履歴書はどこで買う?購入前に知っておきたいポイントや種類・選び方を紹介

履歴書はどこで買う?購入前に知っておきたいポイントや種類・選び方を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 履歴書をどこで買うかの決まりはない
  • 履歴書をどこで買うか迷ったら、近所の書店やコンビニエンスストアで探してみよう
  • 応募企業によっては、履歴書の形式を指定される場合がある
  • 履歴書は、どこで買うかよりも自分の使用目的に合うかどうかが重要
  • 履歴書の購入時は「クリアファイル」「履歴書在中スタンプ」なども買っておくと便利

「履歴書はどこで買うべき?」「種類が多過ぎて迷う…」など、履歴書の購入場所や選び方が分からず困っている人もいるでしょう。履歴書の購入方法に関する決まりは特にありません。購入場所よりも、企業からの指定があればそれに従ったり、自分の状況に合った履歴書を購入したりするほうが重要です。このコラムでは、履歴書を購入できる場所や選び方を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

履歴書はどこで買う?

履歴書はどこで買う?の画像

履歴書や封筒の購入場所に決まりはありません。企業からの指定に即していれば、コンビニエンスストアやスーパー、文具店など、どこで購入しても問題ないでしょう。ただし、大学生で新卒の場合は大学指定の履歴書を購入するのが望ましいとされています。大学指定の履歴書は、学校のキャリアセンター(就活課)や売店などで購入できる場合が多いようです。詳しくは、自分の通う大学のWebサイトで確認しましょう。

履歴書が買える場所

履歴書は、以下のような場所で購入できます。

・書店
・コンビニエンスストア
・スーパーマーケット
・文房具店
・100円ショップ
・ホームセンター
・通販サイト
・学校(大学の売店やキャリアセンターなど)

履歴書をどこで買うか迷ったら、まずは近所の書店やコンビニエンスストアで探してみましょう。近所に店舗がない場合は、通販サイトで購入するのもおすすめです。

履歴書はどこのコーナーに置いてある?

履歴書は、文具コーナーや用紙コーナーに置かれている場合が多いようです。店舗によって在庫の有無や陳列方法は異なるので、確実に履歴書を買いたい方はスタッフに確認しましょう。

コンビニや100均で買った履歴書でもOK?

履歴書は、100円ショップやコンビニエンスストアで購入したもので問題ありません。ただし、企業側から指定がある場合はその形式に従って購入しましょう。急な選考が決まったり、書き損じてしまったりして新しい履歴書が必要になったときは、値段の安い100円ショップやコンビニエンスストアを利用するのがおすすめです。ただし、100円ショップやコンビニエンスストアで必ず履歴書が購入できるとは限らないので、前もって何枚か余分に準備しておきましょう。
履歴書をどこで買うかよく考えたい方は、「履歴書を売ってる場所は?コンビニで買える?就活用とバイト用とは」のコラムもチェックしてみてください。

封筒は履歴書とセットのものを使っても良い?

封筒は、同梱されているものは使わず別に用意しましょう。小さめの封筒がセットになっていることもありますが、就活や転職活動の場では、書類は折らないのがマナーです。就活や転職活動では、A4または角2サイズで白色無地の封筒を使用しましょう。封筒に関する詳しいマナーは、「履歴書を手渡しするときは封筒なしでも良い?持参する際のマナーも解説!」をチェックしてみてください。

Web上でダウンロードする方法もある

履歴書は、Web上でテンプレートをダウンロードする方法もあります。テンプレートは無料でダウンロードできる場合が多く、WordやExcel、PDFなどの形式があるので、自分が使いやすいものを選べます。パソコンで作成する場合はそのまま文字を入力し、手書きで作成する場合は自宅やコンビニエンスストアで印刷して書き込みましょう。

どこで買うか迷う人必見!履歴書の6つの種類

どこで買うか迷う人必見!履歴書の6つの種類の画像

履歴書をどこで買うか迷う人は、種類を知ることから始めましょう。一口に「履歴書」といっても、規格や用途はさまざまです。自分が書きやすく、選考を通過しやすい履歴書を選ぶためにも、どのような種類があるかを把握しておきましょう。

1.JIS規格

JIS規格は、学歴や職歴を記載する欄が充実した標準的な履歴書です。志望動機や自己PRを書く欄が小さいため、職歴を書く必要のない新卒や初めて就活を行う人、アピールポイントが多い人には不向きといえます。

2.一般用

一般用の履歴書は、JIS規格に比べて志望動機欄や自己PR欄といったアピールにつながる項目が多めです。アルバイト・パートへの応募や就職活動、転職活動など、幅広い用途があります。

3.転職活動用

転職活動用は職歴欄が充実しているため、経歴を効果的にアピールできる履歴書です。また、履歴書と一緒に職務経歴書が同封されています。職務経歴書は自分で作成する人もいますが、パソコンが苦手な人は同封されているものを使うと良いでしょう。

