休学は履歴書に書く必要がある?学歴欄の書き方見本を紹介

休学は履歴書に書く必要がある?学歴欄の書き方見本を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 休学をした場合は、履歴書の学歴欄に書く
  • 休学を履歴書に書くときは、理由と現状を添える
  • 履歴書に書く学歴では、中退や留学も注意が必要
  • 休学の理由は、ポジティブなものを用意する

休学経験があるものの、履歴書にどのように記入すれば良いか、分からない人も多いでしょう。このコラムでは、履歴書に休学の経歴を書くときの注意点や、パターン別の記入例を紹介しています。休学していたことは、ネガティブに捉えられがちな経歴です。好印象な履歴書の書き方を知って、就職活動を有利に進めてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

休学を履歴書に書く必要はある?

結論からいうと、履歴書には休学の事実を書く必要があります。休学の事実を隠してしまうと、学歴詐称とみなされ選考を通過できない可能性もあるでしょう。採用担当者に正しい情報が伝わるよう、休学した理由はしっかりと明記してください。
なお、留年や浪人をした場合は、学歴欄にその旨をあえて書く必要はありません。学校の入学・卒業年の間隔や長さなどから、読み取れるからです。ただし、健康上の理由や家庭事情などやむを得ない状況で休学や留年、浪人をした際は、備考欄に説明を記載しておくと、誤解が生じずに済むでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

休学した場合の履歴書の書き方

休学について履歴書に記載する際は、なぜ休学に至ったかの理由と、復学した年月を記載しましょう。
また、休学の理由に対して、現状を一言記載すると、より好印象です。

<例>
2016年4月 △△大学■■学部■■学科 入学
2017年4月 △△大学■■学部■■学科 休学
     (理由:体調不良により、1年間休学して治療に専念。現在は完治。)
2019年4月 △△大学■■学部■■学科 復学
2021年3月 △△大学■■学部■■学科 卒業

病気や怪我に関しては「完治」をアピールし、採用担当者に不安を与えないようにしましょう。体調不良は、誰にも起こりうることであり、やむを得ない事情です。しかし、場合によっては採用担当者に良い印象を持たれない可能性もあります。理由と、現在の状況を簡潔に記載し、面接時に説明できるよう準備しておきましょう。なお、履歴書に具体的な病名を書く必要はありません。
休学の理由は、病気や怪我だけでなく、留学、ボランティア活動、経済面など、人によってさまざまです。経済面が理由の場合は、間に職務経験を書き、その経験で得たものを書きましょう。プラスにつながる未来志向な書き方を心掛けると、採用担当者への印象が良くなります。

休学を履歴書に書くと就職に不利?

休学したことは、履歴書に記入しなくてはなりません。休学した理由は人それぞれですが、中には「休学は就職に不利にはたらくのでは」と心配している人もいるでしょう。ここでは、就職で効果的な休学理由の伝え方を紹介します。

好印象な休学理由

休学していたとしても、理由によっては好意的に捉えられる場合もあります。やむを得ない事情や、ポジティブな理由だと、好印象でしょう。具体的には、下記のような状況です。

<やむを得ない事情の例>
・経済的な理由
・家庭の事情
・体調不良

<ポジティブな休学理由の例>
・留学や渡航
・インターンシップ
・ボランティア

なお、やむを得ない事情で休学した場合は、履歴書に現状を一言添えましょう。「当時は休学する必要があったが、今は就職しても支障はない」という旨を伝えることで、採用側に安心感を与えられます。ポジティブな理由で休学していた方は、履歴書の自己PR欄や志望動機欄でも、そこで得たことを伝えると良いでしょう。

印象を悪くする可能性がある休学理由

下記に挙げる理由で休学していた場合、採用担当者がマイナスの印象をもつ恐れがあります。

・不登校
・成績不振
・学校に馴染めない
・特に理由はない

不登校や学校に馴染めないことを理由に休学していた場合、「就職後も休職してしまうのでは?」と懸念されるでしょう。「進路再考のため」というように、できる限り前向きな表現に言い換えると、好印象です。ただし、履歴書に嘘を書くのはやめましょう

