新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書の学歴の書き方!転校や留年、中退のときは?

履歴書の学歴の書き方!転校や留年、中退のときは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・学歴を書き出すときにはまず、1行目の中央に「学歴」と見出しを作る
  • ・学校の名前は省略せず、正式名称を書く
  • ・就活生は中学卒業から、転職の場合は高校卒業から記載
  • ・転校や転部した場合には、入学→転校→卒業の順に記載する
  • ・休学や退学したときは、入学→休学または入学→退学の順に書く
  • ・間違いがないように、年度や正しい学校名を事前に調べてまとめておく
  • ・履歴書は誤字脱字や間違いがないように、必ず見直す
  • ・履歴書についてわからないことがあるときは、転職エージェントなどを利用するのも1つの手段

意外と記入に時間がかかるのが、履歴書の「学歴」の欄。
ただ記入するだけと思う方もいるかもしれませんが、さまざまなルールがあるのをご存知でしょうか。
こちらでは、学歴の基本的な書き方や、よくある質問についてご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書の学歴欄

履歴書の学歴・職歴欄を記入する際に気をつけたいのが、学歴と職歴を分けて書くために見出しを書くことです。
実際の学歴を書き始める前に、1行目の中央部分に「学歴」と記入するのを忘れないようにしましょう。
学歴が書き終わり、職歴を書きはじめるときには、1行開けてまた中央部分に「職歴」と記入してからはじめます。
学歴や職歴を書くときに、西暦と和暦(元号)とどちらで書けば良いか、迷ってしまう人も多いかもしれません。
どちらを使っても良いですが、履歴書全体でどちらかに統一して書きます。

学校名を書く際には、正式名称を使って記入します。
高校は、高等学校の略のため、履歴書に書くときには高等学校と書きましょう。
都立や県立の場合には、「◯◯都立」、「◯◯県立」、私立の場合には「私立」も忘れずに書きます。
漢字の間違いがないよう、事前に調べておくと良いでしょう。
また、学部や学科、コースなどがある場合は、それも記載しておきます。
応募職種で実際に活かせる専攻や研究テーマの場合は、さらに詳しく記入しておくと良いようです。
在学中の場合は、「卒業見込み」と記入するのを忘れないようにしましょう。

こんな時はどうする?

よくある疑問について以下にまとめました。

履歴書の学歴はどこから書く?

就活生の場合は、中学校卒業から記入していくのが一般的です。
転職活動中の人は、高校卒業の年から記入していきます。

浪人や留年したときは?

浪人や留年してしまった場合、何か特別に書く必要があるのかと悩むこともあるかもしれません。
浪人、留年してしまった場合でも、在籍していた学校と入学・卒業年度を正しく書いておけば大丈夫です。
しかし、休学や中退した場合には、以下のように記載しておきましょう。

例)
「○○高等学校 休学」
「○○大学△△学部□□学科 休学」
「○○高等学校 中途退学」
「○○大学△△学部□□学科 中途退学」

休学や退学が、病気などやむを得ない理由の場合には、事情を簡潔に記入しておくと良いようです。

転校や転部したときは?

転校した場合には、入学した学校と卒業した学校が異なります。
入学した学校を記入した次の行に、転校した学校を記入しておきましょう。

例)
○○高等学校 入学
△△高等学校 転入学
△△高等学校  卒業

大学などで、専攻科目の変更や転部をした場合には、変更前の学部・学科の1行下に、変更後の所属先を記入します。
例)「○○大学□□学部××学科 編入学」

履歴書は必ず見直しを

学歴・職歴欄は、年度や学校名などを繰り返して書くことが多いため、間違えてしまうことも多いようです。
事前に正しい年度や学校名をきちんと確認し、メモや余っている履歴書などに下書きをしておくと良いでしょう。
誤字脱字や省略記載、情報などの間違いは、評価を下げる原因になります。
書く前はもちろん、記入したあとも間違いがないかしっかり確認するようにしましょう。
せっかく学歴欄を書き終わったのに、違う欄で失敗してしまい、一から作り直す結果になることも。
志望動機や自己PRなどは、事前に別紙に書き出してから履歴書に清書すると、失敗を防げます。
文章を考えるときには、情報を出せるだけだしてブラッシュアップしていくと、スムーズに作成できるでしょう。
それでも不安な場合は、エージェントなどを利用して第三者にアドバイスを受けるのも1つの手段です。

履歴書作成に困ったときには

学歴や職歴の書き方だけでなく、履歴書の作成に困ったときには、ぜひハタラクティブにご相談ください。
就活アドバイザーが、あなたの良さが伝わる履歴書の作成をお手伝いします。
履歴書や面接の自己PRで、「どんなことをアピールしたらいいのかわからない」という方もいるかもしれません。
ハタラクティブでは、カウンセリングやメールなどの相談を通して、あなたのお悩みを一つひとつ解決。
就活アドバイザーが、丁寧かつ的確なアドバイスで、あなたの就職・転職活動をサポートします。 

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