4.新卒の就職活動用

新卒の就職活動用の履歴書は、学歴・職歴欄よりも自己PR欄や志望動機欄、長所・短所欄などが充実しています。職歴以外の面で、自分の強みを効果的にアピールできる履歴書です。

5.学校指定

学校指定の履歴書は、主に新卒の就職活動で使われます。学生が書きやすい仕様になっているうえ、校章や学校名が印刷されているのが特徴です。学校指定の履歴書は市販されていないため、学校の就活課や売店、公式Webサイトなどで購入する必要があります。

6.アルバイト・パート用

アルバイト・パート用の履歴書は、フリーターや学生のアルバイト応募に利用できます。特徴は、勤務を希望する曜日や時間を記載する欄があること。学歴・職歴欄や自己PR欄などはありますが、ほかの履歴書に比べて枠が小さめです。そのため、正社員を目指す場合は、アルバイト・パート用の履歴書は避けたほうが良いでしょう。

履歴書のサイズはA4がおすすめ

履歴書のサイズはA4とB5の2種類ありますが、就活や転職活動で使うならA4がおすすめです。A4の履歴書は、用紙が大きくアピール内容を充実させられるというメリットがあります。また、ビジネスシーンで使用する印刷物のサイズはA4サイズが多いため、企業側も管理しやすいようです。履歴書のサイズについては、「履歴書のサイズはA4・B5どっち?転職に適した書類の選び方」のコラムもチェックしてみましょう。

履歴書の選び方のポイント

履歴書の選び方のポイントの画像

履歴書は、どこで買うかよりも自分に合ったものを選ぶことが大切です。企業から履歴書の形式について指定がある場合は、それに従いましょう。特に指定がない場合は、選び方のポイントがあるので以下を参考にしてみてください。

目的に合わせて選ぶ

履歴書は、目的に合わせて選ぶのがおすすめです。たとえば、就職活動や転職活動で使うなら自己PRや志望動機の欄が大きいもの、パート・アルバイトに応募するなら希望の勤務日数や時間を書ける項目があるもの、といったように選びましょう。履歴書ごとに、項目の有無や欄のサイズは異なります。複数の履歴書を見比べて、自分を効果的にアピールできる履歴書を選択するのがポイントです。

新卒の就職活動

前述したように、新卒の就職活動で使う履歴書は学校指定のものがおすすめです。市販されている一般用や就職活動用でも構いませんが、より新卒に適した内容である学校指定の履歴書を使用したほうが、企業へ効果的にアピールできるでしょう。

パート・アルバイト

パート・アルバイトへの応募は、パート・アルバイト用か一般用の履歴書を購入するのがおすすめです。パートやアルバイトの採用では、「シフトにどれだけ入れるか」「長期的に働けるか」を重視される傾向にあるからです。シフトの希望を面接で直接伝える方法もありますが、履歴書にあらかじめ記載しておくことで話がスムーズに進みます。職歴欄の空欄が多いのは好ましくないので、職歴が少ない人はJIS規格や転職者用は避けたほうが無難でしょう。

既卒・第二新卒の就職活動

既卒や第二新卒の就職活動では、一般用や就職活動用の履歴書を購入しましょう。JIS規格を選ぶとアピール項目が少なくなり、転職活動用を選ぶと職歴欄が埋まらない可能性があるからです。また、パート・アルバイト用を選ぶと、志望動機や自己PR欄が小さいため「志望度が低いのでは」と懸念される可能性があります。

転職活動

転職活動では、転職活動用の履歴書や一般用の履歴書を購入するのがおすすめです。前述のように、転職活動用の履歴書には職歴欄が広く設けられています。また、職歴だけでなく退職理由を書くスペースもあるため、転職者にとって使いやすいでしょう。

企業から指定される場合もある

企業から履歴書を指定された場合は、その指示に従いましょう。規格は、JIS規格を指定される場合が多いようですが、企業によっては独自の履歴書の提出を求められることも。企業独自の履歴書は、「企業のWebサイトからダウンロードする」「企業から郵送される」「説明会で配布される」などの方法で入手できます。履歴書はどこで購入しても問題ありませんが、企業の指定がないか事前に確認しておきましょう。

転職活動では職務経歴書が必要な場合がある

転職活動の場合、履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められることも少なくありません。職務経歴書には決まった用紙や形式はないものの、書き方にコツがあります。自分の経歴を示しつつ、自己PRを盛り込むことが必要です。職務経歴書の必要性や書き方のポイントについて詳しく知りたい方は、「転職活動で職務経歴書は必要?判断基準や自己PRなど項目別の書き方を解説」をご覧ください。

履歴書と一緒に買っておくと便利な4つのもの

履歴書を購入するときは、「ボールペン」「クリアファイル」「履歴書在中スタンプ」「のり」の4つを一緒に買っておくと便利です。それぞれの用途やポイントを解説するので、必要に合わせて準備してみてください。

1.ボールペン

履歴書に使用するペンは、黒のゲルインクボールペン、または油性のボールペンがおすすめです。履歴書に使用するボールペンは、水性だとにじみやすいので注意しましょう。また、消せるボールペンはNGです。消せるボールペンを使用すると、修正された可能性のある書類とみなされてしまう可能性があります。