休学以外に履歴書記入で注意する学歴6選

休学以外にも、履歴書にどのように書くべきか迷う経歴の方もいるでしょう。履歴書の書き方の例を、状況別に紹介するので、参考にしてください。

1.中途退学

休学と同様に、中途退学をした場合も、履歴書の学歴欄に記載する必要があります。年月・学校名を書いたあとに「中途退学」と書くようにしましょう。

<例>
2018年4月  △△大学■■学部■■学科 入学
2019年12月  △△大学■■学部■■学科 中途退学

ポジティブな理由で中退した場合は、理由も一緒に書いておくと、マイナスな印象を和らげられます。具体的には、家庭の事情や経済事情といったやむを得ない理由、勉強やボランティアに専念するなどです。なお、中途退学は、最終学歴として認められません。最終学歴は、1つ前に卒業した学校となります。

2.学科変更

在学途中で、学科や学部を変更した方もいるでしょう。このケースに関して、履歴書の書き方にはっきりとした決まりがありません。事実が伝わる書き方であれば、問題ないでしょう。

<例>
2017年4月 △△大学■■学部□□学科 入学
2019年4月 △△大学●●学部○○学科 編入学
2021年3月 △△大学●●学部○○学科 卒業

面接では、なぜ学科を変更したか問われると考えられます。「○○の分野をより詳しく学びたくなった」というように、ポジティブな印象の理由を用意しておきましょう。

3.留学

留学については、履歴書に「留学期間・国名・学校名」を記載しましょう。一般的には、1年以上の長期留学から学歴欄に記入します。応募先企業によっては、海外の滞在経験や学んだ語学力がアピールになることもあるでしょう。

<例>
2017年4月 △△大学■■学部■学科 入学
2019年4月 2020年3月までアメリカ▼▼大学へ留学
2021年3月 △△大学■■学部■■学科 卒業

留学経験を履歴書の自己PR欄や志望動機欄に活かしたい方は、「留学経験を活かした履歴書の書き方!例文付きでケース別にご紹介」も参考にしてください。
なお、短期留学は履歴書の学歴の欄には記載しません。1年未満の短期留学やワーキングホリデーなどは、書かないようにしましょう。短期留学の経験を書きたい場合には、自己PR欄や資格欄に書くのが一般的です。
また、留学のために休学した人は、その旨を記載してください。

4.転校

在学途中で学校が変わった場合、履歴書の学歴欄に記入します。入学を書いた次の行に、転入先の学校名を書きましょう。学校・学科名のあとには、「転入学」と記入してください。

<例>
2014年4月 東京都立×高等学校普通科 入学
2016年4月 私立○高等学校普通科 転入学
2017年3月 私立○高等学校普通科 卒業
2017年4月 △△大学■■学部 ■■学科 入学
2021年3月 △△大学■■学部 ■■学科 卒業

転校では、休学のようにマイナスの印象を持たれることは、少ないでしょう。家庭の事情のような、やむを得ない理由が多いためです。

5.留年や浪人

休学は履歴書に書かなくてはなりませんが、浪人期間や留年期間は履歴書に書かなくても問題ありません。空白期間が気になり、「書いた方が良いのでは」と考える人もいますが、採用担当者は浪人期間であることを察してくれるでしょう。
浪人している場合、予備校に通っている人もいます。予備校は正規教育機関ではないので学歴欄には記載しなくて大丈夫です。
留年した場合も同様で、大学に入学した年月と卒業した年月(卒業見込み年月)をきちんと書いていれば、履歴書に書く必要はありません。入学と卒業の年月から、採用担当者が察してくれるでしょう。

