか、そこで何をしたいのかを、具体的に書きましょう。
また、自己PR欄も、企業の特徴や求める人物像に合わせてしっかり記入しましょう。アルバイト経験がある場合は、そこから何を学んだのか、身につけたスキルは何か、これから企業にどう貢献できるのか、などを絡めて自己PRを書くと良いのではないでしょうか。

・職務経歴書をしっかり作る
既卒・第二新卒の場合は、履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められることも。
職歴がなくても、アルバイト経験などから得たスキルをアピールするなど、工夫しましょう。この場合も、履歴書の職歴欄にアルバイト経験を記入しても良いでしょう。その経験と絡めて、職務経歴書のアピールを書くこともできます。

 

◆ハタラクティブでは書類の添削もしています

書き方がわかっても、ひとりではどうしても不安…履歴書を送る前に誰かに見てもらいたい…と思う方もいるのではないでしょうか?
履歴書の書き方のコツが知りたい方は、ぜひハタラクティブへお気軽にご相談ください。ハタラクティブでは、書類の添削も含めてあなたの就活をプロがトータルサポートします!
不安を抱えている方は、ひとりで悩まずにハタラクティブの就活アドバイザーに頼ってみてはいかがでしょう?

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