履歴書や封筒はどこで買う?バイト・就職・転職など状況別に準備方法を解説

履歴書や封筒はどこで買う?バイト・就職・転職など状況別に準備方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 履歴書をどこで買うかの決まりはない
  • 履歴書をどこで買うか迷ったら、近所の書店やコンビニで探してみよう
  • 応募先企業によっては、履歴書の形式を指定される場合がある
  • 履歴書は、どこで買うかよりも自分の使用目的に合うかどうかが重要

「履歴書はどこで買うべき?」「種類が多過ぎて迷う…」など、履歴書の購入場所や選び方が分からず困っている人もいるのではないでしょうか。履歴書の購入方法に関する決まりは特にありません。購入場所よりも、企業から履歴書の指定があればそれに従ったり、自分の状況に合った履歴書を購入したりするほうが重要です。このコラムでは、履歴書を購入できる場所や選び方を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

履歴書や封筒はどこで買う?

 

履歴書や封筒はどこで買う?の画像

 

履歴書や封筒の購入場所に決まりはありません。企業からの指定に即していれば、コンビニやスーパー、文具店など、どこで購入しても問題ないでしょう。ただし、新卒の場合は、大学指定の履歴書を購入するのが望ましいとされています。大学指定の履歴書は、学校のキャリアセンター(就活課)や売店などで購入できる場合が多いようです。詳しくは、自分の通う大学のWebサイトで確認しましょう。

履歴書を購入できる場所

履歴書は、以下のような場所で購入できます。

・書店
・コンビニエンスストア
・スーパーマーケット
・文房具店
・100円ショップ
・ホームセンター
・通販サイト
・学校(大学の売店やキャリアセンターなど)

履歴書をどこで買うか迷ったら、まずは近所の書店やコンビニで探してみましょう。近所に店舗がない場合は、通販サイトで購入するのもおすすめです。

Web上でダウンロードする方法もある
履歴書を入手するなら、テンプレートをWeb上でダウンロードする方法もあります。テンプレートは無料でダウンロードできるものが多く、WordやExcel、PDFなどの形式があるので、自分が使いやすいものを選びましょう。パソコンで作成する場合はそのまま入力し、手書きで作成する場合は自宅やコンビニで印刷して使用できます。

100均やコンビニで買った履歴書でもOK?

先述したように選考で購入場所は問われないため、履歴書は100均やコンビニで購入したものでもOKです。企業側から指定がある場合には、それに従ったものを購入すれば問題ありません。急な選考が決まったり、書き損じてしまったりして新しい履歴書が必要になったときは、安価な100均や24時間営業しているコンビニを利用するのがおすすめです。ただし、100均やコンビニで必ず履歴書が購入できるとは限らないので、前もって準備しておきましょう。
履歴書をどこで買うのかよく考えたい方は、「履歴書を売ってる場所は?コンビニで買える?就活用とバイト用とは」のコラムもチェックしてみてください。

封筒は同梱されているものを使っても良い?

封筒は、同梱されているものは使わず、別に用意しましょう。履歴書を購入すると、履歴書を3つ折りしたサイズが入る小さめの封筒がセットになっていることがあります。しかし、就活や転職活動の場では、履歴書は折らない・汚さないのがマナーです。そのため、就活や転職活動では、A4または角2サイズで白色無地の封筒を使用しましょう。封筒に関する詳しいマナーは、「持参した履歴書は封筒に入れなくて良い?手渡しする際のマナーも解説!」をチェックしてみてください。

履歴書をどこで買うか迷うなら目的で考えてみるのも手

履歴書をどこで買うか迷っている場合は、目的に合わせて購入場所を考えてみるのも良いでしょう。たとえば、値段を気にする場合は100円ショップ、すぐに購入したい場合はコンビニ、多くの種類から比較しながら選びたい場合は文房具屋というように、目的に沿った購入場所を選ぶのがおすすめです。