2.クリアファイル

履歴書は、郵送する場合も面接に持参する場合も、クリアファイルに挟んでから封筒に入れるのが好ましいとされています。クリアファイルは、A4サイズで無色透明のものを用意しておきましょう。汚れていると印象が良くないので、新品のものがおすすめです。

3.「履歴書在中」スタンプ

複数の企業に応募する場合は、「履歴書在中」スタンプがあると手書きの手間を省けるのでおすすめです。なお、「履歴書在中」は定規と赤色のペンを使って手書きしても問題ありません。履歴書を入れる封筒は、郵送する場合も面接に持参する場合も、表面の左下に赤色のペンで「履歴書在中」と記載しておくのがマナーです。ただし、職務経歴書やエントリーシートなど、ほかにも書類を同封する場合は、「応募書類在中」とするのが正しいので注意しましょう。

4.のり

のりは、履歴書に証明写真を貼る際に必要です。市販の履歴書は、写真を貼るためのシールがセットになっていることもありますが、入っていない場合もあるためのりを用意しておきましょう。証明写真で好印象を得るコツを知りたい方は、「証明写真でイメージアップ!転職に向けて準備しよう」のコラムもあわせてご覧ください。

履歴書の書き方で間違えやすいポイント

履歴書には、「空欄をつくらない」「記載する日付は、面接当日の日付にする」など、知っておきたいポイントがいくつかあります。履歴書を作成するときは、「履歴書作成の基本!学歴や志望動機の書き方と封筒を使うときのマナー」のコラムを読み、注意点やポイントを押さえながら進めてみてください。

就職・転職支援サービスを提供するハタラクティブでは、求人をご紹介するほか、応募書類の作成や面接対策などをサポートします。完成度の高い履歴書を目指すために、専任のアドバイザーが書類作成ノウハウの提供や添削を実施。さらに、書類選考通過後の面接対策のサポートも行うので、安心して面接に挑めます。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

適切な選び方が知りたい!履歴書に関するQ&A

履歴書は、コンビニエンスストアや書店、インターネットなど、さまざまな場所で購入できます。転職用やアルバイト用など種類も豊富なため、購入時に悩むこともあるでしょう。ここでは、履歴書に関するお悩みをQ&A形式でご紹介します。

履歴書の封筒はどこで買うの?

書店やコンビニエンスストア、文房具店などで購入できます。封筒は履歴書と同様、購入場所に指定がありません。小さな封筒が履歴書とセットで売られている場合もありますが、応募書類を折るのは好ましくないため、別のものを用意しましょう。詳しくは、コラム内の「履歴書はどこで買う?」をご参照ください。

転職用とアルバイト用の履歴書の違いは?

志望動機・自己PR欄の大きさが違います。また、転職用の履歴書は職歴欄が充実しているため、経歴をアピールしやすい仕様です。アルバイト用の履歴書は志望動機・自己PR欄が小さめなので、転職活動の際は使用を避けましょう。採用担当者に、「志望度が低いのでは…」とマイナスな印象を与える可能性があります。転職活動で履歴書の書き方に悩んでいる人は、「転職時の履歴書の書き方が知りたい!職歴はどこまで?基本の作成方法を解説」のコラムを参考にしてください。

履歴書と職務経歴書はセットで売ってるの?

セットで売られていることが多いでしょう。また、卒業年度早見表や書類用の封筒、証明写真を貼り付けるためのシールなども同封されていることが多いようです。商品によってはセットで売られていないものもあるので、購入する前に同封物をチェックしてください。「職務経歴書は100均で買える?書き方のポイントとは」では、職務経歴書の書き方について詳しくご紹介しています。気になる人はあわせて読んでみてください。

履歴書のサイズはA判とB判どちらが適切?

A判とB判のどちらを選んでも選考に影響はありませんが、ビジネスシーンではA判の用紙が主流のため、A判を購入すると良いでしょう。なお、A判はA3の用紙を2つ折りにしたA4サイズのことで、B判はB4の用紙を2つ折りにしたB5サイズです。サイズを確認したうえで項目を確認し、自分が使いやすい履歴書を選びましょう。詳しくは、「履歴書の種類の違いとは?転職・新卒・バイトで選び方は異なる?」をご覧ください。

履歴書を持参するときは封筒に入れたほうが良い?

履歴書やそのほかの応募書類は、封筒に入れて持参しましょう。「正しい渡し方で印象アップ!履歴書を持参する際の注意点」でも解説していますが、長封筒に3つ折りにして入れるのは避けたほうが無難です。また、鞄の中で折れ曲がったり汚れたりするのを防ぐため、クリアファイルに入れるのを忘れないようにしましょう。履歴書についての疑問は、就職・転職支援サービスのハタラクティブにご相談ください。求人の紹介や応募書類作成のアドバイス、面接練習など、ニーズに応じてサポートします。

この記事に関連するタグ