第二新卒が理想の求人とめぐり合う方法

第二新卒の中には、やりがいのある仕事への転職・就職を目指している方も多いかと思います。
そこで、理想の求人に巡り会うコツをご紹介したいと思います。

経験やスキル、熱意を活かして、企業の採用ニーズに見合う正社員になれたら嬉しいですよね。
さまざまな分野の仕事がある中で、第二新卒を積極的に採用している業界も多いようです。
ライバルの新卒と差をつけて、第二新卒にしか挑戦できない求人をゲットしましょう。

第二新卒が歓迎される求人

さまざまな求人の中でも、第二新卒が歓迎されているのがIT業界です。
特にインターネットやゲーム業界において、新卒はもちろん未経験の若手が正社員として採用されている傾向にあります。

第二新卒は年齢的に若く、PCやスマートフォンに慣れ親しんでいる世代です。
そのため、経験が浅くても求人内容に惹かれてIT業界に飛び込み、キャリアチェンジに成功している第二新卒が多いのです。
ビジネスマナーがある程度に身についている第二新卒なら、研修や教育の時間を省けるのも大きな理由です。

また自動車業界など、メーカーも求人において第二新卒の採用に積極的です。
異業種からの流入が多く、自分の経験やセンス、アイデアを仕事に活かすことができます。
多くの求人の中でも、若手・情熱ある人材の募集は新卒同様追い風状態にあります。

正社員として就職・転職を考えている第二新卒の方は、このような業界を目指してみてはいかがでしょうか?

理想の求人を見極める方法

第二新卒向けの求人は非常に多いですが、自分に合った業界や会社を見つけるのはなかなか難しいものです。
理想の求人を見つけるコツは、人材を大切にする社風かどうかをチェックする事です。特に、教育制度が整っているかどうかは大切。
求人情報の中で新卒や第二新卒などの正社員に対して採用後にどのような教育を行っているかを確認しておきましょう。

企業のHPで、社長や経験者である先輩たちのメッセージを確認する事も重要なポイントです。
社長が自ら社員を大切にする意思が強く、先輩たちの声から人材教育の成果が感じられるような企業であれば安心ですね。

また求人内容を確認し、サービスや商品をしっかりと把握しておく事です。
フリーターの転職や第二新卒によくあるのが、給料が良いからという理由で、未経験の業界で安易に就職・転職してしまうケースです。
第二新卒を積極的に採用している求人をいくつか比較しながら、新卒以上に慎重に選びましょう。

第二新卒の求職で気をつける事

第二新卒の中には一日でも早く就職したいあまり、イメージと違う企業・業界に入ってしまい後悔した方もいるかもしれません。
第二新卒の求人探しで気をつけたいのは、自分の経験やスキル、また自分が何をしたいのかをまず明らかにしておく事です。
明確な就活の理由がないまま正社員に採用されたとしても、また同じ事を繰り返してしまうのではないでしょうか?

第二新卒の求人探しには、新卒とが違う課題が腰を据えているのです。
また、求人に応募する際には職務経歴書の書き方も気をつけたい所。
第二新卒には「フリーター生活が長くて職歴が浅い」という方が多いようです。

しかし企業が採用の基準とするのは「どのように工夫して職務経歴書を作り上げるか」にあります。
業界経験がなくても、想像力、論理的思考力、プレゼン能力が感じられる職務経歴書なら、期待の第二新卒として企業を惹きつけられます。
新卒には真似できない求人探しを実践しましょう。

第二新卒世代の転職には、迷いや悩みがつきもの。
仕事は人生を左右する大切なものですから、求人探しで失敗はしたくないですよね。

「転職はしたいけど、何から始めたらいいのかわからない…」そんな方はハタラクティブの経験豊富なコンサルタントにご相談ください。
理想の求人探しを一緒に始めましょう。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