どこで買うか迷う人は履歴書の種類をチェックしよう

 

どこで買うか迷う人は履歴書の種類をチェックしようの画像

 

履歴書をどこで買うか迷う人は、そもそも履歴書の種類を知らない可能性があります。履歴書と一口にいっても、規格や用途はさまざま。自分が書きやすく、アピールしやすい履歴書を選ぶためにも、どんな種類があるかを把握しておきましょう。

JIS規格

JIS規格は、学歴や職歴を記載する欄が充実した標準的な履歴書です。志望動機や自己PRを書く欄が少ないため、職歴を書く必要のない新卒や初めて就活を行う人、アピールポイントが多い人には不向きといえます。

一般用

一般用の履歴書は、JIS規格に比べて志望動機欄や自己PR欄といったアピールにつながる項目が多めなのが特徴です。アルバイト・パートへの応募や就職活動、転職活動など、幅広い用途があります。

転職活動用

転職活動用は、職歴欄が充実しているため、経歴を効果的にアピールできる履歴書です。また、履歴書と一緒に職務経歴書が同封されています。自分で職務経歴書を作成する人もいますが、パソコンが苦手という人には転職活動用の履歴書が便利でしょう。

新卒の就職活動用

新卒の就職活動用の履歴書は、JIS規格と比べると、学歴・職歴欄よりも自己PR欄や志望動機欄、長所・短所欄などが充実しています。職歴がなくても、自分の強みを効果的にアピールできるタイプです。

学校指定

学校指定の履歴書は、主に新卒の就職活動で使われます。学生が書きやすい仕様になっているうえ、校章や学校名が印刷されているのが特徴です。学校指定の履歴書は市販されていないため、学校の就活課や売店、公式Webサイトなどで購入する必要があります。

アルバイト・パート用

アルバイト・パート用の履歴書は、フリーターや学生のアルバイト応募などに利用できます。学歴・職歴欄や自己PR欄などはありますが、ほかの履歴書に比べて枠が小さめです。そのため、正社員を目指す場合は、アルバイト・パート用の履歴書は避けたほうが良いでしょう

履歴書のサイズはA4がおすすめ
履歴書のサイズはA4とB5の2種類ありますが、就活や転職活動で使うならA4がおすすめです。A4の履歴書は、用紙が大きくアピール内容を充実させられるメリットがあります。また、ビジネスシーンで使用する印刷物のサイズはA4サイズが多いため、企業側も管理しやすいようです。履歴書のサイズについては、「履歴書のサイズでもう迷わない!A4・B5の特徴や証明写真について解説」のコラムもチェックしてみましょう。

どこで買うかよりも大切!状況別の履歴書の選び方

履歴書は、どこで買うかよりも自分に合ったものを選ぶことが大切です。企業から履歴書の形式について指定があればそれに従いましょう。特に指定がない場合は、状況別に選び方のポイントがあるので、以下を参考にしてみてください。

新卒の就職活動

先述したように、新卒の就職活動で使う履歴書は、学校指定のものがおすすめです。市販されている一般用や就職活動用でも構いませんが、より新卒に適した内容になっている学校指定の履歴書を使用したほうが、企業へ効果的にアピールできるでしょう。

パート・アルバイトの応募

パート・アルバイトの応募であれば、パート・アルバイト用か一般用の履歴書を購入するのがおすすめです。パートやアルバイトの採用では、シフトにどれだけ入れるかや長期的に働けるかを重視される傾向にあります。職歴欄の空欄が多くなるのは好ましくないので、職歴が少ない方はJIS規格や転職者用は避けたほうが無難です。

既卒・第二新卒の就職活動

既卒や第二新卒の就職活動は、一般用や就職活動用の履歴書を購入しましょう。JIS規格を選ぶとアピール項目が少なくなり、転職活動用を選ぶと職歴欄が埋まらない恐れがあるためです。また、パート・アルバイト用を選ぶと、「志望度が低いのでは」という印象を与えかねないので使用は避けてください。