<例>
2015年3月 私立○○高等学校普通科 卒業
2016年4月 △△大学■■学部 ■■学科 入学
2021年3月 △△大学■■学部 ■■学科 卒業

やむを得ない事情で留年や浪人を余儀なくされた場合は、備考欄にその旨を記載してください。採用担当者に理由が伝われば、悪い印象になることはないでしょう。

6.インターンシップ

インターンシップに参加していた場合は、学歴欄ではなく職歴欄に記載します。インターンシップ参加のために休学していた場合は、学歴欄にもその旨を記載してください。

<例>
学歴
2017年4月 △△大学■■学部■■学科 入学
2020年4月 △△大学■■学部■■学科 休学(理由:インターンシップ参加のため)
2020年8月 △△大学■■学部■■学科 復学
2021年3月 △△大学■■学部■■学科 卒業
職歴
2020年4月 ▲▲株式会社マーケティング部 インターン
2020年8月 ▲▲株式会社マーケティング部 インターン終了

インターンシップでの経験は、自己PRや志望動機にも活かせるでしょう。なお、応募企業の競合となる会社や、全く別の分野の会社では、好印象にならない場合もあります。インターンシップ経験がプラスにはたらく会社かどうか、見極めて記載しましょう。「履歴書でインターンシップ経験をアピールする書き方!参考になる例文も紹介」でも、具体的な記入例を紹介しているので、参考にしてください。

社会人経験がある場合
一度社会人を経験して再び大学に入学したときは、学歴と職歴に分けて記載します。学歴に空白期間があったとしても、職歴の欄にしっかり社会人経験を記載しておくことで、採用担当者は理解してくれるでしょう。

<例>
学歴
2009年4月 △△大学■■学部■■学科 入学
2013年3月 △△大学■■学部■■学科 卒業
2017年4月 ▼▼大学□□学部□□学科 入学
2021年3月 ▼▼大学□□学部□□学科 卒業
職歴
2013年4月 ○○株式会社入社 経理部経理課配属
2017年3月 一身上の都合により退職

なお、社会人経験のある方は、下記の点にも注意して、履歴書の職歴欄を記入します。

・社名変更があれば、記入する
・「退社」「離職」ではなく「退職」を使う
・会社名や法人名は省略せず正式名称で書く
・部署異動があれば、記入する
・正社員以外の職歴も雇用形態とともに書く

職歴がある方の履歴書の書き方については、「履歴書に契約社員の経験は書ける?正社員以外の職歴の書き方」や「履歴書の職歴の書き方について」でも解説しているので、参考にしてください。

履歴書に休学や学歴を書くときのポイント

最後に、履歴書を書くときのポイントを5つ紹介します。一般的に、休学は悪い印象を与えやすい経歴ですが、マナーを守って丁寧に記入することで、悪い印象を払拭できる可能性もあるでしょう。

<履歴書記入のポイント>
・学歴は中学卒業から書く
・入学や卒業、休学の年月は正確に書く
・学校名や学部学科名は、省略せず正式名称で書く
・学歴を詐称しない
・丁寧に書く

どれも基本的なことですが、正しく記入することで、真面目で正確な印象を与えられます。字が下手でも、丁寧に記入すれば、その気持ちは伝わるでしょう。学歴や職歴以外の項目については、「履歴書作成の極意、評価を落とさない書き方を知ろう!」で解説しているので、参考にしてください。

休学は、ネガティブな印象を与えてしまうか不安になるでしょう。履歴書には、前向きな理由を書くことで、採用担当者に安心感を与えられます。ただ経歴を書き連ねるだけでは誤解されかねないため、少しでも相手に情報が伝わる履歴書の書き方を心掛けましょう。
「履歴書の書き方が不安」「休学や留年など、自分の経歴に自信がない」という方は、ハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブは、高卒や第二新卒など、若年層の就職活動を支援するエージェントです。履歴書の添削や求人紹介をとおして、就職活動をサポートいたします。サービスは無料で利用できるので、まずはお気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて

こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数