転職活動

転職活動では、転職活動用の履歴書や一般用の履歴書を購入するのがおすすめです。先述のように、転職活動用の履歴書には、職歴欄が広く設けられています。職歴だけでなく、退職理由を書くスペースもあるため、余裕を持って経歴を記入できるでしょう。

転職者は職務経歴書が必要な場合がある

転職者の場合、履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められることも少なくありません。職務経歴書には決まった用紙や形式はないものの、書き方にコツがあります。自分の経歴を示しつつ、自己PRを盛り込むことが必要です。
職務経歴書の必要性や書き方のポイントについて、詳しく知りたい方は「職務経歴書は本当に必要?判断基準や項目別の書き方を解説」をご覧ください。

企業から指定される場合もある

企業から履歴書を指定された場合は、その指示に従いましょう。規格はJIS規格を指定される場合が多いようです。また、企業によっては、企業独自の履歴書の使用を求めることも。企業独自の履歴書は、企業のWebサイトからダウンロードする、企業から郵送される、説明会で配布されるなどの方法で入手できます。
履歴書はどこで購入しても問題はありませんが、企業の指定がないか事前に確認しておきましょう。

就職・転職支援サービスを提供するハタラクティブでは、求人をご紹介するほかに、サービスの一環としてあなたの応募書類の作成をお手伝いします。完成度の高い履歴書を目指すために、専任のアドバイザーが書類作成ノウハウの提供や添削を実施。書類選考通過後の面接対策のサポートも行うので、安心して面接に挑めます。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

適切な選び方が知りたい!履歴書に関するQ&A

履歴書は、コンビニや書店、インターネットなど、さまざまな場所で購入することができます。転職用やアルバイト用など種類も豊富なため、購入時に悩むことはありませんか?ここでは、履歴書に関するお悩みをQ&Aでご紹介します。

転職ではどんな履歴書を選べば良い?

企業から履歴書の形式を指定されている場合、それに従いましょう。指定がない場合は、一般用や転職活動用などから自分が書きやすい形式の履歴書を選ぶのがおすすめです。転職活動における履歴書選びのポイントは、「履歴書の書き方は合格?転職時の履歴書作成ハウツー」を参考にしましょう。

履歴書のサイズはA判とB判どちらが適切?

履歴書は、A判とB判のどちらを選んでも選考に影響はありませんが、ビジネスシーンではA判の用紙が主流のためA判を購入すると良いでしょう。なお、A判はA3の用紙を2つ折りにしたA4サイズのことであり、B判はB4の用紙を2つ折りにしたB5サイズです。サイズを確認したうえで項目を確認し、自分が使いやすい履歴書を選びましょう。詳しくは、「種類豊富な履歴書!自分に合うものを選ぶポイントは?」をご覧ください。

履歴書の作成はパソコンより手書きが良いの?

履歴書の作成方法は、手書きでもパソコンでもどちらでもかまいません。とはいえ、どちらにもメリット・デメリットがあるので作成前に確認しておくことをおすすめします。手書きとパソコン、それぞれのメリット・デメリットについては、「手書き?パソコン?履歴書作成のキホン」でご紹介しています。

履歴書を持参するときは封筒に入れたほうが良い?

履歴書やそのほかの応募書類は封筒に入れて持参しましょう。「正しい渡し方で印象アップ!履歴書を持参する際の注意点」でも解説していますが、長封筒に3つ折りにして入れるのは避けたほうが無難です。また、鞄の中で折れ曲がったり汚れたりするのを防ぐため、クリアファイルに入れるのを忘れないようにしましょう。履歴書についての疑問は、就職・転職支援サービスのハタラクティブにお気軽にご相談ください。応募書類作成のアドバイスや添削など、あなたのニーズに応じてサポートいたします。

関連タグ

  • arrow